ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

秋から冬への祭りも熱い!!!

ボギーお祭り情報10


チンロック2017チラシ 
「ヨコチンロックカーニバル2017」 
10.9(祝)@ブードゥーラウンジ
開場14:00 開演14:30 終演24:00 
¥2,500(¥3,000)+1drink order 
出演)
KING BROTHERS(西宮)
クリトリック・リス(大阪) 
ドラ☆美保(東京) 
Conti(東京) 
酒井少年(東京) 
folk enough
nontroppo+上田健司
オクムラユウスケ&Notsports
THE VOTTONES(田川) 
佐伯市民(佐伯)
カシミールナポレオン(魔界)
ナヤミ(山口)
山本初子(防府)
乾いて候(大牟田) 
九州ROCKERS
バービーボーイズ(嘘) 
ザ・ガーデナーズ 
漢方先生
秋風リリー 
ポカムス  
FOOD)マサラワーラー 
DJ)ボギー 
※ヨコチンレーベルが一年で一番熱く燃える日! 

21432793_1326180140840866_3847726511065239431_n 

10.13(金)『BoGGGeY LIVE in NAHA』
会場:沖縄栄町商店街OFF LIMITS 
open20:00 start21:00
投げ銭ライブ
出演)ボギー 
opening)M.MONDY 

10.14(土)『BoGGGeY LIVE in NAHA』
会場:沖縄桜坂ドラミンゴ
open20:00 start20:30
1,500円+1drink order
出演)ボギー/やむちん 
opening)M.MONDY 
DJ)SAKURA 
※初の沖縄ツアーが決まりました!めちゃ楽しみ! 


10.21(土)『ボロフェスタ2017』
日時:2017年10月20日(金)、21日(土)、22日(日)
場所:20日(金) 、21日(土)、22日(日)@京都KBSホール
   21日(土) vol.夜露死苦@京都METRO
open/start 
20日(金) OPEN 18:00 / START 18:55
21日(土)・22日(日) OPEN 11:00 / START 11:55
21日(土) vol.夜露死苦 OPEN/START 21:30
出演)大森靖子/ペトロールズ/BiSH/OGRE YOU ASSHOLE/Limited Express (has gone?)×ロベルト吉野/BRADIO/SIX LOUNGE/虹のコンキスタドール/DAOKO/メシアと人人/CARD/バレーボウイズ/パノラマパナマタウン/DEATHRO/おとぼけビ~バ~/シンガロンパレード/ときめき☆ジャンボジャンボ/SEVENTEEN AGAiN/私の思い出/東狂アルゴリズム/Seuss/チッツ/ゆーきゃん/クリープハイプ/ZAZEN BOYS/LITE/サイプレス上野とロベルト吉野/YOUR SONG IS GOOD/どついたるねん/ボギー家族/WONK/愛はズボーン/MOROHA/台風クラブ/my letter/JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB/ハンブレッダーズ/Helsinki Lambda Club/カネコアヤノ/ひとりバレーボウイズ/花柄ランタン/KOTORI/黄倉未来/接近!UFOズ/Sundayカミデ(ワンダフルボーイズ/天才バンド)/uri gagarn/odd eyes/Amia Calva/unizzz…/Tempalay/chelmico/HALFBY/KONCOS/CLUB80’s/マスター航太/ギリシャラブ/mogran’BAR
※ボロフェスタにボギー家族で出演!出演は21(土)どすこいステージのトリです!! 


21752663_1095786590523730_7989515096672350239_o
10.22(日)『TOYOTA ROCK FESTIVAL2017』
2017年10月21日(土)、10月22日(日)
会場:愛知県 豊田スタジアム外周
入場無料!
出演)KODAMA AND THE DUB STATION BAND/TURTLE ISLAND/柳家睦&THE RAT BONES/鎮座DOPENESS&DOPING BAND/呂布カルマ/Enjoy Music Club/ズクナシ/Campanella/YUKSTA-ILL/チーナ/ボギー/α-ROOTS/ホットハニーバニーストンパーズ/THA BLUE HERB/Dachambo/トヨタギターパンダ/天草 feat.Naoki/okadada/サニーデイ・サービス/東田トモヒロ×沼澤尚DUO/スガダイロー Little Blue/永原真夏+SUPER GOOD BAND/OBRIGARRD/Yogee New Waves
※今年もトヨロックに出演!22(日)にボギー家族で出ます!モンドくんの似顔絵屋さんもやりますよ。


21317837_1326180134174200_4415764164554169773_n 
21317496_1326180104174203_9055324947571867866_n 
10.28(土)『暮らしと音楽』
場所 鳳鳴地域交流センター(旧鳳鳴小学校校舎・体育館)
(住所 山口県美祢市美東町綾木4443-2 )
開場 10:30 開演 11:00
入場料 : 前売りチケット 3 ,000円 
当日 3,500 円(小学生以下 入場無料)
第一弾出演者発表!
LOSTAGE(奈良)susquatch(東京) e;in(京都)elephant (山口)e.t.c(山口)shiNmm(山口) Gofish(名古屋)オガサワラヒロユキ(大阪)ボギー家族(福岡)その他の短編ズ(福岡)まやかしプラスチック(広島)中野祥平(島根)
※山口の廃校でフェス、ボギー家族で出ます!モンドくんの似顔絵屋さんもやりますよ。


ハイコレ145チラシ
11/3(祝)「ハイコレ145」@VooDooLounge

open18:00 start18:30

¥2,500(¥3,000)+1ドリンクオーダー

出演)THE KEY PROJECT(東京)/バービーボーイズ完コピバンドwithエンリケ/漢方先生/肉食パルチザン/乾いて候/横沢ローラ(東京)

DJ)ボギー
チケット予約:ヨコチンレーベル
yokotin_b@hotmail.com(ボギー)

コピーバンドにご本人が加わるパターンってなかなか無いと思う。ある日とつぜんバービーボーイズのベーシスト、エンリケさんからメールが来て「もしバービーのコピバンやるならベース弾きますよ」と言われたらそりゃやるしかないでしょ!中学の頃からめちゃくちゃ大好きなバービーボーイズ!好きすぎてこんなどえらいことになってしまいました。
 

それではみなさん、祭り会場でお会いしましょう! 

各公演チケットのご予約
ヨコチンレーベルからのご予約は公演名、お名前、電話番号、枚数を明記の上こちらのEmailまでお願いします。
yokotin_b@hotmail.com     
※予約メールには必ず返信していますので、もし返信がない場合は届いてない、もしくはそちら側の迷惑メールフォルダーにはじかれてしまっている可能性があります。お手数ですが、もう一度送ってみてください。

※出演依頼も随時お受けしてます!
 

「ヨコチンロックフェスティバル」から「ヨコチンロックカーニバル」に名前を変えた理由は、単純にカーニバルのほうが言葉の響きに祭り感が宿っているから。音楽の祭りなんだから響きは大切に決まってる。「ヨコチンロックカーニバル」はただのバカ騒ぎ祭りじゃない。人間の根源に訴えかける歓喜のええじゃないか祭りなのだ。

チンロックには集客力抜群な人気バンドが出るわけじゃない、むしろ「知らんがな」ってバンドばかりかもしれないが、実はその「知らんがな」の中に「なんじゃこりゃあ!」という
本当の面白さが隠れ潜んでいる。

有名人の有名な曲をチェックしたいだけなら大きなフェスに行けば良い。でも、まだ見ぬ「なんじゃこりゃあ!」って刺激が欲しいなら2,500円と酒代を握りしめて「ヨコチンロックカーニバル」に来て欲しい!

もしつまらなかったらお金返すし(マジで)持ち合わせが無かったらツケでもいいけん(マジで)、とにかくこの日、10月9日のブードゥーラウンジで巻き起こる出来事を見逃さないで欲しいのだ!!!


チンロック2017チラシ
「ヨコチンロックカーニバル2017」 
10.9(祝)@ブードゥーラウンジ
open14:00 start14:30 close24:00 
出演)
KING BROTHERS(西宮)
クリトリック・リス(大阪)
Conti(東京)
ドラ☆美保(東京)
酒井少年(東京)
folk enough
nontroppo+上田健司
オクムラユウスケ&Notsports
THE VOTTONES(田川) 
佐伯市民(佐伯)
カシミールナポレオン(魔界)
ナヤミ(山口)
山本初子(防府)
乾いて候(大牟田) 
九州ROCKERS
バービーボーイズ(嘘) 
ザ・ガーデナーズ
漢方先生
秋風リリー 
ポカムス 
DJ)ボギー
FOOD)マサラワーラー(東京)

出演バンドの詳細はこちらから!

http://bogggey.blog.jp/archives/72440493.html





ヨコチンレーベルが一年で最も熱くクレイジーに燃え上がる日!!!

俺たちが欲しいもの。 もっと人間の根源に訴える祭りを!! もっともっと生命をほとばしらせる歓喜の祭りを!!難しいことも、理屈もいらない。アホなくらい面白い音楽がある祭りヨコチンロックカーニバル!!!!



チンロックTT

 
2016kingInUk
KING BROTHERS(西宮)
ロックンロールのいちばんピュアな部分を保ち続けるってことは、どれほどの覚悟が必要なのか?その答えは常に彼らのライブにある。"衝動"を凌駕する"覚悟"のステージに身も心も震わせろ! 

kuritori
クリトリック・リス(大阪)
下ネタのナポレオンの異名でメディアとは真反対の場所で黒光りした奇才がまさかのメジャーデビュー、そして映画主演。それでも益々悲哀は増すばかりというメジャー音楽界の奇跡人!マジ最高。

conti
Conti(東京)
シタールとドラムによる印洋折衷のメタモルフォーゼ・デュオ。シタール入ってる音楽ってスピリチュアルなイメージあるけど、Contiはバキバキに変拍子の超プログレ!しかも異常なテンション。

doramiho
ドラ☆美保(東京)
ドラびでおのレーザーギターにストリッパー若林美保さんの妖艶な踊りが加わり、エロスとアートとパンクのコラボレーションで未知との遭遇体験ができる!最高に過激で美しいユニット。

sakai
酒井少年(東京)
下ネタ界の羽生結弦と呼ばれる。そのルックスもギターテクニックも音楽的才能のすべてを純度の高い下ネタ一点に絞り込んで放出するその清々しさに感動をありがとう。福岡初上陸!

19989558_1274723015986579_2007627590258744058_n
folk enough
良いときは最高!悪いときは最低!常にどちらかというリアルなステージにこだわり抜いてきた、転がり続けるロックンロールヒーロー。チンロックではどっちだ!?

nontroppo+上田健司
nontroppo+上田健司
ピカピカに続いてノンチェリーまでも脱退、このピンチを救うべく東京ノントロッポからBa上田健司を緊急招聘!!トロピカル・ダンスミュージックでタテヨコナナメにユラせトロかす。

okupo
オクムラユウスケ&Notsports
ずっと孤高の音楽家だったオクムラユウスケがバンドを始めたのは驚きだった、そしてそのきっかけは2年前のチンロックだ。バンドは益々強靭になって帰ってきた!えらいこっちゃ! 

VOTTONES
THE VOTTONES(田川)
現時点、国内で最もうるさくて最も暴れさせてくれて最も愛があるロックバンドがボットンズ。俺達が大好きなロックンロールがここにある!!今年のチンロックはボットンズが大トリだ!!!
 
佐伯市民 
佐伯市民(佐伯)
ライブハウスどころかアンプで大きな音を出せる場所すらない町で、溜まり溜まった叫びを放つ馬鹿ふたりによる怒りと悦び入り混じったピュアスピリッツ・ロックンロールバンド!

2d4e7dd6 
カシミールナポレオン(魔界)
魔界からきた悪魔という設定の奴って絶対的にいい奴が多いと思うけど、ここまで気の良い奴は人間界にもいないだろうし、俺が知るかぎり日本で最も笑わせてくれる悪魔。
ナヤミ(山口)
誰やねん!と思うかも。たぶん福岡で彼らのこと知ってるのごくわずかだろう。今年の3月、湯田で俺とオクムラユウスケは彼らと対バンし、死ぬほど笑かされた。感動すらした。即誘った。 

19756355_1265344600257754_2155707489126105435_n
山本初子(防府)
初子ちゃんのステージは人を惹きつける、しっかりと惹きつけたところで悪い足クセがそこらじゅう引っ掻き回すのだ。防府の狂女がついにチンロックを引っ掻き回す。

kawaite
乾いて候(大牟田)
ライブを重ねるたびにぐんぐん伸びる竹の子のようなふたり。この一年の成長は著しく、色気すら帯びてきた。ただただシンプルにかっこよさを追究する姿勢が眩しいロックンロール! 

kyushu
九州ROCKERS
キンブラ出るなら福岡のキンブラはシゲちゃんだ。世界でいちばん美しいといわれるすべすべつるつるのキンタマをチンロックでは惜しげもなくぶらぶらしてくれるだろう。音楽はレゲーとかダブです。

image
バービーボーイズ(嘘)
嘘コンタと嘘杏子によるバービーボーイズのコピー。限りなく本物に近付こうと努力はします。  

19748920_1269936253131922_7580641398750966473_n
漢方先生
昨年のチンロックではバンドで堂々の大トリを務めた漢方先生、今年はソロでディープ漢方ワールドを繰り広げてもらう。サブステージに酒の女神が舞い降りる!

19665582_1268077563317791_1359383976549840535_n
秋風リリー
昭和のエロスを感じる踊りと表情、わがままなボデーを惜しげもなく、時には金粉ダンサー、時にはショーダンサー!祭りをもっともっといかがわしく輝かせる踊りを魅せてあげて! 

DEidxynUwAAdlBD
ポカムス
ドヤ街からやってきたレザボアドッグスみたいなロックンロールバンド。福岡にはポカムスが居るということをもっと誇ってもええじゃないか!  

ガーデナーズ
ザ・ガーデナーズ
フィドルとギターによるアイリッシュミュージックを奏でる二人。とにかく酒が美味くなる!とにかく踊りだしたくなる!お祭りを楽しく彩る音楽を。

masala
マサラワーラー(東京)
南インドカレーを食わせるユニットとして全国で活躍の二人組、チンロックでは鹿島信二ソロバージョンでマサラワーラーの激ウマ南インドカレーを食わせてくれる!!これは必食!!!
 
BoGGGeY
DJ)ボギー
確かな信頼と実績を誇り続けて21年、ヨコチンレーベル代表。この日は司会にDJに自身のライブ、さらに打ち上げまでエネルギッシュに朝までギンギン盛り上がる気マンマンの43歳。


それではみなさん、祭り会場でお会いしましょう! 

公演チケットのご予約
ご予約は公演名、お名前、電話番号、枚数を明記の上こちらのEmailまでお願いします。
yokotin_b@hotmail.com     
※予約メールには必ず返信していますので、もし返信がない場合は届いてない、もしくはそちら側の迷惑メールフォルダーにはじかれてしまっている可能性があります。お手数ですが、もう一度送ってみてください。

10月1日。

「柳原陽一郎とボギーの二人会」旅は世知原から福岡へ。箱崎水族館喫茶室にて「ハイコレ143」だ。

もうここで柳原さんとやるのも3度目、リラックスムードが流れてる。リハ中、柳原さんの歌に合わせてくるくる回る今ちゃん。いい時間だなあ。
DLCxHvMUIAEDnsc
 
お客さんは満員御礼!
最初はボギーのライブ。なんとなく気持ち的にラブソングに絞って歌った(ねじくれたラブソングも含む)。あえて「カーニバル」や「うんこ」など盛り上げる曲はやらず。歌を歌うことに集中した。中盤で三曲だけ家族演奏もしたんだけど、歌いながら今ちゃんが寝た(笑)。
DLHji4pUIAEJLxN


続く柳原さんは超ノリノリビンビンで今夜は声枯らすまでいく宣言(笑)!!
DLDGesYUIAAwz0S
 
柳原さんのライブは新曲の「ゆめみのゆめたろう」や「生きなっせ」がとにかく感動した。笑かして泣かすステージ。MCで、人間がボケていくときって実は人生でいちばん盛り上がってる時間なんじゃないか?曲に例えるなら「ヘイジュード」の♪ラ〜ラ〜ラ〜ラララ〜ラ〜〜の部分みたいにエンドレスで盛り上がってる感じって話がめちゃ納得できるし面白かった。
22228076_1346581418800738_5180478927516571138_n
 
柳原さんは水族館喫茶室に来るたび「ピアノの状態がとても良い!」と感心する。そして実に気持ちよさそうに、自由自在に、ピアノを弾く。昨夜呑みながら「いつからピアノ始めたんですか?」って訊いたら「たま始めてからだよ、最初は3人ともギターだったから、ぼくが仕方なしに(笑)」という答えに驚いた。てっきり幼少時から習ってたものと思ってたから。
22089306_1346581445467402_8019658963801495492_n

 
アンコールはお互いの曲をセッション「ミュージシャンのうた」「夜のどん帳」「満月小唄」。ダブルアンコールで「さよなら人類〜バカになりましょう」。本編入れて3時間たっぷりの二人会!
DLDqAz6VwAAVdmY

ボギーの「ミュージシャンのうた」に柳原さんのピアノとコーラスが加わると、魔法のようにキラキラした曲に変化した。その瞬間、たまのメンバー4人が揃ってたときの魔法ってこーいうことなんだなと肌で感じた。柳原さんと一緒に「満月小唄」を演奏しながら、最後の♪マ〜マ〜マ〜のコーラスをしながら、鳥肌が立ちっぱなしだった。

福岡で5回、東京、広島、別府、熊本、世知原でそれぞれ1回、計10回も共演させてもらい、毎回「さよなら人類」を一緒に演奏しているのも、思えば信じられないことだ。ボギーの人生は中3の時にたまとの出会いで確実に変えさせられてる。
 

柳原さんありがとうございました!
DLDqYLQV4AAgWeM
 
終演後に後片付けしながら柳原さんが「お互い好きな歌を歌って旅できて幸せな生き方してるよなあ」とぽつり。ほんとに歌う幸せを感じる旅だった。

この日、会場で配った「ハイコレ通信」には旅について書いていた。

DLHtVh9U8AECfK-


打ち上げで新鮮な刺し盛りに大喜びしてる柳原さん!って感じの表情してくださいとリクエストすると即座にやってくれるサービス精神旺盛な柳原さん(笑)。

DLHo0jrV4AA_eje

またいつでも「福岡に行きたかばい」ってメールくださいね。
 

9月30日。

佐世保から車で30分ほどの世知原という山村にある築200年の古民家、お山の地球屋。この大自然に囲まれた最高のロケーションで柳原さんとボギーの二人会なのだ。

DK9ZPrDUEAA1pah
DK9ZnQ3U8AEopaT
DK9ZnQ1UMAEUij4

元々は佐世保の中心地で南国食堂地球屋として常連客から愛されるお店だった。
地球屋外観


店主けんたろうさんとななこちゃんが結婚し、娘の知世子ちゃんが生まれたのをきっかけにこの世知原へ移転しお山の地球屋として再オープンしたのだ。ここで普段は食堂として営業をしている。
22089727_1345550532237160_5779928128771157140_n

移転してから店内でライブをやるのは初めてだと言う。柳原さんがリハーサルを始めるともうその雰囲気だけで最高だった。ああ、もう今夜は良い夜になる成功は間違いない。
DK9uSaNV4AAcRc2

リハを終えるとけんたろうさんが生ビールと肴をサッと出してくれた。地球屋のおもてなしは相変わらず最高。
DK9vxVbU8AAy7h_
DK9vxVaVYAEptF4

囲炉裏で焼いた干物もウマイ!
DK9vxVVVYAAV5ez

お客さんがどんどん集まってきて、ライブスタート。
DK-2czpVwAAyArh

まるで親戚の集まりのような楽しく親密な空気感だなあ。田んぼから聞こえてくる虫やカエルの声もいいBGMだった。
21686822_1050120348424676_7074246761181964914_o

曲と曲の合間に家の外の闇の向こうから「しーん...」という音が本当に聴こえてくるのだ。この感じがたまらなく良くて歌いながら酔わせられた。

22195708_1345550408903839_5327484153834379507_n

続いて柳原さん、やっぱりまったく同じことを思いながら歌ったんだそう。
 DK-2cz6UIAANHi5

この日たまの曲は「たかえさん」だけで、あとはソロの曲中心の選曲。この雰囲気だからか、言葉がすごく沁み入ってくる。
 
22089094_1345550482237165_488277700539929544_n

最後にセッションで、ボギーの「ミュージシャンのうた」「バカになりましょう」。柳原さんの「さよなら人類」「満月小唄」を一緒に演奏させてもらった。

22104473_1050120458424665_8002068812200500539_o

ほんとに、穏やかで贅沢ないい時間が流れてた夜。

打ち上げは地球屋けんたろうさんの料理と、楽しい話で盛り上がり、そのまま地球屋に布団を敷いて柳原さんと並んで眠った。夜はすっかり寒くなって、空気がしんと冷えており、毛布に包まって眠る。

翌朝はけんたろうさんが薪と釜で焚いたごはんで作ってくれたおにぎり。さいこうにウマい。
21742976_1345550568903823_6961695984096902541_n
 
ああ、身体から毒素がぜんぶ抜けたような気分だ。

けんたろうさんは料理に畑仕事にと休む暇もないほど働いていた、ななこちゃんも子育てしながらイベントの準備を、ほんと大変だと思う。でもとっても素敵な生き方だ。スローライフに憧れる人はお山の地球屋にぜひ行って欲しい。ほんとうのスローライフはぜんぜんのんびりしてないもんだよ(笑)。
 
お山の地球屋、いつでもまた歌いに行きたい場所だなあ。けんたろうさん、ななこちゃん、知世子ちゃん、ホントお世話になりました!

22046735_1345550325570514_3592662662896843082_n

柳原さんと世知原から箱崎へバスで移動、さあ今日は柳原さんとボギーの二人会、福岡編だ!

9月26日。

ラウンジサウンズの岡村靖幸ナイト、いろんなバンドに岡村ちゃんの曲を自由にカバーしてもらうという企画、ほんと楽しみな夜だったし、お客さんもいっぱい来てくれて嬉しかった。おれは東京ツアーから続く連続6デイズでボロボロ状態のはずなんだけど、岡村ちゃんナイトだからだろうか?妙に気が漲っていた。
21766805_1342660962526117_5310086387722015733_n
 
一番目はコーチK。一曲目から「家庭教師」のド変態カバーで家庭教師っていうより痴漢教師って感じ(笑)サイコーすぎる!変態度が濃すぎて性犯罪の匂いすらした(笑)。このカバーから始まるところが如何にもラウンジサウンズ的で嬉しかったなあ。その他、「ペンション」も「バスケットボール」も「友人のふり」もコーチさんがカバーすると全部ド変態になる…すげえ。
22046458_1342660969192783_9092419991179579341_n
 
宇宙サービス、感情が爆発して号泣しながらあの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろうを絶唱!岡村靖幸ナイト、今夜はいろいろヤバイ!
DKpi7bbUMAA7n33

3番目カシミールナポレオンKの「イケナイコトカイ」。オケのかけ離れ具合と歌の合わなさ加減がイケナさすぎて腹痛てぇ(笑)。カシナポKの岡村ちゃん、よく見るとまゆ毛の形を岡村ちゃんに寄せてる、芸が細かい!
DKsihWCVoAItYru
 
一銭めしやは「ぶーしゃかloop」をカバー、福山くんの今の岡村ちゃんダンスを踊り倒したあと、突然TMネットワーク「ゲットワイルド」に繋がる面白いアレンジ!めちゃくちゃ盛り上がった!
21768074_1538758346180667_7520388837152262141_n

福山くんの岡村ちゃん大好きさ加減は身のこなしでわかる。さりげない仕草や表情に出てるもん。
21768042_1171678949600386_2609786192712540567_n

 
トリは奥村靖幸withSuperGialsは「どぉなっちゃってんだよ」「聖書」「家庭教師」「イケナイコトカイ」「だいすき」。アレンジ加えたカバーじゃなくて全力で完コピ。
22008292_1342661229192757_4882457494646750405_n

この衣装を着た瞬間からスイッチが入り、完全に憑依しちゃうんだよなあ。
21768133_1342661239192756_2961801206517193351_n

アンコールで出演者みんなステージ上げて「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」で大団円。ツアーで6連チャンライブだったけど、よく持ち堪えてくれたなぁmy喉。
21766734_1342660959192784_2991962760254462742_n


変態だらけの岡村靖幸ナイト、最高だったな。これは昔出てた岡村ちゃんのトリビュートアルバムに感じた(エロスと変態性と童貞性を意図的に排除したような)物足りなさを埋め合わせる夜だった。この企画はまた来年もやりたい!もっといろんな人の岡村ちゃんカバーが聴いてみたい。

レポ読んで「おもしろそ〜!」と思ったあなた、ラウンジサウンズのこういうトリビュート企画は毎回ほんと面白いことになるので、ぜひ遊びに来たほうがいいと思いますよー。 

このページのトップヘ