ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://yokotin.love 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://yokotin.love
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

10月27日、ボロフェスタを終え、早朝5時。人っこひとり歩いていない京都の街をひとり徘徊。サウナを求めて。ラッキーにもちょうど5時から15時までサービスタイム1000円のサウナを見つけて飛び込む!風呂入って、仮眠室で昼まで爆睡。 

昼から新幹線で東京に向かった。今日は東京の板橋マーキーでボギー&ゴトウイズミ、アルバム発売記念イベント、そして2人が出演の映画『地下音楽現場物語』の東京初上映の日である。 



板橋マーキーは、いいハコだ。おしゃれだし、なによりは店長のこころ配りだ。この日も映画の上映イベントだからとポップコーンを買って来てくれたり、映画館のブーーーってブザーの音を用意してくれたり、イベントを良いものにしようという気持ちが嬉しい。 

しかし、板橋と言う場所は、東京の人にとって「遠い町」というイメージがあるようだ、実際行ってみるとぜんぜん遠くはない。新宿から15分もあれば着く距離だ。だけどやはり「遠い町」のイメージからか、この日は前売り予約があまり来ていなかった。せっかく東京で上映する数少ない機会だから沢山来て欲しいのになあと願えども願えども、予約は増えない.....。ところが開演2時間前くらいからバタバタバタバタと予約が入って来たではないか!おお!これは嬉しい!イベントはじまる直前にすべり込みでくる「今夜行きます!」のメールは一番テンションあがる〜! 


ネットマガジンで『地下音楽現場物語』の告知もしてくれた都築響一さんが来てくれた。イズミちゃんは都築さんの大ファンなのでテンション上がってる。 
DSC03008 のコピー



クダンズの佐々木くんとは初対面だが、予告編見て気になって来てくれたようで嬉しい。すこし話したんだけど、なんか縁を感じる気がした。(後ろ姿が似てると言われパチリ) 
602051_407174359408120_13444235_n



そして一番驚いたのは、近藤さん(岡村靖幸の事務所社長さん)まで来て頂いてて感激だったんだけど、さらにアナログのサンプル盤までプレゼント貰っちゃってマジでビバナミダ!!!
DSC03033 のコピー



なんだかんだで会場はちょうど席が埋まるくらいのたくさんのお客さんが来てくれててホッとした。 


まずはボギーが15年前に制作した映画「博多ゾンビ」「7人のゾンビ」の上映。冗談で作った映画である。まさかこの映画がここまで大爆笑を巻き起こすとは思わなかった(笑)。 
1383342_405078589617697_1032908116_n
 


続いてゴトウイズミちゃんのステージ。シンプルにアコーディオン弾き語り、俺はこのスタイルのイズミちゃんが一番好きだったりする。 



そして『地下音楽現場物語』上映。たくさんの笑いが起きていた。東京でもやはり吉村さんとmichiさんのシーンでウケてるのが面白い(笑)。 

DSC03018



あとから素敵な感想もたくさん頂いたし、人それぞれにいろいろ感じ取ってもらえたようだったのは、映画終わったあとの拍手喝采が一際大きかったことにもあらわれてて、それがなんだかじーんときた。 

やはりこの映画は、実際に観て貰わないと分からないと思うし、観て貰うためにもいろんな場所で上映したいなと思った。 

<映画予告編>
 



最後はボギーのライブ。この日、絶好調だった。絶好調すぎて時間の感覚がなくなっちゃって、終電ギリギリまで歌っちゃったけど(笑)。 
DSC03024



終演後、ボギーのアルバムと、モンドのポストカードがいっぱい売れた。物販の売り上げが我が家の命綱、ありがたやありがたや。 


そして打ち上げでダッチャンに連れてってもらったまぐろラーメン、スープが身体に沁みて美味かった! 
VIIlJ

 

10月26日、京都のボロフェスタへ出演するため夜行バスで向かう、天気予報では超大型台風が関西を直撃するという予報だったが、見事に逸れてくれた。晴れ間すらみえてきた! 台風はもう心配なし、これで今年に入って4度目の台風回避。ボギーの晴れ男伝説もいよいよ神懸かりの域に達しはじめたなあ(笑)。 

早朝に京都駅に到着。涼しいし、元気も有り余ってたので、歩いてボロフェスタ会場まで行くことにしたのだが、この判断がのちのちボギーの首を絞めることになることに、この時はまだ気付いていなかった。 


1時間ほど歩いてやっとボロフェスタ会場のKBSホールに到着。この手作りな入場ゲートがいつもわくわく迎えてくれる。 


M2XRQ




ボロフェスタも11年目かあ。出させてもらうのはもう何度目かな?おれらが福岡で「総決起集会」始めたのと同時期に始まったのがボロフェスタで、いわゆる地元バンド主催のDIYフェスとしては、草分け的な存在かもしれない。ボロフェスタ主催者の飯田くんともずいぶん長い付き合いになったな。お互い歳とって、段々と妖怪じみてきたなぁと感じる(笑)。 


bp0a2



ボロフェスにはボランティアスタッフが100人くらいいて、それぞれ役割を与えられているんだけど、それだけのスタッフを統率できてるのも凄いことだと思う。福岡から「西風」の明日香ちゃんやBe here now!のヤノくんも裏方スタッフとして参加していた。 


主催のひとりモグラくんの司会で華々しく開演!!! 

さて、今年のボギーはアクシデントアクトとしてKBSホールとメトロに一日で合計4ステージ出るというめちゃくちゃな任務を与えられていた(笑)。せっかくなら今まで誰もやった事ない記録に挑戦したいと思い“4ステージで4回胴上げ”されるというミッションを自分に課した。持ち時間は各10分である、たった10分間で胴上げにまで持ち込むことが果たしてできるのだろうか? 


最初のステージは昼の1時に大ホールのセンターステージだ。まだフェスは始まったばかりだけど、お客さんすでに500人くらいいるのかな。「ERIMO岬」からの「贈る言葉」で早くも異様な盛り上がり(笑)。過去最大の輪ができあがる! 

de640c81



まんまと胴上げ成功!!! 

704e5d41




この瞬間はYouTubeに映像がアップされてる。自分で見ても「すげえアホだな」と笑えると同時に、わけ分からん感動が押し寄せてくる。 

ボロフェスタ2013 アクシデント・アクト ボギー「ボギ八先生!」
http://www.youtube.com/watch?v=f-wfu0hDG9U 

このときボギ八先生の胴上げに真っ先に駆け寄ってくれたのが、ゆーきゃんだった。あれはすごくうれしかったなぁ。ゆーきゃんはこのフェスの初期からの主要な主催者のひとりだが、彼が今回でボロフェスを卒業すると聞いたのはあとからだった。 
そんな彼のブログの言葉がとてもグッとくる。 

ゆーきゃん「ボロフェスタを終えて」 
http://htn.to/CNLmKA 


とりあえず、1回目の胴上げは成功したが、あと3回残ってるって....(笑)。 ボロフェスタでボロボロになるかも…。 


2回目のステージは17時。ロビーに作られた特設ステージなんだけど、「酒」「音」などと書かれた紙がいっぱい貼ってあるステージ、俺に最も相応しい気がして、居心地がいい。 

xQJUi



岡村靖幸「カルアミルク」からの「イケナイコトカイ」そしてやっぱり「贈る言葉」(笑)!

80e793ca




二度目の胴上げ成功!!! 

094b0481



このあと、床に落下!こらーっ! 



しかし、出番と出番の間が4時間くらいあるのが待ち長い。待ち長すぎて酔っぱらってしまう。でも、会場を歩いてるだけでいろんな人に再会できて嬉しい。ソウルフラワーユニオンの克さん、山本精一さん、須藤さん、ザゼン向井さん、松下あつしさん、ポラリスおおやさん、neco森くん、アンドヤング加納さんもいるし、福岡からもたくさん仲間きてるし。京都のお客さんからもたくさん声かけて貰ったりして、常にずーっと誰かとしゃべってる感じ(笑)。 



ボギーのアクシデントアクト、3回目のステージはトリのポラリス終わったあと22時頃に開始!「ミュージシャンのうた」「カーニバル」そしてやっぱり「贈る言葉」で三度目のアクシデントアクトも華麗なる胴上げでキメ。 

dd8099a7



bf9be2a7



もうこの時点で、かなりヘトヘトに疲れてた。たぶん朝1時間も歩いちゃったのがここに来て影響出てきてる感じ。しかし、それでも四度目の胴上げをされるために次の会場メトロへと向かわなければいけない。徒歩で。メトロは入場規制パンパンだった!neco眠る久しぶり観れた。踊ってばかりの国も。イエー! 
ボギーは26:15からファイナルステージ!早く寝てぇ!!! 

体力&精神力の限界が襲いかかってきて、しばらく楽屋で寝つぶれてしまってたようだ。出番の直前に「ボギー、出番やで!」とモグラくんに起こされる。 

朦朧としながら、重い身体ひきずり、眠い目をこすり、ガラガラの声を絞り出して最後のステージ。最後は30分のステージだ。ピークを越えすぎてハイテンションになってきた!もちろん最後の最後も「贈る言葉」からの胴上げ(笑)!一日4回「贈る言葉」歌ったのも初めてやし、4回胴上げされるのも初めての経験(笑)。 


9a9d1a96




ボギー、深夜3時にミッション全て完了。一日に4回胴上げされるという前人未到の記録を叩き出す!!さすがに限界はとうに越えていた。終わってしばらく廃人と化す。 


そろそろ帰ろうと思ったとき、明け方のロビーで、ボアンティアスタッフの若い男の子に声をかけられて話した言葉が印象的だった。その子が言うには「自分もバンドやってて、いつかはボロフェスに出たいって思ってます、それはみんなが思ってます。だからボギーさんが1日で4回も出るって聞いた時、くやしかったんです。その1回でもいいから地元の若いバンドにチャンス回してくれればと、正直思いました。でも今日初めてボギーさんのライブ見て、4回もやる意味を納得しました。凄かったです。もっと頑張ろうと思いました。」 

そんな話をしてくれた。とっても嬉しい感想だったし、そんなたくさんの若いバンドマン達の想いも背負ってこのステージに立ってるんだなって思うと、一日の疲れもどこかへ吹っ飛んでしまった。 


そう、ボロフェスタはたくさんの情熱で支えられてるフェスなのだ。主催の飯田くんやゆーきゃんやモグラくんたちをはじめ、たくさんのスタッフが、とんでもない時間と情熱を費やしてこのフェスを作り上げている。こんな素晴らしいフェスに何度も出させてもらってることを誇りに思う。関係者全員に心からの感謝を!!!! 

とにかくブログ書く暇がなかった。でも記録しておきたい夜はたくさんあった。すでに1ヶ月遅れになるけど、頑張ってレポ追いつきます(笑)。 


まずはこれ! 
10月20日にex.たまの柳原陽一郎さんを呼んでスペーステラで開催した『ハイコレ126〜ほんとうの話しよう〜』のレポ。 

DSC02786 のコピー



ちょうど一年ぶりの再会となる柳原さんの福岡公演は、憧れの音楽家と初対面ということもあり緊張感があった。あの夜を経ての一年後、とてもほぐれた再会ができたのが嬉しかった。 

柳原さん&ボギーのアルコールメモリーズでお互いの曲をセッションすることになっているので、リハーサルでその練習。おれもいろいろアイデアは考えてたんだけど、柳原さんはその上をいくアイデアを次々と出してくるもので、リハでゲラゲラ笑う。流石だ。たまのライブでよくステージ上で繰り広げられてたあの独特のユーモアやおふざけは、きっとこんなふうに生まれてたんだろうな。 

お客さんを楽しませる“いたずら”を考えるプロだなと思った。 



もう、オープン前からたくさん並んでくれてたお客さんたちが会場に入ってくる。わくわくした空気が充満している。そしてこのスペーステラの何とも言えないレトロな雰囲気がたまらない。柳原さんが「今回もぜひスペーステラで!」と指名してくるのもよくわかる(笑)。 


まずはボギーのアルコールメモリーズ。changさんと坂上くんとのトリオ、この編成も1年やってグッと締まって来たと思う。いまやりたい音楽はこういうシンプルで濃厚な音の会話。この日はとても良い演奏できた充実感でいっぱいだった。 
DSC02823 のコピー



続いて、柳原さんのソロ。冒頭からMCで「今夜はバカになる」宣言通りの大暴れ。アコギじゃなくてエレキな時点で予想はしてたけど、すっごい熱量。グランドピアノでの演奏も気迫がビシビシ。こんな熱い演奏する柳原さん、初めて見たなあ。コール&レスポンスも白熱し、柳原さんごきげん(笑)。福岡で思いっきりやってもらえて嬉しかったな〜。 

DSC02855 のコピー




そして最後は柳原陽一郎&ボギーのアルコールメモリーズセッション。 
「星のOHAKA」「さよならうんこ」「満月小唄」「夜のどん帳」をやった。すべて夜空や惑星の歌。会場はスペース・テラ。あの小さな空間に宇宙が広がった。 

DSC02870 のコピー



柳原さんのアイデアで実現した「さよなら人類」の間に「うんこ」を挟み、美しいハーモニーで「うんこ〜うんこ〜」から「サル〜サル〜」と歌う奇跡のコラボ(笑)! 
子供の頃から憧れてた人の隣りで、大好きな曲を一緒に演奏できる歓び。 
そして自分の曲を歌ってくれたり、ピアノで伴奏してくれたりしてもらう贅沢な感動。 

1秒1秒が宝物みたいにキラキラしてて終わるのが勿体ない夜だった。 



「夜のどん帳」だけYouTubeにアップしています。あのキラキラした夜の雰囲気だけでも伝わるかな。 

夜のどん帳/柳原陽一郎&ボギーのアルコールメモリーズ 




ライブでの集中力が異常に高かった反動で、打ち上げではぐにゃんぐにゃんになってしまった〜(笑)。昨夜の芋ロックは美味すぎたな〜。 
柳原さんがキヨシローと一緒にライブやって呑んだときのお話とか、そーいうの聞きながら呑んだらそりゃあ酔っぱらっちゃうよねえ。 
ほんとになんとも幸せな夜。 

DSC02887 のコピー




雨が降り出して結局お楽しみにしてたお月見しながらの二次会はできなかったけど、それはまたのお楽しみってことで、また必ず柳原さん呼びます。 

ボギーの年内のライブは残すところあと10本くらい。まだまだ面白い夜がいっぱい待ってますよ。どれもこれも楽しい企画だらけ。遊びに来てね! 

ボギー立って歌う


((((( ライブスケジュール ))))) 



11.23(土)「RAG-G12周年パーティー」@佐賀RAG-G 
出演)ボギー/ポカムス/BLUESVILLE/ハウリングセッタ/ぼら/エコロジー観音/白痴/Nakakoh/つめたいあさに/燻Blue/桃缶/and more... 
※今年は佐賀にもよくお世話になりました。 


11.28(木)「シカキム九州・山口ツアー」@福岡・箱崎水族館喫茶室 
open 18:30/start 19:00 
2,000円+1drink 
出演)シカキム/ボギー(nontroppo) 
※カルメラのメンバーふたりによるユニット「シカキム」との共演。 


12.7(土)「三千音世界大忘年会 点心を食い尽くせSP!」@三千世界(早良区田村) 
19時オープン・スタート 
ライブ21:00〜開始予定 
料金)二千円(点心食べ放題+特別プライスメニュ−+ライブ観覧料含む) 
出演)ボギー/大石みつのん 
オープニングアクト)ケンシロウ(三千世界の常連さん) 
DJ)ラベル/セイタロ/ドド/ジュンG 
点心)世界のマコイチ 
※中華料理屋で呑んで食べてライブ!! 


12.8(日)「meals vol.3〜杉林恭雄ソロライヴ in 福岡〜」@福岡 JUKE JOINT 
open17:30 start18:00 
前売¥2,000 当日¥2,500(+1drink order) 
出演)杉林恭雄(くじら)/木下弦二(東京ローカル・ホンク)/ボギー 
※素敵な夜になりそうです! 


12/14(日)@大分bridge 
『OBUTSUDAN-SUMINO 1st cassette tape ” ISLAND HEAD” Release PARTY in OITA』 
(一般)前売2300円/当日2800円 
(学生)前売1300円/当日1800円 
16:00〜予定 
出演)OBUTSUDAN-SUMINO/金 佑龍/ボギー/yoji & his ghost band/this furniture 
※大分に濃い男たちが集う夜。 


12.19(木)『ボギトーーク〜ボギーのトークオンリー120分!〜』@板橋マーキー 
open 19:00 start 19:30 \1500+1drink order 
出演)ボギー 
※しゃべりのみでどこまでグルーヴ出せるのか?ボギー初のトークライブに挑戦。 


12.20(金)「ボギーのアルコールメモリーズTOUR〜浦和編〜」@浦和クークーバード 
20時スタート \1500 
出演)ボギー 
※定員15名です、予約はクークーバードのみで受付。 
yagitoneko-336@softbank.ne.jp 


12.21(土)「COUNT ACE meets 音色」@渋谷7thfloor 
18:30/19:30 
\3000/\3500 + 1 drink 
出演)SAKANA/ボギー/COUNT ACE plus(UME, 近藤康平, 加藤雄一郎, イナッチ& more) 
DJ:荒川 
※ex.ALOHAのUMEちゃん企画。sakanaと共演、うれしい。 


12.23(祝)「ラウンジサウンズフェスティバル2013」@福岡・VooDooLounge 
open 13:30 start 14:00 ¥2000+1ドリンクオーダー 
出演)nontroppo/THE VOTTONES/漢方先生/チャーリービーンズ/ノスタルジア/フアリナ/宇宙サービス/BLUESVILLE/白痴/鮫肌尻子とダイナマイト/Johannes of BARCELONA/CHAINSAW TV/THE WAGON/サザンアミーゴス/freedom set/ポカムス 
ベリーダンス)moon at noon 
似顔絵屋)モンド画伯 
※2013最後のお祭り!みんな騒ぎましょう。 


12.30(月)「40人弾き語り忘年会」@福岡・VooDooLounge 
open 19:00 start 19:30 ¥1500+1ドリンクオーダー 
出演)ボギー(nontroppo)/井上周一(folk enough)/野海はるね/TALLBOY(MOTH)/漢方先生/Fu-WHO(THE VOTTONES)/コヤナギシンジ/平井正也(マーガレットズロース)/オサダアツトシ/チャーリー(チャーリービーンズ)/ニシジマオ(宇宙サービス)/東健介/みく(DONK!)/K(カシミールナポレオン)/michi/オクムラユウスケ/鎌田寛達/木藤和也/田代裕之/マッシヴ(Es Experiment)/白夜(crusade)/クインアルバイトマン/高松彩(freedom set)/愛ちゃん(BingoLove)/ほか全40人 
※やっぱり1年のシメはこれ!飲み明かそう! 



それではみなさん、祭り会場でお会いしましょう! 

チケの予約はメッセージをどうぞ。

昨夜は「西風」に「あらかじめ決められた恋人たちへ」を観に行った。

あら恋のライブの後半に透明傘回して乱入したボギーを只の酔っぱらいと思った人いたかもしんない(笑)。でもあれ10年前に難波ベアーズでノントロッポやった時に池永くんが傘もって乱入して来たのが始まりで、それ以来あら恋が福岡来たら俺が傘もって乱入するしきたりが生まれたのだ(笑)。

もちろんあらかじめ決められた乱入では無いわけだが、
池永くん「ははは、きたきた!」って嬉しそうな笑顔してた(笑)。

jpg-large


今のバンド編成になってからのあら恋は素晴らしくカッコ良かった!なんかとっても嬉しくなった。ほんとは家に帰ってやらなきゃいけない作業があったのだけど、嬉しかったので結局打ち上げに行ってしまった。
池永くんとも久しぶりにゆっくりいろいろ話せたなあ。あの頃よりちょっぴり前向きな男になってる池永くん、彼もまた長い音楽仲間のひとりだ。

このページのトップヘ