ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

ビーハイヴ


赤坂のイカした美容室BEEHIVE DELUXEの新年パーティーイベントに親子で呼ばれました。
「何をしても良い」ということなので、めちゃくちゃします(笑)!


モンドは似顔絵屋さん(先着順で10名程度)。

mondokunblog006


ボギーはほぼスナックボギー状態!もちろん歌もたっぷりワンマンショーばりに歌います。

ボギー_メテオ のコピー



共演は東京より「熱い人たち」をテーマに編んで編んで編みまくる「狂い編みサンダーニット」 編み物 バディ堀ノ内氏が会場で編みまくり!この方、すごいですよ。見てくださいこの手編みセーター作品を!これら作品も見れるそうです。

1456574_438671499601047_24718724_n
1966082_442014522600078_237757096_o
10848713_566083723526490_6332292150675837262_o




さらにビーハイブスタッフによるヘアショーと盛り沢山!!!
オシャレで変態な夜になると思います(笑)。

チケットは予約制なのでビーハイブまで連絡くださいね。

チケット問い合わせ 
BEEHIVE DELUXE 
092 711 7121 



1/12(祝/月)「BEEHIVE LOL SHOWCASE」
@福岡LIV LABO (福岡市 中央区大名1丁目6−8)
open/start 18:00〜 
¥1500+1ドリンク 
ライブ)ボギー 
似顔絵屋さん)モンドくん 
編み物)狂い編みサンダーニット・バディ堀ノ内 
 
ビーハイヴ裏

12月26日。 

せっかく家族で熊本まで来たので、熊本のじいちゃんばあちゃんに会いに行った。 

DSC06584 のコピー




ばあちゃんは認知症なので、大きくなったひ孫たちを見せてもすぐに忘れてしまうだろう、それでも会わせたかった。もちろん孫である自分のことももう覚えてないとは思うけど。 


じいちゃんは93才で元気、畑仕事もしてるし、毎日晩酌もする。 
そしてばあちゃんの介護もしてる。 

「ボケたばあちゃんばちゃ〜んと最後まで見送るまでは元気でおらにゃならん」って言って笑った。 


じいちゃんは木を削ってこけしを作ったり、ひょうたんに絵を描いたりする趣味もある。 
このすごい数のこけしは全部じいちゃんが作った作品だ。 

DSC06590




モンドの活躍を熊本でずっと応援してくれてるじいちゃんばあちゃんの似顔絵を描いてあげたらすごく喜んでくれた。 

DSC06591

DSC06593 のコピー

DSC06599 のコピー


めっちゃくちゃ似てる〜。 




「元気でねー!」



と言って、帰ったその4日後にじいちゃんが心不全で倒れてしまうなんて、あの日はそんな前ぶれさえ無かった。幸い一命は取り留め、いまは回復に向かっているじいちゃん。 


93才という歳を考えれば、ばあちゃんの介護生活でやっぱりかなり無理をしていたんだと思う。昨年から父も介護の手伝いで熊本に行ってたけど、今後のことを考えたら、いろいろ大変だ。 


「老い」はすべての人間に平等に訪れる。 
いずれは自分の親も、そして自分にも必ずやってくる。 

年末、忙しくて書けなかったレポがまだいくつかあるので、ちゃんと記しておきます。 


12月25日。 

毎年クリスマスは家族でゆっくり過ごすのだが、今年のクリスマスは家族5人揃ってイベント出演なのだ。iPhoneのナビを頼りに田舎道を走る「え?ほんとにここでいいのかな?」って場所にある熊本は荒尾の大自然に囲まれたカフェ「アルバーロ」で、平井正也とボギーのクリスマスライブがひらかれた。 

その名も、森のおんがく会「ボギーと正也のたのしいクリスマス」。 

10868121_762093540549942_8530043315118533239_n


DSC06491


アルバーロの周りには広大な畑がひろがり、いろんな野菜が育っている。
手作りのブランコなど子供たちが遊ぶ場所もいっぱいある。 

DSC06496


カフェ内には子供部屋まである!

DSC06498




平井くん家族のように震災後に東京や福島などから避難して来た家族たちが熊本にはたくさん集まってて、そういうコミュニティが生んだ場所のひとつがこの「アルバーロ」というカフェなのである。潰れた岩盤浴場を改装し、みんなで共同運営しているらしい。 

アルバーロの土間フロアではいろんなマルシェで賑わっていた。 
そこでモンドの似顔絵屋さんも出店。 

DSC06513

DSC06516



音響担当のTonさん。 

DSC06501




スパイシーで美味いカレー屋さん夫婦。 

DSC06509




猫のお客さんは初めてだ(笑)。 

DSC06519



わははは! 

DSC06525 のコピー




似顔絵屋さんは大盛況で次から次に描いていた。 



この日限定で平井くんがわざわざ考案したというアルバーロ特別メニューが最高! 
奥村どん、ヨコチンピザ、カーニバルサラダ赤いババアソース、青い春串カツ、ポテトモンド、ERIMOブレンド...。すべてボギーにちなんだ名前が付いていた(笑)。 

DSC06502



嬉しくてつい、全部頼んじゃった(笑)。 
写真は奥村どん+ポテトモンド+ERIMOブレンドコーヒー。 

DSC06507





夜のライブには、お客さん近所から遠方からとたくさん集まってくれてさらに良い雰囲気。 
わんさか走り回っている子供たちのハシャぐ声も愉快だ。 

DSC06529


平井くんは首筋に血管をいっぱい浮かべて全力で「俺たち最高だー!」って歌ってた。 
俺も負けじと「うんこうんこうんこうんこうんこ!!」って歌った(笑)。 


パチパチと花火のように魂の火花が飛び散る。 


アンコールにふたりで歌ったRCの「夜の散歩をしないかね」とエンケンさんの「不滅の男」。
あれが俺らのクリスマスソングだ!!! 

1508653_397949100355048_3996102186871559449_n



平井正也とボギーのクリスマスライブ、温かい大人たちと元気な子供たちの小さなお祭りみたいな、最高に良い夜!!場所、人、時間。なにもかも心地良かった。アルバーロ、また行きたいな。 


DSC06553 のコピー
DSC06561



平井くんとは知り合ってまだ2年も経ってないけど、なんだか昔から友達だったような、そんな気がする。平井くんも俺のことをそう思ってくれてるみたいなんで、きっとそうなんだろう。
出会う前から俺たちはすでに出会っていたんだろう。 



打ち上げはドイサイエンスのゲーナーさん宅で、大人子供あわせて20人くらいの賑やかなおでんパーティー。親戚の法事の集まりみたいな雰囲気(笑)。ここで暮らす人たちは、人と人の「関わり」がとても強いんだなと思った。 

DSC06571




そのまま家族で泊まらせてもらい、ひんやりと冷たい朝、昨日わいわい賑わってたリビングへ行くと、部屋に飾られた大きなクリスマスツリーがぽつんとある。 
クリスマスが終わった翌日のクリスマスツリーってなんだか切なくて綺麗だなって思う。 


ゲーナーさんの奥さんが作ってくれたお粥で朝ごはん。 
同じくゲーナーさん宅にお泊りだった演出家の岡田利規さん(有名な方らしい)の家族と一緒にいただく。演劇のことはまったく詳しくなく、岡田さんのことも知らなかったんだけど、話してたらすぐにわかった。「あ、オモロイ人だ」って(笑)。 


岡田さん「演劇の世界ではぼくは仲間はずれなんです」 
ボギー「あ、ヨコチンレーベルってハミダシ者って意味なんです」 
二人「あはははは」 


つい長居をしてしまうくらい流れてる時間が心地良かった。 
こういう場所にツアーに行くと、生きてく選択肢っていっぱいあるんだよなって思えて安心するのだ。

そういえば、1月3日も新年会だったのだ。
高校の同窓会で、30人近く集まった。
デザイン科だったので、すこし変わったやつが多かったかもしれない。

10891787_628322413960794_5451130405624853886_n


出会って25年の同級生たち。
いまはデザイン事務所立ち上げてる者もいるけど、建築関係だったり、映画関係だったり、飲食関係だったり、水商売関係だったり、オカマになってたり、風貌が激変しすぎてたり、子だくさんになってたり、離婚してたり、人生模様も様々で、ひとりひとりに「今何やってんの?」って聞くだけで面白い。

10885400_443300475821312_8737579101672412484_n
DSC07183
DSC07181


 
学生の頃、とても仲良かった友人とも再会できて嬉しかったな。

そいつがこんなこと言った「高校の頃おれ奥ちゃん(高校時代のあだ名)と毎日遊んでたし、一番の友達だと思ってたのに、短大に行ったら急に「俺には友達がいない」って言いだしたやろ?あれ、めちゃくちゃショックやったよ、今だから言うけど。」


....って、そういえば「友達がいない」って口癖みたいに言ってた時期があったなあ。
デザイン科の短大に進学したころからあらゆることが疑問に感じるようになり、反発したり、絡んだり、思春期特有のめんどくさい性格だったかもしれない(苦笑)。

でも「友達がいない」なんて格好つけて言った言葉で無意識に友達を傷付けてしまったこと、今になって悪かったなあと反省、でもそれを正直に話してくれたことは嬉しかった。


若いバンドマンと呑んでても「友達がいない」って言葉、よく耳にする。
これからはきっとその言葉を聞くたびに自分の学生時代を思い出し苦笑いするだろうな(笑)。でも「友達がいない」ってわざわざ口に出して言うってことは、「友達が欲しい!」ってメッセージなんだと思う。



あ、そうそう、この日は高校時代に初めて組んだバンドのメンバーも揃ってた。いつもバカな話ばっかりしてた仲間だが、それは25年経ってもちっとも変わってなかったな。

DSC07180

 
高校の頃と言えばちょうどバンドブームでイカ天も全盛時代。
クラスメイトの男子の半分くらいはバンドやってるくらいの勢いだったけど、
今でもバンドやってるの、俺と中尾憲太郎とシバッチくらいやろうなあ。
懐かしいっていうか、ついこの前のことみたい。

25年なんてアッという間やな。

高3ボギー
高3ベイビー


でもその頃に出会ったクラスメイトで当時は口も利いたことなかった人が今では奥さん...。
人生って面白いね〜。
 

1月5日は長年お世話になってる音響会社STAFFの恒例新年会に家族全員で行った。

izx9r


STAFF谷村社長とは25才の頃はじめた「総決起集会」からの付き合いで、今でもサンセットライブや、なんか困った時などいろいろ助けてもらってる。

KYIe2-1


谷村さんからお年玉貰ったお礼に似顔絵を描くモンド&テンセイ画伯(笑)。

Ayvrc-1

今年もよろしくお願いします。 

このページのトップヘ