12.9(月)「MUSK SOUNDS」のレポ。 

この日はMUSKにて、ドラびでお+若林美保さんの「ドラ☆美保」を招き開催。ボギーは、新たに新メンバーayaちゃんを加えた「ボギーのアルコールメモリーズ 」で出演した。 


まずは1番手、坂上ヨシキ&ayaちゃんによる即興デュオ「no black ballerina」。コントラバスと鍵盤による極端に音数の少ないインプロ、とうぜん会場はシーンと聞き耳を立てる。この音楽はどこに着地するんだろう?と行き先を耳で追う。 

そのままステージにボギーとchangさんがスッと入り込み、そのまま「ボギーのアルコールメモリーズ」演奏開始、この流れは坂上ヨシキ&ayaちゃんがそのままメンバーだからこそできる構成だ。 

1457749_677580885597471_2063795167_n


「ゴダールバカ」「鳥の家」「ヌーディストビーチ」「蚊帳の外」の4曲。 

「蚊帳の外」は高松彩ちゃんとのデュエットソングへと生まれ変わった。「鳥の家」と「ヌーディストビーチ」はnontroppoの曲だけど、アレンジを変えてまた新しい雰囲気になった。おれは同じ曲をいろんなバンド、いろんなスタイルで何度もアレンジを変えて演奏するんだけど、曲は出来上がったら完成じゃなくて、常に変化や進化があっていいと思ってる。だからnontroppoの曲を他のバンドでやることにも、同じ曲を何度もレコーディングすることにも、なんの躊躇もない。 

曲って常に生きてると思う。 

よく「昔の自分の曲は聴かない」って人いるけど、それってなんだか曲が可哀想だなと思う。


あ、話が逸れた(笑)。 



とりあえず「ボギーのアルコールメモリーズ」はとっても良いバランスの4人が揃ったなと思う。このバンド編成は来年も続けたい。 


3組目は「freedom set」、今夜はトコトン静かで大人っぽい流れなのだ。いつも以上にペペのギターがエロく聴こえたのは気のせいだろうか(笑)? 


4組目「火の馬」、ここまでの静かな静かな流れを大きな鎌で引き裂くような演奏。良い流れ。ダンサーの星野さんの目が怖かった。なにもそんなに怖くならんでもってくらい怖かった。


そして、いよいよ「ドラ☆美保」なのだが、その前に一楽さんがソロで「ドラびでお」。やはり今夜も最高にヤバくて、初めて見たお客さんたちが度肝抜かれて歓声を上げてる。その反応が主催者としてはとっても嬉しいんだけど、過激な映像ネタを使ったパフォーマンスは封印するらしく、福岡では今夜が見納め!なんとも勿体ない。しかし一楽さんいわく、新たなシステムを導入し、次からはもっとスゲーヤバイことになる!らしい(笑)。 
期待してます! 

盛り上がったところで「ドラ☆美保」!若林美保さんいきなりお尻丸出しのナース服で登場、え、え、エロい....。そのまま、天井からロープで宙づりになり、くるくるくるくる回る。おれ、最前列でみたよ。美保さんがナース服を脱ぐ、目の前できれいなお尻が回ってる。こんな近くで回るお尻を凝視してたら、なんだかそーいう美術作品にすら見えてくるのだ(笑)。 

DSC03868
 

一楽さんの息を呑む音楽と、若林美保さんの息を呑む身体によるインプロ。JAZZピアニストの指に裸体を弾かれるようなイメージになったこの写真!これぞエロス!! 

DSC03880




ん〜〜〜、素晴らしく官能的なインプロでした。拍手喝采! 




打ち上げも楽しかった〜。串カツ屋「満マル」にて。 

DSC03888

DSC03890



美保さんが作ってくれた「おしぼりちんぽ」をうっとりした表情で見つめるペペ伊藤(笑)。


DSC03894 のコピー
 
DSC03893