ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

4月28日。 

「ラウンジサウンズ〜風に吹かれてナイト〜」で、全バンド課題曲としてボブ・ディランの「風に吹かれて」をカバー。この企画は、完コピ大会とはまったく違う主旨である。リスペクト度を量る企画ではないので、原曲に愛着が無くても良いし、知らなくても参加できる。お題の曲をどう解釈しアレンジするかが肝なのである。 

s-blowinw


オープニングはボギー「風に吹かれて」。自分も毎回オープニングで課題曲をカバーするんだけど、これが毎月となるとホント大変で...。でも今月も気に入った邦訳カバーができたんで、これからたまにライブでも歌いたいな。 

ちなみに、こんな歌詞(もちろん勝手な邦訳)。 



「風に吹かれて」 
曲:ボブディラン 歌詞:ボギー 

早めにもっとマシな暮らし方しとけばよかった 
早めに親の言うことに 耳を貸すべきだった 
もっと早めにバンドなんか諦めて 就職したらよかった 
 でも今さら言っても無駄さ 自分で選んだ道さ 

早めに老後のこと考えて 保険に入りゃよかった 
早めにお酒タバコもやめとけばよかった 
いつも早め早めと思っているが 結局あとまわし 
 それは自分で溜め込んだツケさ ツケを払っただけさ 

早めに老後のこと考えて お金貯めときゃよかった 
早めに身を固めて 安心が欲しかった 
でも早めに老後のことばっか考えて 今を見失う 
 どうせ死んだら灰になって 風にまかれるさ 

人間らしく生きるには どこまで歩けばいいんだろう 
どんな歩き方が かっこいいんだろう 
いずれ歩き疲れてしまったら どこで休めばいいんだろう 
 その答えは風の中さ 風が知ってるだけさ 




さあ、「風に吹かれてナイト」スタート! 
一番目、その頃の君といえば。 
明るくソフトなレゲエ・アレンジな「風に吹かれて」で、メロディは大きく変えていない。一番目らしい爽やかなスタートを飾る。邦訳歌詞は露口くんが考えたものらしい。露口くん、懐かしいな。元気かな? 


二番目、ゴールデンブラザーズ。 
バンド初めたての高校生パンクバンドくらいクソ下手な「風に吹かれて」、30代でこのアレンジは逆にグッとくる(笑)!!これはこれで胸のすく良いカバーだなぁ。テンポ3倍くらいアップしたバージョンも聴きたかった。 

DSC07243




三番目、サイドステージでheartland。 
奄美音階的な歌い回しと圧倒的な歌唱力+伴奏はベースだけというスタイルの「風に吹かれて」でシビレた。どんな課題曲でも自分のものにしちゃいそうなふたり。 


四番目、フアリナ。 
イントロでまず「風に吹かれて」って分からないくらいアレンジ凝ってる。まるで風に吹かれて空を飛んでるみたいな浮遊感が最高!一年ぶりくらいにエレクトリック編成見れたのも嬉しかった。 

DSC07253




五番目、瀬戸口恵。 
原曲に忠実に、まっすぐ届く声がメロディーを引き立てる。シンプルに沁みるなあ。あと恵ちゃんの笑顔がいい。 

DSC07254




六番目、BLUESVLLE。 
BLUESVILLEのウエスタン調「風に吹かれて」!これはやられた〜!歌いだすまでまったくわからないアレンジ。フロアも最高に盛り上がる。BLUESVILLEのライブバンドとしてのテンション、いますごく高まってる! 

BmUDuigCEAAkOj0




七番目、ポカムス。 
徹底的にメロディを排除したルーリード風トーキングスタイルがカッコイイ!こんなの聴きたかったんだ!と思ったら中盤で急にレゲエに変わってアレレ?となり、最後は裸になった藤田さんが「マイフレンド!友達!」とカタコトで叫び大暴動パンクな「風に吹かれて」。風と云うより嵐のようだった(笑)。最高に痛快! 

BmULSwWCIAAiqTo





「サティスファクション」「21世紀の精神異常者」「スメルズライクティーンスピリット」からの課題曲シリーズ「風に吹かれてナイト」は、ちょっと地味な感じになるかなと思ったけど、蓋を開けてみればやっぱり盛り上がったし、大笑いできたし、勉強にもなった。やっぱこの企画は面白い。 




さて、来月の課題曲はこれ!! 
マドンナ「ライクアバージン」!!!! 

221001675


5/20(火)「ラウンジサウンズ〜課題曲シリーズ第5夜〜ライクアバージン・ナイト!〜」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
■ 一銭めしや 
■ 鮫肌尻子とダイナマイト 
■ 林まゆ 
■ 宇宙サービス 
■ DX集団下校 
サイドステージ) 
■ if MASACA 
■ pari-ce 
■ やよい 
司会とDJ)ボギー 
● 今年のL.S目玉企画「課題曲シリーズ」は、全バンド課題曲をかならず演奏するという企画。第5回目はマドンナ「ライクアバージン」!これに挑むのは、ハイテンション&ハイエナジーで全員ぶち殺す勢いの一銭めしや。福岡発秋葉系サブカル盆踊りテクノ歌謡、宇宙サービス。ギャグ漫画からそのまま飛び出してきたようなアホで胸キュンのロックンロール、鮫肌尻子とダイナマイト。ダンスと歌でなんとも不思議な世界を醸し出す林まゆ。リズム隊にブラバグ、実験パートEs 、盛り上げ番長ポニグラあすりん、エロギター団地きょーすけ、によるDX集団下校。ユーモア溢れる切り口のMCが味わい豊かな空間を創り出す、if MASACA。福岡の裏アイドル、pariちゃんとceちゃんによるpari-ce。そして久々登場、L.Sの元祖マドンナ(?)伝説のバンド、ex.ガーターベルトのやよい。 




さらに。 

6/23(月)ジェームスブラウン「セックスマシーン」 
7/29(火)SEXピストルズ「アナーキー・イン・ザ・UK」 


と続くっ!!!!!! 


チャレンジしたいバンドマン募集!

VooDooLoungeで毎週開催してます「LOUNGE SOUNDS」では、 
毎度毎度刺激的な夜、未知なる音楽との出会いを用意してお待ちしてます! 
5月のラウンジサウンズも、おもろいラインナップがずらり!!! 
あなたのアンテナにピクンとひっかかった日にぜひ遊びに来てくださいね〜!!!! 


((((( 5月のラウンジサウンズ ))))) 

 S-LOGO

5/6(祝・火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
■ ザ・デジタルズ 
■ ハナカミ悶次郎 
■ 305 
■ Stephen Smith 
■ ウエムラ×ケンジ 
司会とDJ)ボギー 
● ゴールデンウィーク最後の休日はライブでスカッと遊びましょう。バンド名に反してデジタル感0%の王道ギターPOPS道をひた走るザ・デジタルズ。ざっくりラフでワイルドな歌と演奏がかっこいいロックンロールバンド、305。そして意気揚々とL.S初登場、ハナカミ悶次郎、Stephen Smith、ウエムラ×ケンジ。 

 

5/12(月)「MUSK SOUNDS」@MUSK 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
■ ドラびでお+gigandect 
■ THE VOTTONES 
■ カルキンズ 
■ ゴールデンブラザーズ 
■ Es Experiment 
■ cuvboys 
司会とDJ)ボギー 
●VooDooのとなりのMUSKで開催するMUSK SOUNDS!最新機材導入で光とサウンドのバージョンアップしたドラびでおが来ます!しかも今回は福岡のチップチューン・ヒーローgigandectとのコラボ!!手に汗にぎる!!!共演も大ヤバイ!!田川産ジャパニーズラモーンズスタイルパンクバンド、みんな大好きTHE VOTTONES。狂犬みたいな3人組ロックンロールバンド、カルキンズ。絶妙なアンサンブルで七転八倒しながらホンモノのパンクを感じるゴールデンブラザーズ。60’s〜オルタナの匂い漂うロックを鳴らすEs Experiment。独特の浮遊感と揺らぎを持ったサウンドをマイペースに作り上げてるcuvboys。狂おしい夜になりそう〜。 

 

5/13(火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
■ 四万十川友美(大阪) 
■ いぶし銀 
■ FIYO 
■ マーヤとストーカーズ 
■ InとOut逆菩薩 
司会とDJ)ボギー 
● アルバム『PENIS』を発売した四万十川友美がレコ発ツアーで登場、赤裸々に歌う。今一番グイグイくる男、鎌田寛達率いるオルタナティブロックバンド、Inとout逆菩薩。ドラムとギター、女子ふたりで惹き付ける歌とロックンロール、FIYO。そして意気揚々とL.S初登場、いぶし銀、マーヤとストーカーズ。 

 

5/15(木)「ラウンジサウンズ〜小林ボードウォークミルフィーユ夏物語」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
■ 小林ボードウォーク 
■ 星川真紀(東京) 
■ 矢野貴一(Be here now!) 
■ brownbems 
■ 秋吉洋祐(チューベローズ) 
■ 空白器官 
司会とDJ)ボギー 
● 意味不明のキャラと、独自の世界を持った小林ボードウォークがこの日はサブステージで各バンドの合間ごとに出てくる!名付けて小林ボードウォークミルフィーユ夏物語!!!パイ生地は、東京からピアノ弾き語りSSW、星川真紀。“今”の気分を込めたソングライティングセンスが光るBe here now!矢野貴一。どこまでも心地良いブルーな浮遊感が漂うbrown bems。弾き語りのときはメガネは飛ばさないチューベローズの秋吉洋祐。浮遊感のある楽曲と歌声を聴かせる空白器官。 

 

5/20(火)「ラウンジサウンズ〜課題曲シリーズ第5夜〜ライクアバージン・ナイト!〜」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
■ 一銭めしや 
■ 鮫肌尻子とダイナマイト 
■ 林まゆ 
■ 宇宙サービス 
■ DX集団下校 
サイドステージ) 
■ if MASACA 
■ pari-ce 
■ やよい 
司会とDJ)ボギー 
● 今年のL.S目玉企画「課題曲シリーズ」は、全バンド課題曲をかならず演奏するという企画。第5回目はマドンナ「ライクアバージン」!これに挑むのは、ハイテンション&ハイエナジーで全員ぶち殺す勢いの一銭めしや。福岡発秋葉系サブカル盆踊りテクノ歌謡、宇宙サービス。ギャグ漫画からそのまま飛び出してきたようなアホで胸キュンのロックンロール、鮫肌尻子とダイナマイト。ダンスと歌でなんとも不思議な世界を醸し出す林まゆ。リズム隊にブラバグ、実験パートEs 、盛り上げ番長ポニグラあすりん、エロギター団地きょーすけ、によるDX集団下校。ユーモア溢れる切り口のMCが味わい豊かな空間を創り出す、if MASACA。福岡の裏アイドル、pariちゃんとceちゃんによるpari-ce。そして久々登場、L.Sの元祖マドンナ(?)伝説のバンド、ex.ガーターベルトのやよい。 



5/21(水)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
■ LEPO 
■ フジモトジン楽団 
■ サニーアンドマミーズ 
■ ラ・イルミナシオン 
■ JELLY&FISH 
司会とDJ)ボギー 
● FunkやBlues、Jazz、Rock、R&Bなどの音楽を、ポップに、ゆるーく昇華したLEPO。溢れ出す歌心の男が数々のバンドを流れついに自分のバンドを、フジモトジン楽団。ディスコヒットも歌謡曲も満載の笑って踊れるビアガーデンミュージック!ラ・イルミナシオン。そして意気揚々とL.S初登場、サニーアンドマミーズ、JELLY&FISH。 



5/27(火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
■ PUSSY STRUNK 
■ VALCO BED BROWNIE 
■ スクランブル 
■ ザ・サーツ 
■ ヒゲLOOK 
司会とDJ)ボギー 
● カラフルででキュートなガールズVoパンクバンド、PUSSY STRUNK。正統派ロックンロールバンドの系譜、VALCO BED BROWNIE。博多ROCK的な危険な匂い、ザ・サーツ。トロピカルというより泥ピカル・ロックな大牟田産ヒゲLOOK。そして意気揚々とL.S初登場、スクランブル。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

<LOUNGE SOUNDS> 

<ヨコチンレーベル> 

※出演希望バンド、随時募集中!ボギーまで連絡ください。

昨夜は「サルー祭」で、高砂〜清川あたりの居酒屋やバーをギター担いで徘徊した。 
営業中のお店に「はいどうも〜!」と入っていき、店の隅っこで15分ほど歌って、投げ銭をもらう。つまり「流し」である。 

「サルー祭」は年に数回開催されてて、数十店舗の加盟店を何人かのミュージシャンが流してまわるのだ。昨年に続いてカヨカリのカヨさんから今年も頼まれたので引き受けたが、実際やってみるとかなりしんどい(笑)。 

だって居酒屋やバーで呑んでるお客さんは音楽聴くためにその店に来たわけじゃないんだから、知らない奴がジャンジャカ歌いだしたって「うるせーな」くらいのもんで、普通の神経だったら確実に心折れるし、おれ、何のために音楽やって来たんだろうって自問自答が頭の中をぐるぐる回る。 


でも、今年もオファを受けた理由は、稼がないかんから。そして、肝試しがしたいからだ。 


前回は3時間で8店舗まわってボロボロに疲れたので、今回は2時間で5店舗。 
「煮こみ」→「鉄板バル文明開化」→「BANKS」→「おまめ」→「カヨカリ」と流して廻った。 



1軒目「煮こみ」。 
ここは前回とても良くしてくれたお店、店員さんが温かい。 
カウンター席もテーブル席もお客さんで埋まっていた。人気店。 
まずは景気付けに盛り上がる曲を数曲歌ったけど、まだちょっとだけ肩に力が入ったかな。流しは力を抜かなきゃうまくいかない。お客さんと会話しつつ最後にしっとり即興で歌ったのがいちばんしっくりきた。 
店員さんから生ビール、そしてカウンターのお客さんからラム酒を1杯ご馳走になったり。投げ銭も、ありがとうございました。 



2軒目「鉄板バル文明開化」。 
以前奥さんとランチ食べに行ったお店。まさかここで歌うことになるとは(笑)。 
店長さんがとても優しい方で「いまから歌ってもらいますので、よかったら投げ銭を」とお客さんにアナウンスして頂いて、とてもスムーズに受け入れてもらった。 
大人のお客さんが8人、ちゃんと聴いて頂いてる空気を感じ。店長さんがきれいに折り畳んだ1000円をそっと入れてくれた。 
最後のほうで若者たちがドヤドヤと入って来たなと思ったらサイタたち、もちろん投げ銭をたかる(笑)。 



3軒目「BANKS」。 
奥に長く広がるバー。天井も高い。店員さんは全身タイツ。お客さんはバーカウンターで盛り上がってたり、奥のテーブルで会話してたり、カップルでディナーを楽しんでたり、なかなか焦点がしぼりにくいパターン。 
この広い店内をひとつにまとめるのはムリだと判断し、唯一聴いてくれそうな雰囲気のディナーのカップルにむけて歌を歌った。にこにこと聴いてくれてありがたかった。 



4軒目「おまめ」。 
ここは去年も歌って、えらい盛り上がってくれた優しいお店。今夜もお客さんでいっぱいだ。呑んでる人の顔をみると居心地のイイ場所だってことがわかるね。手拍子やコール&レスポンス。そして会話を楽しみつつ、歌を歌えた。投げ銭もありがとうございます。 
終わって帰ろうとお店を出たら店長さんが後ろから追いかけてくれて、瓶ビールを1本戴いた。おまめ、感謝です。 



5軒目「カヨカリ」。 
ちょうどいい時間帯だったのかな、お客さん一番多かった。そしてえらい盛り上がった。会話から歌に繋ぐパターンや、何でもいちいちコール&レスポンスするパターン、などなど、廻ってきた4軒で得たパターンを総括したようなライブをカヨカリでやれたかな(笑)。投げ銭もバンバンありがとう! 

10175988_591977287565126_9116922424081357521_n




というわけで、2時間で5軒。 
やっぱしんどいんだけど、それ以上に楽しい。18才の頃、路上で歌いはじめたころの感覚が蘇るしね。自分をアウェイに投じるのが好きなんだろうなぁ。 



同じく別の5軒を廻ってきた漢方先生は流し初挑戦でボロボロに心折れていたけど、基本的にドMなので嬉しそうでもあった(笑)。終わった開放感でやっと「サルー!」って乾杯、う〜ん美味い!!! 


カヨカリで呑んで、そのあと「煮こみ」へ舞い戻り、漢方先生、美咲ちゃん、キョンキョンと閉店時間まで呑み倒した。ひさびさにベロベロだ。ハツ刺し美味かったなあ。 


BmP8TaaCQAAduIT-1



.....あ、ツーフーのこと忘れとったわ(笑)。 


ボギーとモンド のコピー



ボギー&モンドの広島ツアーが決まりました!!!

ゴトウイズミ監督映画『地下音楽現場物語』で密着された“お祭り男”ボギーがヲルガン座でたっぷり2部構成のディナーショーで歌いまくる!(そしてしゃべりまくる!)さらに、味わい深い似顔絵アートで話題のボギーの息子、モンドくん(10才)も出張似顔絵屋さんとしてやってくる!奇才天才親子共演ツアー!!

 
f0141308_16235735
 
 

『ヲルガン座ディナーショー~ボギーのライブ+モンドくんの似顔絵屋さん~』

5/24(土)@広島ヲルガン座

開演20:00 21:00(2ステージ)

入場無料+投げ銭(要1オーダー) 

※ライブチャージなどはございません。お気軽にお越し下さいませ。演奏が良ければチップをお願いします。


※モンドくんの似顔絵(1,000円)

似顔絵は19:00から。ご予約10名様まで。

予約者を優先いたしますので希望者はメール【organzainfo@gmail.com】にてお願いします。

その際、お名前と人数、お電話番号をおねがいします。


プレゼンター)ゴトウイズミ

ライブ)ボギー

似顔絵屋さん)モンド
 


ボギー_メテオ のコピー

■ボギー

福岡を拠点にお祭り生活をおくる日々。ヨコチンレーベル代表、イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。

バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」の活動と平行し、岡村靖幸、RCサクセション、たま、等の完全コピーバンドとしても話題に。ほかにもDJ、テレビやラジオ出演、雑誌のコラム、イラストレーター、等々、多岐に渡るが、全ての活動のルーツは弾き語りにある。近年は異常なペースで全国各地でライブをしまくる日々、歌としゃべりで時空を超えるライブは常に大団円!

2013年、音楽生活20周年アルバム「アルコールメモリーズ」を発表。

ボギーを追ったドキュメント映画「地下音楽現場物語」(監督ゴトウイズミ)が公開される。

名前の「ボギー」とはボーカル/ギターの略。

●HP)http://www3.to/yokotin/

●ブログ)http://bogggey.blog.jp/

●ツイッター)https://twitter.com/BoGGGeY

●Facebook)https://www.facebook.com/bogggey



モンドアー写

■モンドくん

福岡の音楽家・ボギーの息子。幼少より独特の個性を発揮する。

3才頃から面白い絵を描きはじめ、小学生になると数々の絵画コンクールで入賞。

現在10才、毎日1枚の絵をネット上で発表することを日課とし、それがじわじわ話題となりメディアでも紹介され始める。

雑誌「ヨレヨレ」の表紙と挿絵を担当。

ミニブック「モンドくん」を限定300部で販売。

ブログ『モンド今日の絵』http://mondo-art.blog.jp/





ボギーの家族全員が出演してる映画『地下音楽現場物語』を作ってくれたゴトウイズミちゃんの店、ヲルガン座にモンドと行けるのはとても嬉しい。しかも、今回は奥さんもテンちゃんも今ちゃんも連れて、家族5人で行くからかなり賑やかしいぜ!広島のみんな、遊んでねっ!

DSC03623 のコピー のコピー
 

俺の中でキヨシローは永遠にキヨシローのままである。 
呼び捨てでキヨシローなのだ。 

一度でもキヨシローと会ったことある人は、キヨシローと呑んだことある人は「キヨシローさん」と呼ぶ。そして「キヨシローさん」との思い出話を嬉しそうに語る。ほんの些細な言葉でもみんなしっかり覚えてて、それを大事に大事に嬉しそうに語るのだ。 

それを聞きながら俺は心の奥で悔しがってる。 


音楽をずっと続けてたら、いつかキヨシローに会える日がくると思ってた。 
「キヨシローさん」と呼べる日がくると信じていた。 


でも会う前にキヨシローは死んじゃったから、もう永遠に「キヨシローさん」とは呼べなくなってしまったのだ。 



ああ、一度でいいから一緒にお酒を呑んでみたかったなあ。 
馴れ馴れしくしてみたかったなあ。 


だけど、キヨシローのことを考えるとき、心の中がぽっと温かくなる。 
 

201156_1711985702_16large




今年もやります。 
キヨシローの命日に、キヨシローの歌を歌いまくる夜! 
今年は原点に戻って、JUKE JOINTで弾き語りナイトです。 

この日はきっと日本中のアチコチにキヨシローが降りてくるでしょうね。 




清志郎を歌う夜


2014.5.2(金)『忌野清志郎を歌う夜』 
@福岡JUKE JOINT 
福岡市中央区舞鶴1丁目9−23  
19:00〜24:00  
1500円+1drink order  
出演) 
ボギー(nontroppo) 
Fu(THE VOTTONES) 
藤田進也(ポカムス) 
東健介 
羅生門克日郎(スピキジ) 
UT(accidents in too large field) 
中山万梨 
ほか  
※飛び入りあり! 



お待ちしてますよ。

このページのトップヘ