ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

ラウンジサウンズの今年イチオシ企画が「課題曲シリーズ」その第3夜目がニルバーナ「スメルズライクティーンスピリット・ナイト!」。やっぱ世代的にもニルバーナは燃えるんだけど、さらにひと回り下の世代、ふた回り下の世代のニルバーナ解釈が楽しめるのもこの企画の醍醐味! 

今回も面白かったねえ。 


オープニングはボギー、弾き語りでスメルズ。いま一番ホットな話題「ツーフー」(笑)を題材にした悲痛な叫びを歌った。ボギーなりのリアルなグランジだ(笑)。 

BjAOnQdCUAEytOb



っていうか、この企画やるたびにネタが増えるわ....(笑)。 


一番目は、InとOut逆菩薩。練習しすぎで声ガラガラの鎌田寛達が笑える。スメルズのアレンジは....う〜ん。そのままやったね。 


続いて、白痴。今回唯一ニルバーナまったく聴いたことない彼ら。この企画はコピバン大会とは違い、リスペクト度を競い合うイベントじゃないので、全然OKだ。ニルバーナにまったく興味ない感じが逆に楽曲をナナメに捉えてて面白いアレンジを生んだ。原曲をバラバラに破壊して、なおかつサビの歌詞を「ニルバ〜ナ〜!ニルバ〜ナ〜!」と歌うテキトーさも最高(笑)。 


サブステージで、ミルコサンデーのmoffol。打ち込み+アコギでローファイなスメルズ。味わいある。途中からサイケな雰囲気に展開するのが良かった!あとで聞いたらビーチボーイズのペットサウンズをやりたかったそうだ。なるほど!気付かなかったけど、面白いね。 


佐世保からDONK!は女子スリーピースのスメルズ。いつも思うけど立ち姿がカッコイイ。そして男前なスクリーミングも最高。スメルズの前にやった「ブリード」がめちゃテンション上がった!スメルズはDONK!得意のコーラスワークをもっと活かして欲しかったかな〜。 

DSC06201




サブステージでまるやまももこ。ウクレレで数曲なごませ、スメルズは小さな鉄琴で演奏。ももこちゃんの透明感ある声が会場いっぱいに広がって、めちゃくちゃ美しかった!この日、いちばんグッときたスメルズはこれかな。 

DSC06204




で、いよいよフォークイナフ。この日の為に衣装はもちろん完璧に用意し、井上さんは髪も赤に染め(伸びて黒くなった部分の感じも完璧に再現!)、さらにカートのベタッとした不潔そうな髪を再現するために一週間髪を洗わなかったらしい(笑)!リスペクトが過ぎてほとんど病気である(笑)。 

DSC06230
 

デジカメで撮ったフォークイナフのライブ写真あらためて見てもやっぱりニルバーナにしか見えんな。 

DSC06206



曲は全曲ニルバーナ!!!演奏も歌もそっくりそのまま。まるで目の前でニルバーナが演奏してるような錯覚を覚え、泣けてくる。対バンもお客さんたちも大暴れで踊りまくり!!ラウンジサウンズにニルバーナが降りてきた。間違いなく降りてきたよ。親不孝通りがシアトルになった! 

そして、途中からステージに上がりずっと終わりまで踊り続けたマッシブくんが、酔っぱらった勢いで乱入したわけじゃないことは2秒で察知した。 

DSC06215



あれはマッシブくんなりのニルバーナへのリスペクトだと、この映像を知ってる人なら気付いたはずだ(笑)。 

 


肝心のスメルズは、イントロだけやって途中で止め、クリスが「この曲は飛ばすぜ」というあの名シーンを完全再現(笑)。ニルバーナファン号泣! 


最後はカルキンズ。3人ともコスプレだったらしいが、何のコスプレか最後まで気付かんかった...(笑)。ネバーマインドの赤ちゃんとインユーテロの天使とニルバーナのTシャツマークのコスプレだったらしい。 

それは良しとして、ライブがめちゃくちゃ良かったな。クソ盛り上がった!大暴れ!スメルズやったっけ?覚えてないや(笑)。 

DSC06244






というわけで、回を増すごとに徐々に盛り上がって来てるこの企画。企画自体のリピーターが増えて来てる。次はどの曲をどのバンドがどう料理するんだろう?っていうワクワク。来月も楽しみだなあ。 


1月の「サティスファクション」ローリングストーンズ 
2月の「21世紀の精神異常者」キングクリムゾン 
3月の「スメルズライクティーンスピリット」ニルバーナ 

に続き。 

4月は「風に吹かれて」ボブディラン 
出演)BLUESVILLE/ポカムス/ゴールデンブラザーズ/フアリナ/瀬戸口恵/その頃の君といえば/heartland 

5月は「ライク・ア・バージン」マドンナ 
出演)鮫肌尻子とダイナマイト/一銭めしや/林まゆ/ほか 



お楽しみに!!! 

いま、ラウンジサウンズで秘かな話題を呼んでいるSSWD(シンガーソングライターダンサー)がいる。



林まゆ

林まゆ



ある日突然ヨコチンレーベルに連絡がきた。そしてラウンジサウンズに初出場。正直に言うと、最初はよく分からなかった。目が点になるというか。でもなんか妙にクセになる感じがして、もう一度オファした。二度目でハッキリと確信した。


林まゆ.....すげえ。



そして遂にこの企画!出演者の合間合間に林まゆが全部挟まってる!!その名も、林まゆミルフィーユ天国!!!林まゆさんメッチャ気合い入ってます(当日は振る舞いミルフィーユもあるとのこと)。一体どうなるんだろう?毎回楽しみな早着替え(けっこう遅い)も期待!!


林まゆ 「HOW×3」



3/20(木)「ラウンジサウンズ~林まゆミルフィーユ天国」 
@VooDooLounge 
19時開場 19時半開演 
1500円+1ドリンク 
出演) 
 1)陽原あかね
~林まゆ~
 2)吐血少女
~林まゆ~
 3)フジモトジン
~林まゆ~
 4)MC ONAMA
~林まゆ~
 5)チャーリービーンズ
司会とDJ)ボギー 


● ダンスと歌でなんとも不思議な世界を醸し出し、いま秘かに話題の林まゆがこの日はサブステージで各バンドの合間ごとに出てくる!名付けて林まゆミルフィーユ天国!!!。パイ生地は、進化を止めず度を超えて熱くなり続けるチャーリービーンズ。悩み多き少女の心情をエキセントリックに炸裂させる柴田美咲率いる吐血少女。溢れ出す歌心の男、フジモトジン。クリトリックリスに衝撃を受けて音楽をはじめてしまった男、MC ONAMA。そして意気揚々とL.S初登場、陽原あかね。まさにHOW!HOW!!HOW!!!な夜。

torophw450_84
1320881

imga1b2d63fzikbzj
imgba4497a2zikfzj
expo-70-5
CI0003
Z20130430GZ0JPG000914001000
hirb2
tumblr_mwv3odyEGp1qgrawro1_1280
torophw450_450




大阪万博を体験した人の話を聞くとホントに羨ましくなる。 

「人生に於いてあれほど狂った空間を体験したことは無い。あれが決定的に人生を変えた。」と、先日ハイコレに出演した内橋和久さんも打ち上げで語っていた。 

大阪には狂ったように変なバンドが多いが、もしかすると大阪万博の影響があるのかもしれない。大阪のおばちゃんの服が派手なのも大阪万博の影響があるのかもしれない。 


おれは1970年にはまだ生まれていなかった。だから余計に惹かれるのである。 
惹かれすぎてこんなコスプレをしてしまうほど...。 

太陽の塔




そんな万博世代も、万博を知らない世代も必見のイベント!!! 
魅惑の大阪万博を円盤・田口史人氏が大いに語り尽くすレコード寄席が開催決定! 

田口さん曰く「大阪万博は太陽の塔に象徴されてるけど、日本が一番のりにのっていた創作スケールのピーク。音楽も本当に物凄いよ!そしてレコードマニア的にも超レア盤の嵐(笑)!」今回も必見です!!! 


田口さんの広大な知識と、レコード愛、そして探究心。そのすべてにおいて“もの“への思いの込め方がすごい。“もの”を発信しながら最終的に“ひと”へと辿り着く田口論は、いつも目からぽろぽろとウロコがこぼれ落ちる思い。 
まだ知らない友人たちにこそ出会って欲しい人物。ちゃんとアンテナ張って見逃さないでね!



レコ寄席



3.24(月)『田口史人のレコード寄席〜万国博覧会の音楽〜』 
@福岡juke joint 
(福岡県福岡市中央区舞鶴1丁目9−23)
http://juke-records.net/jukejoint/
open 19:00 start 19:30 close 24:00くらい 
1500円+1ドリンクオーダー 
選曲と解説)田口史人 (円盤) 
聞き手)ボギー (ヨコチンレーベル) 
歌と演奏)オサダアツトシ/八洲 
 

61K3Q7N1KHL

(((((円盤のレコード寄席〜万国博覧会の音楽〜))))) 

今回のテーマは万博。日本の創造力、想像力のピークを示したと思われる1970年の大阪万博、国の威信を賭け、巨大な予算を使いながら、それに見合ったスケールの信じられない作品をたくさん生み出した狂気のイベント。その音源はほとんど関係者配布の非売品でしか残されていませんが、今回はその各パヴィリオンが関係者に配ったレコードを中心に、その後の万博、沖縄海洋博、つくば科学万博、愛知博の音源、さらには様々な泡沫地方博のレコードも聞きます。 

20130126201537

【レコード寄席とは?】元・OZ DISCのレーベルオーナーとして、数々の名盤から問題作 
までを世に放ち続け、現在は高円寺の自主制作盤専門レコード屋「円盤」店主。レ 
コードというものが記録メディアの花形だった時代の、宣伝、告発、記念品など様 
々な目的のために作られたレコードから、ピクチャー盤、複数溝盤、4チャンネル 
レコード、4回転レコード、更には落書き中古盤などを一枚一枚ツッコミ入れつつ 
紹介する、しゃべくり型レコード鑑賞会。 




※当日は、円盤のリリース音源や書籍を出張販売!レコ屋では買えないすごいものや面白いものがザックザクです!月刊福袋『三ツ沢通信』800円も必見! 

円盤HP 

ぜひパビリオン(((JUKE JOINT)))へお越し下さい!!!

ニルバーナを初めて聴いたのは、童貞を捨てた日の翌朝だった。

カーテンから朝日が差し込む彼女の部屋のコンポから流れたうるさいアルバム。一曲だけ、好きになった曲があった。「これ誰?」「ニルバーナよ」


これがニルバーナとの出会いだった。
好きになった曲は「About a Girl」だった。


その最初の彼女とはいろいろあって1年も保たなかったけど、「About a Girl」を聴くとあの頃を思い出してちょっと辛くなる。


Nirvana-Bleach


ニルバーナ「About a Girl」



そうなんよね。ニルバーナってやっぱしちょっと辛い。リアルタイムにグランジ世代やったしね。でも、やっぱりいつ聴いても痺れてしまう。吸い込まれそうになる。


というわけで。明日は「スメルズ・ライク・ティーンスピリット・ナイト!」
L.Sの新企画「課題曲シリーズ」は、全バンド課題曲をかならず演奏するという企画。第3回目の課題曲はニルバーナ「スメルズ・ライク・ティーンスピリット」なのだ!


スメルズ


ニルバーナ「スメルズライクティーンスピリット」



3/18(火)
ラウンジサウンズ課題曲シリーズ第3夜
「スメルズ・ライク・ティーンスピリット・ナイト!」
@VooDooLounge 
19時開場 19時半開演 
1500円+1ドリンク
出演)
folk enough
DONK!(佐世保)
カルキンズ
白痴
InとOut逆菩薩
まるやまももこ
moffol(milk o'sunday)
司会とDJ)ボギー

●これに挑むのは、日本でニルバーナをやらせたら右に出るものはいないfolk enoughが、なんとこの日だけは元ベーシストのムネアキ入りオリジナル3Pで復活!!佐世保から最高にビッチでキュートな女3人デス声・オルタナパンクス、DONK!。狂犬みたいな3人組ロックンロールバンド、カルキンズ。馬鹿と天才の狭間で脱臼したエナジーが大爆発する、脅威の3Pバンド、白痴。今一番グイグイくる男、鎌田寛達率いるオルタナティブロックバンド、Inとout逆菩薩。ウクレレでほっこり癒しのスメルズ歌うか?まるやまももこ。ローファイ脱力なスメルズになるか?moffol。

3.13は次男のテンちゃん(天晴6才)の誕生日で、夜はテムジンに餃子を食べに行ったのだ。テンちゃんは餃子とかチャーハンが大好き。 

DSC06077 のコピー



そして、家に帰ってバースデーケーキ。 

DSC06093



でも家の子ら、ケーキはあんまし好きじゃないらしく、イチゴだけ食ってあと残す...。 



5.15はテンちゃんは保育園の卒園式だった。 
大体、保育園の卒園式って保母さんや保護者はよく泣くけど、子供たちは笑ってるよね?でもテンちゃんの保育園は、卒園生も在園生も保護者も保母さんもみんな涙涙。 
じーんとくる良い式だ。 

我が家はモンドからテンちゃんまで8年間お世話になってて、どっちもメチャクチャやんちゃなので、先生たちはずいぶん手を焼いたと思う。特にテンちゃんは0才から入園してたので、6年間。でも可愛がってもらって本当にお世話になったなあと感謝。 

毎日毎日、送り迎えをした奥さんにも感謝。 

DSC06151 のコピー





テンちゃん卒園おめでとう!4月から小学生だ。 

DSC06163 のコピー





3.16はユウスケがテンちゃんの卒園祝いに出張ポーポー軒をしに我が家に来てくれた。 
ユウスケは昔、ポーポー軒というたこ焼き屋を小笹で一年間だけやっていたのだ。 

DSC06174




相変わらずポーポー軒のたこ焼き美味い!!!!! 


そのあとは、みんなで公園行って遊んだり、 

DSC06178 のコピー




家でかるたやトントン相撲で盛り上がった。 

DSC06190





というわけで、テンちゃんが主役の一週間だったね。 
今週からはモンドの京都、大阪、東京へ似顔絵ツアーがはじまる。 


忙しい一家だ(笑)。

このページのトップヘ