ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

6月13日。

この日のラウンジサウンズは3バンド60分勝という「対マン」企画で100人近いお客さんと、演者の素晴らしいステージにより大興奮の一夜になった。
 
それはすでにリハの時間から始まっていたのだ、島崎智子さんのサウンドチェック、ただならぬ真剣さ。かれこれ一時間近く続いた島崎さんのサウンドチェックがすでにライブみたいに面白すぎるし、背筋がのびる。俺なんかすぐ飲みに行きたいからリハはささっと終わるタチなんだけど、ちょっと反省しちゃう(笑)。ヒリヒリするわ〜。
 
今日はみんなリハみっちりで誰も前打ち上げに付き合ってくれないので、ひとり寂しく松屋に牛丼食べに行ったら、隣がミチさんだった。
 
ブードゥーに戻り、開場。お客さんどんどん入ってくる。空気が期待に膨らんでるのを感じる。
 
DCMpruMUMAAQ5FK
 
ラウンジサウンズ対マンは2907831からスタート!メロウかつ爆音!名曲「サイダー」久しぶりに聴けて胸がいっぱい。
 DCMw37fU0AIRmCP
 
二番目は一転して静寂なるピアノ弾き語りの島崎智子。胸を締め付けられる言葉たち、これは聴く映画かなあ。言葉ひとつひとつにシーンが見えてくる。今夜は静かな曲が多かったけど、ぎんなんの歌にいちばんホロリときた。60分釘付け。
DCNFixNVYAA6xQs
 
 
トリは鮫肌尻子とダイナマイト!お客さんいっぱい!現メンバー最後のステージを見守るいい空気に包まれとる。
DCNLCBVUAAArX52
 
メンバーが脱退する日のバンドってなんであんなに輝くんだろう?鮫肌尻子とダイナマイトのバンドメンバー全員が発光体のようにキラキラ輝き、青春がはじけ飛んでいた。「火曜日のギグ」には泣かされたなあ。
19149110_1246262818832599_809311163860380556_n
 19146137_1246262778832603_2870124895862740940_n
 19059219_1246262782165936_8798242444305114926_n

尻子が古着屋の店員でまだ名も知らない頃、徐々に顔なじみになっていき、バンドに憧れる女の子からやがてバンドを始めるようになり、ラウンジサウンズでスットコドッコイなデビューライブをし、そこから成長していく過程をずっと見てきた。「火曜日のギグ」はそんな光景が全部詰まった名曲。
 
 
この日、ラウンジサウンズにはお客さんが100人近くきた、平日に100人は最近じゃ稀だからとても嬉しかったけど、でも20年前はイベントに100人集まるの当たり前だった。10年前でも50人は当たり前だった気がする。
 
 
たぶんこれは福岡だけのことじゃないはず。
 
 
でもライブハウスが面白くなくなったワケじゃない。ライブハウスにはいつも大事な何かがある。その何かを求めて人が集まる場所だということは変わらない。

6月10日。‪

今日はe.g.recチームとヨシノスタジオでボギー家族のアルバムレコーディング!12時から21時までの9時間で全10曲いっきに録った!楽しい現場、めちゃいいのできる気がする。

DB9dxMkUIAApWkw
  
ボギー家族アルバムのレコーディングでいちばんの難関は今ちゃんが良いテンションでちゃんと歌えるかどうかだった。結果的には美味しいとこ全部今ちゃんが持っていく勢いのズルいテイクがいっぱい録れた(笑)さすがや。
DB9dxMjUMAAAo3a
  
テンちゃんはカホンとボンゴなどメインのリズム楽器とコーラスを担当。リズム感がいいのでほぼ全曲一発OK!声もでっかいし、ボギー家族バンドはテンちゃんの元気な存在感が活きている。
18952974_1243458549113026_8715274596191640923_n
 
モンドは空き缶パーカッション、カウベル、リコーダーなどを担当。コーラスでは声変わり期の独特な低い声がうまい具合に活かされた。精神が子供から大人になっていくちょうど思春期の記録。
18922039_1243458545779693_8332180016329176374_n

ベイビーはピアニカとリコーダー、コーラスを担当。いちばん緊張してたのがベイビー(笑)。20年前に「ひまわり」というバンドを一緒にやってたとき、このスタジオで毎週練習していたのだ。家族となり再びこのスタジオでレコーディングしてるの感慨深い。
 18952601_1243458589113022_7202894186763713033_n

ボギーはアコギとガットギターとギタレレ、ボーカルを担当。誕生祭のとき貰った芋焼酎のみながら、ひたすら楽しくレコーディングできたけんきっといい歌録れたと思う。
18952525_1243459062446308_3166014233146436717_n
 19059542_1243458685779679_985146579029687120_n

ほんとは全て家族だけの演奏で作り上げようと思ったんだけど、どーしてもフィドル(バイオリン)を入れたい曲が二曲あって、ガーデナーズのボニーにお願いした。まじで最高の演奏ありがとう!情熱大陸みたいやった。
18952582_1243458832446331_1085731401858732547_n


今回のアルバムはドラムやベース、エレキギターは使っていない。すべて生音の、家にある楽器ばかりだ。これは空き缶のパーカッション。
19114048_1243458629113018_6162273110719731202_n

できるだけ普段の家庭の風景がみえてくるようなアルバムにしたくて、リラックスしまくりなレコーディング(笑)。
19029475_1243458835779664_6364052361488412274_n

場所は知る人ぞ知るヨシノスタジオ。ここには20年前からずっとお世話になってるのだ。この日も丸一日スタジオを貸切にしたのに、ヨシノのおばちゃん「今日は4000円でいいわよ〜」だって(笑)安すぎ!!!!
18952834_1243458692446345_3467144030656762487_n

 
そして、ボギー家族アルバムのレコーディングを全面的にお願いしたe.g.recチーム、フォークイナフ井上さんはうちの子たちが生まれる前からの長い付き合いだから、どんなアルバムを作りたいか言わなくてもすでにわかって貰えてるのが楽やわ〜(笑)。あとはanGくんのミックスでアルバムに魔法をかけるだけ。
DB9dxMiVwAApBtA
 
 
今じゃなきゃ録れないアルバム、家族の空気感がギュウッと詰まった作品ができた。ほんとうの意味でこれは"家族のアルバム"だと思う。
19030754_1243458595779688_5078305675261458148_n
 
 
夏休みのボギー家族ツアーはこのアルバムを持って全国を廻りまーす!‬

ボギー家族ツアーチラシ

<ボギー家族ツアースケジュール>

7/22(土)広島@本と自由 / カレー&bar外国

7/23(日)愛媛@道後サーカスbar ワニとサイ

7/25(火)鳥取@米子Liveワンメイク

7/27(木)島根@隠岐の島なかむら旅館

7/29(土)兵庫@姫路ブックカフェギャラリーQuietHoliday

7/30(日)大阪@ゲストハウス木雲

7/31(月)京都@ホホホ座

8/1(火)静岡@浜松エスケリータ68

8/2(水)三重@松坂MOND CAFE

8/4(金)名古屋@天白区トライバルアーツ
8/6(日)東京@東中野キングスガーデン

8/7(月)東京@青山月見ル君想フ

8/9(水)茨城@つくばキッチンソイヤ

8/11(祝/金)福島@Gallery&cafe TOKUZO

8/12(土)仙台@よしぎの

~ボギーのライブ&モンドくんの似顔絵屋さん~

『夏休み!ボギー家族TOUR2017』

福岡の365日お祭り男ボギー(父)、少年画家として活躍するモンド(長男13才)、自由奔放な天晴(次男9才)、アイドル気質の今ちゃん(長女4才)、一家を支える屋台骨ベイビー(母)の5人による自然発生的家族バンド。車一台でロードムーヴィーのように全国各地を巡り、ふれあい、遊び、盛り上げまくる約1ヶ月間のロングツアー。 昼はモンドくんの似顔絵屋さん、夜は家族総動員ライブ!これはニュータイプの旅芸人一家?いっしょに楽しい夏の思い出を作りましょう。

 
ツアーの詳細はこちらから。 
http://bogggey.blog.jp/archives/70672109.html

七変化誕生祭で使うサブちゃんの漁船を段ボールで作り、外でペンキを塗ってたとき、お隣に住んでる女の子が「わたしもぬりたーい!」と寄ってきた。すかさずお母さんが「ダメよ。ボギーさんはお仕事中なんだから!」と娘に言ってて、あぁ、そうか、俺の仕事はこれなんだと思った(笑)。

19029621_1239747599484121_7959656325358827052_n
 
  
そういえば、昨年のやついフェスでゲッターズ飯田さんから占って貰ったときに「ボギーさんは精神が中学1年のまま止まってますね」と言われたが、ほんとうにそうかもしれない。
 
と、七変化誕生祭で長渕剛やるために作ったヅラを見ながら思う。

18893012_1239747602817454_6734928275919032268_n
 
 
同じことをやるにも、それを「仕事」と思うか「遊び」と思うかで、心の軽さがぜんぜん違う。
 
ドラびでおの一楽さんも必ず「ボギー、遊ぼう」と電話をかけてくる。決して「仕事しよう」とは言わないのがすごい好き。
 
 
これから面白いことを始めようという打ち合わせの場でいきなり「コンテンツ」とか言われると途端にゲンナリする。あと、ライブやイベントを「プロモーション」って思ってる人にもゲンナリする。
 
どっちもキライな言葉だ。
 
 
昨夜はレスザンTVの谷ぐちさんから一足先に映画『MOTHER FUCKER』を観させて貰った。ここにもまた"今"の話が記録されていた。この映画に出てくる人たち、みんな心根の優しさとまじめさが滲み出た良い顔してる。

18623654_1556759917714050_4020228817417872187_o

予告編

 

バンドマン家族、という意味では我が家も谷ぐちさん家族と似ている。ライブと子育てどっちも手を抜かないって事は楽じゃない。映画の中で垣間見えた私生活の谷ぐちさんもユカリちゃんもやはり猛烈にパワフルだった。そのエネルギーに育てられた共鳴くんが8才で大人とバンド組むのはごく自然だと思う。
 
親が"人生を楽しんで生きている"姿を子供に見せることは教育だと思うし、やりたいことやって生きていく覚悟さえありゃなんでもやれる!ってことを背中で教えてる谷ぐち夫妻は最高だ。
 
共鳴くんの10年後が楽しみだな〜。うちのテンちゃんとも同い年だし。確実に面白い世代になると思う。
 
 
映画「MOTHER FUCKER」ぜひみて欲しいです。

 
 
ちなみに、今週末にボギー家族でレコーディングを予定している。音楽と子育ての日々の中でごく自然に生まれた「ボギー家族」という名前のバンド。本当の意味で"アルバム"を作る。

そしてそのアルバムを持って夏休みは全国ツアーにでまーす!

ボギー家族ツアーチラシ
 

<ボギー家族ツアースケジュール>

7/22(土)広島@本と自由 / カレー&bar外国

7/23(日)愛媛@道後サーカスbar ワニとサイ

7/25(火)鳥取@米子Liveワンメイク

7/27(木)島根@隠岐の島なかむら旅館

7/29(土)兵庫@姫路ブックカフェギャラリーQuietHoliday

7/30(日)大阪@ゲストハウス木雲

7/31(月)京都@ホホホ座

8/1(火)静岡@浜松エスケリータ68

8/2(水)三重@松坂MOND CAFE

8/4(金)名古屋@天白区トライバルアーツ
8/6(日)東京@東中野キングスガーデン

8/7(月)東京@青山月見ル君想フ

8/9(水)茨城@つくばキッチンソイヤ

8/11(祝/金)福島@Gallery&cafe TOKUZO

8/12(土)仙台@よしぎの

~ボギーのライブ&モンドくんの似顔絵屋さん~

『夏休み!ボギー家族TOUR2017』

福岡の365日お祭り男ボギー(父)、少年画家として活躍するモンド(長男13才)、自由奔放な天晴(次男9才)、アイドル気質の今ちゃん(長女4才)、一家を支える屋台骨ベイビー(母)の5人による自然発生的家族バンド。車一台でロードムーヴィーのように全国各地を巡り、ふれあい、遊び、盛り上げまくる約1ヶ月間のロングツアー。 昼はモンドくんの似顔絵屋さん、夜は家族総動員ライブ!これはニュータイプの旅芸人一家?いっしょに楽しい夏の思い出を作りましょう。

 
ツアーの詳細はこちらから。 
http://bogggey.blog.jp/archives/70672109.html


誕生日なのでモンド(13歳)に自分を描いてもらった。

ボギー43歳



テンちゃん(9歳)にも描いてもらった。

ボギー43歳(天)カラー



どっちもうれしそーにお酒呑んでるな(笑)。 

6月4日。


「ボギー43歳七変化誕生祭」、今年の誕生日は自分の芸人人生をかけて多大な影響を受けたミュージシャンを7人ぶん完全コピーするという企画だった。しかし、それにしても七変化は想像以上にしんどかった。途中マジで死ぬかもと思った。イタコの人だってさすがに一日で七人も憑依させないだろう。誰かの魂を憑依させるということは本当に生半可なものじゃないということを身をもって感じた一夜だった。
DBihJBcVoAAjmTc
 
じゃあひとつずつ振り返ろう。
  
七変化その1、沢田研二。
18835748_1237878949670986_4167382879092977525_n

おれが子供の頃に初めてスーパースターを感じたのがジュリーだった。いまだにあのとき見たジュリーを越えるピカピカのスーパースターはいない。「カサブランカダンディ」と「サムライ」を熱唱。鏡見ながらメイクしたからホクロの位置が逆になってしまった…。
18881822_1237878939670987_7245888654528807664_n
  
七変化その2、知久寿焼(たま)。
18892976_1237879056337642_607528918681352214_n

中学の頃にたまと出会わなかったらこんなにも道を踏み外すこともなかっただろう(笑)。カヨカリで歌う知久さんをイメージしながら「らんちう」と「ねむけざましのうた」を歌った。今まででいちばん知久さんに似た声と空気感が出せた気がする。
18920700_1237879209670960_7213854804083285437_n
  
七変化その3、バービーボーイズ。
18920282_1237879136337634_5593015716344583748_n

ラウンジサウンズ完コピ大会をやるきっかけになったのが、バービーの再結成ライブを見た勢いで組んだバービーのコピバンである。8年ぶりにコンタになった(笑)。杏子役のぼくちくちゃんもバッチリありがとう!「目を閉じておいでよ」「暗闇でダンス」を熱唱。
18882121_1237879233004291_2297263298064472694_n
  
七変化その4、忌野清志郎。
18835782_1237879303004284_5670604195836657283_n

かつてRCサクセションの完コピバンドをやるために8キロのダイエットをして挑んだ。その後10キロリバウンドしたが(笑)、清志郎を歌うことは自分にとってすごく神聖なこと。「わかってもらえるさ」「スローバラード」を歌った。愛をこめて。
18882136_1237879289670952_8934535890659552038_n
 
バービーボーイズと清志郎でかなりの体力を消耗してしまいここからが本当にしんどかった。本気でトライアスロンみたいになっていく。
 
七変化その5、岡村靖幸。
18839298_1237879463004268_1998457319817847794_n

いままで岡村ちゃんからいただいた恩恵は計り知れない。奥村靖幸をやることでたくさんの友達と巡り会えたことに心からの感謝をこめて「どぉなっちゃってんだよ」「聖書」「イケナイコトカイ」「だいすき」を漢方先生&パトラと共に歌い踊る。
18881736_1237879743004240_5330176062625173488_n

岡村ちゃんですでに全ての体力を消耗し尽くしてしまった。満員の会場で照明を浴びながらのステージはサウナのように暑く、早着替えも思ったより時間がかかる(笑)。もう気力だけで後半のステージに挑んでる。 
 
七変化その6、長渕剛。
18881800_1237880266337521_2042230615064560490_n

この日いちばんクオリティの低いコスプレ(笑)でもわかる人にはわかると思うけど「レース」の歌は限りなく完コピだったはず。あとニシくんの為に歌った「ステイドリーム」、ノリでやってしまった「乾杯」。やはり長渕は燃える!
 18835837_1237880219670859_8414520629590319898_n

七変化の最後は北島三郎!
DBiZNhiUQAAKCLN

ボギーが芸道をまっすぐに進めるのもサブちゃんのおかげ。ノンチェリーから借りたスモークマシーンでがんがんにスモーク焚いて漁船に乗りこみ「北の漁場」!
18893427_1237880323004182_2470842456632646679_n
からの「まつり」になだれ込むフィナーレ!これを最後にやりたいがための企画といってもいい。
18920436_1237880416337506_6329392937341744573_n
 
 
「まつり」のあと巻き起こるアンコールに応えて、この日一曲だけボギーの歌を歌った。「青い春」という歌を励みにしながらこの一年を懸命に生きてきた男が会場に居てくれたこと、それが何よりも嬉しかった。
 
写真の姿はあまりにバカバカしいが俺は泣きながら歌ってる。青い春はきっとやってくると。
18951287_1237880436337504_7758147344847988140_n
  
「青い春」のあとさらに鳴り止まないアンコール。みんなが何を求めてるかはわかる…贈る言葉だろ(笑)!?
 
でももう限界はとうに越えていた。たぶんボギ八先生までやったら胴上げされながらそのまま天に召されていただろう。
 
「ごめん、もう無理です」このとき時間はすでに24時を回っていた。
 

ボギー七変化誕生祭にものすごいたくさんの友達がお祝いに来てくれて感激!東京からドンペリ持ってきてくれたセガールさんと漫画家の落合さん。
18838952_1237880556337492_3576316179868420771_n

鹿児島からのニシくんはこの日を誰よりも楽しみにしてくれてた、今夜の企画は彼のために考えたのだ。いっぱい笑って癌なんかぶっとばせ。
18814299_1237880579670823_8472879390150736978_n
 
広島からのタナちゃんはボギーを亀甲縛りするために毎年来る...。
18882296_1237880526337495_8028956569990077922_n

漢方先生&パトラは毎年ケーキをありがとう!!!
18835731_1237880479670833_3483003143259334442_n

ほかにもたくさんのプレゼントや投げ銭をみんなからいただき、感謝感激!!!

愛しかない!!!!   

そのままビンゴラブで打ち上げは続いた、ビンゴは毎年ボギーの誕生祭を全力で祝ってくれる、お客さんからの投げ銭もたくさん頂いたうえに飲み代まで奢ってもらった。さらに看板娘の愛ちゃんは亀甲縛りまでさせられて(笑)ほんと愛しかないなここは。
DBioZVGUAAEyE9J
  
最終的にウエストで朝を迎えた。寝潰れた顔におもいっきりラクガキされたがこれもまた愛である。
18839185_1237880613004153_439988807538433879_n

最後の最後まで残ってくれた8人のおバカさんと一緒に見た燃えるような朝焼けは忘れない。ありがとう!
 DBipSE4V0AAcUYm
 
そして、誕生日に家族をほったらかしてこんなひどいラクガキ顔で朝帰りする父を、いつものこととして迎え入れてくれる家族にありがとう。
DBiqCPfUwAAABRW
 
おれは幸せものだ。 

このページのトップヘ