ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://yokotin.love 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://yokotin.love
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

ボギーのライブレポ、徐々に追いついて来てます(笑)。 


11月8日、この日から東京2デイズ→京都→大阪→フェリー船上ライブ→福岡という6日連続ライブツアーが始まる。これだけハードな日程を消化しなければいけないのに、実はツアー数日前に風邪ひいちゃって、声がぜんぜん出なくなっていた。風邪は治ったものの、声はまだ枯れたままでのロングツアー...、大きな不安をひきずりながらの出発だった。 


今回のツアーでボギーはひとつ大チョンボをしていた。それはうっかり飛行機のチケットをダブって取ってしまったこと。1枚無駄になるので誰かチケット買わないかなと呼びかけたところ、DONK!のミクちゃんが「行きたい!」って名乗り出てくれて、一緒に行く事になったのだ。 

空港でミクちゃんと待ち合わせ。ジェットスターの搭乗手続き窓口で大問題が発覚!航空チケットの譲渡は認められず、本人名義でなければお乗せできません、とミクちゃんが乗ることを断固拒否られたのだ。ダブったチケットは無効、新たに2万いくらの正規料金を支払いなおかつ次の便に乗れとのこと....融通きかな過ぎ〜〜〜!!! 

CAさんをなんとか説得してダブったチケットの料金だけは返金してもらうことになり、そのお金を足しにミクちゃんは正規料金で新たにチケット購入し、次の便で追いかけることに...。俺のせいでなんかゴメンよ〜〜! 


そんなこんなでいろいろありつつ、成田に到着。成田から東京までのシャトルバスが大渋滞でまったく進まない!なんじゃ今日は!?ツイてない。メシ食うヒマもなく20時から下北沢のスタジオでの東京ノントロッポ練習にすべり込みセーフ。 


この時点ですでに疲労感あり。しかし今夜はオールナイトイベントである、まだまだ先は長い。 


練習後、メンバーと前打ち上げに行く。「とりとんくん」という薫製が自慢の焼き鳥屋で、しめさばの薫製、うずらの薫製、チーズの薫製、ポテサラの薫製、なんでも薫製!!!美味い!安い!店員さん感じ良い!!ここ最高!!!! 

dKNcm

一気にテンション上がって来たぞ!やはり美味い酒と肴のパワーは偉大なのだ。疲れたときに栄養ドリンクとか飲んだらいかにも「俺疲れてます」って気分になるやろ?だから俺は栄養ドリンクは滅多に飲まない。酒がいちばん(笑)! 


で、元気いっぱい会場の下北沢スリーへ。深夜のお祭り企画だ、対バン全部濃い。DJがひょっとこお面で踊ってる。ミクちゃんとも合流。 


そして今日は、わざわざ福岡からボギーの両親が旅行もかねて東京ノントロッポを観に来てるのだ。還暦を越えた夫婦が旅行先に選ばないよね?下北沢のライブハウスのオールナイトライブは(笑)。 

ボギー両親&東京ノントロッポ。 

DSC03314 のコピー




イベントの1番目は真黒毛ぼっくす。いつもと違うメンバー構成だけどテンポ感がアップしてて勢いあり。深夜の「歓びのダンス」はマジで多幸感いっぱい。 


続いて、東京ノントロッポの出番。月見ルでしかまだ演ったことなかったので、ハコの鳴りを掴めない上にリハも無しでせーのドン!だったけど、演奏は集中してたと思う。 

DSC03283


<セットリスト> 
1、東京Fuck'in Girl on the Table 
2、東京Smile 
3、東京ビール 
4、東京セックスマンボ 
5、東京ナイト・オブ・トロピカリア 


新曲「ビール」を初披露、この曲やはり演ってて楽しいな。 
ライブ中にスリーのターシーから白ワインのボトルが振る舞われて、みんなで乾杯!ありがとうターシー、相変わらず良いやつだぜ! 


続いて登場したのは福島の ブルー・スリーというブルースリーの格好してヌンチャク振り回しながらライブやるロックンロールバンド。かなり長い活動歴があるらしく、年期と気合いが入ったパフォーマンスと、過剰なサービス精神が大いに共感を抱かせる。今夜はやりすぎなバンドが勢揃いで楽しいなあ(笑)。 


楽しいんだが、時間はもう4時近く、さすがに眠みぃ。楽屋に入ると真黒毛の大槻さんが真っ先に酔いつぶれて寝ていた。やっぱこの人、トムウェイツやと思う。 

DSC03318



最後はYDO率いるちくわテイスティング協会。やっと観れた。YDOくんの弾き語りは何度か聴いているが、ヤスエ・デンジャラス・オジサンの略でYDOというようなデンジャラスぶりは微塵も感じなかった。しかし今夜、ちくわテイスティング協会でアジテートするYDOのフロントマンぶりにはデンジャラスさがあった!原始的でかっこいいバンドだ。 

DSC03319


今夜は強烈に祝祭感のある4バンドが集まったオールナイトイベントで、濃かったなあ。終わってフロントマンだけで写真撮ったが、やはり濃い(笑)。世代も20代、30代、40代、50代と見事にバラけてるし。 

DSC03321 のコピー




始発電車に乗って朦朧としながら東中野のクリの家に帰宅。もう朝。 
やっとツアー初日、終了....だ。 

北島三郎博多座公演の役者として出演されてる神保さんにご招待されて、博多座の楽屋にはじめて潜入!!わお!!!あの笑いあり涙ありの豪華絢爛ショーの裏側を垣間見れたのはほんとうに貴重な経験だった。ヤクザもののメイクをほどこしたコワモテ役者さん達がずらりといるメイク部屋やカツラ部屋、ドキドキした。

DSC03708
1476486_421548777970678_949704196_n


この写真撮った数分後、ほ、ほ、本物のサブちゃんが目の前にーっ!!!大ヤバーイ!!! 

ボギーが一瞬でもサブちゃんに会えるように、サブちゃんが出番前に廊下を通る時間帯を計算して招待してくれた神保さん、心から感謝感謝。

さて、毎年恒例のヨコチンレーベル北島三郎団体観戦、いよいよ明日土曜です。今年は28名で行くのですが、ななこちゃんが急に行けなくなっちゃって代わりにいける人を探しております(チケット無駄にするのもったいないもんね)。

行きたいと思ってる方、その気持ちに正直に。今がチャンスだ!


北島三郎博多座公演のヨコチンツアー。 
11/30(土)夜の部17:00〜(集合16:00)
チケット4000円。
http://www.hakataza.co.jp/kouen/index_h2511.html 


<去年のサブちゃんツアーのレポ>
http://blogs.yahoo.co.jp/bogey4649/29907307.html 

さあ、今年はどうなる??? 
これだけはハッキリと言えます。 

絶対にサブちゃんは期待を裏切らない!!!!!!! 
ヘイヘイホーーー!!!

ボギー(Vo,Gt)、(Dr)、坂上ヨシキ(コントラバス)によるトリオは、名義を「BoGGGeY no EleGant Joke」から「ボギーのアルコールメモリーズ」に名前を変えつつ、実験的に1年やってみた。 

1478974_622689154455731_2102991185_n
 
 

このバンドには過剰な爆音も、激しいパフォーマンスも、凝ったアレンジも、な〜んもいらない。音で会話するように音楽をただ奏でる、呼吸するように歌を吸ったり吐いたりする。いま一番シンプルにやりたこと。実はこれ。 

10月にスペーステラでやったライブで何か掴んで、11月にUTEROでやったライブで確実に掴んだ。 

で、このタイミングでメンバーがもうひとり加わった。 
ずっと一緒に音出してみたかった鍵盤走者のhiguchi aya。 

B&AM

 
ayaちゃんヤバイ!何も説明しなくてもボギーの頭の中で鳴ってる音楽を最速で理解してくれるし、それ以上の答えを出してくれる。昨日、ヨシノスタジオで初めての音合わせしたんだけど。もうね、音出した瞬間にすっごいフィーリングを感じて、静かに興奮した。いや、ほんとはめちゃくちゃ興奮してたんだけど、静かにふつふつと興奮と歓びを噛み締めてた。 


「nontroppo」 

「東京ノントロッポ」 

「ボギーのアルコールメモリーズ」 


いまやってるのはこの3バンド。これは何気に充実期に突入してきてるのでは。来年がんばろう。いや、がんばらない。身を任せよう。 


音楽には相変わらずわくわくさせられるなあ。 

※「ラウンジサウンズ」もスタートから約8年半。
毎週毎週このパーティーを続けて来れるのも登場する色とりどりの個性豊かなバンド達、
そしてお酒片手に音楽を楽しむナイスなお客さん達のおかげです。
日頃の感謝を込めて、豪華なメンツによるスペシャル・フェスを開催!!!
ラウンジサウンズフェスティバルの詳細発表です!

今年は完全に地元バンドオンリーの祭りにしました!!
ぜひ遊びにきてくださいネ!

LSF2013



12/23(祝)『ラウンジサウンズフェスティバル2013』@福岡VooDooLounge 
13:30開場 14:00開演 23:30終演
2000円+1ドリンクオーダー

出演)
THE VOTTONES
漢方先生
nontroppo
鮫肌尻子とダイナマイト
Johannes of BARCELONA
チャーリービーンズ
宇宙サービス
サザンアミーゴス
BLUESVILLE
ノスタルジア
CHAINSAW TV
フアリナ
THE WAGON
テル(BingoLove)
freedom set
ポカムス
白痴
ボギー

ベリーダンス)moon at noon

似顔絵屋)モンド画伯

司会&DJ)ボギー

10月28日、月見ル君想フで『地下音楽現場物語』の上映イベント。「月見ルでやりたい」ってのはイズミちゃんたっての希望だったので、月見ル紹介できて嬉しい。 

イズミちゃんはリハーサルを入念にやる。立ち位置から照明のあたり具合まで気にする、まるで女優だ。いや、実際ステージ上のイズミちゃんは女優のようなのだ。 

入念なイズミちゃんのリハのあと、ボギーはささっとリハを済ます。10分かからない。この辺の性格は対極だなあと思う(笑)。 

基本的にツアー先でリハを終えたら近所の呑み屋に一杯ひっかけにいく。月見ルだとすぐ向かいにある焼き鳥屋だ。ここは何でも美味い。原田茶飯事とキムウリョンを誘い、3人で本番直前の乾杯!今夜は桃園の誓いなのだ(何度目かの)!!! 

DSC03038 のコピー




良い気分で会場に戻る。お客さんは順調に入ってくれてる。 

最初は原田茶飯事のステージ。茶飯事とは出会って何年だろう?彼がクリームチーズオブサンってバンドを率いて大阪でブイブイいわしてた頃に知り合って、それ以来毎年かならず何度か対バンしている。福岡で、東京で、日田で、佐世保で、いろんな夜を共に過ごした。最高の夜もあったし、きっつい夜もあった。お互いにライブがんがんやって、それで生きてる。同じ匂いのする仲間、という意識があるかもしれない。 

相変わらずスウィートでロマンティックでちょっぴり毒のある歌。でも東京に出てきてからの茶飯事のライブはどんどん研ぎ澄まされている。 

この日は、めちゃくちゃ最高のテンションと心意気で1番手を飾ってくれた。 
俺が女ならきっとこの夜抱かれてるはず。 

DSC03041




続いてキムウリョン。ウリョンとはさらに付き合いは長い。彼がカットマンブーチェってバンドで大阪でブイブイいわしてた頃に知り合って、それ以来毎年必ず何度か対バンしている。福岡で、東京で、佐賀で、いろんな夜を共に過ごした。最高の夜もあったし、酔いどれて記憶に無い夜もある。お互いにライブがんがんやって、それで生きてる。同じ匂いのする仲間、というより放っておけない弟気質なあいつ...って感じだ。 

相変わらずビターでブルージーで人懐っこい歌。でも東京に出てきてからのウリョンのライブはどんどん研ぎ澄まされている。 

この日は、ハートウォーミングなステージで2番手を飾ってくれた。 
俺が女ならきっとこの夜抱いてあげるはず。 

DSC03042





そして、3番手はボギー。すっかり良い気分で月見ルのバーテンさんがなみなみと注いでくれた芋ロックを呑みつつ、ステージで歌う。ボギーはどんなステージでもステージという気持ちではステージに上がらない。バーの片隅だと思ってステージに上がってる。今夜のバーは居心地が良すぎるぜ(笑)。 

最後、アンコール起きたので茶飯事とキムウリョンをステージに呼んで「楽しい一日にありがとう」をセッションした。イズミちゃんもアコーディオン持って乱入し、最終的に出演者みんなで大団円となった。まだ映画の上映もしてないのに(笑)。 
この写真なんかおもろいなあ...(笑)。 

DSC03082 のコピー




ここまでで充分にお腹いっぱいのイベントなんだけど(笑)やっと映画『地下音楽現場物語』の上映。おれは上映会ごとに観てるのですでに5回目の観賞になるが、観るたびに発見することがあるし、やっぱりイズミちゃんの編集センスには唸らせられる。いろんな人の膨大なインタビューから選んだ言葉と、映像のチョイス。やっぱりこの日も吉村さんのシーンで爆笑がおきている。あとボギーが踊ってるシーンは何度観ても恥ずかしい...(笑)。 

DSC03100




この映画は、面白いシーンもたくさんあるんだけど、決してただの面白映画じゃなくて、変人奇人映画でもなくて、もちろんボギーのミュージック映画でもない。なんだろな、滑稽だけど真剣に生きてる地下音楽家たちの群像劇とでも言おうか、別に俺が主役ってわけでもないんだよなあ。だからいろんな人にハッと思わせる力があるのかもしれない。 

おれは、家族で晩メシ食ってるシーンが好き。 



映画上映後に大きな拍手が巻き起こった。そして最後にイズミちゃんのステージが始まった。昨夜のアコーディオン1本から変わって、今夜は総合エンターテイメントといったステージング。「常に違うものを見せたい」というイズミちゃんのこだわりがほとばしっていた。映画のエンディングテーマである「かっこわるいやりかたでエールをおくろう」はすごく良い曲で、一度聴くと頭から離れなくなる。 

最後はボギー、茶飯事、ウリョンとステージに上げさせられたのでそのままイズミちゃんの騎馬隊になる。イズミちゃん人生初の騎馬体験に照れつつも嬉しそー(笑)。 

1378177_407550609370495_608712374_n




ほんっと楽しい夜だった。流れもバッチリだった。たくさんの友達やお客さんが映画を楽しんでくれて、ライブを堪能してくれた。茶飯事もウリョンも最良の親友であり、音楽に取り憑かれたバカヤロウだ。イズミちゃんはもはやなんだか親戚みたいな感覚になっちゃって、去年まで敬語で話してたのが嘘みたい(笑)。 

しあわせな夜をありがとう。 
しぶとく長生きしよーぜ! 






CD「アルコールメモリーズ」の一曲目「楽しい一日にありがとう」で、とろけるようなギターを弾いていただいたsakanaの西脇さんが観にきてくれて嬉しかった。12.21はまた東京でsakanaと共演できるので楽しみ! 
1395250_407629162695973_1178501359_n

 


ウエケンさんやDOESのヤス、カシナポKなど友達に映画観てもらえたのも嬉しかった。 
1383382_407635249362031_1006963859_n

 



40枚ほど持って行ってた「アルコールメモリーズ」はこの3日間で完売した!めちゃくちゃ嬉しい!!! 


DSC03119 のコピー





おれも茶飯事もウリョンもご機嫌で酔っぱらって打ち上げに行った(イズミちゃんはいつも打ち上げ来ない)。 


打ち上げも最高に楽しかった!!真っ先に酔いつぶれたウリョンは、手の甲が刺身の薬味置きにされていた。(置いたの俺だけど)
DSC03145





元気だった茶飯事は激辛のわさび寿司を食わされて、あまりの刺激的辛さに身悶えしながら撃沈(笑)。(食わせたの俺だけど) 
DSC03147





珍しく朝まで酔いつぶれず元気だったのはボギー!!!! 

優勝!!!! 

DSC03153 のコピー
 

このページのトップヘ