ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://yokotin.love 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://yokotin.love
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

平日の楽園「ラウンジサウンズ」では、いつでも刺激的な夜、未知なる音楽との出会いを用意してお待ちしてます!3月のラウンジサウンズも、おもろいラインナップがずらり!!!あなたのアンテナにピクンとひっかかった日にぜひ遊びに来てくださいね~!!!! 


3月のラウンジサウンズ


gn8mykitten

3/3(火)「ラウンジサウンズ~対マン!!!」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)アンリバンド/gn8mykitten/ポカムス

司会とDJ)ボギー

● 1時間くらいたっぷり見たい!そんな3バンドがガツーンとぶつかるL.S恒例の対マン勝負!今回は、この日で解散しちゃうというクレイジーボーイ率いる、アンリバンド。言葉のみで空間に試合を挑む無伴奏ラッパー、gn8mykitten。最下層の魂を揺さぶる秘宝のようなロックンロールバンド、ポカムス。この3組による1時間勝負は熱い!!!


60167759_2175671265836073_4994471705918308352_n

3/11(水)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)Akito×Wonderful(大阪)/ハウリングセッタ(佐世保)/THE RICHES/石の犬/鈴木拓也

司会とDJ)ボギー

● 大阪から7つの楽器を駆使してデジタルかつファンキーな音楽で盛り上げるソロシンガーAkito×Wonderful。佐世保の吠える獣、アコギの弦を全部切るほどの勢いで迫るハウリングセッタ。ボットンズふー×デビルボディーハジメ×イラストレーターさかもとによるロックンロールバンドTHE RICHES。ギシギシ軋むような硬質のオルタナティブ、石の犬。唯一無二の言語感覚と作曲センスを持つ奇人SSW鈴木拓也。


オサダアツトシ

3/12(木)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)アシッドショウ会/トニーガーデナー/田代裕之/イイホシミチコ/あび(おじょー)

司会とDJ)ボギー

● 天然アシッドシンガーソングライター、オサダアツトシが改名、アシッドショウ会。毎回趣向を凝らした新曲を披露し続けるトニーガーデナー。沖縄の熱い風を巻き起こしその熱で自ら焼けこげる田代裕之。鍵盤とギターの二刀流で凛と歌うイイホシミチコ。お笑い好きすぎて芸人のネタを完コピしたり自分の曲を歌い踊ったり衝動がピュアなおじょー改めあび。


フィッシュマンズナイト福岡

3/18(水)「ラウンジサウンズ~フィッシュマンズナイト福岡」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)フアリナ/freedomset/瀬戸口恵/PELO(紫川カナシミ合唱団(仮))/primitive SOLAR/uami/ボギー

司会とDJ)ボギー

● いろんな音楽家たちがフィッシュマンズを奏でる夜。 もちろんDJも爆音でフィッシュマンズ!!出演は、きらめきと浮遊感と永遠の青年男子感が眩しくはじけるフアリナ。お母さんになってさらに優しい歌声のfreedom set。力強さとしなやかさを秘めた女性シンガー瀬戸口恵。iPhoneのみでファンタスティックな音楽を量産している完全に新しい才能、uami。この日はフィッシュマンズしか歌わないボギー。紫川カナシミ合唱団(仮)のリーダーがソロで登場PELO。フィッシュマンズ愛溢れるアレンジで聴かせるprimitive solar。ゆらゆらゆれよう。


anoyakko

3/24(火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)マロマロず(平戸)/monju/Inchiki Jam Unit/西野永真/あのやっこトリオ

司会とDJ)ボギー

● 平戸で活動するゆるくて愉快なアコースティックバンド、マロマロず。ぜんぜんインチキじゃない凄腕ジャムを聴かせるInchiki Jam Unit。三人寄れば文殊の知恵、しかもテクニシャン揃いのmonju。まだ十代ながら永ちゃんへのリスペクトがほとばしる完コピをみせる西野永真。矢野顕子の超絶再現トリビュートバンドあの やっこ トリオ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


平日の楽園「ラウンジサウンズ」への出演希望バンド、ソロ大募集です!VooDooもしくはボギーまでデモ音源持参、もしくはメールください。

(福岡市中央区舞鶴1-8-38第19ラインビル4F(親不孝通り沿い))


※出演希望バンド、随時募集中!ボギーまで連絡ください。

 yokotin_b@hotmail.com(ボギー)


ヨコチンレーベルが新たに始める春の夏フェス「アワハウス」!港にあるハイセンスな秘密基地、ファクトリー・アンベラシュウにいろんな面白いものがごちゃごちゃと集まったお祭り。大人も子供も自由に、気兼ねなく、自分たちの家だと思って遊んでほしいからアワハウス(OUR HOUSE)!!!
 

アワハウスチラシ

2020.4.5(日)『アワハウス』 

会場)福岡ファクトリー・アンベラシュウ 

福岡市中央区港3丁目425

open14:00 start15:00 close22:00 

予約2,000円 当日2,500円 +1ドリンクオーダー

中学生以下は無料。
 

出演)
jaaja/nontroppo/ナルコレプシン/heartland/uami/ボギー家族/秋風リリー/higasi Band/肉食パルチザン/弁天図紋吉/FMO(福岡 マジック オーケストラ)/モヤシイズム&MMO/ザ・ガーデナーズ
 FOOD)
アトリエてらた(ヤッホーカレー)/ポーポー軒(たこ焼き)/お山の地球屋(焚き火仕込みのご飯プレート)

 出店)
モンドくんの似顔絵屋さん(似顔絵、グッズ)/ポッポコピー(Tシャツ、グッズ)/やおやーまん(野菜)/ボギ家(中古本&CD)

 VJ)
VJドクガー

DJ)
ボギー


アワハウスうら

ライブ)
 

jaaja

● jaaja

世界中を家族で旅して歌う。岐阜県東白川村に移住し音楽活動をしつつ、畑を耕し、動植物の亡骸を使った作品づくりをしている。懐かしさと怖さと美しさに満ちたユーモラスな音楽団。
 

nontroppo2

● nontroppo

結成20年目にして極めてシンプルな音楽スタイルへ立ち返ったノントロッポ。ノンエフェクト,アンプ直のテレキャスターとドラムのみで織りなす音と音のしばき合い。
 

IMG_0305

● ナルコレプシン

「展開と隙間の音楽」をコンセプトにニューウェイブパンク~フリージャズ的なサウンドと、素っ頓狂なサックスとボーカルが炸裂する!!台湾や韓国にもアプローチした活動も積極的。


ボギー家族

● ボギー家族

ボギー、モンド、天晴、今、ベイビーの5人による自然発生的ロックンロール家族バンド!!ありとあらゆる環境で全国ツアーしながら現場で鍛えられたそのグルーヴはとにかく自由!!
 

uami

● uami

トラックメイク、録音、そしてライブに至るそのすべての使用機材はiPhoneのみであるにも関わらずファンタスティックな音楽を量産している福岡在住の才能溢れる女性アーティスト。
 

higasi

● higasi Band

爪弾くガットギターの雨だれのような音色と浮遊感のある歌で空間的広がりを感じさせる女性シンガーhigasiがバンド編成で(ギター高石純二、パーカッションchang skywalker)。
 

heartland

● heartland

佐世保の歌姫おきつななこと超絶ベーシストJINを中心に手練の音楽家たちが集結。満月のような引力ある歌でユラし、グルーヴィーなジャズファンクで踊らす多彩なバンド!!


86411326_178604413421006_8790985588833517568_n

● FMO

福岡のYMOマニアたちによるYMO完全コピーバンドFMO(福岡マジックオーケストラの略)。機材から衣装からこだわり抜いたステージとサウンドはもうそのまんまYMO!!


MMO

● モヤシイズム&MMO

モヤシへの愛を燃やしひたすらモヤシソングを作り続ける女性シンガーソングライター、モヤシイズムの楽曲をYMO完コピバンドのFMOメンバーが抜群のアレンジで昇華!!


87328502_533878574002227_1913477165240811520_n

● 肉食パルチザン

ダブルネックベース+ドラム+α、インパクト強烈なヴィジュアルでステージ上を酒池肉林の宴に変えるハードコアバンド!!歌ってる内容はすべてお肉が食べたいということについて!!


bentenzu

● 弁天図紋吉

中洲の出会い橋で夜な夜な三味線弾きエロ春歌を歌って暮らしている女性がいる。その洒落の利いたエロスとユーモアは、正に聴く秘宝館!粋な春歌をご堪能アレ!


akikazelili

● 秋風リリー

昭和のエロスを感じる踊りと表情、わがままなボデーを惜しげもなく、時には金粉ダンサー、時にはショーダンサー!祭りをもっともっといかがわしく輝かせる肉体的な踊りを魅て!!


garde

● ザ・ガーデナーズ

フィドル+ギター+ジェンベによるミクスチャー・アイリッシュミュージックを奏でる3人。とにかく酒が美味くなる!!とにかく踊りだしたくなる!!お祭りを楽しく彩る音楽を!!


VJ)
VJ 

● VJドクガー

アンベラシュウの巨大な白壁全体を使ってVJドクガーが会場のヴィジュアルを演出!あの空間がどんな世界に変わるのか?


FOOD)
chikyuya 

● お山の地球屋

佐世保の世知原から出店の地球屋は、かまど炊きご飯と焚き火で仕込んだ放牧豚やお野菜によるプレート!大自然の旨味!!
 

po-po-

● ポーポー軒

小笹でオクムラユウスケが営むたこ焼き&駄菓子屋のポーポー軒が出店!出汁の効いたとろっとろのたこ焼きはめちゃウマ!!


terata

● アトリエてらた

六本松の名店アトリエてらたから名物のヤッホーカレーが出店!ドバッと汗かくスパイシーさと後ひく絶妙な旨味をご賞味あれ!


出店)
FH020012 

● モンドくん

先着限定15名、会場の片隅で似顔絵師モンドくんがデフォルメも忖度もないリアルなあなたの似顔絵を描きます。


D2QhIt6U0AE6Pt9

● やおやーまん

採れたて新鮮な地元野菜や果物を持ってどこにでも駆けつけてくれる移動式八百屋のやおやーまん!とにかく美味しいのです。


popocopy

● ポッポコピー

イラストレーターでありミュージシャン。ポップセンス溢れる自身のブランドPOP●COPYからTシャツやグッズの出店!


bogeyya

● ボギ家

ボギーの部屋に埋もれるほどある本やCDを段ボールに入れて100円~500円で売ります。掘り出し物あり。


DJ)
DJボギー 

● DJボギー

ヨコチンレーベル代表。ありとあらゆる音楽をジャンルレスに愛を持って選曲。一度DJ KOOに間違えられたことがある。

 

<ご予約・問合せ>

ヨコチンレーベル

http://yokotin.xyz

 アワハウスインスタ用

「ブードゥーラウンジ」のサウンドトラック。ユウスケに紹介してもらった工房ブルーランナーという所にマスタリングをお願いし、今日それが仕上がったのだ!マスターCDの盤面には丁寧にラベルまで印刷されている。さっそく鹿子さんの家で爆音試聴会をし、ふたりで大興奮!最高だよこれは!!
FullSizeRender

ブルーランナーの岩隈さんは見た感じ70代くらいで筋金入りのオーディオマニアだと思うが、そういったおじいちゃんがボットンズやらカシナポ、チンチン勃ってる!とか歌ってるのを一曲一曲じっくり聴いてマスタリングしてくれたんだと思うと、それだけでもうすでに面白いしこのCDには大きな価値がある。
IMG_0366

これからジャケットと盤面のデザインしたり台湾のプレス工場に送ったりするので、完成は3月半ばくらいかと。

本を読んだあとに聴けば感動が倍増するヤバいCD「ブードゥーラウンジサウンドトラック」、みなさん乞うご期待!
IMG_0367

鹿子裕文「ブードゥーラウンジ」、まだ読んでない方は騙されたと思って今すぐ本屋さんに走ってください。全国の販売店一覧はこちら。

もちろんAmazonでも買えます。

「ジョーカー」見たとき真っ先に「タクシードライバー」を思い出したけど、同じスコセッシ監督&デニーロ主演の「キングオブコメディ」も見なきゃなと思ってレンタルしてきたら何この映画!めちゃくちゃ面白いやん!!最高すぎるやん!!!
IMG_9560
ここ最近みた映画の中でもダントツに好きだった!愛おしいとさえ思った。デニーロ演ずるパプキンは完全に狂ってるんだけど、無垢なエネルギーに満ちてる。
IMG_9559
これは他人事ではない、鹿子さんの「ブードゥーラウンジ」も実は同じようなことが描かれてるんじゃないだろうか?「キングオブコメディ」見たことない人はぜひどうぞ。
IMG_9562

「ムーンライト」を鑑賞。
IMG_9550
なんの予備知識も入れずに見たのが良かったと思う。大事な場面も何が起こったかを多くは語らず、見た者に想像させる余白のある映画。美しい余韻が残った。
IMG_0352

「葛城事件」を鑑賞。
IMG_9689
無差別殺傷事件を犯した死刑囚の親父に焦点を当てた作品。異様なほど独善的な主張を常に他者へ押し付け続ける親父。その毒に日々あてられ暮らす家族(母と2人の息子)は人としての心を奪われていく。ひとかけらの救いも希望もなく重い気分になるが、だからこそリアルだった。
IMG_9692
三浦友和演じる高圧的でプライドの高い親父。こういう人、実際世の中にめっちゃいると思う。中華料理店で若い店員怒り散らかすシーンとか同じような場面を現実に見たこと何度もあるし(笑)。すごいヤな気分になるけど、めっちゃ面白いシーンでもある。
IMG_9690
「葛城事件」見終わったあと監督が赤堀雅秋さんと知りエエーッ!と驚いた。「ウィーアーリトルゾンビーズ」のイシくんのお父さん役の方やん!!
IMG_9693

mama!milkのコースケさんからオススメされ映画「人生スイッチ」を鑑賞。
IMG_9696
コースケさんのイメージから勝手にきっとオシャレで感動的なフランス映画かな?と思ったら、アルゼンチン発の抱腹絶倒ブラックコメディだった。映画はなんの予備知識も入れず見たほうが面白いな。この作品めっちゃ最高です!夫婦で手を叩いて爆笑しながら見れた(笑)。
IMG_0353

タランティーノの「ワンスアポンアタイムインハリウッド」鑑賞。
IMG_0179
何気ない会話やシーンから伝わるデカプリオとブラピの友情も良いし、ブルースリーとブラピの喧嘩シーンも楽しかった。
IMG_0178
そして60代終わりのアメリカの風景、匂い。映画の現場。ヒッピー文化。
IMG_0188
見どころはたくさんあるのだが、この映画はシャロンテート事件を扱っているという前情報は知ってたので、話が進むにつれ陰鬱とした気持ちになる。描かれているシャロンがキュートだからなおさら。
IMG_0180
しかし、さすがタランティーノだった!まだ観てない人は必ず先にシャロンテート事件についてググってから本作を観てね。

「ボーイミーツガール」を見た。レオス・カラックス監督23歳のときのデビュー作。
IMG_0267
どのカットもアングルも美しくて切ない。
IMG_0264
IMG_0263
ストーリーもやっぱり美しく切ない。余韻が深い。
5003
これでアレックス三部作全部見れた。しばらく時が流れたらまた見たくなるだろうな。
IMG_0259
アレックスがパックのまま牛乳を立って飲んでるシーンがあって「あ、リトルゾンビーズのタケムラだ!」と思い長久監督にLINEで聞いてみた。すぐ「ちょっと意識しました!」と返信(笑)。
IMG_0354
こういうやりとり何ターンかやってるけどウィーアーリトルゾンビーズは謎解きゲームみたいな要素もあってめっちゃ楽しい。

そんな長久監督に激オススメされた30年くらい前に作られた台湾映画「クーリンチェ少年殺人事件」。
IMG_0286
上映時間なんと4時間!気合いを入れて鑑賞。登場人物が多く人間関係を把握するのと、60年代前後の台湾の時代背景を理解しだすまで2時間くらいかかってしまい何度も巻き戻したりしながら7時間かけて見終え、いまどっしりと深い余韻に浸ってる。
IMG_0288
とにかく時代や街の匂いがあらゆるシーンから伝わってくるのだ。台湾には何度か行ったので緑の生い茂る街並みや懐かしい日本家屋、カラフルでモダンなデザイン、蒸し暑い夜市の空気などいまもそのままだったりする。
IMG_0296
そんな台湾の昼と夜のコントラスト濃い世界で過ごす中2の子供たちの姿が描かれてる。
IMG_0294
「ウィーアーリトルゾンビーズ」のイクコとタケムラのイメージはこの作品の小明と小四らしい。
IMG_0285
それは見てすごく納得できた。
IMG_0299
オマージュと思えるシーンもたくさんあったし。
FullSizeRender
13〜14歳くらいの子供たちの生き辛さ、家族や学校、社会の問題がテーマという部分もすごく繋がってる。
IMG_0283
「クーリンチェ少年殺人事件」はとてもヘビィな作品ではあるけど(長いしw)、でも見終わったあと不思議と重たい気分にならないのは、本当に美しいシーンがいくつも散りばめられてるからだろうなぁ。
IMG_0297
特に好きだったのは、草原のシーンと喫茶店のバンド演奏シーン。最高!
IMG_0287
あと、学校に呼び出された小四の父ちゃんが逆に先生に激怒して子供をかばったあと自転車おしながら帰るシーンもめっちゃいい。「間違ってないのに謝るなんて卑屈だ。自分の未来を信じろ。努力すれば未来が開けるんだ」と息子に語る良い父ちゃん!
FullSizeRender
この監督のほかの作品も見てみたい。あと台湾映画自体にとても興味が湧いた。

「哭声/コクソン」鑑賞。
IMG_0307
強烈なサスペンスホラーで面白かったけど好きではなかった。その理由をずっと考える。たぶん、普段はダメなお父さんが家族のために命を賭けて戦うパターンの映画が苦手なんだと思う。以前話題になった「新感染」もだし。ハリウッドのパニックものも見なくなった理由は同じ。

ただ、すごく好きなシーンもあった。夫婦のカーセックスを子供に見られたあとの親子のほのぼのシーン。この子役の女の子の演技がとにかく素晴らしい。
IMG_0310
あと、怪しい祈祷師の祈祷シーンが高揚感すごすぎてトランスしてくる!見所もたくさん。
IMG_0308
しかし、怪しい祈祷師役の男がフォークイナフ井上さんにそっくりだったことも映画に入り込めなかった理由のひとつかもしれない(笑)。
IMG_0309

「グエムル-漢江の怪物-」ポンジュノ監督の2006年の映画。
IMG_0347
昔みたけど改めて鑑賞、やっぱ面白い!結構むちゃくちゃひどい話なんだけど随所に洒落が効いてて笑える。
IMG_0348
5003
ウィルス感染で街中がパニックな感じや行政の対応の酷さが皮肉にもタイムリー。
IMG_0349
あとぺ・ドゥナかっこいい!
IMG_0351

ただ、余韻は残らない。あー、面白かったで終わる。

最近見たなかでは「キングオブコメディ」「ムーンライト」「ワンスアポンアタイムインハリウッド」「ボーイミーツガール」「クーリンチェ少年殺人事件」がずっと美しい余韻を引きずっている。

いろんな映画を見てだんだん自分の好みが分かってきた。きっと深く余韻が残る作品が好きなのだ。

2月16日。

「小さな音楽会」は普段はライブをやらないような小さなお店で歌ってみよう。というコンセプトだ。その最初に選んだお店はポーポー軒。
IMG_0101
たこ焼きをつまみにビールを飲む。
FullSizeRender
お客さんがひとり、またひとりと集まってくる。パーティーのはじまり。
FullSizeRender
ユウスケがポーポー軒を飾りつけしてくれていた。おれも家からライトを持ってきた。足もとに転がしていたこのライトは旧ブードゥーラウンジの天井にぶら下がっていたものだ。
FullSizeRender
まるで焚き火を囲んでいるようなやわらかな灯り。とてもいい雰囲気だった。
IMG_0166
ポーポー軒での初めてのライブ。ゆるいように見えて実はとても気合いを入れていたのだ。曲によって様々な音を鳴らしたかったからギターを3本も持っていった。普段はめんどくさいのでこんなことしない。
FullSizeRender

小さな店ならば生歌、生ギターがほんとうはいちばん良い音なのだ。ああ、気持ちいい。
IMG_0164

<ボギー@ポーポー軒セトリ>

第一部)

ゴダールバカ
飲もう
ハローワーカー陽当たり良好
おさんぽ
踏切おじさん(八洲)
ダメージダン
月の裏側をのぞいて
蚊帳の外
似た者同士
ふたり組
天神ビッグバン
ストリーキング

第二部)

海士のうた
ウォーキングデッドの国から
バカになりましょう
ミュージシャンのうた
ユニバースマン
ダンシングクイーン
風に吹かれて
戦争ワルツ
レモン
楽しい一日にありがとう

2時間で23曲歌う。
外から聞こえる風の音や鉄板がジュ〜と焼ける音も音楽の一部だった。
FullSizeRender

「小さな音楽会」ポーポー軒。集まってくれたみなさんありがとうございました。はりきって限定15人と告知しておきながら15人に届かなかったのはちょっぴり恥ずかしいケド、ユウスケとゆーちゃんと俺を足したらぴったり15人だったな(笑)。
FullSizeRender
ポーポー軒で歌ってみたいなって想いが叶って嬉しい夜だったよ!ありがとうユウスケ。
FullSizeRender

このページのトップヘ