ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。
ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/
息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/
娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

今年で15年目となる「ヨコチンロックカーニバル」。いよいよ今週土曜の開催に向けテンションうなぎ昇りすべくチンロックの歴史について書いていきます。


IMG_7579

● 2004年に第一回目を開催、出演は、たまの知久寿焼さんや二階堂和美、テクマ!など。このとき出た地元バンドの半数以上が今は解散している。ここからチンロックは始まった。フライヤーのイラストはボギー。 


IMG_7580
● 2005年に第二回目のヨコチンロックフェスティバルを開催、あふりらんぽやオシリペンペンズなど、この頃から大阪のバンドとの交流が深まる。インジャパンが飛び入りデビューしたのがこの年。 

IMG_7581
● 2006年のヨコチンロックフェスティバル。片山省吾、危危と裸裸、ドラびでお、ネハンベース、石橋英子、など、地元勢も含めかなり攻めのラインナップ。保波意キヨシ氏は出演の数日前に急逝され、当日は追悼式をした。

IMG_7582
● 2007年のヨコチンロックフェスティバル。のうしんとう、ペンペンズ、エレクトリックイールショック、クリームチーズオブサン、アストロラブ、などあらゆるジャンルの音楽祭と化してくる。のうしんとう最高だったなあ。

IMG_7583

● 2008年のヨコチンロックフェスティバル。N.YからGANG GANG DANCE来たんだよなあ、さらにザ・たこさん、ガルペプシ、neco眠るなど、わくわくするラインナップ。中国忍者のオリジナルゲームも凄かった! 

 

IMG_7584

● 2009年のヨコチンロックフェスティバル。アウトドアホームレス、クリトリックリス、似非浪漫、など大阪勢が大爆発で盛り上がった!ウーネリーズも、そして一銭めしやや2907831など大牟田勢も大爆発!祭と化す! 


IMG_7585
● 2010年のヨコチンロックフェスティバル。TUCKERで大興奮かつ大炎上!N’夙川ボーイズはデビュー前のギンギン戦闘モードで感動的な名演を見せた!そして命を振り絞って藤井よしえ最後のガロリンズをやり遂げる。

IMG_7586
● 2011年のヨコチンロックフェスティバル。イルリメ、DODDODO、佐伯誠之助、ミルク&ウォーター、など。この年は、藤井よしえの喪失感から立ち直れてないまま東日本大震災、すごく苦しい時期だった。 

IMG_7587
● 2012年のヨコチンロックフェスティバル。出演はパニックスマイル、おとぎ話、ザ・なつやすみバンド、など。自分の中で何かがハジケて「今こそ祭りが必要だ!」と奮い立つ!鮫肌尻子が描いたイラストが全て物語ってる! 

IMG_7588
● 2013年のヨコチンロックフェスティバル。真黒毛ぼっくす、ザ・なつやすみバンド、爆弾ジョニー、クリトリック・リス、さらに劇団ガラパや、サンバダンサー紗彩など、あらゆる面白いものが大爆発した歓喜の祭りだった! 

 

IMG_7589

● 2014年のヨコチンロックフェスティバル。MOROHA、ザ・なつやすみバンド、ゴトウイズミなど。映画「地下音楽現場物語」も上映。この年は獣の匂いのするようなびりびりくるガチ勝負がテーマ。イラストはモンド。


IMG_7590
● 2015年のヨコチンロックフェスティバル。この年は県外からのゲストはズクナシのみ。地元バンドのエネルギーがどんどん増してきたのでローカルパワーがテーマ。イラストは鮫肌尻子。

IMG_7476
● 2016年のヨコチンロックカーニバル。NATURE DANGER GANG、道産子アナルX!イエーイ青木、トーマス、など。この年からフェスティバルじゃなくてカーニバルに変わる。旧ブードゥーラウンジで最後の開催ということもあり、めちゃくちゃな盛り上がりに!イラストはトーマス。

IMG_7473
● 2017年のヨコチンロックカーニバル。キングブラザーズ、クリトリック・リス、ドラ☆美保、酒井少年、など。新ブードゥーラウンジに移転して初の開催ということでいろいろ心配もあったが、蓋を開けてみれば過去最高レベルのお祭りに!!イラストはモンド、題字はボギー。

というわけで、14年分のチンロックの流れをざっと紹介しながら、その年その年でちゃんとやるべきテーマがあり、流れがあり、繋がっているんだなあって思った。チンロックはやっぱり自分にとって、いちばん大事なイベントなのだと再確認した。

  

15年目のチンロックにはどんなテーマが隠れているか?現場に見に来てください!


IMG_7471


『ヨコチンロックカーニバル2018』

10/13(土)@福岡ブードゥーラウンジ

14:00〜24:00

予約2,500円 当日3,000円+1オーダー


<タイムテーブル>


14:30~  オープニングラジオ体操

14:35~ ○ボギー家族

15:05~ ○サイキシミン(佐伯)

15:25~ ■紫川カナシミ合唱団(仮) 

15:45~ ○魚座

16:05~ ■石田ラベンダー

16:25~ ○乾いて候

17:00~ ○肉食パルチザン

17:20~ ■DISCHAAAGEEE

17:40~ ○漢方先生

18:00~ ■林まゆ

18:20~ ○Publics.(京都) 

19:05~ ○Limited Express(has gone?)(東京)

19:35~ ■オッス!オラ和人!(岡山)

19:55~ ○内村耐寒+秋風リリー

20:10~ ○オクムラユウスケ+内村耐寒

20:45~ ○UHNELLYS(東京)

21:15~ ■FUCKER(東京) 

21:35~ ○nontroppo

21:55~ ■カシミールナポレオン

22:15~ ○THE VOTTONES

22:35~ ■ザ・ガーデナーズ

22:55~ ○九州ROCKERS


○メインステージ

■サブステージ


DJ)ボギー

モンドくんの似顔絵屋さん

FOOD)ヤッホーカレー(アトリエてらた)/ふーちゃんのタコライス



チケット予約)yokotin_b@hotmail.com(ヨコチンレーベル)

および、各バンドからチケット予約受付も可です!!

9月30日。

ボギー出演予定だった大分でのイベントも含め、台風の影響で全国各地のイベントが中止になるなか、余裕しゃくしゃくで開催されたアイドルイベント「マンゾク☆メガロポリス」。港のアンベラシュウは海風すさまじかったが台風はテンションあがる。不謹慎だと言われようが上がるものは仕方がない。

8時間の長尺イベントでボギーは出番トリだったけど、イベントは可能なかぎり頭からちゃんと観たい主義なのでスタート時間に会場入り。

しかしまさか二週連続アンベラシュウでモンカレーが食えるとは思わなかったなー。

FullSizeRender

一番目の沖縄電子少女彩さん、初めて見たんだけど喜納昌吉の「じんじん」のカバーがカッコ良くてオオッ!となった。ラウンジサウンズでDJやるときよく流してる沖縄ロック民謡。

IMG_7928

序盤はたくさんのアイドルグループが出ていた。ちょっと外に出たくなって、居場所を求めて台風の吹きすさぶ港を彷徨い、気がつくとファミマの前でビール飲んでるボギーとカシナポK。Kのチンロックにかける熱い想いを聞かされおれも胸が熱くなる。

FullSizeRender

ASAKA⚡︎SHOCK、温度を確実に上げてた!いつもラウンジサウンズで見てたからアンベラシュウだと新鮮!

FullSizeRender

続けて眉村ちあき!今回、彼女と再びの共演が何より楽しみだった。3月にボギー×眉村ちあきで阿佐ヶ谷の小さなギャラリーでツーマンしたときは、1曲ずつ交代のサドンデスみたいなライブだったから見えてなかった彼女の凄さを今夜まざまざと感じた!トリッキーなアイドルとかじゃなくてこの人には確実に天から音楽が降りてきとるよ。卑弥呼みたいやった!卑弥呼見たことないけど。

FullSizeRender

あんなヤバいライブを先にぶちかまされた挙げ句にステージで「前回フルボッコにされちゃったから今夜はボギーさんを倒しにきた!」と戦線布告する眉村ちあき(笑)。おれ、今夜どんなライブやればいいんだろう…。プレッシャーかかる〜。

びぃびぃとくろりちゃんになぜかチェキ奢られた(笑)。人生初のチェキ、照れる。

IMG_7953

イベントは後半になりどんどんアングラ化していく。初めて掟ポルシェさんのステージを生で見れた。ド・ロドロシテル。危なくて楽しい!

FullSizeRender

そのあと続けてカシナポという流れもパーフェクト。

FullSizeRender

「マンゾク☆メガロポリス」の主催者さんたちはタイムテーブルの組み方が絶妙!こんなツーショットが撮れるよう意図的に仕組まれてる(笑)。

IMG_7988

時間も遅くなりお客さんも減ってきたのが残念だったけど「マンゾク☆メガロポリス」は後半すごい良かった。村里杏ちゃんからひとみナルドの流れも最高。両者ともめちゃくちゃポップだしセンス抜群!

FullSizeRender
IMG_7971

この後ボギーだったからギリギリまでセットリスト悩まされたけど、なんとかトリ、無事大団円でやらせてもらいました。弾き語りとオケを交互にやるという普段まずやらないセットリストになったのはやっぱ眉村ちあきに触発されたから(笑)。

IMG_7980
FullSizeRender

<ボギーセットリスト>
ロックンロールのうた
ERIMO岬
おさんぽ
手負いの獣
バカになりましょう
カーニバル
贈る言葉


最後は胴上げ、ありがと〜!

IMG_7976


打ち上げに後ろ髪引かれつつ、9時間ずっとアンベラシュウにいたので最後はくたくたになって家に帰ったんだけど頭はギンギンに冴えてて、huluで映画でも観ながら寝ようと思ったが、うっかり塚本晋也監督の「野火」を観てしまい。もう衝撃的すぎてますます頭がギンギンになってしまった。この映画、すごい!

IMG_7987


刺激的な一日でした。
台風の日に外に出るのもいいもんだ(笑)。命の危険は保証しかねますが。

IMG_5427

● 
コチンレーベルが1年で最もクレイジーがる日!!俺たちが欲しいもの。もっと人間根源に訴える祭りを!!もっともっと生命ほとばしらせる歓喜祭りを!!理屈はいらない。アホなくらい面白音楽がある祭りヨコチンロックカーニバル!!!!



『ヨコチンロックカーニバル2018』

10/13(土)@福岡VooDooLounge

14:00開場 14:30開演 24:00終演予定

予約2,500円 当日3,000円+1ドリンクオーダー

<タイムテーブル>


14:30~  オープニングラジオ体操

14:35~ ○ボギー家族

15:05~ ○サイキシミン(佐伯)

15:25~ ■紫川カナシミ合唱団(仮) 

15:45~ ○魚座

16:05~ ■石田ラベンダー

16:25~ ○乾いて候

17:00~ ○肉食パルチザン

17:20~ ■DISCHAAAGEEE

17:40~ ○漢方先生

18:00~ ■林まゆ

18:20~ ○Publics.(京都) 

19:05~ ○Limited Express(has gone?)(東京)

19:35~ ■オッス!オラ和人!(岡山)

19:55~ ○内村耐寒+秋風リリー

20:10~ ○オクムラユウスケ+内村耐寒

20:45~ ○UHNELLYS(東京)

21:15~ ■FUCKER(東京) 

21:35~ ○nontroppo

21:55~ ■カシミールナポレオン

22:15~ ○THE VOTTONES

22:35~ ■ザ・ガーデナーズ

22:55~ ○九州ROCKERS


○メインステージ

■サブステージ
 


DJ)ボギー

モンドくんの似顔絵屋さん

FOOD)ヤッホーカレー(アトリエてらた)/ふーちゃんのタコライス


チンロック2018うら


LIVE)


Limited Express(has gone?)(東京)
IMG_7072
京都〜東京のオルタナティブ・パンクシーンに影響を与え続ける重要なバンド!!ジャンクでポップな演奏と、Vo,YUKARIの身を削るような爆発的パフォーマンスはフロアをカオスに変える!

FUCKER(東京)
IMG_7071
東京のアンダーグラウンドを代表する老舗レーベル、less than TVを主宰する谷ぐち順による、涙が出るほどの漢気と哀愁に溢れたハードコアパンク・フォーク!!

UHNELLYS(東京)
IMG_5408

ロック、HIP HOP、JAZZの垣根を飛び越えるなんて今じゃ珍しくないけど彼らの飛び方は予測を遥かにオーバー!!研ぎ澄まされたグルーヴで世界中をウネらせてきた真のライブバンド!!
 


PUBLICS.(京都)
IMG_8518

京都発ニューウェイブ・ポストパンクバンド!!ブッ壊れた様なシンセとドラムによるソリッドなビートにVoフミキの奇怪かつ官能的な痙攣ダンスの衝撃が忘れられない!!九州初上陸!!!

 


オッス!オラ和人!(岡山)
IMG_8520

各地で数々の伝説的パフォーマンスを残して来た岡山の珍獣が遂に九州初上陸!!本当に振り切れたヤバイものに出会ってしまった...。めくるめくド阿呆なステージングに悶絶して笑え!!!
 


カシミールナポレオン(魔界)
IMG_8668

魔界からやって来た世界でいちばん激安なヴィジュアル系、という変わらない味を守り続けて20年!!愛されている。そして俺が知るかぎりこの世で最も笑わせてくれる悪魔。
 


サイキシミン(佐伯)
saiki

ライブハウスどころかアンプで大きな音を出せる場所すらない町で、溜まり溜まった怒りと悦びを叫ぶ大バカ野郎4人によるピュアスピリッツ・ロックンロールバンド!!!
 


nontroppo
nontroppoアー写2018

結成19年、メンバーチェンジは数知れず。この日で鍵盤脱退の為またしばし活動休止なんでトロピカル・ダンスミュージックでタテヨコナナメにユラせトロかし踊り貯めさす覚悟!!!
 


オクムラユウスケ+内村耐寒
オクムラユウスケ+内村耐寒 のコピー

表現の限界を軽く越える化け物2人が身体能力を使いきり全身全霊で生命をほとばしらせ、チンチンが勃つ感動を叫ぶ。一線を越えたハードコアパンクの先には五感が喜ぶ世界が待つ!!!
 


内村耐寒+緒方祐香(秋風リリー)
IMG_3113

今年のチンロックは耐寒祭りの様相!!8ビートの鬼神・内村耐寒による太鼓と、わがままなボデーを惜しげもなく舞い狂わせる本能直下形ダンサー緒方祐香による肉弾バトル!!!

 


THE VOTTONES
VOTTONES のコピー

最もうるさくて最も暴れさせてくれて最もバカで愛があるロックバンドがボットンズだと思ってる。言葉はなんにもいらない、俺達が大好きなロックンロールがここにある!!!!
 


九州ROCKERS
KYUSYUROCKERS

シゲちゃんは世界でいちばん美しい金玉を持ち、チンロックにむけて金玉をいつもぴかぴかに磨いている。シゲちゃんの金玉は本当に素晴らしい!!今年のチンロックはヤツラが大トリだ!!!
 


ザ・ガーデナーズ
ガーデナーズ のコピー

フィドル+ギター+ジェンベによるミクスチャー・アイリッシュミュージックを奏でる3人。とにかく酒が美味くなる!!とにかく踊りだしたくなる!!お祭りを楽しく彩る音楽を!!!
 


DISCHAAAGEEE
IMG_8602

初めて見てその天然の天才ぶりに衝撃走る!!激烈パッションで踊るダンスミュージック!!!元々ドラマーだったけどメンバー全員抜けたのでひとりでやり始めたというその経緯も最高!!
 


肉食パルチザン
IMG_8833

ベース+ドラム+SMダンサーというインパクト強烈な編成でステージ上を酒池肉林の宴に変えるハードコアバンド!!歌ってる内容はすべてお肉が食べたいということについて!!!
 


漢方先生
IMG_8831

パンチの効いたダイナマイトな歌声とソウルフルなおっぱい!!そしてド迫力なプログレハードロック歌謡でフロアを酔いどらせる酒の女神・漢方先生!!肉の神様チカラ氏も広島から降臨!!
 

ボギー家族 
ボギー家族

ボギー、モンド、天晴、今、ベイビーの5人による自然発生的家族バンド!!車一台で全国を演奏ツアーしながら現場で育てられたそのグルーヴはとにかく自由!!そしてPUNK!!!
 

乾いて候
 
IMG_5423

華もある色気もある。そして若さもある。熱線で焼いて切り裂くようなギターとドラム、ただただシンプルにかっこよさを追究する姿勢が眩しい大牟田産ロックンロール!!!
 

石田ラベンダー 
IMG_5019

可憐な容姿とは裏腹に何か飛んでもない狂気を孕んでるSSW。彼女の浄化作用抜群な澄んだ歌声と湧き水のようなメロディにぐっと惹き付けられては、ポンッと狂気に突き放されるだろう。
 

魚座 
IMG_5405

夢見るようなロマンティックと、突き放した現実味を音にする福岡ポップミュージックの至宝。その何気ない味わいは年輪を重ねるごとに凄みをさりげなく増しひょいと唯一無二の所に立つ。
 

紫川カナシミ合唱団(仮) 
IMG_5406

HIP HOPと演劇とアイドルを組み合せた集団で元々メンバーめちゃ多かったけど、次々辞めて今3人。しかも解散中...。でもなんかやらかしてくれそうな期待と不安はピカイチ!!!
 

林まゆ
IMG_5407

ダンスと歌と謎のパフォーマンスで心を鷲掴み、一線を越えるギリギリのところで笑いに昇華する狂気のエンターテナー林まゆが、長い長い沈黙を破りついに復活を果たす!!ドキドキ!!!
 

モンドくんの似顔絵屋さん 
FH020031

生まれた時からブードゥーを庭のように遊んでたモンドも15歳。そんな彼の原点となるのはVooDooの片隅で始めた似顔絵屋さん。いつものように今年も描きます。
 

FOOD)
ヤッホーカレー(アトリエてらた) 
terata

かっこ良くてバカな大人が集まる六本松の名店アトリエてらたの名物ヤッホーカレーがブードゥーで食える!ドバッと汗かくスパイシーさと後ひく旨味!
 

ふーちゃんのタコライス 
TACORICE

ボットンズのふーが沖縄で食べ歩き、味の研究を重ね、こだわりの食材で仕上げたブードゥー名物のタコライス!
 

DJ)
ボギー
ボギーアー写2017 2

確かな信頼と実績を誇り続けて22年、ヨコチンレーベル代表。この日は司会にDJに自身のライブ、さらに打ち上げは朝までギンギン盛り上がる気マンマンの44歳。

イラスト)
natunatuna(なつなつな)
IMG_7471

 

今年のフライヤーデザインをしてくれたのは茨城のイラストレーターnatunatuna。彼女のタッチに惚れてお願いしたんだけど、素晴らしい絵を描いてくれました。毒々しくも美しい花たちが素っ裸で踊ってるこの絵、まさにチンロックを象徴してて最高!

チンロックタイムテーブル
 



※出演を予定しておりましたthe hatchの出演は一身上の都合によりキャンセルとなりました。楽しみにしてた皆さん申し訳ありません。


代わりに急遽、Limited Express(has gone?)とFUCKERが出ていただけることになりました!漢気と友情に乾杯!!!




公演チケットのご予約
ご予約は公演名、お名前、電話番号、枚数を明記の上こちらのEmailまでお願いします。
yokotin_b@hotmail.com     
※予約メールには必ず返信していますので、もし返信がない場合は届いてない、もしくはそちら側の迷惑メールフォルダーにはじかれてしまっている可能性があります。お手数ですが、もう一度送ってみてください。 

9月25日。

ラウンジサウンズ、鹿児島のニシくんにもらった大漁旗を今夜も受付に飾っている。お客さんたくさん来てくれますように。

FullSizeRender

リハが終わったバンドから順に飲みに行くのがラウンジサウンズ名物の前打ち上げだ。今夜も盛り上がり!出演者だけじゃなくお客さんも前打ち上げに参加しだしてる(笑)。ぜんぜん良い!

FullSizeRender

居酒屋の楽しい空気のままブードゥーラウンジへ戻る。今夜の受付は鹿子ちゃんだ!

FullSizeRender

会場の雰囲気が最初から良い。わくわくが渦巻いている。

一番目はトニーガーデナー。酔っ払いすぎたお客のアンリくんが椅子持ち上げて踊り出した。アンリくんそのノリはまだ早い、早すぎだ(笑)。そのままステージにメンバーとして上げ、さらに対バンの田代くんをドラムとしてステージに上げ、即興で即席バンドを作ってこの難をしのいだトニーくん素晴らしい!

IMG_7816

二番目はnisaiくん、せっかく良いMCしてるのにいちいち「イェーイ!」ってアンリうるせぇ!でもnisaiくんの歌良かった。

IMG_7817

三番目はキドリーヌ、またもやステージに飛び込んだアンリをさすがにステージから引きずり下ろした。飛び入り方にもいろいろある。今のはダメだ。でもべろべろに酔っ払ったアンリは俺の耳元でこう言った「いつになったら僕はSEXできるんでしょうか?!」その切実さに泣けた。早く童貞捨てさせてあげなきゃコイツ壊れる。

IMG_7821

ラウンジサウンズ初登場のMIYAKOめちゃ良いやん!小林ボードウォークと田代裕之がバンド組んだってだけで期待はしてたけど、ライブ2回目でこれなら一年くらいちゃんとやったらえらいバンドになりそう!フロアもわいわい盛り上がってた。アンリは頭をぐりんぐりん振り回してた。

IMG_7836

トリはギターとドラムが交互にポジションチェンジするDICKO。なんでそんなスタイルになったかというと、ほんとは二人ともドラム叩きたかったからという(笑)。可笑しいよね。でもかっこいい!

IMG_7854

終演後、ステージの前ではアンリがブッ潰れていた。

IMG_7856

ラウンジサウンズはたまにひとりのお客さんがストーリーを変えていく夜がある。ハタ迷惑な場合もあるが、大抵はミュージシャンの度量で面白い方向に転がることが多い。おれはそんな夜がなにより愛おしく思う。


打ち上げは居酒屋ウエストへ。これまためちゃくちゃ楽しかった。少しシラフに戻ったアンリくんはライブ中のこと何も覚えちゃいなかった(笑)。

IMG_7860

つぶ貝を指の間に挟んで「アンリくん!これ見て!エロい!エロい!」と深夜の居酒屋ウエストで大騒ぎしていた俺と鹿子ちゃん。たぶん頭がどうかしてたんだと思う。いま見たら1ミリもエロくない…。

FullSizeRender

つぶ貝に加えて指の関節にケチャップをぬり、熱々のポテトフライを挟んだバージョンでも大騒ぎ。

FullSizeRender

これのどこがどうエロいというのか?たしかに俺は酒に酔っていたが鹿子ちゃんはウーロン茶しか飲んでないはずだ。

9月23日。

佐賀RAG-Gに数年ぶりに呼んでもらった。感謝祭とのことで昼から入場無料。

FullSizeRender

入り口でモンドくんの似顔絵屋さんを。

FullSizeRender

テンちゃんと今ちゃんは目の前の神社で鳩に餌を延々とやり続けて遊んでいた。のんびりした日曜日。

FullSizeRender

共演はフラメンコやブルースバンドなど熟練の先輩方ばかり。お客さんも。その中でゲストとして呼ばれたボギー家族がいちばん若手であった。こういう現場もなかなかに新鮮だ。

FullSizeRender

結果的にボギー家族のライブはめちゃくちゃ盛り上がった!CDもたくさん買ってもらえたし、お客さんからお酒もいっぱいご馳走になってしまった。年配の方から「人生観が変わった!」とさえ言われた(笑)。

FullSizeRender

ボギー家族のライブをただのほのぼの家族バンドと思ったらそれは大間違いなのである。

FullSizeRender

RAG-Gのゆみこさんやヤノくんと久しぶりにゆっくり話できた。佐賀はこの数年で若いバンドが激減しているらしい。学生たちはみんな就職のことで必死で余裕がないという。音楽って余裕があるからやるってもんでもないと思うけど。
帰りにこってりしたラーメンを食ってしまい胃もたれ。俺も余裕はない(笑)。

FullSizeRender





このページのトップヘ