ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

1月28日。 

9連チャンのライブツアー、4日目は福岡で通常のラウンジサウンズ。今夜はとても耳にも心にも優しい音楽の夕べ。あ、そうだ。今日はどんとの命日である。開演前の音楽はローザ・ルクセンブルク、ボ・ガンボス、どんと。 

ボギーのオープニング弾き語りも、どんとの曲「夢の中」を歌った。 


昨年の夏あたりからラウンジサウンズでは「前打ち上げ」というものをよくやるようになった。リハーサルが終わった出演者から順にVooDooの近所の呑み屋でかるく乾杯してわいわいバカ話をするだけなのだが、もちろん、ライブ前はお酒を呑まないという人もいるので、あくまでも希望者のみで打ち上がる。この時間がとても楽しい。 

今日は「家康」で焼鳥を食べながら、if MASACAさん、吐血少女、cuvboysと前打ち上げ。このちょっとした時間があるか無いかで、イベントの空気感はぐっと変わる。ほぐれるのだ。 



この日、もっとも心を撃ち抜かれたのは、垣内美希さんのライブ。やっぱり垣内さんの歌はすばらしー。素晴らしすぎて強引にアンコールを要求。好きな曲「あじさいの恋」をリクエストした。 

昨年いろいろ聴いたCDの中でもお気に入りは垣内さんの1stアルバム「朝焼けのうた」。福岡ならgigiとか、高円寺の円盤でも買えます。 
http://enban.cart.fc2.com/ca41/3209/p-r-s/ 


続いてif MASACA、cuvboys。この流れは完璧だと思うんだけど、どう? 


「マジックは平日に起こる」if MASACAさんから名言が出た。そんな夜。 


特になにか起こったわけではない。盛り上がったというわけでもない。でも空気が特別に澄んでる夜がある。最後のcuvboysのキラキラした混沌も美しかった。 




打ち上げはビンゴラブ。イクマさん、cuvboysオカダくん、TrashAreaトラッシュくん、SOLAR野口さん、フアリナ林田さん、小林ボードウォーク。男しかいない(笑)これはこれで楽しい酒だ。 



明日からは広島からゴトウイズミちゃんがやってきて、ふたりで九州ツアーがはじまる。 


まだまだ続く。

1月27日。 

今日は9日連続ツアー3日目、岩国〜尾道ツアーを終えて高速バスで福岡に戻る。今夜はVooDooでラウンジサウンズの新企画〜課題曲シリーズ〜「サティスファクションナイト!」だ。

学生時代に合唱コンクールで課題曲ってあったやろ?そんな感じで出演バンドに課題曲をライブ中どこかで必ず演奏してもらうという主旨。今年はこの企画を毎月1回、計12回開催するつもり。 

その第1回目の課題曲がロックの定番中の定番ローリングストーンズ「サティスファクション」だ。デッデーデデレーデデレデレの印象的なギターリフ、あのリフをどうアレンジするかが今夜の肝だ。 
ちなみに、今夜の参加バンド5組はいずれも熱烈なストーンズファンではない。「まあ、ふつーに好きっす」とか「聴いたことはあります」くらいの感じ。あえて、ガチのストーンズファンじゃない方が新しい切り口の「サティスファクション」が聴けるかも、という期待も込めて。 


オープニングはボギー弾き語りで日本語意訳によるブルース調の「サティスファクション」、岩国ツアー中に楽屋で作った新曲。 


1バンド目、カルキンズ。 
1曲目からいきなりサティスファクション!随所にジミヘンの「パープルへイズ」のリフを散りばめたフェイク感いっぱいの面白いアレンジ。さしずめパープルファクション(笑)?でもなぜ課題曲を早々と1曲目にやっちゃったのか。そのあと失速気味。 


2バンド目、Es Experiment。 
こちらも1曲目からいきなりサティスファクション!ドラムのタクロウがルーズ&ワイルドに叩きながら歌ってた。もっともっと崩壊寸前ギリギリくらいまでルーズにやれてたらもっとかっこ良くなるんだけど、1曲目にもってきたからやや力が入ってルーズになりきれてなかったかなあ。 


3バンド目、BLUESVILLE。 
またもや1曲目からいきなりサティスファクション!え〜!!なんで〜!??アッパーでスウィンギンなサティスファクション、アレンジ最高にカッコイイ。ライブも盛り上がった。でも、もしも最後にサティスファクションを持って来てたら盛り上がり方はさらに倍増しただろう。 


なぜみんな1曲目に課題曲を持って来てしまうのか?ショートケーキの苺を一番最初に食べちゃうタイプなのか?SEXするときいきなりブッ込んで勝手にイッちゃうタイプなのか?この3バンド連チャン1曲目という不思議な現象に、企画者としてフラストレーションを抱え込む。


4バンド目、ザ・ボットンズ。 
いつものボットンズのライブがスタート。1曲目では無い(ホッ)。 
数曲ノンストップでブチかました後、フーがMCで「みなさん1曲目にやるんですね。あの曲は“やってもやってもまだ満足できねえ”って歌なんで、ボクらは一番最後にやります!」と言ってくれた。そう!そこなんだよ! 

最後にやると宣言した「サティスファクション」、フーはここでもうひとつの仕掛けを用意していた、まさかのヘドロがミックジャガー(笑)!!! 

DSC04751




さすがボットンズ、正しい選択だ(笑)。 


実は、イベントはここでクライマックスを迎えていたのだが、ラウンジサウンズはこのままでは終わらせない。 


大トリ、YAJILOW-VEY(笑)。 
会場全体が「なんでやねん!」という空気に包まれた。 
ボットンズのときみんな踊りまくってた熱狂のフロアがこんな状態に...(笑)。いや、これ別にスベッてるとかいうわけではぜんぜんなくて、むちゃくちゃ面白いんよ。面白すぎてみんな遠巻きに見てる感じ(笑)。 

DSC04760





最高のエンディングだった。さすがYAJILOW-VEY! 





お腹いっぱい満足(サティスファクション)できました(笑)。





実に面白かったし、勉強になるし、発見があるこの課題曲シリーズ。 

次回開催は、 

2/25キングクリムゾン「21世紀の精神異常者」ナイト。 
出演)火の馬/カルキンズ/if MASACA/Es Experiment/アダチ宣伝社/cuvboys 

3/18ニルバーナ「スメルズライクティーンスピリット」ナイト。 
出演)DONK!/カルキンズ/InとOut逆菩薩/白痴/ほか 



想像しただけでわくわくするね。 
この企画はみんな見に来るべきだよ。めちゃくちゃ面白い。

1月26日。 

岩国の「山賊」で呑んだあと、夜は戸川ちゃん&彼氏(ごめん名前わすれたー)の家に泊めてくれた。ありがたい。しかも、ふらりと福岡からきた木藤くんも一緒に(笑)。 

DSC04703


朝の光が差し込む部屋で、コーヒー飲みながら音楽聴く。戸川ちゃんと高田渡の話とか、ペイヴメントの話とか、山本精一さんの話とか、ほんわかした時間が過ぎる。 


今日は尾道に移動してライブなんだけど、ほんとは昨日帰るつもりだった木藤くんをそそのかして、今日の尾道まで一緒に行くことに(笑)。木藤くんの車で移動できるからとてもありがたい。旅は道ずれ、世は情け。 


尾道に到着、浄泉寺というお寺で開催されるヲルガン座フェス。大きくて歴史のあるお寺、情緒があるなあ。 

1538949_10203262075130249_854010711_n


縁側がとても広くて、昔はこの縁側で町の人が昼寝したり、碁を打ったりと集いの場だったらしく、「居眠り寺」とも呼ばれてたらしい。なんかいい話。 

DSC04739




フェスは会館ステージと本堂ステージとふたつあり、ボギーは本堂でライブなんだけど、すっごいきらびやかな本堂!ここでやっちゃっていいんすか(笑)!? 

DSC04704




本堂の中には、雑貨屋や古着や古本、いろんなお店が出店してて楽しい。今ちゃんに似合いそうな可愛いポンチョを500円で買った。会館の方では、飲食店ブースがたくさんで、美味しそうなカレーの匂いや、コーヒーの良い匂いが充満してた。 

お客さんは年齢もさまざま、ファッションも色とりどり。子連れもいっぱいで、地域のお祭りって感じ。でもこの祭りを主催してるのはヲルガン座のゴトウイズミちゃん。拠点の広島ではなく、ちょっと離れた尾道でやる地域のフェスってどんなだろう?いろいろ大変だろうとは容易に想像できる。 

そんなイズミちゃん、司会に進行に出演にとあっちこっちバタバタ忙しそ〜。しもべのように働かされてるハローくんとも再会(笑)。 
 
DSC04705



会館ステージで笹口騒音ハーモニカのライブを観た。笹口くんとは2年前に東京で初めて共演して、そのときも面白かったんだけど、ますます面白さに磨きがかかってたなあ。 


15時過ぎ、ボギーの出番。お寺でやるライブは音響がとても気持ちがいい。空気が澄んでて、音の共鳴がキラキラしてる。天然のリバーヴでふわ〜んとした気分になる。 

1653489_10203262073090198_1681174408_n



ライブは絶好調だった、こーいうシチュエーションの現場でボギーはスベッたことが無い。「カーニバル」からの「ERIMO岬」のコースは老若男女にウケる人気メニューである。お寺で暴れてすみません。 
DSC04728


お客さんから「ボギーさんはサービス精神旺盛ですね」とよく言われるけど、サービス精神でやってるんじゃなくて、ただのぼせてはしゃいでるだけなんです(笑)。 


終わって、CDが飛ぶように売れた。浄泉寺の住職さんも買ってくれて、お話ししてたらなんとおれがいつもライブ「エンのエン」に呼んでもらってる大牟田の行信寺ショウドウくんとは坊さん学校時代の同級生だったらしい!びっくりした。にこやかで素敵な住職、今後ともどうぞよろしくです。 





会館ステージでは、イズミちゃん&ボギーの映画『地下音楽現場物語』の上映があり、たくさんのお客さんが見てくれた。初めての尾道。上映中、反応が少ないので「あれ?ウケてない?」心配したけど、上映後にすごくたくさんの「映画感動した!」って言葉もらえて嬉しかった。 

初めての町の人たちが、感動してくれたんだ。 


そのあとイズミちゃんのステージ。とても言葉をひとつひとつ大事にしゃべりながら3曲。やっぱり大好きな曲「かっこわるいやりかたでエールをおくろう」。 

DSC04737




自分の出番終わったあとは、いろいろ食べたり、呑んだりしつつ、会館と本堂をうろうろ。いろんな人が声かけてくれては立ち話。みんなフレンドリーだし、おしゃれな人、多い。 


大阪から尾道に移り住んだというトウヤマタケオさんのピアノ弾き語りがすごく良くて聴き惚れてたら、MCで「ボギーさんに衝撃をうけました」とか言って貰って嬉しかった。ぜんぜん表現違うし、住む場所も違うし、話したことも無いけど、音楽って会話以上に伝わることあるね。 

トウヤマさん、持ち時間きちゃったけど「あと1曲やっちゃえっ」って可愛く始めた曲がすごく好きだった。 


トリは尾道のストレート&パーマーって二人組で、この方々も素晴らしかった。地元に根付いて暮らしながら音楽を生み続けてる人の足腰の強さをみた! 


フェスの最後はみんなで本堂に集合して記念撮影!出演者やスタッフだけでこんないっぱい。賑やかな写真だな〜(笑)。 

1620811_10203262068450082_1276154309_n





終わって、あと片付けをみんなでした。地元のスタッフさんたちもゲストミュージシャンも住職さんも、みんなでデカイ太鼓やデカイ鐘やらをヨイショヨイショと運ぶ。ついでにそのデカイ太鼓を笹口くんといっしょにドオオオオオオ〜ン!と叩いた(笑)。 






やっぱりフェスは、手作りがいちばん楽しい。主催者や裏方さんの顔が見える祭りが好きだ。



イズミちゃん、誘ってくれてありがとう!また2年後に(やるのかな?)ぜひまた出たいな。尾道にもいろいろ知人ができたしね。 



広島の友人、みねまつくんが車で広島市内まで送ってくれて。笹口くんと、司会やってた末武太くんと一緒に、車の中でいっぱい面白い話した。そのままヲルガン座に行き、打ち上げした。笹口くんとは会うの3回目だけど、はじめてちゃんと話した気がするな。 


しばらくして片付け終えたイズミちゃんたちもヲルガン座に戻って来たが、顔が疲れきっていた(笑)。ホントおつかれさまー! 


打ち上げの後、おれと笹口くんは、ネカフェに泊まった。ネカフェはやはりぐっすり眠れない、少し寝ては何度も何度も目が覚めてしまう。数時間後は福岡に戻りラウンジサウンズ、サティスファクションナイト!なのだが(笑)。 


9日連続ツアー、2日目が終了。

1月25日。 

博多駅バスセンターから高速バスに乗り徳山まで、そこからJR在来線に乗り換えて岩国へと向かう。田舎の景色を眺めながらの電車移動って、たまに乗るとやけに気分がいいな。在来線の対面式の椅子、みんな進行方向に向かって座るけど、おれは逆に座る派。過ぎてく景色みながら進む感じのほうが好きなんよね〜。 

岩国駅に着くと、今夜の主催者TAKEVEZのマンコスくん(なんつー名前だ!)と、タケベくんが駅で出迎えてくれてた。 

DSC04662


会場のロックカントリーは岩国のライブハウスで、行くのは2年ぶりだ。店長のスミさんはひとりでPAから照明から転換までやっている。この日は全8バンド、リハを含めると16回バンドの転換をすることになる。ひゃー大変だ。スミさん、テンパッてるのがわかる(笑)。 

そんなスミさんの心情を察し、ボギーのリハは5分くらいでサクッと終える(いつもそーか(笑))。リハ後はすぐにどっか酒呑みに出るスタイルなんだけど、出演者全員の「顔合わせ」があるとのことで、なかなか呑みに出られない。 

イベントでたまにある開場前の出演者全員による「顔合わせ」ってのがどーにも苦手だ。ひとバンドずつ自己紹介して「よろしくおねがいしますー!」みたいな感じが、会社の新人研修にきたみたいな気分になってテンションが落ちてしまう。 

でも、主催のマンコスくんは良いこと言ってたなあ。 
「今日は転換中はDJやってるのでなるべくセッティングは静かにお願いします。DJの方も戦う気持ちで来てると思うんで」って。それはすごく共感できる。 


「顔合わせ」のあと、みんなでラーメン食いに行った。美味かったし、楽しかった。そのあとTAKEVEZのケンジくんとふたりで居酒屋に呑みに行った。ケンジくんは初めて芋のお湯割りの味を覚えて感動していた(笑)。楽しかった。 
ツアーはそーいうことの積み重ねが楽しいのだ。 

owa2S




会場に戻ると最初のバンドが始まった。今夜は対バン面白いな〜。全バンドジャンルがバラバラで。周南のmemaiって若いバンド、センス良いな〜。あと、リハのときから風貌だけですでに気になってた広島のモンキービジネス、ライブも根性入っててかっこよかった。ボットンズと対バンが観たい。女性ベーシストの気合い入った足の開き具合が最高! 

DSC04665


終わって楽屋で声かけたモンキービジネスのボーカルの人、実は、2年前に福岡来たことあり、そのとき道端で何人もの人から「ボギーさんですよね?」って声かけられたらしく、「ボギーって誰や!?」という謎を胸に今日まで生きてきたらしい(笑)。 
まさに今夜、ミラクルな出会い(笑)! 

qx4Ya


でも、ボギーじゃなくて、gigiのジュンジくんに顔めっちゃ似てるね。 



この日、福岡から木藤くんが車でふらりと見に来てくれた。「なんとなく面白そうだな」と思って車で4時間かけて来る木藤くんの自由さと直感はスバラシーと思う。さらに、たまたま岩国に旅行中だったというカシミールナポレオンのKまでふらりとやって来た(笑)!なんつー偶然だ!! 

DSC04671


しかもTAKEVEZのマンコスくんはカシナポの大ファンで、いつか岩国に呼びたいってずっと思ってたらしく、まさか本人のほうからふらりとやってきたんでビックリして大感動してた(笑)。なんか今夜は次々とミラクルおこるな〜。 


そんで、いよいよボギーの出番。お客さん、みんなとても良い顔で聴いてくれるもんで、自分の部屋に友達呼んだくらいの距離感でライブやれたよ。良い空気でした、ありがとう! 

KTVXJ




イベントのトリは主催のTAKEVEZ、素晴らしかった!これはかっこいい!!完全にヤられた。ライブ終わってソッコーで今年のヨコチンロックフェスにオファーしたよ。まだ開催日も決まってないのに(笑)。狂喜乱舞のダンスフロアが目に浮かぶ。どんなライブをやるバンドかはあえてレポしないことにしよう、今年のヨコチンロックフェスで目撃して欲しいから。 

nwrLf


祭り感がすごかった。岩国、面白いな。TAKEVEZといい戸川碧子といい、ヤバイのがおる。やはり山口は魔物だらけだ(笑)。 


そんな魔物たちとの、打ち上げ。ふつう、打ち上げって近くの居酒屋とかに行くよね?なぜか車に乗せられて、みんなで大移動。結構長い距離、どんどん山奥に入って行く。打ち上げ....よね?? 



突然現れた巨大な電光掲示板の「祭」という文字!!!おおお!!!祭りの予感!!! 

DSC04696



山の奥にある「山賊」という居酒屋で、岩国ではとても有名なB級スポット(?)らしく、車じゃないと絶対行けないらしいので、岩国の若者は運転免許を取るとまず「山賊」に行くらしい(笑)。 

DSC04701



とにかく、何もかもがでかい!!!! 

DSC04698




名物は山賊焼きと山賊おにぎり、やはりデカイ!!! 

Be4BcDICMAAibBx




しかも、驚くのはこれだけじゃない。屋内ではなく、屋外なのだ!!この寒い時期に、山の奥で屋外!!!囲炉裏はあるけど、めちゃくちゃ寒い!!!!ガクガク震えながら生ビールを頼んだことをちょっと後悔する(笑)。 

2杯目は熱燗を頼んだ。山女の塩焼きと一緒に日本酒。やっぱこれやね。 

IdhDQ





「山賊」つぎはもーちょい暖かい季節に行きたいけど、でも面白かったなあ。メニュー表に載ってたお店のイメージ画が味ありすぎ(笑)。 

hbxAC





あとから聞いた話、実は今夜のイベントは「ボギーを山賊に連れて行く」ことありきで決めたらしい(笑)。素晴らしいねTAKEVEZ、めちゃくちゃ楽しい一日をありがとう! 

VooDooLoungeで毎週開催してます「LOUNGE SOUNDS」では、 
毎度毎度刺激的な夜、未知なる音楽との出会いを用意してお待ちしてます! 

2月のラウンジサウンズも、おもろいラインナップがずらり!!! 
あなたのアンテナにピクンとひっかかった日にぜひ遊びに来てくださいね〜!!!! 


((((( 2月のラウンジサウンズ ))))) 



2/4(火)「ラウンジサウンズ」 
@VooDooLounge 
19時開場 19時半開演 
1500円+1ドリンク 
出演) 
crusade2分の1 
第二次霧鵺計画 
ハズレ 
林まゆ 
木藤和也 
司会とDJ)ボギー 
● 奇抜なゴスロリショップの店長さんによるショー的要素満載のCrusade2分の1。JAZZ歌謡テイストの楽曲をグッとくる演奏で聴かせるハズレ。ダンスと歌でなんとも不思議な世界を醸し出す林まゆ。死ぬほどネガティブな曲を100%の笑顔でクレイジーに歌いきる木藤和也。そしてYouTube動画見てブッ飛んだ第二次霧鵺計画が初登場。 



2/6(木)「ラウンジサウンズ」 
@VooDooLounge 
19時開場 19時半開演 
1500円+1ドリンク 
出演) 
ヒゲLOOK 
ろくたにし 
InとOut逆菩薩 
Milk o'Sunday 
Black Bugfilm 
司会とDJ)ボギー 
● トロピカルというより泥ピカル・ロックな大牟田産ヒゲLOOK。宇宙にぶっ飛ぶまで突き抜けて行く、ろくたにし。今一番グイグイくる男、鎌田寛達率いるオルタナティブロックバンド、Inとout逆菩薩。絶妙なローファイ感と楽曲センスがナイスなポストパンク、Milk o’Sunday。独特の威圧感、ヘヴィなサウンド、MC一切無し、こだわりを感じるBlack Bugfilm。 



2/14(金)「L.Sバレンタイン歌謡祭」 
@VooDooLounge 
19時開場 19時半開演 
1500円+1ドリンク 
出演) 
漢方先生 
Vic bongo 
宇宙サービス 
pari-ce 
ぱちゅ〜む 
*Heartland 
八洲 
ボギー 
司会とDJ)ボギー 
● 金曜だし、バレンタインデーだし、L.S久しぶりの歌謡曲カバーナイト!!ダイナマイトな声と演奏が魅力なラウンジサウンズの女王、漢方先生。ジャマイカンミュージック&ソウルジャズ&ファンク系ビッグバンドvic bongo。完全あてぶりのエアPerfumeで盛り上げてくれるダンスチーム、ぱちゅ〜む。福岡の裏アイドル、pariちゃんとceちゃんによるpari-ce。脳みそぐるぐるな真のアシッドフォークの妖精、八洲。濃密な空気に包むベース&ボーカルのデュオ、Heartland。福岡発秋葉系サブカル盆踊りテクノ歌謡、宇宙サービス。ボギーもでる。 


オサダアツトシ

2/19(水)「ラウンジサウンズ〜オサダミルフィーユ地獄〜」 
@VooDooLounge 
19時開場 19時半開演 
1500円+1ドリンク 
出演) 
オサダアツトシ 
klagitz(熊本) 
秋吉洋祐(チューベローズ) 
フアリナ 
LEPO 
田代裕之 
司会とDJ)ボギー 
● 一度ハマるとアリ地獄!天然アシッドサイケフォーク、オサダアツトシがこの日はサブステージで各バンドの合間ごとに出てくる!名付けてオサダ・ミルフィーユ地獄!!!!熊本からセンス良すぎる楽曲と歌詞がたまらん魅力のklagitz。弾き語りのときはメガネは飛ばさないチューベローズの秋吉洋祐。きらめきと浮遊感と男のロマンシシズムが眩しくはじけるアコースティックバージョンの、フアリナ。FunkやBlues、Jazz、Rock、R&Bなどの音楽を、ポップに、ゆるーく昇華したLEPO。元・GGモッサイ雀の芸達者男!田代裕之。 



2/24(月)「ラウンジサウンズ」 
@VooDooLounge 
19時開場 19時半開演 
1500円+1ドリンク 
出演) 
monju 
Dear tia 
John public 
小林ボードウォーク 
Trash Area 
司会とDJ)ボギー 
● シンガーとしてもソングライターとしてもセンス抜群のイガクラカズコ、三人寄れば文殊の知恵!monju。ピアノとボーカル女性デュオで艶っぽくジャジーに聴かせるDear Tia。つかみ所が無いけど、どこかアーバンなjohn public。飄々としたキャラと、独自の世界を持った曲、小林ボードウォーク。独特のポップミュージック感を持つTrash Area。 



精神異常者

2/25(火)「ラウンジサウンズ〜21世紀の精神異常者ナイト〜課題曲シリーズ第2夜」 
@VooDooLounge 
19時開場 19時半開演 
1500円+1ドリンク 
出演) 
火の馬 
カルキンズ 
if MASACA 
Es Experiment 
アダチ宣伝社 
cuvboys 
司会とDJ)ボギー 
● L.Sの新企画「課題曲シリーズ」は、全バンド課題曲をかならず演奏するという企画。第2回目はキングクリムゾン「21世紀の精神異常者」。いきなり難題(笑)!これに挑むのは、プログレッシブかつ呪術的な歌と演奏と踊り、地下室の秘密の儀式を見てしまったような感覚になる火の馬。狂犬みたいな3人組ロックンロールバンド、カルキンズ。60’s〜オルタナの匂い漂うロックを鳴らすEs Experiment。ユーモア溢れる切り口のMCが味わい豊かな空間を創り出す、if MASACA。独特の浮遊感と揺らぎを持ったサウンドをマイペースに作り上げてるcuvboys。そしてかつて福岡を代表するプログレバンド「たけのうちカルテット」を率いていたアダチヒデヤ氏のチンドン屋、アダチ宣伝社まで登場。どんなクリムゾンが聴けるか、とても楽しみ! 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


<LOUNGE SOUNDS> 
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/8256/LS.html 

<ヨコチンレーベル> 
http://www3.to/yokotin 



※出演希望バンド、随時募集中!ボギーまで連絡ください。 

このページのトップヘ