ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://yokotin.love 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://yokotin.love
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

ボギーのツアーレポ、6日目。 

11月13日、朝まで付き合ってくれたシンノスケと梅田駅で別れ、ひとり新世界へ向かう。この「新世界へ向かう」という言葉の響きはいかにもカッコイイが、おれが目指す場所はスパワールド世界の大温泉だ。簡単に説明すれば、やたら悪趣味なスーパー銭湯である。ギリシャ風呂、地中海風呂、スペイン風呂、などなど世界中の温泉(そんなもんが本当にあるかどうか知らんけど)に1000円で入り放題なのだ。 

eaoOi



スパワールド満喫!ダサい館内服着て仮眠室で昼過ぎまでごろごろする。2時くらいに新世界の大衆酒場「酒の穴」にて一杯ひっかける。もう一週間もツアー回ってさすがにくたくたに疲れてた。疲れた身体に酒の穴の八宝菜200円は沁みる味なんだよな〜。 

0rXRd



ひとり大衆酒場で呑んでたら、奥さんから子供達の写真付きメールが送られて来た。 

Ie7ac



ああ、こりゃあ今のタイミングで見ちゃうとちょっと泣けてくるよな〜。早く家に帰って子供たちにチュッチュッしてえ。 


今夜は、大阪の港から出発する阪九フェリーに乗り、船内ライブしながら福岡へと戻ることになっている。初めての経験だ。新世界を後にし、地下鉄に乗って難波にでる。広大な駅地下で道に迷いつつ、港まで乗せてくれるシャトルバス乗り場を探す。 

ここでまたちょっとしたミラクルが発生。 

この広い広い大阪の、難波の、駅ビルの、上りエスカレーターと下りエスカレーターで、ボギーとゴトウイズミが偶然すれ違うという奇跡が起きた(笑)。こんな韓国ドラマにありそうなシチュエーション、笑えるよね。そういう小さなミラクルが日常茶飯事に起きるのがボギーという男だ(笑)。 



シャトルバスで港に向かう間、ずっとすてきな夕焼け空を眺めてた。もうすぐこのツアーも終わる。 

dbxYF




あとは今夜、フェリーの中で優雅にクルージングライブをするだけ。 
この船内ライブは阪九フェリーがやってるサービスで、毎日1便に1組、弾き語りミュージシャンが船内ライブをするのだ。で、歌ったミュージシャンは船代がタダ、しかも個室まで用意してくれて、さらに2000円分のレストラン食事券までくれるという、ツアーミュージシャンには神のようなサービス。 

おお!阪九フェリー、ちゃんとボギーのライブのポスターが貼ってあるじゃないか! 


qy4Uj



乗船客が次々とフェリーに乗り、いよいよ出航!船内アナウンスで「まもなく中央ロビーにてボギーミニライブがあります」の放送が流れ、おれはギターを持って中央ロビーに行く。お客さんはお年寄りが10人ほどだった...。 

あれ?こんな感じ? 


実は船内ライブには「大きすぎる音、激しすぎる演奏はNG」とか「著作権にひっかかる曲やカバー曲はNG」といういくつかの規則があって、ボギーの場合その条件を守ると「カーニバル」も「ERIMO岬」も「暇人」も「プラカラーオーバードーズ」も「うんこ」もNGってことになる(笑)。 


ボギーの曲の中でもなるべく当たり障りない曲だけでなんとか30分ライブしたんだけど、おじいちゃんおばあちゃん10数名ほどが孫の歌を聞くような温かい目線で聴いてくれた(笑)。 


結論から言うと、ボギー初のフェリー船内ライブ。 



スベりました.....。 





UwDo5




自分のライブがまったく出来なかったのが不甲斐なかった。いや、実際はお客さんたち笑ってくれてたし、拍手してくれたし、CDも2枚売れたりしたからとてもありがたかったんだけど、それで上出来だと自分を慰めたくはなかった。 


次はもっとちゃんと自分のライブやりたいから、ぜったいリベンジするぜ!っと誓いを立て、2000円の食事券でひとりツアーの打ち上げをやった。 


DSC03489





あとは消灯して、部屋のベッドで朝まで眠れば門司港に到着。ベッドで寝てる間に移動できるからバスより遥かに快適だな〜。 


というわけで、長い長い1週間のツアーが終わった。 


正確にはこの日は福岡に戻ったその足でVooDooLounge「ビートルズナイトNOW!」の企画&出演だったからまだまだツアーの終わりではないんだけど、「ビートルズナイトNOW!」のレポはすでに描いちゃってるんで、ここ読んでね↓ 
http://bogggey.blog.jp/archives/1102820.html 


下北沢スリー→東中野呑み会→青山月見ル→京都アバンギルド→大阪ムジカジャポニカ→阪九フェリー→ビートルズナイトと、めまぐるしくも楽しい日々だったな〜。 



ツアーレポ、最後まで読んでくれてありがとう。 
ボギーの日常、ほぼロードムービーだね(笑)。 

ボギーのツアーレポ、5日目。 

11月12日、京都マドナシ宅にて目覚める。家主であるマドナシくん&ひーちゃんはすでにお仕事に出かけていた。身支度をして、今日は大阪へ向かう。 

大阪でライブやる日はここのとこ大体流れが決まってきた。昼にあみ蔵さんと会ってランチ(っていうか呑み屋で飲酒)して、そのあとライブ会場行って軽くリハして、今度はアンドヤングの加納さんと呑みに行く、というパターン(笑)。なので、大阪ではいつも昼から延々と呑みっぱなし状態になってしまう。 


天満橋にてあみ蔵さんと合流、たまたま通りかかってピンときた大衆酒場「天満酒造」で昼から熱燗で乾杯!(あみ蔵さんは仕事の合間に呑んでるので顔出し自粛(笑)。) 

gSbyt



そして刺身、串カツ、おでん、などなど注文。全部安い!美味い!最高〜! 

ob3mN




いわゆる大衆酒場だ、昼からオッサン達が呑んでる。こーいう店が大阪にはいっぱいあって、安くて美味い店は多いんだけど、あの辺で「天満酒造」は大正解だという話をあとで酒好きから聞いた。やはりボギーは旅のとき嗅覚が冴えてる。 


熱燗、ビール、芋お湯割り2杯でいい感じのホロ酔いとなり、ここであみ蔵さんはお仕事へ、ボギーは会場へと別れる。あみ蔵さんはお仕事終わったらライブ観に来てくれるのだ。しかもここの酒代を「今ちゃんの誕生祝い!」って奢ってくれた。ありがたや。 


今夜の会場、ムジカジャポニカへ行くとイズミちゃんすでにリハ中。「あ、ボギーくん、ちょっとこのアコーディオンもってここ立ってみて〜!」と、ボギーをダミーに自分の照明の当たり具合から立ち位置まで入念なるリハ。女優やな。いつも以上に気合い入ってる気がする。続いてボギーがリハをさくっと10分足らずで終えると、加納さんから電話「いまからそっちいくで〜」(笑)。 

で加納さんふらり現れて「ほないこか〜」とたこ焼き屋で一杯。 

AMIDu


ソースじゃなくて、わさびとマヨネーズだけで食べるたこ焼きが予想以上に美味くてビールに合う〜!!! 


開場時間を過ぎたのでムジカに戻ると、お客さんがすでにいっぱいで嬉しくなった。N'夙川ボーイズ(元・unco)のシンノスケや佐伯誠之助さん、middle9のボリオちゃん&モットン、ボガルタのNANIくん、四万十川友美、ハニー&ダーリンズの西岡くん、ニコラスのたるたにさん、コピくん、などなど友達のバンドマンが映画に興味を持ってたくさん観に来てくれるのはとても嬉しいのだ。 


ムジカはとても雰囲気が良い、広さもホームパーティー感があって良い、スタッフも気さくで良い。そしてここのカレーが感動的に美味い!! 

DSC03479




イベントスタート、まずはボギーの『博多ゾンビ』『7人のゾンビ』の上映。 

そしてゴトウイズミちゃんのステージ。やはり、リハのときに感じた気迫はホンモノだった。今まで観たイズミちゃんのステージの中で一番グッときた。表情から指先の動きまで完璧に神経が行き届いてて、ピーーーーーンと集中してる。 


いよいよ映画『地下音楽現場物語』の上映。笑いの文化圏、大阪ではどんな反応だろうか?そこは気になる。お笑い映画じゃないんだけどね(笑)。福岡や東京で上映したときほどの爆発的な笑いは起きないのは大阪っぽい、大阪のお客さん笑わすのが難しいの昔からよく知ってるので、おれは秘かに息を呑んで反応を見守っていた。お客さんはとても真剣に観てくれてる印象だった。笑いが起こるポイントもやはり違う。いや、ボギーが踊ってるシーンだけはどこでも大笑いされちゃうんだけど...(笑)。 


下ネタにしか感動しないと思っていた佐伯誠之助さんが「良い映画ですね、まじで感動しました」って言ってくれたのがすごい意外で嬉しかった(笑)。 

シンノスケはきっと福岡の仲間たちのことや昔のことを思い出してサングラスの奥は涙でいっぱいだったに違いない。 


で、そのままムジカで打ち上げ〜〜〜!!!! 

DSC03481 のコピー



赤ワインをデキャンタで呑みまくり、大阪公演は大成功してホッとしたのもあるんだろう。嬉しくて、酔いどれた。 


これにて、年内の映画上映イベントはすべて終了。 
来年もボギー&イズミちゃんでいろんなとこ行くよ。再上映もできたら良いな。 

いまのとこ決まってる上映ツアーは。 

1/29(水)佐賀・RAG-G 
1/30(金)福岡・gigi 
2/1(土)〜7(金)広島・横川シネマ 
2/27(木)神戸・元町space eauuu 
2/28(金)三重・トーマス家 
2/29(土)名古屋・大須サイノメ 


ですよ。お近くの方は大チェック! 

<映画予告編>http://www.youtube.com/watch?v=7tbYmqjLNuE


DSC03484 のコピー





打ち上げのあと、大阪ではいつも宿無しのボギーにシンノスケが付き合ってくれた。シンノスケは昔からいい奴でよく呑んでたんだけど、福岡から大阪に行っちゃった時はほんと淋しかったんだよなあ。でも今はバンドでがんばってて、人気者になってて、でも相変わらず真面目でいい奴。 

大衆酒場→ネカフェ→タリーズコーヒー。オールナイトで久しぶりにいろんな話をしたよ。 


早朝のタリーズコーヒーにて。 


QKfgB




さて、今日は大阪から門司港までの帰るフェリーの中でライブだ! 


ツアーレポ、まだ続きます。

ツアーレポ、4日目。 

11月11日、新宿から京都行の夜行バスに乗った直後に激しく降り出した雨だったが、京都に着いたころには雨はやんでいた。しかしつい先ほどまで降ってた様子で、地面が濡れてる。空がどんどん晴れ出した。今年の自分の晴れ男ぶりは神の領域に来てる気がする。 

9caL2



しかし、寒い!いっきに冬の寒気が流れて来たようだ。朝の7時、あまり気は進まないけど、この時間はどこも開いてないので24時間営業チェーン店の定食屋で塩さば定食を食べる。そして、1000円で昼15時までゆっくりできるサウナで風呂に入って、仮眠室で睡眠。 


16時に京都アバンギルドへ向かう。今夜はここでゴトウイズミちゃんと映画『地下音楽現場物語』上映ツアー関西編の初日なのだ。京都は先月ボロフェスタでアクシデントアクトとして出演し、大勢の前でパフォーマンスをしたばかりなので、その流れである程度お客さんが来てくれることを期待していたのだが、どーいうわけか予約がぜんぜん入って来なかった。明日の大阪のほうは順調に予約来てるんだけど、京都まるっきし予約無し。確かに今日はポールマッカートニーの関西公演もあるし、京都メトロの名物企画「感染ライブ」ともかぶってるけど。それにしても....。 

情けない気分に支配されそうになる自分を奮い立たせた。 



アバンギルドにはアートの匂いが漂っている。照明の暗さ加減も、椅子もテーブルも壁も床も、すべてにこだわりを感じられる。が、息苦しさはまったく無く、むしろ最高に居心地が良い。 

DSC03463


お酒も料理もここは素晴らしいのだ。 



開場、お客さんチラ...ホラ...と来てくれる。 
mama!milkのこうすけさんがイズミちゃんに白いバラ、ボギーに赤いバラを一輪ずつ持って遊びに来てくれたのがとても嬉しくて、奮い立てた。 


イベントスタート、最初はゴトウイズミちゃんとババールちゃんによるダンスと小芝居。これ、リハのとき思い付きでやることになって、軽く打ち合わせただけの即興に近いものなのに、まるで以前からふたりでやっていたかのような息ピッタリのコラボ。 

この日、初めて会ったなんて嘘みたい。 

DSC03448

しかもこのウサギとカエルのかぶりもの、実はそれぞれ衣装として持って来てたもので、それがたまたま鳥獣戯画になってしまったというミラクル(笑)。 


小芝居の後はイズミちゃんのライブ、やはり「かっこわるいやりかたでエールをおくろう」は何度聴いても良い曲だなあと思う。最近、ずっと頭の中で鳴っている。 

次はババールさんのファイヤーパフォーマンス。 
カエルのお面とマントを脱いだら、エロいナースの衣装でお客さんを診察しながらセクシーに踊って、そしてファイヤーダンス!なんじゃこりゃあ、めちゃ面白い!またひとつ良い出会い。 

DSC03457


続いて、キツネの嫁入り。今日はドラム無しの3人バージョン。音のつぶがくっきりしてて、素晴らしい演奏だった。新曲も良い!新譜リリース直後でノッてるのがわかる。 


そして映画『地下音楽現場物語』の上映。10数名のお客さんが真剣に観てくれてる後ろ姿をみてた。やはり街によって反応するポイントが微妙に違うのが面白い。 
おれはこれで6回目の観賞、観るたびにいろんなことを感じさせてくれる。何気ない日常の子供との風景みてたら、ツアー4日目にしてちょっぴりホームシックな気分になるほどキュンと切なくなってしまった。 

ああ、子供たちとのこんな日々ってあと何年続くのかな? 

DSC03464




上映の後、イズミちゃんとボギーの舞台挨拶。 

そしてそのままボギーのライブへ、アバンギルドは弾き語りめちゃくちゃ歌いやすい!空気の振動が音を出した瞬間に伝わるようなピーンとした感じ。集中力の高いライブできたように思う。 

zULLY




終演後、出演者やお客さんと話したり、映画の感想聞いたりしながら呑む。良い映画だと言ってくれるのは素直にうれしい。作ったイズミちゃんはもっと嬉しそう。 


京都、この映画を観て欲しい友達がいっぱいいる街なんだけどな。 
また機会があればいつか再上映やりたい、と思った。 

DSC03477






イベント後に会場で軽い打ち上げのあと、イズミちゃんはホテルに、ボギーはキツネの嫁入りマドナシ&ひーちゃん宅へ帰った。まだ呑み足りないなーなんて言ってコンビニで酒買って行くも、マドナシ&ひーちゃん宅は広くて照明が暗めで温かくて、居心地が良すぎていつもアッという間に眠たくなってしまう。人を眠くさせるような、そういう妖怪が住んでるのかもしれないな(笑)。うん、きっとそうだ。 

マドナシくん&ひーちゃん、いつも泊めてくれてありがと! 


感謝。 


明日は、大阪で上映イベントだ。 

ボギーのツアーレポ3日目。 

11月10日。 
「イテッ!」地震の揺れで天井から何かが頭にゴツッと落ちてきて目が覚める。数秒なのか数十秒なのか、しばらく大きめの揺れは続いたが、頭に落ちて来たものはsakanaの西脇さんが描いた絵を入れた額縁だけで、ほかは何も落ちてなかったようだ。 

ここはクリの部屋、コタツにはミクちゃんとあっちゃんとホリくんが雑魚寝してて、俺と村上さかなは布団で寝てた。みんな前日の東中野呑み会で黒真珠(泡盛45度)を呑んでブッ潰れた仲間たち(笑)。 

昼頃にのそのそとみんな起きて、うだうだとしゃべって、腹減ったね...とラーメン屋行って、そして「じゃ!また今夜ね〜!」と言ってみんなと別れた。そう、今夜は青山・月見ル君想フで東京ノントロッポのライブなのだ。みんな観に来てくれるらしい。 



ひどい二日酔いで重い足をひきずり月見ルへ到着。もう月見ルのスタッフさんたちボギー見たら「おかえり〜!」くらいの雰囲気でアットホームに迎えてくれる、それもそのはず、今年だけでなんと8回目の月見ル出演なのだ(笑)。 


リハを終えるや否や恒例の東京ノントロッポ前打ち上げ〜(藤井くんは銭湯行ったらしい)。 

lsj5N


迎え酒で元気になって月見ルに戻ると、激しいスラップベース弾きながら叫びまくる女性ボーカルの385が始まった。かっこいいし、面白い。その超絶ハードパンクのあとに登場したのが、崖の上のポニョの歌でお馴染みの藤岡藤巻さん。ジブリっぽい歌を想像してたらめっちゃ裏切られた!めちゃくちゃ面白いライブ!あの面白さはとても言葉では説明できんなあ。若者にはぜったい出せない味わいとセンス。ちなみに、会場は爆笑につぐ爆笑で、盛大なアンコールまで巻き起こった(でもアンコールにはまったく応えず(笑)それも面白かったけど)。 

DSC03394




3番目にベベチオ。どっかで聞いたことあるな〜と思ったら、そうだ、3〜4年前にボロフェスタの地下ステージで共演してるやん。思い出した。 


DJはビーチズのヒサシくんで終始アゲっぱなしのナイス選曲。 
今夜の月見ルのブッキング、流れが凄いな。ラウンジサウンズみたいで落ち着く〜(笑)。 


DSC03399


そしてトリは東京ノントロッポ。50分くらい演奏したかな。めちゃたのしかった、どえらい盛り上がり。みんない〜い顔して踊り狂ってたな〜サイコー! 
今年は東京ノントロッポを結成して、2月に初練習して、そして6月にデビューライブして、4回のステージを経験した。こんな良いペースでスタートできたのも、バランスとれたメンバーのおかげだなあって思う。 

DSC03403



<セットリスト> 
1、東京Fuck'in Girl on the Table 
2、東京ゲーマー 
3、東京セックスマンボ 
4、東京ビール 
5、東京Smile 
6、東京ナイト・オブ・トロピカリア 
〜アンコール〜 
7、東京赤い彗星 



レピッシュのマグミさんをはじめ、爆弾ジョニーやカシナポK、The LOVE勝男さん、URBANフェチの梅子ちゃん、三畳人間スギハラくん、ケイタイモさん、などなど今回もたくさん観に来てくれて嬉しかった。 

写真は、マグミさん、セガールさん、ボギー、ウエケンさんの濃い4ショット(笑)。 

DSC03444 のコピー




実はライブのあとボギーはすぐに夜行バスで京都へ行かねばならないというスケジュールで、マグミさんに「ボギーはよ呑み行くぜ!」と誘われて、打ち上げ行きたい後ろ髪をぐいぐい引かれつつ月見ルをあとにする。 

京都行きのバス乗り場へ向かう途中、駅の改札でおととい共演したYDO(ちくわテイスティング協会)とすれ違う。YDOは京都ツアーからたったいま帰って来たところ。ボギーはたった今から京都ツアーに行くところ。こんな偶然なるすれ違いってある(笑)?ほんとミラクルおきやすい体質なんだなとつくづく思う。(写真は改札ですれ違った瞬間をYDOが激写したもの) 

jpg-large




そしてギリギリ間に合った夜行バスにライドオン! 

実はこの日、東京は激しい雨と予報されてたが、ずっと晴れていた。京都行のバスに乗ったタイミングでドバーッと降り出した。 

おれは晴れ男体質でもあるのだ。

ボギーのツアーレポ2日目。 

10月9日、この日はオフである。ゆっくり昼まで寝た。昨夜のオールナイトライブで折ってしまったギターのペグを今日は修理に行かなければならない。明日も東京ノントロッポのライブで弾くし、何よりこのギターはシンちゃんから借りたギターだ。ストラップが外れて床に落ちたのは不可抗力だったとしてもシンちゃんには申し訳ないことしたなと反省。シンちゃんは「あ、いいっすよ」って笑って許してくれたけど。 

 
uElCs


クリと新宿の楽器屋さんをしらみつぶしに回るが、その場でペグを直してくれる店が無い。そもそもペグのパーツ売りの在庫がどこにもない。やっと見つけた楽器屋さんのリペアマンが親切に新しいペグを付けてくれ、ホッとした。 


夕方、東中野に戻り18時から「東中野呑み会」を開始!そう、1年に1回くらいボギーが開催するこの呑み会は、つまりオフの日にツイッターとかで「今夜ヒマな人、東中野で呑まない?」って呼びかけて集まった人とわいわい呑むというだけの宴会なのだが、なぜか毎回めっちゃ盛り上がる(笑)。 

最初はクリとサカイさんとボギーの3人でホルモン食堂にてぼちぼちスタート。まもなくA×S×Eさん(NATSUMEN)がやってきた。続いてコバックス(プチミット)。もうここらは15年近くの付き合いとなるが、こうやってただ呑むだけの集まりに顔出してくれて嬉しい。 

JbWOZ




しっぽり呑んでたら、村上さかなくんがきた。彼はここ1年くらいのボギーの東京ライブを全部観にきてくれてるお客さんだ、きっとすごく変態なのだろう(笑)。さらに、ボギー音楽学校の卒業生ホリくんも合流したとこで、そろそろクリのとこで家呑みやることにする。 

A×S×Eさんとコバックスはここで離脱。 
ボギー、クリ、さかな、ほりの4人で移動中、セガールさんと合流!セガールさんは数ヶ月前に福岡で杉本恭一さんと呑んだときに酒の席で知り合った方で、とにかくお金持ち。東京ノントロッポのライブにドンペリを差し入れしてくれたのもセガールさんだ。 


セガールさんが「少ししか参加できないけど、もう一軒どっか行かない?俺が奢るからさ!」と言うので目の前の沖縄料理屋にイン!そこに原田茶飯事と、ロンドンボーイズのあっちゃんが合流!いっきに賑やかしくなった。 

DSC03324


あっちゃんは数ヶ月前まで福岡に住んでてラウンジサウンズにもよく出てたバンドマン。筑豊弁まるだしのにくめないやつだ。実家の仕事を継ぐためにいまは埼玉に住んでいる。 


セガールさんは豪快に「何でも食え!」と沖縄料理をバシバシ注文してくれる。ゴーヤチャンプルーが1400円もするお店、高けえ!でもめっちゃ美味い。こんな美味いゴーヤチャンプルー初めて食べた。海ぶどうも美味い!なんか知らん魚の唐揚げも美味い!何でも美味い!!でもやっぱりスクガラスだけはどーにも苦手だあ。 

スクガラスを持って嬉しそうな顔の原田茶飯事。 

DSC03329


さらにキムウリョンも合流!わははは!つい先日もこの3人でへべれけに飲み明かしたばかりだぜ。桃園の宴ふたたび! 

BYpILIoCUAAYdZ1



そして新宿にライブ観に行ってたミクちゃんも戻って来て合流!気が付けば総勢9人で大宴会になってるではないか(笑)!セガールさん、ほんとに全部奢るってくれるの?? 

DSC03330 のコピー

 
テーブルには次々と料理がくる、高級泡盛「黒真珠」のボトルが2本。これアルコール度数45度(笑)。 

店のおばちゃんが「もう閉店しますよー」と言いに来るまで宴会は盛り上がり続けた。みんなが騒いでるあいだにスッと会計を済ましてくれたセガールさん。かっこいい〜! 
「お金なんてさ、稼ぐよりも使うほうが難しいんだよ」という名言を残したが、セガールさん以外の全員が貧乏人だったので誰もピンと来なかった(笑)。 


ここからクリの家に移動して3次会は部屋呑み!開始からすでに7時間は呑んでるボギーはもはやべろんべろん。 

DSC03346


結局セガールさん部屋呑みまでイケイケで付き合ってるし(笑)。 

DSC03339


あっちゃん温泉に浸かったジジイみたいな極楽顔してるし。 

DSC03334



ミクちゃん梅酒の梅をぺろぺろぺろぺろ。なんかエロいわ! 

DSC03336 のコピー



家主のクリ&シンちゃんはこーんな知らない人ばっか家に来ても快く迎えてくれた上に仲良くなってわいわいやってくれるキング・オブ・気さく夫婦!! 

DSC03359




この宴が何時まで続いたかは知らない。 




ひとり、またひとりと酔いつぶれていき(最初に潰れたのはボギー)そのまま雑魚寝。ボギーの知り合いっていう共通点しか無い人達が、終わる頃にはみーんな友達になってるのだ。東中野呑み会はいつもこーなるから異常に楽しい。 


また来年もやりたいな。次はキミも来てみないかい?

このページのトップヘ