ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

12.9(月)「MUSK SOUNDS」のレポ。 

この日はMUSKにて、ドラびでお+若林美保さんの「ドラ☆美保」を招き開催。ボギーは、新たに新メンバーayaちゃんを加えた「ボギーのアルコールメモリーズ 」で出演した。 


まずは1番手、坂上ヨシキ&ayaちゃんによる即興デュオ「no black ballerina」。コントラバスと鍵盤による極端に音数の少ないインプロ、とうぜん会場はシーンと聞き耳を立てる。この音楽はどこに着地するんだろう?と行き先を耳で追う。 

そのままステージにボギーとchangさんがスッと入り込み、そのまま「ボギーのアルコールメモリーズ」演奏開始、この流れは坂上ヨシキ&ayaちゃんがそのままメンバーだからこそできる構成だ。 

1457749_677580885597471_2063795167_n


「ゴダールバカ」「鳥の家」「ヌーディストビーチ」「蚊帳の外」の4曲。 

「蚊帳の外」は高松彩ちゃんとのデュエットソングへと生まれ変わった。「鳥の家」と「ヌーディストビーチ」はnontroppoの曲だけど、アレンジを変えてまた新しい雰囲気になった。おれは同じ曲をいろんなバンド、いろんなスタイルで何度もアレンジを変えて演奏するんだけど、曲は出来上がったら完成じゃなくて、常に変化や進化があっていいと思ってる。だからnontroppoの曲を他のバンドでやることにも、同じ曲を何度もレコーディングすることにも、なんの躊躇もない。 

曲って常に生きてると思う。 

よく「昔の自分の曲は聴かない」って人いるけど、それってなんだか曲が可哀想だなと思う。


あ、話が逸れた(笑)。 



とりあえず「ボギーのアルコールメモリーズ」はとっても良いバランスの4人が揃ったなと思う。このバンド編成は来年も続けたい。 


3組目は「freedom set」、今夜はトコトン静かで大人っぽい流れなのだ。いつも以上にペペのギターがエロく聴こえたのは気のせいだろうか(笑)? 


4組目「火の馬」、ここまでの静かな静かな流れを大きな鎌で引き裂くような演奏。良い流れ。ダンサーの星野さんの目が怖かった。なにもそんなに怖くならんでもってくらい怖かった。


そして、いよいよ「ドラ☆美保」なのだが、その前に一楽さんがソロで「ドラびでお」。やはり今夜も最高にヤバくて、初めて見たお客さんたちが度肝抜かれて歓声を上げてる。その反応が主催者としてはとっても嬉しいんだけど、過激な映像ネタを使ったパフォーマンスは封印するらしく、福岡では今夜が見納め!なんとも勿体ない。しかし一楽さんいわく、新たなシステムを導入し、次からはもっとスゲーヤバイことになる!らしい(笑)。 
期待してます! 

盛り上がったところで「ドラ☆美保」!若林美保さんいきなりお尻丸出しのナース服で登場、え、え、エロい....。そのまま、天井からロープで宙づりになり、くるくるくるくる回る。おれ、最前列でみたよ。美保さんがナース服を脱ぐ、目の前できれいなお尻が回ってる。こんな近くで回るお尻を凝視してたら、なんだかそーいう美術作品にすら見えてくるのだ(笑)。 

DSC03868
 

一楽さんの息を呑む音楽と、若林美保さんの息を呑む身体によるインプロ。JAZZピアニストの指に裸体を弾かれるようなイメージになったこの写真!これぞエロス!! 

DSC03880




ん〜〜〜、素晴らしく官能的なインプロでした。拍手喝采! 




打ち上げも楽しかった〜。串カツ屋「満マル」にて。 

DSC03888

DSC03890



美保さんが作ってくれた「おしぼりちんぽ」をうっとりした表情で見つめるペペ伊藤(笑)。


DSC03894 のコピー
 
DSC03893
 

年内にレポをリアルタイムに追いつきたいので、今夜からたまってるライブレポを書いて行きます。 


まずは、12.8(日)のレポ。 

この日はくじらの杉林恭雄さんのソロライヴがJUKE JOINTで開催され、共演に東京ローカル・ホンクの木下弦二さんとボギーが誘われた。誘ってくれたのはSOUTH POPの晴子ちゃんだ。 

弦二さんはくじらの大ファンらしい。ボギーはというと、中高生の頃にテレビで「カラス」など数曲のプロモーションビデオを見た記憶があるくらいで、失礼ながらくじらの音楽を今までちゃんと聞いたことが無かったのに、なんで晴子ちゃんは俺のことを誘ってくれたのだろうと不思議だった。 


夕方、会場のJUKE JOINTに行くと、すでに杉林さんと弦二さんがセッションの打ち合わせをしていた。弦二さんはよっぽどのファンなのだろう。少年みたいに目をキラキラさせながら杉林さんの横でギターを弾いている。きっと自分も影響を受けた大好きな音楽家と共演するときはいつもこんな顔になってるんだろ〜な〜なんて思いニヤニヤしながらその光景を眺めてたら、「ボギーくんも一緒に演ろうよ!」とふたりに誘われて、一気にドギマギする。初対面でろくすっぽ挨拶もしてないのに、いきなりセッション。でもそういうのが一番スマートなのかもしれない。 

ボギーはハーモニカでセッション演ることになった。弦二さんの曲で1曲、杉林さんの曲で1曲だ。軽〜く流れを打ち合わせする程度の練習をして、なんとなく雰囲気掴んだあと、3人で蕎麦を食べに行った。 


「玄」という蕎麦屋で、ここは安くて美味い。蕎麦食いながら弦二さんすっっっごい饒舌(笑)。杉林さんは笑顔から優しそうなのが伝わる。ふたりが昔の音楽シーンの話をしているのを興味深く聞かせてもらった。 


蕎麦を杉林さんから奢って頂いて恐縮、ご馳走さまでした! 


JUKE JOINTに戻るとすぐにボギーの出番だった。年齢順でボギーが一番目にくることは最近ではもはや珍しいので、なんだか嬉しい(笑)。ライブは、かなり自然体でやれたと思う。最近、弾き語りするとき、ほんとに力を抜いてやれてる。手を抜いてるわけじゃなくて、余計な力を抜いてやれてるって意味ね(笑)。 

終わって、杉林さんが親指をグイッと立ててにっこりしてくれたのが嬉しかった。 


続いて、木下弦二さん。今年の春に「はるかぜ」で出会い。夏に「勝手にニューポート」で再会し、今回で共演は3度目となる。弦二さんのステージも、いい意味で力が抜けてる。お酒一滴も呑んでないのにまるでべろんべろんみたいな良い表情で歌う、声も独特の深いヴィヴラートが気持ち良くて、身体がフワッと軽くなる。素敵だなあ。 
途中でボギー呼ばれて1曲セッション。ハーモニカとマラカスでしっくりやれたと思う。 


そしていよいよ杉林さん登場。会場には、昔から大ファンです!という気持ちが滲み出まくっているお客さんたちでいっぱい。1曲目はハードな曲で始まり、2曲目に「カラス」だった。知ってる曲が聴けて嬉しかった、と同時に、杉林さんの曲ってギター1本でも充分にバンド感があり、ビート感があり、広がりがあるってことに気付いた。不思議なノスタルジックさとジャポニズムとニューウェイブ感とが交ざって、すっごいPOP! 

さらに杉林さんはお客さんと一緒に楽しみながらステージを作って行くのが巧い!強制的なコール&レスポンスじゃなくて、自然に沸き上がる合いの手のようにどんどん聴き手の心が解放されてく、まさに音楽のキャッチボール(この表現ダサイけど、キャッチボールって言葉がほんとにぴったりなのだ)。 

ああ〜、なんで今までちゃんと聴いてなかったんだろうって後悔するほど、素敵な音楽だった。 


中盤から弦二さんのギターが加わり、数曲。最後にボギーも呼ばれ、3人で1曲。すっごく楽しいセッションで、心躍った! 


1483277_227874097390838_1899179796_n




自分の最近のテーマとして、「PAでリバーヴをかけずに、人間からリバーヴを滲みだしたい」ってのがあるんだけど、杉林さんも弦二さんも人間からリバーヴ感がすごい滲んでて、打ち上げでそれ言ったら二人から「うはははは!人間から出るリバーヴか!いいね!」って爆笑されたけど(笑)。 


いい夜だったなあ。音楽が悦びで満ちてた。 


999800_227874094057505_361887469_n




またどこかで共演したいな〜。 
出会いをくれたSOUTH POPの晴子ちゃんにも感謝。 

LSF2013


ラウンジサウンズフェスティバル!今年最後の祭りじゃい!
総勢23バンド!!!とんでもない出演者数になってきました(笑)!!! 今年は完全に地元バンドオンリーの祭りです!!それでいいのだ!福岡のバンドはかっこいいのだ!!ぜひ遊びにきてくださいネ! 

明日のラウンジサウンズフェスティバルか、30日の40人弾き語り忘年会、どちらかにはぜったい来てほしいっす。
今年ラウンジサウンズに出てくれたバンドマンには特に顔だしてほしいです。ありがとう!って感謝の気持ち込めて乾杯しまくりたいんです。

年末だから忙しかったり、お金なかったりすると思うけど、お金ならツケでいいからさ(笑)。ラウンジサウンズはそれでいいのだ。
大いに呑もうぜ!!!! 


12/23(祝)『ラウンジサウンズフェスティバル2013』
@VooDooLounge 
13:30開場 14:00開演 23:30終演 
2000円+1ドリンクオーダー 

出演) 
14:00〜 ボギー 
14:35〜 CHAINSAW TV 
15:10〜 白痴 
15:30〜 moon at noon(ベリーダンス)※ 
15:50〜 freedom set 
16:25〜 サザンアミーゴス 
16:45〜 テル(BingoLove)※ 
17:00〜 THE WAGON 
17:35〜 鮫肌尻子とダイナマイト 
18:10〜 THE VOTTONES 
18:30〜 東健介 ※ 
18:45〜 nontroppo 
19:05〜 平井正也(マーガレットズロース) ※ 
19:20〜 フアリナ 
19:55〜 チャーリービーンズ 
20:30〜 ノスタルジア 
20:50〜 戸川碧子 ※ 
21:05〜 Johannes of BARCELONA 
21:30〜 宇宙サービス ※ 
21:50〜 漢方先生 
22:10〜 スペシャル超大物シークレットゲスト ※ 
22:25〜 ポカムス 
23:00〜 BLUESVILLE 

似顔絵屋)モンド画伯 (13時半〜20時まで)

司会&DJ)ボギー 

※印はサイドステージです。 

※再入場可!


出演者プロフィールなど詳細ページはコチラ! 

いよいよ今週!
「スナックボギー」「ボギーの音楽学校」に続く攻めの企画第3弾
ボギトーーク」。
ボギーがトークオンリーのイベントに挑戦!!
普段のライブではなかなか話せないようなアノ話コノ話を、芋焼酎片手に語りまくる一夜!!!! 

地元じゃなく、わざわざ東京まで行ってこれやるのってなかなかのチャレンジです、正直、怖いです(笑)。だからこそ、ぜひ目撃しに来て欲しいのです。
しゃべりだけでどこまでグルーヴが出せるのか?自分に挑戦状!!!
ボギトーク


ボギーのトークオンリー120分! 
『ボギトーーク』
 

2013.12.19(木) @板橋マーキー 
開場19:00 開演19:30 
1500円+1drink order 

出演)ボギー 


<ト−−ク・メニュー> 

・おっぱいの起源

・乳派と尻派について

・和式便所のしかた

・駅伝の女

・街で見かけた謎の浮浪者たち

・マネキンの首

・最後の野グソ

・エロビデオ泥棒団

・初台のカレー屋で見た奇跡

・味覚の罠~めんちゃんこ亭~

・プロの仕事~ポール牧~

・ソフトボール上野投手の指

・ピカピカ伝説

・韓国のFUCK YOUサイン

・手相の話

・七夕の短冊

・並び屋のじいさん

・ディープキス事件

・大阪の電車で出会ったド変態

・クラゲに刺されたら

・初恋の話

・中国からの謎のメッセージ

・熊の手のミイラ

・死んだおじいちゃんの夢

・モンドのひどい寝小便

・ライブハウスの怪談

・畳の上のハンバーグ事件

・IKKOさんのイイ話

・トマト定食

・公園に現れる謎の弾き語りオヤジ

・真実の口はエロ占い

・ジョンレノンの亡霊

・騎馬戦の話

・イモ掘りの悲劇

・内田裕也の聞いた話

・アントニオ猪木のマイクチェック

・世界一エロい名前

・イエスタデイおじさん

・ヨラテンゴに怒られた話

・岡本太郎美術館でみた妖怪

・正直に生きよう

・バービーボーイズのカセットテープ

・秘密の1万人フェス

・玉井くん

・最古の古代文字

・船のトイレでみたもの

・右脳を鍛えよう

・うっかり者ボギー

・ぷっちょ

・皮肉な選挙ポスター

・アメリカンドック

・黒人にめっちゃ怒鳴られた話

・長渕剛盗作疑惑

・モノマネゾンビ
・北島三郎を大いに語る 

・難産の話

・ボコボコにされた夜

・お父ちゃんの仕事

・子供の言葉のセンス

・うんこの山

・赤いババア

・賽の河原ジジイ

・No1美人演歌歌手

・禁断の愛

 

...and more!!!



ぜひ遊びに来てくださいね!誰も来なかったらただの独り言120分になっちゃうんで...(笑)。 

板橋マーキーは板橋駅から歩いて6〜7分くらい。リラックスできる良いスペースです。店長も良い人! 

チケット予約) 
yokotin_b@hotmail.com ヨコチンレーベル 




板橋marquee(マーキー)
東京都板橋区板橋1−47−9 グランメゾン新板橋1F
03(5248)0777
JR板橋駅、西口より徒歩7分。都営三田線新板橋駅、A3出口より徒歩3分。 

40人弾き語り


「ラウンジサウンズ40人弾き語り忘年会」今年の40人が決定しました! 
(※写真は昨年の40人弾き語りのステージ)

毎週毎週、好き放題やりまくってますラウンジサウンズ、もちろん締めくくりは年末恒例の「40人弾き語り忘年会」です。1本のギターを40人のミュージシャンが1曲ずつ回し弾きし、今年の歌い納めで飾ります。異様に盛り上がるこの企画!! 同じギターでもアーティストによって全く違う音色を奏でます、 40人40色の表現をお楽しみください。 



12/30(月)「ラウンジサウンズ40人弾き語り忘年会2013」 
@福岡VooDooLounge 
開場19:00 開演19:30 
1500円+1ドリンクオーダー 

本番順) 
 1)鎌田寛達(InとOut逆菩薩) 
 2)if MASACA 
 3)柴田美咲(吐血少女) 
 4)小林ボードウォーク 
 5)岡本草平(Bellbottom from 80's) 
 6)愛ちゃん(Bingo Love) 
 7)おんち(万能グローブガラパゴスダイナモス) 
 8)moffol(MIlk o'Sunday) 
 9)ニシジマオ(宇宙サービス) 
10)田代裕之 
11)高松彩(freedom set) 
12)オサダアツトシ 
13)雨野(Black Bugfilm) 
14)鮫肌尻子(鮫肌尻子とダイナマイト) 
15)マッシヴ(Es Experiment) 
16)クイン・アルバイトマン(サザンアミーゴス) 
17)明日香(西風) 
18)michi 
19)佐藤智哉(ex.ローカルシティドッグス) 
20)タケダ2000GT 
21)白夜(crusade) 
22)未来(DONK!) 
23)チャーリー(チャーリービーンズ) 
24)戸渡陽太 
25)東健介 
26)山岡亨(山岡カルテット) 
27)ななこ(heartland) 
28)中津康志(brownbems) 
29)林田明(フアリナ) 
30)木藤和也 
31)平井正也(マーガレットズロース) 
32)コヤナギシンジ 
33)Fu-WHO(THE VOTTONES) 
34)オクムラユウスケ 
35)漢方先生 
36)K(カシミールナポレオン) 
37)TALLBOY(MOTH) 
38)野海はるね 
39)井上周一(folkenough) 
40)ボギー(nontroppo) 


司会)ボギー 
似顔絵屋)モンド画伯 


終演23:00(予定) 


終わったら「ぶあいそ舞鶴店」に大移動し盛大に打ち上げやります!! 
出演者もお客さんも大歓迎!飲み明かしましょう!!! 

このページのトップヘ