ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

明日からまたツアーが始まります。 
東京2デイズ→京都→大阪→フェリー船上ライブ→福岡と6本!!
全部来てとは言いません(あたり前か)。どれか1本観に来てくれたら嬉しーです! 


東京ノントロッポ

東京ノントロッポ 「東京Fuck'in Girl on the Table」 

まずはこの祭り!東京ノントロッポ初下北沢進出。 
23時スタートです。東京ノントロッポは25時出番!君と踊りあかそう日の出を見るまで。

11.8(金)「8日だョ!全員集good!!」@下北沢THREE 
op/st 23:00 前売 2000(D込) 
出演)東京ノントロッポ/真黒毛ぼっくす(BACK BAND ミートザホープス)/ブルースリー/ ちくわテイスティング協会 
【DJ】DJファンクおにぃとひょっとこ(集good!!!) /下北のあまちゃん(撃鉄・海女のジョージ)/タコスオブメキシカンズ(店長ホセ posse&BATICA鬼藤) 
【フード・テキ屋】ファンクおにぃのカタヌキ屋/こっけのおしゃれマスタード焼き屋/その他多数出店! 



そして、11.9(土)は完全にオフ! 
夕方頃から東中野でバンドマン集めて酒盛りじゃい!呑みたい人、連絡ください。誰でも歓迎! 



そしておそらく二日酔いを引きずりながら東京のホームグラウンドとなった感のある月見ルで祭り!共演陣もバラエティに富んでる〜。「崖の上のポニョ」のテーマソングでお馴染み藤岡藤巻さんも対バン! 

11.10(日)月見ル9周年記念企画「月とオレタチ!!」@青山月見ル君想フ 
op 18:30 / st 19:00 
adv 2,500 / door 3,000 (+1D 500) 
出演)東京ノントロッポ/ベベチオ/藤岡藤巻/385 
DJ: ヒサシthe KID 
MC:月見ズくん 

両公演とも、チケット予約受付中です!!! 
yokotin_b@hotmail.com 



bogey


そして翌日は、京都〜大阪ツアー!ゴトウイズミと「地下音楽現場物語」の上映イベントです。ボロフェスタでボギ八先生を胴上げした人はみんな来なさい(笑)! 

映画『地下音楽現場物語』予告編 


11.11(月)『「地下音楽現場物語」&「アルコールメモリーズ」完成記念ツアー』 
@京都・アバンギルド 
openp 19:00 start 19:30 
ご予約\2000+1drink 
当日\2500+1drink 
出演)ボギー/ゴトウイズミ/キツネの嫁入り/ババール 



11.12(火)@大阪・ムジカジャポニカ 
openp 19:00 start 19:30 
ご予約\2000+1drink 
当日\2500+1drink 
出演)ボギー/ゴトウイズミ 
映画上映)『地下音楽現場物語』 
同時上映)『博多ゾンビ』『7人のゾンビ』 
※大阪でもボギー映画上映しますー。 


両公演とも、チケット予約受付中です!!! 
yokotin_b@hotmail.com 





そして大阪からの帰りの船の中でもライブします! 

11.13(水)@大阪〜門司港間・阪九フェリー船内 
出演)ボギー 



そして福岡着いて、ビートルズナイト!!!!! 
ハードデイズ俺!!! 

ビートルズナイト


11.14(木)「ビートルズナイトNOW!」@福岡・VooDooLounge 
open 19:00 start 19:30 ¥1500+1ドリンクオーダー 
出演)ボギー/micemohee/Be here now!/ポカムス/Es Experiment/カルキンズ/アダチヒデヤ 
●やり尽くされた感さえあるビートルズのカバーを、あえて今のバンドマン達がやるとどんなビートルズが聴けるんだろう?そんな好奇心と探究心とビートルマニア心をくすぐられる夜!!!出演は、もはや福岡の秘宝的ロックンロールバンド、ポカムス。胸がきゅんきゅんするPOPメーカー、micemohee。狂犬みたいな4人組ロックンロールバンド、カルキンズ。ドラムとギター2Pで60’s〜オルタナの匂い漂うロックを鳴らすEs Experiment。ちんどん屋アダチ宣伝社でおなじみアダチヒデヤ。そしてジョンレノンの生まれ変わりという噂(笑)ボギー。




そして、11.15はポールマッカートニー観に行くー!!!

syusaisya



藤井よしえという大事な仲間を失って3年が経つ。 

今日、11/7は彼女の命日、ふたつ年上だった彼女の歳はもう越えてしまった。 


いまでも、あらゆる場面でたびたび思い出す。 
生きてりゃこーなってるだろうなとか、想像することもあるし、 
鳥や蝶々や虹になってあらわれることもある。 
まあ、なんだかんだで死んでも死なない人だよね(笑)。 


ここ2〜3年で俺がやたらエネルギッシュに活動しはじめたのも、やはり彼女の死がきっかけだったんだなと今になって思う。 




2010年07月04日(日) at Voodoo Lounge 
〜ボギー(nontroppo)+井上(folk enough)共同企画〜 
『〜藤井よしえ救祭ライブ〜治そうぜ!』 
http://www.youtube.com/watch?v=Ms6pMQvkg4I 



このYouTubeは、藤井よしえの治療費をみんなから集めるために企画したイベントのラストシーンの映像。この日は彼女を慕うバンドたちが無償で全国から集まってくれた。そして藤井さんもシークレットで最後に登場し、ガロリンズのライブを見事にやってのけた。がんで亡くなる4ヶ月前のライブ映像である。 

この映像の後半に藤井さんが伝えた言葉がある。命日の日だけはこの動画を見て、彼女が残した命懸けのメッセージをしっかりちゃんと胸に刻み付け直すことにしているのだけど、やっぱりね、何度見てもこの映像は、涙腺が崩壊してしまうね。 



あれから3年。 
彼女の愛した福岡のシーンはどう変わっただろうか? 
変わったって思う人もいるだろうし、変わってないって思う人もいるだろう。 
俺は少しずつ少しずつ良い方向に進んでるように思うけどね。 


相変わらず、楽しいことがいっぱいある街。 

昨夜のラウンジサウンズは、ボットンズのフーのバースデーに因んで「Fu-WHO!Fuck'in Birthday Party!!!」というお祭り企画。しかし11月5日という日はフーだけでなく、ノンチェリーも荒木ひようくんも、さらにはキンブラ及び夙川のマーヤまでが誕生日だとは、なんてろくでもない日なんだ(笑)。国民の休日にするべきだ。 


1391771_410857929039763_1807251870_n



というわけで、VooDooはお客さんがいっぱい。 


オープニングトークで、ボギーはボットンズの「美少年」をギタレレで歌った。だーいぶ雰囲気変えて歌ったからボットンズの曲って気付かない人もいたかな? 


一発目は佐世保のDONK!。自ら「フーさんの誕生日祝いたいです!」って出演志願してくれたのだ。DONK!は3人のバランスが最高にかっこいい。カズちゃんのハスキーなシャウトも、ミクちゃんのド迫力のデス声も、あねごのはらりとはだけた右肩も、セクシーすぎて惚れる。 
DSC03181



大牟田の最終兵器、TOKOTOKOTONNTOKO'S。何度見てもほんわかにニヤける可愛さ。でもユルくない、ぜんぜんユルくない。サウンドはとんがりまくってる。ベルギーから来たアレックたちもニコニコしながら「サイコーオモシロイネ!」って喜んでた。 
DSC03191



ボットンズ愚連隊の女番長こと鮫肌尻子とダイナマイト。今回はボットンズとの出会いを紙芝居で紹介。最近尻子は良い表情でライブするようになった。アビーはますます気持ち悪くなってきた。まだまだ伸びしろたっぷり! 
8aa1c21b



サブステージで前半後半2回に分けて登場の宇宙サービス。たまきおくんがしばらくお休みということで久しぶりの3人体制。サウンド面ではこっちのスカスカ感があるほうが宇宙サービスらしくもあり、懐かしかった。 
DSC03204



そして、ベルギーからアレック・エレ・ジャポネーズ。やっぱめちゃくちゃオモロい!ハイパーテクニックのカシミールナポレオンとでも言おうか(笑)俺のツボを押しまくるネタの数々。アレックのカタコト日本語、マイのダンス、お客さんたちも笑顔でまんまと巻き込まれる。世界中回って音楽やってるパワーを感じる〜。 
DSC03207



そしていよいよ今夜の主役ザ・ボットンズ!!!東京大阪と車でツアーして帰って来たその足でステージに立ってる。大体いつもそうだ。毎月のようにそーやってライブ!ライブ!ライブ!当然貧乏街道まっしぐらだがその根性は天下一品。命懸けでバカやってるバンドは気迫が違う! 
DSC03225
 

当然この夜も「おれの誕生日?カンケーねーぜ!」みたいないつものロックンロールをブチかましてくれてるんだけど、どんなに目をギラギラにひん剥いても、頬が笑ってるんよね、フーの(笑)。みんなが誕生日祝ってくれて、しかも高校時代の友達までサプライズでわんかさ観に来てくれてて、シッチャカメッチャカに盛り上がってんのが、嬉しくてたまんないって気持ちが、ゆるんだ頬に表れてた(笑)。それはそれで、みんなも嬉しいんだ。 

59c8404f


アンコールでバースデーソングが流れ、プッチンプリンケーキと唐辛子の花束、そして1杯1000円もする最高級テキーラのショット!!呑めないフー、一気に流し込む。 

そして最後は「ヘドロ」!結局ケツ出してめちゃくちゃにされるヘドロ(笑)。あーおもしれえ(笑)!! 

DSC03253 のコピー




そして終演後もモテモテのフー。今夜は特別待遇だ(笑)。 
DSC03261 のコピー



どこもかしこも愛が溢れた夜やん。 
確かにバースデーライブって自分が主役になっちゃうとどーにも照れくさい。フーもだいぶ照れくさそーだった。おれもこの前、やったけど。照れ隠しにコスプレ祭りにしたんだ。つまり誰かの誕生日を出汁にしてみんなでハッピーな気分になれれば、それでいいよね。最近そーいうふうに思えるようになってきた。 



打ち上げもめちゃくちゃ盛り上がったよ。もはや誰が主役とかじゃなくなってて、みーんな大騒ぎしまくって、フー隅っこでソフトドリンク呑んでたよ(笑)。 

7963715f
 

しかし打ち上げにDONK!いるとそれだけで盛り上がるね。あのタイプは福岡にいないね。フーがブログにも書いてたけど「いま福岡に足りないのはDONK!だ!」っての分かるな〜。最近の打ち上げ男ばっかりやもん…(笑)。あんなふうに打ち上げ盛り上げてくれる女の子バンドいたらもっと福岡は(男に限らず)元気になるやろーな。 

鮫肌尻子は打ち上げで大人しいから、また相撲で投げ飛ばした。尻子、人生は相撲だぞ。 


マッシヴやら鎌田寛達やら出演してなくても打ち上げ参加するバンドマンも好きだ。 
BingoLoveでライブだったキムウリョンもべろんべろんの状態でふらりと合流したりして、とにかく楽しかった。人と人が繋がっていく現場はとにかく楽しい。新しい企画のアイデアもバンバン生まれたぜ!!! 


みんなありがとー!おつかれさーん! 

DSC03266 のコピー

そしてフー、ファッキンバースデー!! 

DSC03262



お祝いされた側のフーのブログも併せて読んでね。 

昨夜、急に思い立って決めたボギー初のトークライブ。トークのみでどこまでグルーヴ出せるか挑戦したい。夜に思い付いて翌朝起きてすぐフライヤーを作った。思い付いたら即実行するスタイル!

ボギトーク

ボギーのトークオンリー120分!
『ボギトーーク』
2013.12.19(THU) @板橋マーキー
open 19:00  start 19:30  ¥1500+1drink order
出演)ボギー

チケット予約)
yokotin_b@hotmail.com ヨコチンレーベル

※しゃべりだけでどこまでグルーヴが出せるのか?ボギーがトークオンリーのイベントに挑戦!!普段のライブではなかなか話せないようなアノ話コノ話を、芋焼酎片手に語りまくる一夜!!!!

<ト--ク・メニュー>
・おっぱいの起源
・乳派と尻派について
・和式便所
・駅伝の女
・街で見かけた謎の浮浪者たち
・マネキンの首
・最後の野グソ
・エロビデオ泥棒団
・初台のカレー屋で見た奇跡
・味覚の罠~めんちゃんこ亭~
・プロの仕事~ポール牧~
・ソフトボール上野投手
・ピカピカ伝説
・韓国のFUCK YOUサイン
・手相の話
・七夕の短冊
・並び屋のじいさん
・ディープキス
・大阪の電車で出会ったド変態
・クラゲ
・初恋の話
・中国からの謎のメッセージ
・熊の手のミイラ
・死んだおじいちゃんの夢
・モンドのひどい寝小便
・ライブハウスの怪談
・畳の上のハンバーグ事件
・IKKOさんのイイ話
・トマト定食
・公園に現れる謎の弾き語りオヤジ
・真実の口はエロ占い
・ジョンレノンの亡霊
・騎馬戦の悲劇
・イモ掘り
・内田裕也の聞いた話
・アントニオ猪木のマイクチェック
・世界一エロい名前
...and more!!!


ぜひ遊びに来てね!

東京の人には「板橋遠い〜」ってイメージみたいだけど、ぜんぜん遠くないよ。
駅からも歩いて6〜7分くらいだし。マーキーは良いスペースです。店長も良い人!



板橋マーキー
東京都板橋区板橋1−47−9 グランメゾン新板橋1F
03(5248)0777

都築響一さんのメルマガで10歳の画伯ということでモンドが紹介されたとき、もうひとり紹介されてたのが大牟田在住の101歳の画家、江上茂雄さんだった。 

13886_589650174426649_1139187677_n




先日、大牟田の『エンのエン』に出た時、打ち上げの席でお客さんから江上さんの個展の招待券を頂いた。これは!と、縁を感じたので、昨日家族で福岡県立美術館へ行って来たのだ。 


QASmP




大牟田では、路傍の画家として有名人らしく「ああ、いつも道で絵を描いてるあのおじいちゃんね」と、誰もが知ってはいるけど、その絵自体はあまり知られてはいないというアマチュアの画家さんだという。 


江上





会場内に入るや否や、この個展の開催者の方から声をかけられる「もしかして、都築さんの取材で紹介されたモンドくんですか?」。やはりあちらも気にかけて頂いてたらしく嬉しい。 


会場にはおびただしい量の絵が年代順に展示されていた。なんせ101歳の現在まで毎日絵を描き続けてあるのだ。その情熱、絵からほとばしっている。 



mvc

「べにいろの雲」1964年前後、クレヨン 



mvc

「雪降る」1960年前後、クレパス 



mvc


「切り通し 六月」2005年6月、水彩 



mvc

『私の手と心の抄』より、1960年代、水彩・色鉛筆 
 


mvc

「公園の夏」1971年、クレパス



画材はクレヨンやクレパス、水彩、色鉛筆、版画、などで、ほんとうは油絵を描きたかったらしいが、お金が無いのでそこら辺の文房具店の安い画材のみで創意工夫しながら油絵のようなタッチで描かれている。とくにクレパスで描かれた絵の重厚感が素晴らしい! 


「やり続ける」ということの偉大さを圧倒的に感じる個展だった。 
行って良かったなあ。 


会場に色鉛筆とスケッチブックが置いてあり、モンドもなにやら描きだした(笑)。 


f9eiq





夜は、外山恒一さんに招待して頂いてたお芝居「どくんご」を観に行く予定だったんだけど、夕方頃に急な発熱。ふらふらで家に帰り、そのままベッドにぶっ倒れる。 

ここ数ヶ月、休み無しでハードに動き続けてたから、いっきに疲れが出たかな...。 


たっぷり身体を休める。 

このページのトップヘ