12月21日。 


広島スナックボギーの翌日、高速バスで防府のbar印度洋に移動。印度洋もまた「ここなら何やっても大丈夫!」と確信もって行ける場所である(笑)。 

印度洋のトイレにはバンドのフライヤーが所狭しと貼りまくられており、上から上から貼り重ねられるため一時期はタイルの壁がまったく見えなくなっていた。 

しかしあまりにもフライヤーだらけだったから少し整理したんだろう、ずいぶん剥がされて少しだけ綺麗になっていたんだけど、ボギー関連のフライヤーだけはそのまま残されている。 

「青い春」ツアーの時のフライヤー(3年前)。 

DSC06383



ノントロッポで来た時のフライヤー(8年前)。 

DSC06385



「アルコールメモリーズ」ツアーのフライヤー(去年)。 

DSC06384



「ハイコレ104」のフライヤー(4年前) 

DSC06386





これらはたまたま残ったのではなく、わざわざ残してくれてるのを感じるのだ。 
愛すべき印度洋。 


印度さんに挨拶し、しばし談笑のあと「じゃそろそろリハやる?」って感じでリハ開始。主催者のしんいちくんが遅れて到着、共演の原田茶飯事も到着。 

「前打ち上げ行こうぜ!」って誘って、カキ小屋「ウミコヤ」へ。 
ここは山中くんが働いているから一度いってみたかったのだ。 

カンパーイ!!! 

DSC06377



サイコー!!!! 

0vgGj




もうこのまま帰ったって充分満足なのだが(笑)。 


印度洋へ戻り、イベントスタート。 
山本初子、ミワさん、足袋猫ちゃんと、共通する雰囲気をもった女性シンガーが3人立て続けで、すっかり気持ち良くなってしまった。良い音楽に浸る。 

ここは少し、昔の「照和」に雰囲気が似てるんだよなあ。

DSC06381
 

そのあと乾家、SPACEGRINDER。 
原田茶飯事は歌としゃべりで会場を暖める。 
茶飯事はさすがやね。 

DSC06390



イイ流れでバトンを貰い、ボギーの出番。 
この日、調子バリバリ良かった(笑)。 

でもなんでだろう。 
あんまし記憶が無いのはやっぱり印度洋の魔法なのかな。 
写真も無い(笑)。 


最後は印度洋のマスター、印度さん。 
サイケデリック演歌を1曲20分歌い上げた。 

DSC06392




防府はいつ行っても楽しい。 
そして呑み過ぎる(笑)。 

印度さん、主催のしんいちくん、ありがとう! 


そのまま打ち上げ焼き鳥屋。 
この日ホントに寒い夜で、外は吹雪いていたから、こーやってわいわい呑むのは身も心も温かい。 

1393641_770233263057111_2214429756619631838_n



隣りの席で呑んでた焼き鳥屋の常連客らしき良い顔のじいさん。 
べろべろに酔ってて、店員から何度も「早く帰り!」って怒られてた。 
「あと一杯!」っておねだりするじいさんを店員数人で無理やりタクシーに押し込めてやっと帰すも、10分後に「もう一杯!」って雪まみれでまた戻ってきたのめちゃ笑った。 


なんか、それはすっごい記憶に残ってるんだけど、あと全然記憶無い。 

デジカメに入ってた写真、おれと印度さんがイ〜イ感じで呑んでる写真ばっかりやった...。 

DSC06395
DSC06394
DSC06400



最高やな(笑)。 




このあと、しんいちくんの家に泊めてもらう。 
松山のSPACEGRINDERさんと、NYから来たペットボトル人間の野乃子さん、高知の足袋猫ちゃんと、福岡の俺。刺身をつまみながらビール呑んで、そのまま寝つぶれてしまった。 

雑魚寝。 
 

誰ひとり若くないけど、まるで大学生に戻ったみたいだったなあ(笑)。