ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://yokotin.xyz ボギーのTwitter @BoGGGeY ボギーのインスタグラム @yclabel_bogggey 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://yokotin.xyz
ボギーのTwitter @BoGGGeY
ボギーのインスタグラム @yclabel_bogggey
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

平日の楽園「ラウンジサウンズ」では、いつでも刺激的な夜、未知なる音楽との出会いを用意してお待ちしてます!8月もおもろいラインナップがずらり!!!あなたのアンテナにピクンとひっかかった日にぜひ遊びに来てくださいね~!!配信もありますのでお部屋でもお楽しみいただけますよ!


8月のラウンジサウンズ


d5711b28

8/4(火)「ラウンジサウンズ」

@ブードゥーラウンジ

開場19:00 開演19:30

入場チケット)¥1500+1ドリンクオーダー

配信チケット)¥1500 ※配信チケットは(https://voodoolounge.jp)にてご購入ください。

出演)イイホシミチコ/瀬戸口恵/ともちん/アンリ/井筒朔 

司会とDJ)ボギー

● 鍵盤とギターの二刀流で凛と歌うイイホシミチコ。力強さとしなやかさを秘めた女性シンガー瀬戸口恵。胸に迫るチェリーソングスが泣けてくるほど良い、ともちん。ブードゥーのクラウドファンディングで10万円コースを選んだ男気のアンリ。そして、意気揚々とL.S初登場、この日デビューライブの井筒朔。


fualina

8/12(水)「ラウンジサウンズ」

@ブードゥーラウンジ

開場19:00 開演19:30

入場チケット)¥1500+1ドリンクオーダー

配信チケット)¥1500 ※配信チケットは(https://voodoolounge.jp)にてご購入ください。

出演)フアリナ/イフマサカ/cuvboys/オカダショオヘイ/江上るい

司会とDJ)ボギー

● きらめきと浮遊感と永遠の青年男子感が眩しくはじけるフアリナ。ユーモア溢れる切り口のMCが味わい豊かな空間を創り出す小笹のストーリーテラー、イフマサカ。狂気と才能の引きこもりミュージック探求者cuvboys。ドペクターズのオカダくんが久しぶりにソロで登場、オカダショオヘイ。浄化作用ある声、透明感のなか優しく刺さる歌、江上るい。


gn8mykitten

8/19(水)「ラウンジサウンズ」

@ブードゥーラウンジ

開場19:00 開演19:30

入場チケット)¥1500+1ドリンクオーダー

配信チケット)¥1500 ※配信チケットは(https://voodoolounge.jp)にてご購入ください。

出演)gn8mykitten/ポカムス/THE RICHES/Pankye Rukc/神棚On the Wall

司会とDJ)ボギー

● 言葉のみで空間に試合を挑む無伴奏ラッパー、gn8mykitten。最下層の魂を揺さぶる秘宝のようなロックンロールバンド、ポカムス。ボットンズのふー、デビルボディのオーノハジメ、さかもとの3人によるブルースロックンロールバンド、THERICHES。彗星の如く飛び出したロックンロールバカ野郎どもPankye Rukc。五臓六腑に染み渡るロック「五臓ロック」をコンセプトに気合い入ったライブをぶつける神棚On the Wall。


カシミールナポレオン

8/25(火)「ラウンジサウンズ~カシナポまつり2020」

@ブードゥーラウンジ

開場19:00 開演19:30

入場チケット)¥1500+1ドリンクオーダー

配信チケット)¥1500 ※配信チケットは(https://voodoolounge.jp)にてご購入ください。

出演)カシミールナポレオン(魔界)/サイキシミン(佐伯)/ザ・ガーデナーズ/勧善懲悪おちんちん/妖-Yoh/ボギー

司会とDJ)ボギー

● ハクが転勤で福岡に戻って来てめちゃくちゃ嬉しい記念!そんなカシミールナポレオンがサブステージに各バンドの合間ごとに出てくるミルフィーユ企画!パイ生地は、ライブハウスもスタジオも無い街でロックンロールを鳴らし続けるサイキシミン。ビールが美味くなるアイリッシュユニット、ザ・ガーデナーズ。演奏するおちんちんこと勧善懲悪おちんちん。カシナポの保護者、ボギー。そして意気揚々とL.S初登場、聖飢魔Ⅱ信者の妖-Yoh。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


※ご注意)コロナ感染対策には十分な対応をしておりますが、発熱や体調不良な方はご入場をお控えください。入場時には、手指の消毒、検温、連絡先の記帳をお願いしております。また、場内ではマスク着用などエチケットにもご協力お願いします。


出演バンド募集

● 平日の楽園「ラウンジサウンズ」への出演希望バンド、ソロ大募集!オリジナルでもコピーでも、上手でも下手でも、もはや音楽ですらなくても、ステージで何かやりたい気持ちさえあれば歓迎!VooDooもしくはボギーまでデモ音源持参、もしくはメールください。

 yokotin_b@hotmail.com(ボギー)

VooDooLounge  福岡市中央区舞鶴1-8-38第19ラインビル4F(親不孝通り沿い)

VooDooLounge
https://voodoolounge.jp 


7月6日。

一夜明けてテレビのニュースは小池一色。昨日の都知事選の結果も投票率もあまりに残念だ。

5003


九州は先週からずっと雨が降り続いている。福岡、佐賀、長崎に警戒レベル5の大雨特別警報!

IMG_7267

まだまだ降り止む気配のない大雨。自分の住んでる場所は影響なさそうだが、九州全域でどれほど被害が広がっているのか…。友達の顔、お世話になった人の顔、大好きなお店、風景が次々と浮かぶ。みんな大丈夫だろうか?
IMG_7268

朝からずっと心が晴れなかった。おまけにふだん見ない「ミヤネ屋」で橋下徹が九州の水害に対して発言した言葉があまりにも偉そうで、なおかつ他者への労わりや想像力に欠けていたことにますます怒りが込み上げていた。

小池百合子の「自粛から自衛」も同じ精神構造から出てくる話だと思うが、なぜかこういった政治家がいつも当選してしまう。

それはきっと、日本という国は自分のことを強者側(もしくは中流)だと思いこんでる弱者がめちゃくちゃ多いんだと思う。強いほうになびいてる時点で弱者だとは思わないのだろうか。

怒りを込めて書いたツイートはまたバズってしまった。


FullSizeRender


バズらせるつもりで書いてないことが毎週なんかのはずみでバズる。知らない人からあれこれ言われるのはまあまあのストレスだけど、それもツイッターの性質だと理解しながら受けとめてる。しかし、賛同にしろ非難にしろ言葉使いが悪い人はしんどい。


去年何人もの占い師から「来年ブレイクします」って言われて楽しみにしてたんだけど、それがこの毎週バズりのことだとしたらがっくりだ(笑)。



7月7日。

‪今日は七夕。‬今ちゃんが短冊を山ほど書いて見せてくれた。
IMG_7297
欲深いなーと思ったけど、その短冊に書かれた願いごとに物欲はひとつもなく、とても優しい願いごとばかりでちょっと目頭がつーんときてしまった。‬
IMG_7298
IMG_7299
あぁ、大人の世界がこんなで本当にごめんね。と、謝りたくなる。

‪七夕といえば、モンドが小1のとき書いた短冊も最高だった。「うんこになりたい」ってふざけて書いたら書き直しって言われ「じゆうになれますように」と書いたのだ。
a1f45559

‪あの頃からわが子には一目も二目も置いている。‬

そんなモンドがまた廃墟の絵を描いた。学校の授業で描いたらしい。すっげー。
IMG_7403
ウォーキングデッドのグレンが出てるという理由だけでベイビーが借りてきた韓国映画を見た。恋愛ものか感動ものかサスペンスホラーかコメディかも分からない、タイトルすらも知らずに見はじめた映画にヤラレタ…ぐいぐい物語に引き込まれてしまった。
00-story-burning
 
数々の謎めいた展開にドキドキする。伏線だと思うシーンがいくつもあり、いよいよ終盤に向けてあらゆる謎が明かされるかと思いきや結局なんにも分からないまま終わる。…え?

でも、本当の世界だってなんにも分からないままなことが殆どだ。
rectangle_large_type_2_9ee921ba92e617be95433d0f63c51ac4

エンドロールでやっと映画のタイトルが「バーニング」と知る。ふだん如何に映画をタイトルやジャンルやパッケージや解説や評判などをガイドにして見ているかを思い知る面白い体験だった。映画って予備知識一切なしで見るほうが面白いかも。


夜は辛子蓮根をつまみにハイボール飲んでオクムラユウスケの初ワンマンライブの配信みる。パソコンの画面越しにみる弟のライブ。最後まさかおれの歌「青い春」を歌って終わるなんて思いもしなかったからちょっと泣いたわ。

IMG_7315


配信といえどライブそのものだったしもはや祈りだったな。おつかれユウスケ。



‪7月8日。

先週、川口さんからお土産でいただいた鎌倉のお菓子「クルミッ子」がほんとーにうまくて、大事に食べている。このひと粒とアイスコーヒーだけでスーッと気持ちが軽やかになるのだ。
FullSizeRender

お昼は日田のプノンペンラーメン食べたくなり、トマトと鶏ひき肉とセロリで作ってみた。わりと近い味にはなったけど、セロリが足りなかったのと醤油は甘いのじゃないほうがいいかも。これはこれでうまかったけど。日田も豪雨被害がすごいらしい…心配だ。
FullSizeRender

夜はこれまた頂き物のブラジルのカサーシャというお酒を冷蔵庫にあったパッションフルーツジュースと炭酸で割ってみたらめちゃくちゃうまいカクテルになった。これクセになりそうでヤバい。
FullSizeRender

先週はゾンビ映画ばかり見てたので今週は人間がイカれてる映画を見ようと思い「ムカデ人間」を借りてきた。面白かったけどジャケットそのまんまで予想外がひとつもなかったので、もうひとひねり欲しいサイコパス映画。
IMG_7321

続けて、ずっと見たいと思いつつも未見のままにしておいたコッポラの「地獄の黙示録」をついに鑑賞。しかもオリジナルより遥かに長い202分の特別完全版。もう凄いのひと言。最初から最後まで素晴らしく美しいシーンと戦争の狂気が対比で貫かれており、これをCG一切無い時代に作り上げたことに感嘆するしかない大傑作!これは映画館で見たかった。
IMG_7337


7月9日。

昨夜の「地獄の黙示録」の余韻がすごい残ったまま、朝から映像学科学生の卒業制作映画「鬼畜大宴会」を見た。どちらも狂気がテーマなれどあまりの落差に笑えてしまう。20年前に「鬼畜大宴会」見たときは凄え映画だ!と興奮したんだけどなぁ。若かったんだなぁ。
IMG_7340

さらにエドワード・ヤン「恐怖分子」(86)を鑑賞。さすがに立て続けに見すぎてストーリーがまるで頭に入ってこない、半分眠りながら絵が綺麗だなぁとぼんやり眺めてた。終わったあと妙にざわざわしたのでこれはもう一度ちゃんと見なきゃだ。
IMG_7363


風呂上りと映画を見るとき毎日2本、お酒の代わりに飲んでいるサントリーの「朝摘み有機レモン天然水sparkling」。あー、ビール飲みてえ!と思ったときもこれで満足できるようになってきた。

FullSizeRender



7月10日。

いよいよ今日から「we are little zombies」が全米で公開!!!
IMG_7594
2019年アメリカサンダンス国際映画祭にて日本映画初の審査員特別賞・オリジナリティ賞を受賞した長久允監督作品!劇場放映&有料配信!ついにモンドがアメリカ進出〜!そしてテンちゃん今ちゃんも!
FullSizeRender
なんとニューヨークタイムスにも記事が!
IMG_7462
‪品切れになっていたモンドくんポストカード、たくさん追加納品。
‪1枚150円。‬
‪おすすめ5枚セット600円。‬
‪おすすめ10枚セット1000円。‬
FullSizeRender
‪ヨコチンウェブショップで買えます。‬


ここ2週間ほどゾンビと狂気にまみれた映画ばかり見ていたので(ちゃんと理由はあるのだが)、いったん心を浄化しとこうと思いディズニーの「バンビ」、実は初めて見た。絵がとにかくかわいい、そして動物の動きの愛らしさよ!80年前のアニメだって、すごいなー。手塚治虫は若い頃に130回も見たという。
IMG_7389

さらに、是枝監督「空気人形」。見たいなと思いつつ10年…やっと見た。空気人形ってダッチワイフのことなのか成る程。心を持ってしまった空気人形役にペ・ドゥナ、透明感がすごい。もうそれに尽きる。ペ・ドゥナ以外この役はぜったいに無理だとさえ思う。かなり切ない話だけど悲しい気分にはならないのがいい。
IMG_7384

「バンビ」と「空気人形」を見てかなりファンタジックな気持ちになったので、その真逆をと思い「八甲田山」を見始めた。おれの映画の見方、サウナの入り方と一緒やな(笑)。
IMG_7393
200人もの遭難死者を出した実史に基づいた映画「八甲田山」は、日本映画史上最も撮影が難航した作品で、あまりの過酷さに現場を逃げ出した俳優もいたとか。オール雪山ロケ、高倉健も凍傷になりながら撮影したらしい。雪崩れのシーンは爆薬を仕掛けて実際に雪崩れを作ったという。リアルさもの凄い!
IMG_7392
日露戦争に備えた訓練として真冬の八甲田山越えをやらされる兵団(上層部は責任を取りたくないのであくまで自己責任としてやらせる)。
隊長の綿密な下調べを無視し、プライドだけ高く山を舐めてる上官が雪山で間違った命令をし続け、取り返しのつかない悲劇を生む。

これ今の日本も同じ道を歩いてない?


7月11日。

‪今ちゃんまた前歯ぬけた!‬前歯2本はかなりパンチあるな。
FullSizeRender

部活から帰ってきてシャワー浴びたあと裸のまんま塩おにぎりにかぶりつくテンちゃん。ワイルドやのう。
FullSizeRender

モンドは最近本当に良い風景画を描く。特に夜の街は雰囲気があって好きなんだけど、川面にうつる夜の街はなおさら雰囲気が漂ってるなぁ。

【モンド今日の絵・2020.7.10】川面にうつる夜の街
IMG_7404

「モンド今日の絵」

今夜は家で焼肉!もちろん安い肉。しかし、タレは玄風館の600円のタレ!タレが美味かったら肉はどんなんでもウマイ論。

FullSizeRender



7月12日。

東京でコロナ患者ぐんぐん増加中に、1.7兆円もの予算かけてGoToキャンペーンを前倒してまで実施って狂気か。どうしても中抜きはしないと気が済まないの?九州の被害状況とか知ってるよね?医療従事者がボーナスカットされたことも知ってるよね?人間らしいお金の使い道をまじめに考えてほしい。

3月の終わりに楢崎くん家のガレージで開催したライブ「小さな音楽会」は、ちょうどコロナ問題が深刻になり始めた頃で、この夜以降すべてのイベントを中止にし、代わりに配信ライブ「居酒屋ボギー」をスタートさせた。
IMG_2127
ある意味この日のライブは心の中で大きなターニングポイントとなり、note「ここ一週間の日記」もこの日から書き始めた(この日記は3/28から現在に至るまで記録し続けている)。

ボギーnote「ここ一週間の日記」

4月は何もかも白紙になった脱力感を埋めるため家の中で思い付いたことを手当たり次第に挑戦した月だった。

・配信「居酒屋ボギー」開始
・note開始
・ブルボン妄想CM
・子供映画館
など

毎日イマジネーションが泉のように湧き出ており、ある意味コロナハイ状態だったかもしれない。

そんな手探りの中からいま何をやるべきかを自分なりに考え、心に正直に、少しずつ歩みを進めてきた5〜6月。

7月からボギーのソロライブも少しずつ小さな規模から再開しようと思い、だったらその最初はやはり、あの楢崎くん家のガレージから始めるのが良いなぁと企画したのが、今日の「居酒屋ボギー特別編〜小さな音楽会」だ。
IMG_7160

‪というわけで、楢崎くん家のガレージからボギー生ライブ配信でお届けした「居酒屋ボギー特別編〜小さな音楽会」。集まってくれたみなさん、ご視聴いただいたみなさん、そしてたくさんのお酒と料理を用意してくれた楢崎くん、本当にありがとう!最高に楽しい夜でした。
65_large
 
開始直後に、楢崎くんの末っ子くんが生きてるセミの幼虫を見つけてきて、「うおー!すげえ!」と興奮しながら始まった配信。ヌケガラじゃないセミの幼虫みるとテンション上がるのは大人になっても変わらないなあ。
スクリーンショット 2020-07-13 14.51.20

楢崎くんは手作り料理をテーブルいっぱいに用意してもてなしてくれた。「居酒屋ボギー」はこの楢崎くんの料理も欠かせない楽しみのひとつであり、この料理によるコミュニケーションが自粛期間中のお互いの心の支えにもなっていたところがある。
24_large
183_large

いろんな思いを込めてこれまでの「居酒屋ボギー」を振り返りながら全14曲を歌った。
IMG_7489

<居酒屋ボギー特別編セトリ>

自粛の歌
なべ
ウィーアーリトルゾンビーズ
バカになりましょう
ミュージシャンのうた
長い春休み
飲もう
青い春
満足できるかな
セボン・ド・パリ
イケナイコトカイ
ニューワールドパーティー
ドリンキングロード
BON-ODORI
楽しい一日にありがとう

 

この夜、みんなに投げ銭してもらったお金は九州の水害被害に遭われた町に募金しようと思います。

配信のアーカイブこちらからどうぞ。
 


※通信環境があまり良くなかったので、いつもより画質が荒くなってます。


少しずつだけど、ライブできる環境に戻りつつある。
だけど、まだまだ以前と同じではない。
もしかしたらもう戻ることはないかもしれない。

同じように見えても、もうそこは新しい世界。

6月30日。

ラウンジサウンズ復活の夜、ブードゥーラウンジに集まったお客さんは18名、配信チケットを買ったお客さんは21名、合計39名が見守る中で開催した「メガネ飛ばしロックフェスティバル」。
IMG_6929

ライブ中にメガネを飛ばす、ただそれだけのことでなぜあんなにも盛り上がれるのだろう?一夜たった今でも思い出し笑いが止まらない。

トップはアンリ!持ち時間は20分だが、開始15分経ってもまだ飛ぶ気配すらない、どのタイミングで飛ばすのか?徐々に顔が汗でテカリはじめ、首を振る動作が大きくなりはじめると、いよいよか!とメガネにお客さんの全神経が集中する。残り1分きったところで今夜最初のメガネが飛んだ!かなりきれいに飛んだ!
21_large

お客さん大歓声をあげて盛り上がる!

お客さんで来てたゴールデンブラザーズのしまけんがテキーラをみんなに奢りまくってて、俺も4杯ほど飲まされたが(笑)あれはある意味ブードゥーラウンジへのクラウドファンディングのつもりだったんやろうな。やさしい男だ。おかげでみんなべろんべろんにさせられたが…。
157_large
 
2番手はトニーガーデナー!この日の為に作ってきた「ヘッドバンギング」といういかにもメガネが飛びそうな曲では飛ばず、最後の曲で大きく振りかぶって場外に大きく飛んだー!!!スタンディングオベーションで大盛り上がり!
31_large

メガネ飛ばした後はなぜかみんなカッコイイ顔になる。
39_large

続いてあかたろ、メガネをかけた人妻が鍵盤で弾き語りしながらいつメガネを飛ばすのか?
58_large
そのシチュエーションだけでメガネフェチは配信チケット買うのでは?てくらいグッとくるメガネ飛ばし。飛距離は今のところトップ!
70_large

4番手DISCHAAAGEEEが企画の趣旨も何も飛び越えて宇宙に飛んだ!べろんべろんに酔ってハチャメチャなテンションになってる!
111_large
こんなもん配信して良いんか?福岡に突然舞い降りたイギーポップやん!マジで最高だった。
103_large
あのステージにラウンジサウンズの天国も地獄もぜんぶ凝縮されておりメガネどころかジャケットもTシャツも飛んだがそんなこともはやどうでも良いと思えるほどバカすぎて腹がちぎれるほど笑った。
133_large
 
ライブ後、楽屋でギリシャ彫刻のように眠るDISCHAAAGEEE。ゲロも吐いたらしい。
150_large
 
メガネ飛ばしロックフェスティバルいよいよ大トリ!匠のメガネ飛ばし職人イフマサカ!ライブハウスへの愛情がこもったグッとくるMCと魂の乗った演奏が最高潮に達したそのとき、大きく身体を仰け反らせるモーションからの貫禄のメガネ飛ばしーー!!!飛距離も最高記録!!!
165_large
167_large

さすがの大トリ!なんか感動すらしてくる。こんなバカ企画なのに。そしてメガネ飛ばした後、やはりなぜかカッコイイ顔になる。
180_large


最後はこの夜に飛んだメガネたちをステージに並べて記念撮影!メガネが主役の夜だった。
3_large

ライブ会場に来た人と、配信チケット買った人しか共有できないあの瞬間。これこそが平日の楽園ラウンジサウンズなのだ!

※メガネ飛ばしロックフェスティバルの写真撮影はカメラマンの橘ちひろさんです。
 


打ち上げはコンビニでビール買って長浜公園の地べたで。昔のラウンジサウンズではよく公園で打ち上げしてたんだ、みんな貧乏だったから。なつかしいな。まあ、いまも貧乏だけども。

FullSizeRender

6月27日。

土日はボギー家族のレコーディングで鹿児島。早朝から高速に乗って移動、佐賀あたりでスマホの避難警報アラームが鳴り、猛烈な豪雨に遭遇。
FullSizeRender
雨雲の下を必死に走り抜けてやっと鹿児島に到着。
FullSizeRender

レコーディングをする鹿児島のハチマンスタジオは、樹齢1600年の日本一の巨樹を御神木とする姶良市蒲生八幡神社の中にある(!)スタジオなので、きっと神々しい音が録れるに違いない。
FullSizeRender

ここはエンジニアでありミュージシャンでもあり、もうすぐ3人目の子供が生まれるお父さんでもある友人のヤマノウチくんが、すべて自分で何もかも作ってしまったスタジオなのだ。まじですごい!今回のボギー家族レコーディングはここで録ってみたかったのだ。
FullSizeRender

ボギー家族のアルバムレコーディング初日。まずはボギーの歌とギター録り。御神酒(芋焼酎)をいただきながらレコーディングスタート!
FullSizeRender
ほぼワンテイク、めちゃくちゃハイスピードでどんどん録れた。絶好調!

晩ごはんをヤマノウチくんの奥さんが用意してくれた。鳥刺し、きびなご刺し、美味!!!
FullSizeRender
バーカウンターがあって鹿児島のうまいものを食べさせてくれるスタジオがこの世にあるだろうか?いや、ここしかない!それがハチマンスタジオだ。
FullSizeRender

すっかり酒がすすむ。すすみすぎてしまう。しかし、酔ってないとうまく歌えない歌がある。なのでしっぽり酔ってから再びレコーディング開始。とんでもないベストテイクが録れた気するが、明日シラフになって聴きなおそう。
FullSizeRender
続いてベイビーのピアニカ録り。防音スタジオの中でも聞こえるほどのごっつい雷雨…。カスケーズの「悲しき雨音」みたい。
FullSizeRender
バンド「ひまわり」の頃はパーカッション担当で小太鼓ベイビーの異名をもつベイビー、20年ぶりにボンゴも叩く。
FullSizeRender

モンドのパート、空き缶パーカッションの録音。
FullSizeRender
淡々としてるようでこいつ無意識で面白いの叩いてんだなー、というのがレコーディングだとよく分かる。
IMG_6633

結局、レコーディング初日は今ちゃんもテンちゃんも出番なしで「スラムダンク」読んで寝ただけの一日。
FullSizeRender

明日はふたりのパートを録音だ。おれももう眠いのでおやすみ〜。二階に泊まる場所もあるスタジオ、合宿みたいで楽しい。


6月28日。

ボギー家族レコーディング2日目。昨日の滝のような雷雨がウソみたいに晴れ!御神木のくすの巨木が神々しい朝だ。ちなみにこの木は「となりのトトロ」のモデルにもなった木らしい。今日もレコーディング楽しもう。
FullSizeRender

その前に近場の温泉で朝サウナ!最高すぎる。つい数日前にサウナでえらい騒ぎになったことなどもう忘れてしまった(笑)。
IMG_6668

まずは、テンちゃんのパーカッション録り。完ぺき!新しいカホンを買ったので音もだんぜん良くなった。
FullSizeRender
さらにドラムも叩く。まだバスドラも踏めないくせにリズム感のみで良いグルーヴ出してる。
FullSizeRender
今回の家族アルバムはコロナ時期に生まれたあらゆることの結晶のような作品だ。ボギーとテンちゃんで練習してたパンクな曲も一曲だけレコーディングした。
FullSizeRender

やっと今ちゃんの出番。ここはギターと呼吸を合わせるの難しいから何度もやりなおすだろうなと思ってた歌パートも一発でキメる今ちゃん。天才かっ!
FullSizeRender

最後に家族全員のコーラスを重ねる。
声には相性ってあるんだけど、血が繋がってるからだろうか、どんなにバラバラに歌っても不思議なくらいしっくりまとまるのだ。
FullSizeRender

夕方18時にボギー家族のレコーディング終了。
FullSizeRender

ヤマノウチくんのオペレーションはまったくストレスなく、すごい集中力でどんどん録れた。ほんとヤマノウチくんのおかげだ。なのに最後に芋焼酎までプレゼントしてくれた。御神木の前で両家族の記念撮影。いやー、最高だなぁ。
FullSizeRender

CMソングの「はじめてのうた」や「長い春休み」「自粛のうた」「トイトイ」などかなり表情豊かな全15曲入り。コロナ禍の中でこそ記録に残したかった音のアルバムになったと思う。 8月には発売できるはずなので皆さんお楽しみに!


この楽しかったレコーディング風景を、6分間の記録ムービーにまとめたのでぜひご覧あれ。
  

ヨコチンレーベルHP

ヨコチンレーベルYouTubeチャンネル


「やついフェスティバル」は、ボギーとモンドで毎年出演させてもらってる渋谷の巨大フェスで、今年も出ることになっていたが、コロナの影響で「オンラインやついフェス」という無料配信フェスに切り替わった。でも、今年はやっとボギー家族として張り切って参加だ。

ボギー家族の配信会場は六本松のゲストハウス「SEN&CO.HOSTEL」。オーナーのSENさんが気合い入れて揃えた配信機材と4カメで初配信。
IMG_6115
福岡にライブができるゲストハウスの誕生だ!ツアーバンドが配信ライブやってそのままここで打ち上げも宿泊もできるようになると楽しいな。
IMG_6112

ボギー家族ライブはオンタイムスタート。やついフェスのメインイベントともいえる歌合戦の真裏だったけど、たくさんの視聴参加ありがとうございました。
IMG_6287
ラジオ体操からはじまり新曲「トイトイ」「はじめてのうた」など前半。「ウィーアーリトルゾンビーズ」を挟んで家族のロックンロールが加速し、どんどんバカになっていく後半!「BON-ODORI」は過去最高のグルーヴだったかも。やりたい放題、超絶自由な60分間!
FullSizeRender
子供たちのテンションやべぇ。とくに今ちゃん…。
FullSizeRender

アーカイブで見れます!
 

<ボギー家族セトリ>
ラジオ体操
トイトイ
はじめてのうた
自粛のうた
おさんぽ
ウィーアーリトルゾンビーズ
ロックンロール
タコの知能は3歳児
BON-ODORI
バカになりましょう
キラキラ
星のOHAKA


スイカでひと休みしたあとボギーソロの配信に続く!
FullSizeRender

ここで配信中継先の音声トラブルに見舞われたボギーライブ。全力のライブパフォーマンスがシステム上のトラブルでほぼ無音状態だったと配信終了直後に聞いてヘナヘナと全身の力が抜けた…。
IMG_6174
おれは無音であんなにも「うんこうんこうんこうんこうんこうんこ」て叫んでいたのか…(恥)。
IMG_6180
音声バッチリなバージョンでアーカイブは残ってるけど最初の10分間が打ち合わせしてたりビール飲んでたり素でぐだくだしてるとこ丸見えなのがめちゃくちゃ恥ずかしいのでむしろぜひご覧ください(笑)。

<ボギーソロのアーカイブ>
 

ライブは渾身の即興で言葉を紡いだ「ふねのうえ」から始まり、今ちゃんとバービーボーイズのデュエット、
IMG_6201
うんこ連呼、最後はソーシャルディスタンスに配慮した感動の胴上げ!
FullSizeRender
すべて30分間に詰め込みました。

<ボギー「やついフェス」セトリ>
1、ふねのうえ
2、目を閉じておいでよ
3、長い春休み
4、うんこ
5、青い春

片付けを終え、歩いて家に帰り、ぎりぎりフィナーレの様子は見れた。
IMG_6162

本当にこんな大規模な配信フェスを実現させたやついさんとスタッフのみなさんに心からおつかれさまでした。また来年も参加させてもらえるよう精進しよう。

このページのトップヘ