ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://yokotin.love 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://yokotin.love
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

誕生日の前日にモンドから描いてもらった。毎年、誕生日プレゼントに描いてもらってるんだけど、今年は横顔を。

ボギーの横顔


ありがとう! 子供のまま46歳になりました。


今夜はこれです。


ボギー46歳誕生祭

6.4(木)
「ボギー(((46歳)))オールスター大誕生祭」
@福岡BingoLove
20:00 YouTube配信スタート!

ヨコチンレーベルチャンネル


毎年誕生日には自分に厳しく問いかけるような企画をやり続けている。「おい!お前はまたひとつ歳をとって何を得たのだ!!後退か!?それとも前進か!?」と。

ボギー誕生祭を今年もやります!いつものビンゴラブからYouTube生中継で!

「がんばれボギー!がんばれボギー!」と多数の有名人が応援に駆けつけてくれることになりました!!いったい誰が来てくれるのか自分もとても楽しみです(笑)。
 
 
男の生き様をご覧あれ!そしてこのバカに投げ銭バンバン投げてお祝いしてやってください。

なげせんボギー

投げ銭やグッズ購入はこちらのヨコチンウェブショップからおねがいします。
https://yokotinlabel.stores.jp  

 「配信版ラウンジサウンズ」第二弾が完成しました!今回も最高な仕上がりになってます。


今できる渾身のライブパフォーマンスをブードゥーラウンジから!自宅から!スタジオから!大自然の中から!それぞれの出演者が魂を飛ばしてるのでぜひご覧あれ!!!


IMG_4911


「配信版ラウンジサウンズ 第二弾」

出演)

ノントロッポ 

イフマサカ

DISCHAAAGEEE

瀬戸口恵

サイキシミン

鈴木拓也


入場料(限定URL)は1500円です。売り上げはブードゥーラウンジ支援になります!


平日の楽園ラウンジサウンズはこちらから購入ください

https://voodoolounge.thebase.in/items/29998761


IMG_4910


ちなみに、第一弾の配信版ラウンジサウンズもまだ買えます。こちらは現在10万円ほどの売り上げ金がブードゥーの支援になりました!ありがとうございます!


IMG_3705


「配信版ラウンジサウンズ 第一弾」

1)THE VOTTONES

2)カシミールナポレオン

3)ボギー家族

4)藤田進也(ポカムス)

5) 漢方先生

6) オクムラユウスケ


こちらからお願いします。

https://voodoolounge.thebase.in/items/28621853




<「配信版ラウンジサウンズ」について>


ブードゥーラウンジで15年以上に渡り毎週開催してきました平日の楽園「ラウンジサウンズ」ですが、新型コロナの影響はまだまだ続いており4月からイベント開催を中止しておりました。しかし、このままの状態が続けばブードゥーラウンジ自体が無くなりかねません。


この「配信版ラウンジサウンズ」はブードゥーラウンジ支援のため今後も不定期に開催していきます。入場料(限定公開のURL)はいつものラウンジサウンズと同じ1500円です。


ラウンジサウンズを支えてきたバンドたちの演奏と空気をどうぞお楽しみください。そしてまたかならず平日の楽園ラウンジサウンズで晴れて乾杯しましょう!!


ヨコチンレーベル・ボギーより

コロナがミュージシャンを殺すのか?

ニールヤングは「錆びるくらいなら燃え尽きたい」と歌った。

俺もそうだよと確かめたくて、毎年誕生日には自分に厳しく問いかけるような企画をやり続けている。「おい!お前はまたひとつ歳をとって何を得たのだ!!後退か!?それとも前進か!?」と。

ライブの現場一筋に生きてきた男が、その現場を奪われ全てのライブスケジュールが白紙になったとて俺自身はまだまだ真っ白に燃え尽きたわけじゃねー!

というわけでボギー誕生祭は今年もやります!いつものビンゴラブからYouTube生中継で!

「がんばれボギー!がんばれボギー!」と多数の有名人が応援に駆けつけてくれることになりました!!いったい誰が来てくれるのか自分もとても楽しみです。

ボギー46歳誕生祭

6.4(木)
「ボギー(((46歳)))オールスター大誕生祭」
@福岡BingoLove
20:00 YouTube配信スタート!

ヨコチンレーベルチャンネル


そんなこんなでみなさま、このバカに投げ銭バンバン投げてお祝いしてやってください(笑)。

なげせんボギー

投げ銭はこちらのヨコチンウェブショップからポーンとおねがいします。
https://yokotinlabel.stores.jp 

5月18日。
昼に両親が今ちゃんにフルーツ山ほど持ってきてくれた。いちご、メロン、パイナップル、今ちゃんの大好物ばかり。
FullSizeRender

今日は食材の買い出し。野菜はやおやーまんとこの八百屋で。トマトとそら豆は箱買い。ニラ、ほうれん草、にんじん、じゃがいも、アスパラ、きゅうり、ヤングコーン、などなど。1500円。スーパーより断然安い!
FullSizeRender

ヤングコーンのひげ、湯がくとキレイな蛍光グリーン。ひげもしっかりコーンの味する。
FullSizeRender
湯がいたあとフライパンで焼いてヤングコーンのバター醤油焼き。
FullSizeRender

そら豆も山ほど湯がく。かわいいしウマイ。

FullSizeRender

今ちゃんと同じ誕生日の鹿子ちゃんにご近所なので、メロンとたっぷり買ったトマトとそら豆を誕生日プレゼントに持っていった。
おめでとうございます〜!
FullSizeRender
夜は誕生日の今ちゃんのリクエストでローストビーフとハムとトマトといちご!食卓が真っ赤っか!
FullSizeRender
今ちゃん今日で7歳。
おめでとー!!!!!!!
FullSizeRender


5月19日。

先週の日曜あたりからTwitterにいわゆるネトウヨと呼ばれるアカウントからの冷笑系リプが飛んでくるようになり、ちょっぴり芸能人気分を味わっている(もちろん内心はザワザワするが)。

しかし、怪しげな会社に税金ざぶざぶ投入したうえ、ぜんぜん届かないし小さくて役にも立たないあの不衛生なマスクのことをちょこっとバカにしただけでうじゃうじゃわいてくる方々、誰ひとり敬語知らないしアカウントみたら大体フォロワーが0とか2とかだし、こういう方々に支えられてるのが現政権だとしたらそりゃだいぶ気持ち悪すぎるので今すぐにでも退陣してもらわなきゃという思いがさらに強まる今日この頃。

夜、「サラメシ」というテレビ番組にエンケンさんが愛したカレーが紹介されるということで見てみた。まさかのタイカレーとは。スープカレーみたいですごくおいしそう。いつかきっと食べに行こう。

FullSizeRender


カレーもおいしそうだったけど、それよりもエンケンさんにめちゃくちゃ会いたくなってしまった。天国でめちゃくちゃ怒ってるだろうな、いまの日本に。



5月20日。

虫捕りに行った。
FullSizeRender
だけど虫いなくて結局お互いを捕りあう兄妹
FullSizeRender

通販や似顔絵屋さんのおかげでひんぱんに郵便局へ行くようになった。コロナ以降、郵便局は毎日すごく混んでおり大変だろうと思う。死んだ目つきで流れ作業になってもおかしくないのに、近所の郵便局員さんはいつも丁寧に応対してくれる。それがなんだか嬉しくていつも「頑張ってくださいね」って心の中で言ってる。

汗びっしょりになって家に帰り着くと、夏の高校野球が中止決定というニュース。それこそ命懸けで目指してきた球児たちの心のやり場を思い胸が痛む。


東京でいつもライブを見に来てくれる方から、今ちゃんとベイビーへの誕生日プレゼントですってお菓子が届いた。わあー!阿佐ヶ谷の洋菓子屋さんらしいんだけど、箱も包み紙もお菓子自体もすごくかわいい!
FullSizeRender
‪その中のこけしのお菓子だが、
FullSizeRender
袋から出すと何とも言いがたい形状…。‬
FullSizeRender

晩ごはんは赤そら豆でお赤飯。
小豆より大粒だからホクホク感あってうまいなー。
FullSizeRender

5月21日。

今日はテンちゃんの中学校入学式。
FullSizeRender

全10クラスを数回に分け時差で式は行われた。席と席は大きく距離を取り、全員マスク着用。
FullSizeRender
先生の手短な挨拶だけで20分ほどの簡素な式は終え、ようやくテンちゃんの長い春休みも終わった。
FullSizeRender

もう初夏の風が吹いている。

夜はhuluでホラー映画を2本みた。最初は「レザーフェイス〜悪魔のいけにえ」(2017年)。名作「悪魔のいけにえ」(1974年)の山ほどあるリメイク版の中でもこれはかなり面白かった。
IMG_4284

2本目は「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004年)。ゾンビ映画好きを公言しておきながら、実を言うと走るゾンビが苦手でまだ見てないのもたくさんある。これはあのロメロの「ゾンビ」のリメイク版でしかも走るゾンビというのでいくら評判高くても見る気にならなかったのだ。…が、めちゃ良いやん!
IMG_4288
ロメロ映画に敬意をすごく感じるし、登場人物も魅力的だし、アクションもかなり手に汗にぎる。見て良かった。

しかし自粛期間中、ゾンビとかサイコパスとか犯罪ものばかり見たくなり、ほっこりハートウォームなのとか感動ものをまるで見る気にならないんだけど、オレいかれてんのかな(笑)?


5月22日。

思いつきでインスタ早朝ライブをやってみた。いつものカオス空間なボギー部屋からではなく、朝の光が差し込むキッチンで全10曲35分。
IMG_4331
7時から見てくれた人、100人もいた。気持ちいい一日のはじまり。
FullSizeRender
‪今日はベイビーの誕生日。‬
‪今ちゃんがベイビーに送ったお手紙がカワイイな。そもそも子供がお母さんのことベイビーさんって呼ぶのがどーにもカワイイ。
IMG_4343

ベイビーの「誕生日は肉が食べたい!肉!肉!」との強い要望により高砂の「肉が一番」に行った。実に2カ月ぶりの外食である。
FullSizeRender
ウマすぎて全家族が泣いた!幸せ〜。
FullSizeRender
ここはハンバーグもめちゃくちゃウマイ。腹がはち切れるほどステーキとハンバーグ食べて、お酒も飲んだのに家族5人で7000円ポッキリ!
FullSizeRender
飲食店はどこもコロナ対策で日々神経をすり減らしてるだろうと思い、店員さんに「2カ月ぶりの外食です」と話しかけたらものすごく嬉しそうだった。

運動不足だったんで行きも帰りも歩いた。
FullSizeRender
往復で2時間はかなりの運動量だが、家族でふざけながら歩く帰り道も良い時間だったし、幸せな満腹感と気持ちいい疲労感で夜はぐっすり寝れた。


5月23日。

今日は今ちゃんの入学式。
FullSizeRender

もう40年前の話になるが、自分は入学式の日、担任の先生から太ももにまっ赤な手形が残るほどバチーン!と叩かれたことがある。はしゃいで机に足を乗せてたからだ。モンドも入学式の日は手がつけられないほどはしゃいでいた。それに比べて今ちゃんはとてもしっかりしている。
FullSizeRender
今ちゃんだけじゃなく、子供たちがみんなすごく緊張していた。はしゃいでいる子はひとりもいなかった。

ひとつだけ不安なことがある。

今までどんな人とも密に接することで自己表現をしてきたわが子たちが、これからは学校生活の中で先生や友達と距離をとりながら学ぶことになるのだ。
FullSizeRender
ソーシャルディスタンスにより子供たちのコミュニケーション能力を育くむ大事な時間が奪われてしまうことがどんな未来を生むか、想像すると少しこわい。

今はコロナ禍だから仕方ない…とかではなく、たとえ物理的な距離はとったとしても子供たちの心にどう密着するかはすごく真剣に考えないと、他者とどう接していいか距離感が分からない人が将来的にものすごく増えるかもしれない。

なにはともあれ、今日は今ちゃんの入学式。
長い長い春休みを終えて、やっと小学一年生になった日。
FullSizeRender
おめでとう!!!!!


5月24日。

SNSの誹謗中傷が原因でひとりの若い女子プロレスラーが自ら命を絶った。その痛ましいニュースをSNSで知る。自分はその女子プロレスラーのことも、原因となったテレビ番組も見たことはないが、想像は容易にできる。

人間の集団心理は恐ろしい。ターゲットに認定された人物には容赦なくストレスをぶつけてもいいような空気をテレビやSNSは作り出してしまう。きゃりーぱみゅぱみゅさんへの誹謗中傷しかり、自分のツイートに絡んできたネトウヨしかり、ちょっと前「水曜日のダウンタウン」でテラスハウスをパロった企画での、クロちゃんならどんだけ虐めてもOKいう空気もほんとうに気持ち悪かった。

テレビしか見てない人。
ネットしか見てない人。
テレビもネットも見る人。
テレビもネットも見ない人。

見てる世界が違うので話が合うわけない。

この中で最もきびしいのはテレビしか見ない人。テレビに思考をロックされた人と言ってもいいかも。テレビは常に疑いの目を向けつつ見た方がいい。でも中には良いものもあるのでテレビとネット両方から世界の温度を感じたり、逆に両方見ない日も作って自身のバランスを保つのが最善の関わり方だと思う。

「人それぞれ」を認め合う気持ちが薄れてくると世の中は殺伐とする。

いろいろモヤモヤと考えながら一日を過ごしたが、夜は「居酒屋ボギー」。たくさんのご視聴ありがとうございました。今回のテーマは<酒と肴>ということで、過去最高のおつまみ数!好きなおつまみで埋め尽くされた圧巻のパソコン台。
FullSizeRender

全国のいろんな居酒屋も紹介した。
佐世保のみぞぐち、六本松のマッドハウスひろ、JAZZ家、西成の成田屋、西明石のまんぼう、松陰神社商店街のマルショウアリク、佐伯のひかり、親不孝通りの○○いっぱい、高砂の三輪商店、などなど。

今週はテンちゃん今ちゃん入学祝いやらベイビー今ちゃん誕生祝いと、毎日がお祝い続きだったので、家族で歌も歌ったし、今ちゃんソロもやったし、芋焼酎飲みながらひたすら打ち上げ感のある配信。
FullSizeRender
そんなおめでたい気持ちと裏腹に、いろいろと物思うことも多かったので、そういう感情も途中でちょっと溢れ出ちゃったのも、居酒屋ボギーならではということで。

アーカイブはこちらでみれます。



「居酒屋ボギー」は無料配信ですが、見て楽しかったらテーブルチャージ的にぜひ投げ銭よろしくお願いします。オマケ付きです。

オマケ用に編集したくだらない未公開動画が合計10パターンほどありますので(笑)見てやってくださいね。

投げ銭やグッズのお買い物はこちらからー。


シティ情報ふくおかナビがボギー家族のコロナ禍での暮らしぶりを特集取材してくれた。

FullSizeRender
#ミュージックデリバリー① 福岡が誇る最高のエンタメ一家 ”ボギー家族”

なにかヒントみたいなものになるかもしれないしならないかもしれませんが(笑)良かったら読んでみてくださいね。

いまやありとあらゆるミュージシャンやライブハウスが配信に手を出している。

thumbnail_IMG_4332

慣れないシステムを勉強しながら、途中で配信途切れたりしながら、生のライブとは比べものにならない低音質でどうライブ感を出すか、ウェブカメラの向こうにいるお客さんに想いを馳せながら、どう伝えるかを試行錯誤している。

いまはその試行錯誤ぶりがライブとして面白い期間なのかもしれない。トラブったりバグったりしながらも何とか新しいことに挑戦している姿が、ドキュメンタリーとして伝わっている。つまりお試し期間みたいなものだ。

コロナ禍におけるミュージシャンのタイプはざっくり分けて2パターン。どんどん新しいことに挑戦して自分のシステムを作り新時代に向かおうとしてるギラギラ派と、コロナおさまったらライブやりたいけどいまは曲作ったりしながら静かに時を待ってるのんびり派。

どちらも正しいと思う。

しかし、その差というかスタンスの違いみたいなものは、コロナ明けたあとに小さな溝を生んでるかもしれない。ギラギラがのんびりを置いてきぼりにしたり、のんびりがギラギラに疎外感を感じたり...。そういう気持ちの溝である。

ほんとうはギラギラとのんびりの両狭間で落ちこぼれた部分こそが音楽のいちばん魅力的なところだと思うのだ。うまく言えないけど、気分とか気配の「匂い」みたいなもの。

その「匂い」を醸し出しながら狭間でジタバタもがいてるような音楽に自分はこれからも小さなスポットライトをあて続けたいし、そんな役割ができれば良いなと思っている。

んー、いま思ってること言葉にするのなかなか難しいな(笑)。ようするに行動あるのみだな。自分も日々、試行錯誤とのんびりのくり返し。

新しいシステムを作り出すも良し、この時期に静かに刃を研ぐも良し、思考停止さえしていなければ、
なんにしろ未来はそんなに暗くはないと思っている。


ーーー ここからはちょっと宣伝になっちゃうけど ーーー


とりあえず、いま自分のプラットホーム的な場所として機能してるのが
 
noteの日記(3/28以降、一週間ごとの日記を綴っている)
と、
 
YouTube配信「居酒屋ボギー」(毎週日曜の20時から配信。歌うようにしゃべり、しゃべるように歌う

です。

まだどちらも使いこなせてませんが、どうぞ宜しくお願いします。


そして、こういう時期だからこそ心に刺さるものがあるんじゃないかなぁと思う本が「ブードゥーラウンジ」です。

 

「ブードゥーラウンジ」

『ブードゥーラウンジ』

202011日刊行


著者:鹿子裕文

挿画:奥村門土(モンドくん)

装丁:祖父江慎、根本匠

定価:1800円+税


 20201月刊行 『ブードゥーラウンジ』-

電波の届かぬところで 革命の音が鳴っている


「この冬の時代を、めげんで、あきらめんで、やめずにやり続けた人間には、かならず、かならず、いい時代がめぐってくる! だからみんなあきらめんなっっ!」


舞台はライブハウス「ブードゥーラウンジ」。〈はみだし者〉たちが、好きなことを続けるために、自分の居場所をつくるために、日夜繰り広げる大騒動はやがて物語的結末を迎えるーー。

『へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々』で衝撃のデビューを果たした著者による4年ぶり待望の第2作は、血湧き肉躍る、ノンフィクション・エンターテインメント!

このページのトップヘ