ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

6月9日。

今回シンガポールに来た目的は今日ここでモンドがお仕事だからだ。



3年ぶりにハウパーヴィラ(タイガーバームガーデン)に来たけど、やっぱりおれはシンガポールでここが一番好きかも。


タイガーバームで大儲けした社長が自分の為だけに趣味で作った悪趣味な大庭園!


観光マップからは無視され、地元の人々もかるく苦笑いするような場所だが、


おれにはここほど人間の業が詰まったパラダイスはないような気がする。


とにかく広大な土地にありとあらゆるオモロいシチュエーションの人形劇がコンクリートで作られている。


結構シチュエーションが悲惨なのも多い。


そしてどれもこれも人形の表情が最高だ。なんとも言えない顔!顔!顔!


いちばんヤバいのは地獄めぐり!


 「お前いったい現世で何したんだ?」っ聞きたくなるよな拷問の数々…。


横に罪状が書いてある。ちなみにこの胴体まっぷたつにされてる人の罪状は「本を粗末にした」。



このむちゃくちゃ怖いやつらに内臓引きずり出されてる人の罪状は「ご年配をバカにした」。


ほかにもあらゆる罪状が書いてあるが、こんなもんほぼ全員地獄行きやん!



この一日中いたら気が狂いそうな庭園を自分の為だけにつくるってほんとすごいエナジー。



もう完全にイカレてるとしか思えない!



最高の場所なのでシンガポールに来たらみなさん観光マップは無視してここに来てください。マジで。しかもここ入場無料なのがすごい!!!



こんな超ディープスポットでモンドが何のお仕事をしたかと言うと、それはまだ秘密(笑)!来年あたりその答えが分かると思います。


‪炎天下のタイガーバームガーデンで朝から日暮れまで。お仕事とはいえさすがにくたくただが、エアコンの効いた店でやっとありついた至極の一杯!!美味すぎて気絶するかと思った…。ただし、この一杯で1400円!シンガポールはビールが高すぎる。‬


せっかくシンガポール来たので一応いちばん有名な観光地も行っとく。


マーライオン、後ろから見たらただのマラ。


3年前と同じ場所でタコ踊りをするモンド。


比べると身長もぐんと伸びた。でもこうやってまたお仕事でシンガポールに来れるなんてね。たいしたもんだよモンド!
これからも色んな世界を見て遊ぼう!


6月8日。

朝ものすごいスコールが降ったのでずいぶん涼しく感じる今日のシンガポール。お昼食べにニュートンのフードコートへ。


屋台は見てるだけで楽しい。


偏食なモンドはシンガポールに来てからチキンライスばっか食べてる。


昨夜暴飲暴食だったボギーは優しい味を求めて魚のつみれヌードル。


二日間お世話になったイチローさん宅はほんとに快適だったなー。


たっぷりごろごろさせて頂きましてありがとうございました!


今日はチャイナタウンをぶらつく。


肉!肉!肉!な屋台が並ぶ。


で、「くさっ!」と思ったら大体ドリアン。


観光っぽすぎる通りよりチャイナタウンの賑やかじゃないほう賑やかじゃないほうへと歩いていくと、物悲しいみやげ店が多くていいな。


で、ここまでがボギーとモンドのバケーション!明日がホントのシンガポール行きの目的であり、モンドのお仕事なのである。だから今夜と明日はでっかいホテルに宿泊〜!


このホテル、カラフルでめちゃかわいい!!



ホテルにチェックインを済ませて再びチャイナタウンへ。


夜ごはんは豪勢に中華!高くて手が出せなかったチリクラブも初めて食べれた!うめー!


さあ、明日はモンドががんばる日。今日はゆっくりお休み〜。


6月7日。

‪シンガポール2日目、イチローさんの部屋でごろごろ過ごす。勝手にレコード聴いてて良いですよーとイチローさんが言ってくれたので遠慮なくレコードを聴く。シンガポールで聴くはっぴいえんどや森田童子、なんか不思議だ。

‪ふと目に留まったこの怪しいジャケのレコードをターンテーブルに乗せる。流れ出したグルーヴがぐるんぐるんのタイポップにヤラれる。こりゃめちゃくちゃカッコイイ!!!‬


さすがに腹が減ったので、歩いて15分ほどのオーチャードへ。モンドがいちばん好きだったと言うラッキープラザの2階にあるラッキーチキンライスを3年ぶりに食べる!やっぱウマイ!そして安い。450円くらい。


エアコン効いて涼しいのでラッキープラザ内をぶらぶらする。なんだか美味しそうなスイーツを売ってたので買ってみる。バナナをパリパリの衣で包んで揚げたお菓子?ずっしり重くてかなりのボリュームがある。


ひと口食べてオエッとなった。衣が激甘でバナナが酸っぱい!想像したのと全然ちがう味…。これはおれ食えない。

オーチャードは福岡でいうところの天神でファッションビルが立ち並ぶ。


ぶらぶらお散歩しようと思ったが、外があまりに暑いのと、イチローさん家があまりに快適ということもありせっかくシンガポール来たのに結局部屋でごろごろ漫画読んでしまう。


にゃんこもかわいいし。


夕方にイチローも帰ってきたので一緒にバスでリトルインディアへ移動。MRTでの移動はもう慣れたんでひとりでも大丈夫だけど、バスはまだひとりで乗るの難しい。


夜はリトルインディアにある小さなライブハウス「LITHE HOUSE」でアヤさんとイチローさんが企画してくれたイベントに出演だ。


シンガポールでは3年ぶりとなるモンドくんの似顔絵屋さん。最初のお客さんはなんと隠岐の島からシンガポールに移住してきた親子!まさかここで隠岐の島の人と出会うとは!しかもアマフェスのことも知ってたし、すごい偶然。


今日もモンドは絶好調!みんなよく似てたし、喜んでもらえて良かった。


店内でお酒が飲めないので、みんな隣りの商店で酒を買って外で飲むスタイル。で、ライブが始まるとぞろぞろと中に入る感じだ。


イベントスタート。
1番目は主催のアヤさんの鍵盤とドラムのシェリルさんのユニット、Ayascho feat. Cheryl ong。


続いてトリプルギターユニットのWolf&the moon。エクスペリメンタルな気持ちいい即興演奏が続く流れで始まった。


3番目のHanging up the moonは美声、美メロのフォークシンガー。


彼、シェーンはどこかで会ったことあると思ったら、3年前にシンガポール来たときモンドが似顔絵を描いていたのだ!わぁ、今度は音楽の現場で再会できて嬉しい。


彼のギターを借りて次はボギーのライブ。

DJはイチローさんによる和モノ中心の選曲。ボギーの前にバービーボーイズ「暗闇でダンス」〜「黒田節」という流石のイカレタ流れ(笑)!


ヘッドライナーのボギー。英語はほぼしゃべれないけど、最小限の知ってる英単語を並べて勢いでしゃべればパッションだけで何とか伝わってる様子。徐々に笑いや歓声が巻き起こりはじめる。


モンドのタコ踊りもシンガポールで披露!このあたりからみんな分けわからんノリに巻き込まれていく。

アヤさんにピアニカ、シェリルにドラムで入ってもらいフィッシュマンズ「ナイトクルージング」をセッション!歌詞は即興で変えていくスタイル。「♪窓は開けて寝るんだよ〜、シンガポールの夜は暑いから〜」。リハ一切やってないぶつけ本番だったけどすごく気持ちよかったなぁ。


最後は「カーニバル」から「贈る言葉」、日本でもシンガポールでも同じことをやって通じなきゃ意味がないのだ。


マレー系もインド系もチャイニーズもアメリカンもジャパニーズも色んな人種が手を繋いで輪になって笑ってて。まるでディズニーランドのイッツアスモールワールド見たいだったよ。すげえバカな。


最後はいつも通り見事に胴上げで終了!そもそも胴上げというものを知らないシンガポールの方々の戸惑いと感動の嵐!?アメージング言われたよ(笑)。


<セットリスト>
1.鉄の心をもつ男
2.プラカラーオーバードーズ
3.タコ踊り
4.バカになりましょう
5.BON-ODORI
6.ナイトクルージング
7.カーニバル
8.贈る言葉

お客さんや共演者たちと最後に撮った写真はハッピーが溢れとる!みんなニコニコして帰っていった。たくさんの握手を交わした。世界はひとつだねー。


楽しいイベントを企画してくれたアヤさんとイチローさんほんとにありがとう!福岡に来るときは今度は俺が世話します!


打ち上げはとにかく暑いから冷たいビールが飲めるとこ!しかし夜のリトルインディアはお酒飲める店が少ない。かろうじて入れたバーはビール1杯が$16(1300円くらい)!クソ高けぇ〜!!


でもクソうめぇ…。カンパーイ!!!


モンドは黙々とコースターで手裏剣を作ってた。


手裏剣にみんな「オー!ニンジャ!」と反応する。モンドは英語しゃべれないけど、しゃべれないなりにコミュニケーションを取る術を知っているのかなぁ。


夜のリトルインディア。


もっと遊びたかったけど、暑さにバテバテのモンドがもう限界っぽい。


お腹も減ってたので店を移動してシメにミールス食べた。シメというにはかなりモリモリな量で、お腹パンパン!


うまかったけど、案の定、夜中に猛烈な胃もたれ胸やけに襲われ眠れなくなる。うーん、最近酒呑んだあとカレー食うと必ずこうなるな…。

明日はチャイナタウンへ。

6月6日。

今日からシンガポールへ出発!国際線はちょっと緊張する。搭乗手続きのカウンターに行ったら受付のきれいなお姉さんから「モンドくんですよね!お会いできて嬉しいです!」って声かけてもらえて緊張ほぐれる。モンドのおかげ。


しかも、‪シンガポール航空の受付のすてきなお姉さんが離陸前にお手紙かいて手渡してくれた!こういうのめちゃくちゃ感動する〜。‬


福岡から6時間半のフライトでシンガポールに到着!いきなりムワッと暑い。


チャンギ国際空港からMRT(地下鉄)でラベンダーへ移動し、まずはシンガポールで活躍する日本人ジャズピアニストのアヤさんと合流して乾杯!


ドリンク3杯とチキンのビリヤニとドセイというインド料理を食べる。かなりのボリュームだったけど、全部合わせて900円くらい。


今日はシンガポールに住んでる人ですら暑くてたまんない日らしい…もう湿度がすんごい!メガネが曇る曇る!慣れるまではまずこの暑さと湿度にやられる。


冷房の効いたアヤさんのオフィスにて少し休憩。アヤさんはいま「WE LOVE JAZZ」という大きなフェスを企てておりとても忙しそうだ。


夕方頃MRTでニュートンに移動、シンガポールのイフマサカことイチローさんと合流!今日と明日はイチローさんのお家に泊めていただけることになっている。レコードを聴きながらおしゃれなベランダでビール!サイコー!


夜はニュートンフードセンターという屋台村みたいなとこでイチローさんと奥さんのユウコさんと晩餐!


100軒ほど並ぶ露店から好きなものをオーダーできる。


お家に泊めていただくお礼にご飯をご馳走しようと思っていたのに、逆にイチローさん夫妻にすっかりご馳走になってしまう。もうほんと何から何まで感謝感激!

とにかく蒸し暑いのでシンガポールの薄いTigerビールがウマイ!ジョッキに氷を入れて呑むスタイル、なつかしいなぁ。

モンドが大好きなチキンライスも久しぶりに食べれたし、どれもボリューム満点でおいしかった。


これはサティというシンガポール風の味がついた焼き鳥。

これはまるでほっけのように大きく肉厚なエイ。

モンドはストローで作った吹き矢に丸めたティッシュを詰めて、ずっとTigerビールの瓶を撃っていた。


暑さでバテてるモンドを先に部屋で寝かしつけ、おれはイチロー夫妻に連れられて夜のパトロールへ(笑)。シンガポールのタイ街みたいなビルが面白いらしくそこに行ってみた。


ここはタイ人が集まるディープスポットらしい、タイディスコがガンガンにかかってるバーなどが地下にひしめいていた。


昼は飲食店やフードコートもたくさんあるらしいが、夜遅くまでは開いてない。開いてるとこもなんだか不味そうなものしかなかった…。


あるカラオケバーみたいなところに飛び込みで入ることに。


中では爆音のタイミュージックでおっさんやおばさんがカラオケ歌いながらめちゃくちゃ盛り上がってた!


爆発的にエネルギッシュなおばちゃんたちの歌声とグルーヴがほんとに良かった。まるでラウンジサウンズみたいだ。


その光景を笑いながら眺めてたらどうやら「お前も歌え」と言われてるっぽい。ぜったい無いだろうと思って北島三郎「まつり」をリクエストしたらまったく知らない国の知らない演歌が流れ出してマイクを手渡された!!!大ピンチ!!!

とっさに即興で歌う!

「♪おれは〜知らない街で〜知らない歌を〜歌わされている〜!よく覚えておけ〜おれは福岡から来た〜ボギーだ〜よ〜!」

まさかこれがシンガポール初ライブになるとは…(笑)。



シンガポール一日目から濃いわ〜。


6月4日。

「ボギーの音楽学校」@ビンゴラブに来てくれた皆さまホントにありがとうございました。

自分の誕生祭を自分で企画するなんて、ほんとうは恥ずかしい。でも〝やらなくてもいいことを全力でやる〟という生き方を選んでしまったので、毎年自分にプレッシャーをかけながら誕生祭を企画している。


そんなわけで昨日のボギー誕生祭、いちばん最初に来てくれたのが小屋敷さん。「はい、おめでと」っておひねりだけ手渡して帰っていった。中には4,400円が。44歳だからと気付く。いつも粋な先輩、ありがとうございます!


さらに続々とたくさんの友達が駆けつけてくれてほんと嬉しかった。東京からドンペリ持って来てくれたセガールさん、広島からタナ、ベン、かめちゃん。遠くからありがとう!サガン鳥栖に移籍した高橋秀人くんサインボールありがとう。しらたまちゃん服ありがとう。シゲちゃんコップありがとう。漢方&パトラ、毎年ハデなバースデーケーキありがとう!そして毎年好き勝手になことやらせてくれるビンゴラブありがとう!みんなみんなありがとう!!!



あぁ、書ききれないっ。

ボギー音楽学校の授業内容については、受講してくれた人にしかわからんと思うけど、簡単にレポします。

1限目から性教育授業。たっぷり1時間に渡ってエロスについて語る。最後にオノヨーコ「KISS KISS KISS」を流したら興奮して踊り出したギャーさん。ふたり激しく抱擁しながら踊るカオス。


2限目は抜き打ちテスト!みんなまじめにくだらないことを考える時間。


3限目は歴史。妖怪の起源からロック界の伝説、ピュアネスと溢れ出すエネルギーの話。それをまじめにノートとったイギリス人ベン、なにを大事だと思って書き留めたのか意味がわからない(笑)。


給食、指にはめたとんがりコーンをひとりずつ食べさせるプレイは楽しかった。あとボギー考案、豆腐の味噌漬けのクリームチーズあえも好評。


4限目はオリジナリティとは?について問う実演。大いに歌い切る!


最後は卒業式、「贈る言葉」を歌って胴上げされたあと、ひとりひとり卒業証書を手渡す。すごくバカバカしいのに、おれはなんだかじーんときてしまった。みんなもじーんときたと言ってくれた。4時間に渡る授業はこうして終了。


と、おもいきや!放課後も思いっきり盛り上がる(笑)。深夜の奥村靖幸!


ビンゴラブで3時までしこたま呑んだあと勢いでカラオケに行く!そして「昴」熱唱!バカか!


さらにカラオケからウエストうどんへ。


やはり朝までコースだし、寝潰れた顔に恒例のラクガキもされた。


愛しかないよ。みんなのおかげでいい44歳のスタートを切れました!ありがとう!

このページのトップヘ