ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

2014年02月

2月11日。 

東京ツアーはいつもクリ&シンちゃん夫妻の家に泊まらせてもらってる。お礼にお昼ご飯はいつもご馳走するんだけど、今日は小さなロシア料理のお店でボルシチ食べた。生まれて初めて食べたボルシチは寸分の狂いも無く予想通りの味だった(ふつうに美味かったよ)。 

今日はとても寒い日だ。 
ボルシチで身体を温めた後は、銭湯に行ってさらにまた温めた。あ〜極楽。 


今夜は西荻窪アートリオンでライブだ。西荻窪はとても好きな街並み。ここは西荻窪の焼鳥ストリート、良い匂いする店がいっぱい並んでる。住むならこんな街が良いなあ。写真撮ったらヒップホップの人が雑誌のインタビュー記事とかで使いそうな写真になった(笑)。 

DSC05175 のコピー




ex.たまの石川さんのお店「ニヒル牛2」にも行ってみた。 

DSC05172

可愛いものやヘンテコなものがいっぱいあった。来月、石川さん福岡に来るよ!ハイコレで石川さんと共演、楽しみっ! 

ハイコレ石川



クリとシンちゃんと3人で「戎」で乾杯! 

sBsFq



丸々とした可愛い形のイワシコロッケがヤバい。うめー。 

rDnRB




気持ちよ〜くなってアートリオンに戻る。今夜は高田リオンくん、江崎 掌くんと共演だ。ふたりとも真っすぐな目で、真っすぐな歌を歌ってた。おれはいつも斜めから歌うタイプなので新鮮な共演だ。 

DSC05207 のコピー




くじらの杉林さんが観に来てくれた、しかも最前列でやさしい笑みを浮かべながら見てくれてる。 

トリだったのでずいぶんたっぷり歌った。 

DSC05180



たっぷり歌ったあと、お客さんから「あっという間だった」と言われるのはとても嬉しいことだ。 

杉林さんが終わった後に黙ってぎゅううっと握手してくれた。その握手にすごく気持ちがこもってて、嬉しかった。昨年出会ったミュージシャンの中でも杉林さんのステージにはとても刺激を貰ったので、こうやって繋がれたことに感謝。 

DSC05205 のコピー






セガールさん夫妻が遊びに来てくれて、帽子をプレゼントしてくれた。「あんま似合わなそーなやつを買ってきたよ」なんて言いながら(笑)。かぶったら、似合ってた(笑)。 
セガールさんの奥さん、超美人っ!!! 

1897666_532270530219626_244192519_n




そんでそのままセガールさんに拉致されて、エスニック料理屋でたらふくご馳走になり呑み潰れた。セガールさんを一言で紹介するなら、おもろいおっさん(笑)。いつもあざーす!!!! 

DSC05211




酒に始まり、酒に終わった西荻窪。 
ああ、楽しい。毎日が楽しいよ。 



つぎの東京ツアーは、3/3に溝の口でボギー。 
3/28に新宿レッドクロスで東京ノントロッポです。

2月10日。 


可愛いネコちゃんが起こしにきてくれた。 

NTFhg



いろんなとこに泊めてもらうけど、ネコいる家も多く、それで慣れたのかネコアレルギーが治ったみたい(笑)。もうぜんぜん平気。目が覚めたら知らない天井って好きなんよね〜(笑)。 

jtUTd




クークー店長には泊めてもらっただけじゃなく、車で青山まで送ってくれた。どこまでも良い奴だぜ。途中でコロッケ定食を食べたりしながら、いっぱい話をした。やはり趣味が合うんだろうなあ。自称音楽好きな人たちが大体みんな「好き」って言う某バンドとか某ミュージシャンを、おれたちは“なんだかキモチ悪い”という意識で共通してたのも嬉しかった(笑)。 



青山到着、クークー店長とお別れし月見ルへ。月見ルはブッダ店長にいつもお世話になってる。ボギーが喜んだり、びっくりしたりするようなブッキングをいつも考えてくれるブッダくん。ブッキングに愛を感じるのだ。 


この日は、台湾から熊寶貝樂團、橙草orangegrassという2バンドの来日ツアーでもあり、彼らは台湾では人気のあるインディーバンドらしい。普通に日本でも居そうな(いや、イギリス寄りかな?)ギターロック〜シューゲイザーロックで、音楽的にはガツンとくるような新しさは無かったんだけど、カッコ良かった。つーか台湾の男女、めちゃくちゃ顔が小さくて、スタイルがシュッとしてて色っぽい! 

 

とくに橙草orangegrassって台湾のバンドのベースの女の子がすんげー可愛くてドギマギした。モンドのポストカードを10枚買ってくれたよ〜。 

DSC05164 のコピー



橙草@青山 月見ル君想フ 
http://www.youtube.com/watch?v=hrLLUYg1Z2o 


ライブ終わったメンバーに「ナイスミュージック!」と声を掛けたら「ナイストゥミーチュー」と返された....おれの英語力、こんな簡単な会話すら通じないのか(苦笑)。 




日本勢では初めて共演したシーナアキコと薔薇の木、めちゃステキな音楽〜。難しいプログレッシブな展開をさらりと聴かせ、熱いファンクのグルーヴをベースに、童謡みたいな大人も子供もわくわくさせる上等のポップミュージックに仕上げてた。 

完全におれ好みの音楽〜〜〜!!!! 

DSC05127




こーいうホントにホントの音楽に出会えるとおれは嬉しくて負けん気がでる(笑)。テンションがぐんぐんあがる。今夜はやったるでぃ!という気持ちがモリモリ湧いた。 


おかげでライブは最強モードに!見てこの顔、このポーズ(笑)!!弾き語りでこんなジョジョみたいな写真になっちゃう状況を想像すると可笑しいよね(笑)。アホやん。 

1899895_458519087606980_413730753_n



最後は「ERIMO岬」からの「贈る言葉」という鉄板芸。ボギ八先生で台湾のバンドたちが肩組んで笑ってる姿が嬉しかった。贈る言葉が国境を越えた瞬間!! 

1619419_458138344311721_665703953_n

7eFD3




台湾のバンドたちから 

「最後の曲(贈る言葉)は貴方の曲ですか?」 

と聞かれたので「YES!」と答えたら、 

「OH!COOL!」と褒められた(笑)。 


そんな台湾のバンドマンたちが猛烈に反応したのがモンド画伯のポストカード。「アメージング!!!!」と叫びながら買いまくってくれて、なんと90枚売れ(笑)!100枚持ってきてたのが残り2枚に…。 

モンドの絵も国境を越えた! 

DSC05161


アルコールメモリーズも買ってくれた、台湾の工場でプレスしたCDがまた台湾に帰って行くなんて、なんだかステキな気分だよ(笑)。 

1896883_458497340942488_508717413_n



イベント終了後の集合写真、日本と台湾のバンドマンが半々、でもこーやって写真でみると誰がどっちの国だか分かんないよね(笑)。 
音楽で仲良くなれた夜。 

DSC05155 のコピー





台湾のバンドマンたちはみんな可愛いだけでなく。愛嬌もあって打ち上げも最高に楽しかった!お互いに分かり合おうと一生懸命カタコトの英語やジェスチャーで会話したけど、内容はすべて下ネタだった(笑)。 

「変態」「痴漢」「AV」「汁男優」なんて言葉が飛び交う。 

下ネタも国境を越えた!!! 

DSC05170 のコピー




実に愉快な夜だったな〜。 

明日はツアー3日目、西荻窪でしっぽりいくぜ!

2月9日。 

前日の東京はすごい雪の影響で飛行機が欠航になってたみたいだけど、今日はもう雪降ってないみたいだし、大丈夫だろうと思って空港行ったら、甘かった。めちゃくちゃ混雑してる。やはり雪の影響。福岡は雪どころかとくに寒くもないもんでなんか実感わかない(笑)。乗る予定の便はなんと、さ、さ、三時間おくれ...。まじか。 

羽田から浦和までどのくらいかかるか計算する、ライブスタート時間にはギリギリ間に合いそうだ。あまりにも暇なので普段絶対に買わないような週刊現代とか買って読む、八代亜紀の特集にグッと来た(笑)。 


空港は搭乗待ちの人々の苛つきや、ため息、舌打ち、などなど空気が荒んでて嫌だなあ。やっと搭乗案内はじまった瞬間からみんな目がギラつき、我先にと乗り込もうとしてる。不思議だ。どうせ全員乗るまでは飛行機は飛ばないのに。 

おれはあとからゆっくり乗ろう、こんな時こそ気持ちのゆとりが大事。 



6時間がかりで、やっとこさ東京に着いたー!これだけですでに達成感ある(笑)。そこからモノレール、山手線、東北なんとか線と乗り換えて、浦和に到着したのは実に開演30分前だった。ギリギリセーフ!!! 

っていうか。雪、ぜんぜん積もってない。道のはしっこにちょこちょこある程度だ。 

DSC05106




今夜の会場、浦和クークーバードは、昨年12月に初めて行って、すごく気に入ったハコ。カウンター数席しかない小さな小さなバー。まずは芋のお湯割りを貰ってほっと一息。クリームチーズの味噌漬けも美味い。 

DSC05108




この日は、店長夫婦が鍋を用意してお客さんたちへ振る舞ってくれた。お肉いっぱいの美味しい鍋、ありがとう! 

DSC05113




寒い中お客さんもたくさん来てくれて、クークーバードはポカポカ温かい。ライブは2部構成でたっぷり2時間あるので、お客さんたちとの対話を楽しみながら、ゆっくりじっくり一緒に空間を作り上げれた。 

DSC05117 のコピー



最初に面雀(単語が書かれたカード)でお客さん全員にあだ名をつけることから始まった。のぼせ、土下座、パイパン、もっこり、カス、ビジネス、ゲロまみれ、濡れ、などなどみんな酷いあだ名(笑)。おれは「身も心も三流」というあだ名を引いた。この時点でミラクルな夜は約束されていたのかもしんない(笑)。 

1896783_457594071032815_1370245361_n




歌いながら、今日は無敵だと感じる夜がある。今夜のようなライブをしてる夜だ。 


クークーバードのあの密着感だからこそできる究極の密室芸。 
クークーバードに集まる人たちが素晴らしい! 


めちゃくちゃ盛り上がって、そのままみんなで外に飛び出して記念撮影&雪合戦。 
この写真が、この夜の匂いを全て物語ってるね(笑)。 


DSC05121 のコピー




クークーバード、これからもお世話になり続けたいお店。どうぞ今後ともよろしくね。 




打ち上げは近くの中華居酒屋に移動して、朝の5時までずいぶん呑んだ。おれは、酔いつぶれて寝ちゃったらしい。 


BgDjkmDCUAA_t5D




そのまま、店長の家に泊めてもらった。 
明日は月見ルでツアー2日目、初日から全力出しきっちゃったなあ、いつものことだけど。

ボギー、溝の口(神奈川)でライブ決定!その昔、照和時代の仲間だったTHE LOVEの勝男さんが企画してくれためちゃおもろそうな夜です。

溝ノ口


3/3(月)@溝の口12bunch
「ボギーのご当地復興イベント!12bunchを盛り上げに来たよ!」
~男だらけのひな祭り大会 ポロリもあるのかな!~
open 18:00 start 19:00
2000円(2ドリンク付き)
出演)
ボギー(nontroppo / 東京ノントロッポ)from福岡
CECIL GOGGLE(THE GOGGLES)from福岡
POOJIKA(THE JAPONICANS)
原しゅうじ(元・照和ブッキングマネージャー)from ex.福岡
主催)中村勝男(THE LOVE)from ex.福岡




以下、えらい長いけど読めばきっと行きたくなる勝男さんによる紹介文(笑)。

ナカムラ☆カツヲ(FROM:THE LOVE)がたまたま企画する、ご当地を盛り上げようライブ第一弾!

「ボギーのご当地復興イベント!12bunchを盛り上げに来たよ! ~男だらけのひな祭り大会 ポロリもあるのかな!~」 

※・・・すいません、なんかいい案があったら言ってください。

九州音楽シーンの奇才ニ傑が何故か溝の口に集結!

フィッシュマンズのトリビュート・アルバム参加を始め、様々なフェスや有名ミュージシャンとの共演の中でその圧倒的存在感を示してきたトロピカルバンド、「nontroppo」を率いるVO.Gのボギーがソロでたまたま神奈川県は溝の口の付近を通りかかった所をGET!

From:FUKUOKA。

音楽という型にとらわれないその表現方法は多岐に渡り、観る者達の心を揺さぶる事は必至!
川崎KIDS達は是非この機会にその百戦錬磨の豪傑の息遣いに触れるべし!

「nontrpppo」のマイ・スペース
https://myspace.com/nontroppl

ボギー主催のレーベル「ヨコチン・レーベル」
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/8256/contents.html

ボギーの岡村靖幸のコピー(出来が良すぎて事務所社長が噂を聞きつけて来観、その後本人と接見、サイン入手。マジか!)
https://www.youtube.com/watch?v=-hjfUFjPeM4

ボギーのRCサクセションのコピー
https://www.youtube.com/watch?v=LoUPzmq8wYE

今回はボギーソロのトーク・アンド・ライブ!そのゲストには、和製ラトルズの呼び声も高い「THE・GOGGLES」のG.CHO、セシル・ゴーグル氏がたまたまストーンズのライブ帰りに溝の口近辺をうろついていたので捕獲!
ROCK・アートに造詣が深いセシル氏をトーク・ゲストに迎えてマニアックなおもしろロック動画の試聴、解説を行います!

From:FUKUOKA!

・・・別にこのイベントは福岡県人会では無いぞッ!

集え、川崎のROCK好きシニア達よ!3月3日は「I don't like Mondays!!」だ!彼ら二人のその圧倒的音楽知識に酔いしれ、そして明日の仕事の活力にすべし!線路に飛び込む前に会社なんて爆破シロォ!ヽ(`Д´)ノ

セシル氏が加入するバンド「THE・GOGGLES」のホームページ
http://ampgallery.wix.com/the-goggles

セシル氏経営のいい感じのカフェ「アトリエてらた」(福岡だけど)
ヤッホーカレーが美味!
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40029150/

「THE・GOGGLES」のJ-WAVEでのスタジオ・ライブ(ベース:トラで私が弾いております(汗))
https://www.youtube.com/watch?v=1XazSWwoE2A

そして、福岡からやってきた川崎と縁もゆかりもないそんな二人を快く盛り上げてくれるのは、埼玉からやってきた紅一点、ロハスなユニット「POOJIKA」

ホント川崎と縁もゆかりもねえな!

ギターのタダフジカ氏はオーセンティック・スカバンド「JAPONICANS」やこわれものの祭典への定期出演など、独自の視点から音楽活動を続けている好青年!

こわれものの祭典・月乃光司氏による朗読パフォーマンス。ギター演奏タダフジカ。
https://www.youtube.com/watch?v=iEwvcRt_3U0&list=PLPvpII16kVz4tVEX0U51_8y_d0vU6wfSq

「The Japonicans - Monkey Peach 」
https://www.youtube.com/watch?v=ZWQd8b-pMc8

「Poojika"おかあさん" 」
https://www.youtube.com/watch?v=2L2QhfdXheg

・・・ふぅ。

これでとりあえず終わりかな・・・、と思ったら、緊急参戦でオープニング・アクトを努めてくれる事になりました、ボギーとは20年来の盟友である原しゅうじ(The Spring Rolls)!

ボギーと私が福岡の老舗ライブ喫茶「照和」にたむろしてウダウダやってた時に一緒にウダウダやってたシンガー兼ブッキングマネージャー!早稲田卒!プロレス大好き!
現在は高校/塾教師という側面も持つ、仲間内では珍しく社会的地位のある職を持つインテリシンガー。

From:昔FUKUOKA!

私事ですが、先日、ポール・マッカートニーの東京ドーム公演を観に行った際、熱唱するポールのバックに設置された大画面ビジョンに、なんか見たような顔が何度も写ってるなー、と思ったら原さんだった!
アリーナ最前列ド真ん中の席をどうやって手に入れたんだ!?

という経歴を持つ以上4組の精鋭でお送りする緊急召喚ライブ!

ボギーとセシルのトーク&ライブは関東では滅多に見れない代物なので、アンテナ鋭い音楽ファンなら是非一見の価値アリ。

値段は2ドリンク付きで2000円ポッキリ。oioi!ここは養老乃瀧ですか、ほろ酔いセットですかー。

どこまで進む、音楽業界のデフレ・スパイラル!若人よ、貧乏に慣れんじゃねえぞ、シット!ヽ(`Д´)ノ

日本経済復興の夜明けは未だこないようだ。何を言っているんだろうか、オレは。

とりあえず3月3日は溝の口へカモーン!

お問い合わせは「ライブハウス・バー・12bunch」

HP:http://www.12bunch.com/

川崎市高津区溝口1-12-18  志村ビル 4F 
(東急溝の口駅からポレポレ通りを直進→マルエツを左折→白木屋の入っているビルの4Fです。)

Tel:044-814-5250 

info@12bunch.com


de640c81


スペースシャワーTVでボギーの「贈る言葉」がオンエアされた。京都ボロフェスタの映像だけど、500人がヘッドバンギングするこの狂った映像は強烈にアホすぎるけど、なんでか感動してしまう(笑)。 

ボギー - 贈る言葉 @ ボロフェスタ2013
http://www.youtube.com/watch?v=ZFwiyKjK1X4

そもそも、この儀式(あえて儀式と言おう)が始まったのは、JUKE JOINTで月一回レギュラー開催してた「火曜局」という歌謡曲オンリーのDJイベントからだ。 

森裕史、林田恭孝、H.I.G.O、ノック横山、ボギーというレギュラーDJで、ピーク時にはJUKE JOINTを満員にし立ち見客も出るほどの大盛況企画。実はボギ八先生も、ぱちゅ〜むも、ラウンジサウンズ歌謡祭も、すべてはここから始まったのだ〜! 

あの小さな小さな空間から生み出されたボギ八先生は、その数年後にボギーの鉄板芸へと磨かれていった。世の中、無駄なことなどない。バカバカしいことから笑いも感動も生まれるのだ! 

あの熱く盛り上がった酔いどれたちの愛すべき夜よ、ふたたび!の想いを込めて、久しぶりに歌謡曲イベントを開催!!! 

バレンタインに淋しい思いはさせないぜ!!!! 

LS歌謡祭


2/14(金)「L.Sバレンタイン歌謡祭」 
@VooDooLounge 
19時開場 19時半開演 
1500円+1ドリンク 
出演) 
1)ボギー 
2)pari-ce 
3)*Heartland 
4)宇宙サービス 
5)ぱちゅ〜む 
6)漢方先生 
7)八洲 
8)Vic bongo 
エンディングあり! 

司会と選曲)ボギー 

● 金曜だし、バレンタインデーだし、L.S久しぶりの歌謡曲カバーナイト!!ダイナマイトな声と演奏が魅力なラウンジサウンズの女王、漢方先生。ジャマイカンミュージック&ソウルジャズ&ファンク系ビッグバンドvic bongo。完全あてぶりのエアPerfumeで盛り上げてくれるダンスチーム、ぱちゅ〜む。福岡の裏アイドル、pariちゃんとceちゃんによるpari-ce。脳みそぐるぐるな真のアシッドフォークの妖精、八洲。濃密な空気に包むベース&ボーカルのデュオ、Heartland。福岡発秋葉系サブカル盆踊りテクノ歌謡、宇宙サービス。ボギーもでる。

女将温泉ロックンロール!愛すべき酔いどれたちを引き連れて、いよいよ最終目的地「女将劇場」へと突入である!居酒屋から女将劇場まで5分くらいの移動距離なのだが、なんせ酔っぱらいなもんで、この移動ですらめちゃくちゃ楽しい。 

みんなで肩組んで、ダッシュで走る!道ばたの排水溝から温泉の湯気がいたる所から吹き出してるんだけど、その湯気の排水溝の上に立ったら「ぐんぐんぐーん!」って叫んでパワーアップ!みたいなゲームごっこ。小学生レベル(笑)。 

「あ!足湯があるー!入ろう〜!!」「うわ〜!冷てえ〜!!」いちいち馬鹿みたいに楽しい。 


で、女将劇場のあるホテル「西の雅・常盤」に到着。あれ?なんか様子がおかしい。宴会ホールの入り口に鳥羽一郎歌謡ショーの看板がある....。 

 
IQu8O


え?うそ?今夜女将劇場ないの??閉ざされたドアの向こうから「兄弟舟」が漏れ聴こえてくるが、今夜は鳥羽一郎などどーでもいいのである。 

どうやら、通常の宴会ホールは鳥羽一郎ショーで貸し切りのため、女将劇場はロビーで開催するらしい。おおお!これはまさかの展開!大ヤバイ!激レア!!!! 

ロビーにはベッドのシーツが敷き詰められていた(笑)。ロビーGIG!!テンションあがるぜー!! 

UtABA




ロビーの奥では、今夜の出番を待つ大道具や小道具、そして例のフリークな人形たちがごろごろ転がってて、怖い。 

DSC04899



もう完全にお化け屋敷(笑)。 

DSC04901





女将劇場は、宿泊客じゃなくても誰でも自由に観覧できる。しかも無料で。大晦日と元旦以外は毎日休まず開催しているのだ。これを目当てに遠方からくるファンもいる。ロビーには老若男女ひしめき、女将の登場を待っていた。ヨコチン軍団はズラリと最前列を陣取る。胸の高まりが抑えきれない。 


そして、いよいよ女将登場!!うおおおおー!女将ーーー!!!! 

「今夜も最後まで死ぬ気でやりまーす!」といういつものセリフ、カッコイイ!鳥羽一郎に負けてなるものかという気迫を感じる!! 

DSC04923




まずはハンドベル、続いて紙切りの蝶々を扇子で扇ぎながら最前列のおっさんのハゲ頭に蝶を止まらせる妙技!毎回ハゲたおっさんはこの技の餌食となる(笑)。 

DSC04911




そして琴の暴れ弾き!!エレキ琴を小さなアンプに繋いでボリューム最大でギャギャギャギャギャーーーンと鳴らす!ほぼノイズ!!最後は琴の弦が全部はずれて終わる。これほんと最高!今回はロビーだから距離がめっちゃ近くてよりド迫力だった!! 

DSC04930




続いての芸は、傘で独楽回し!早くも女将からボギーに指名が入る。もうか!?おれ、行くの4回目だけど、毎回女将から指名されてる、でも女将はおれのことなど覚えていない(笑)。

1690683_10203310532341649_1185845894_n




お次ぎは手品なのだが、指名されたタナちゃんがテンション上がってめっちゃ踊りだしてしまい、女将も釣られて謎のダンスバトル勃発(笑)!!! 

DSC04918




タナちゃんのダンスがあまりに激しすぎて、女将がちょっと引くという珍事(笑)。タナちゃん凄すぎ...。 

DSC04919




女将「今日はプロの方々がいらっしゃってるようですね。劇団四季の方々ですか?負けるわけにはいきません!」 


タナちゃんが女将に火を付けた(笑)! 


ここからも太鼓や踊りやめくるめく温泉芸の数々、そしてマジックショー! 
女将の手品は、雑だ。タネも仕掛けもチラチラ見える荒い手品を猛スピードで繰り出してくるのが可笑しくてたまんない。 

DSC04946




女将にばかり気を取られがちだが、女将一座の中にめっっちゃ可愛い子ちゃんがいる。 
この子。 

DSC04944




アイドルばりに可愛い....。 

DSC04957




まわりからも「可愛い!」って声が飛んでる。女将劇場で働きたいなって一瞬思ったりして(笑)。 


で、可愛い子ちゃんに目を奪われてる隙に、女将は奥で早着替え!(丸見え!)。 

DSC05007




ここから次々と“わけのわからんもの”が出てくるTIMEだ。 

DSC04993




マイケルジャクソンのスリラーが流れ、女将と仲居さんが闘いだす。意味不明。 

DSC04976



オバマと安倍を引きずり回しながら女将のダンス! 

DSC04962




お次ぎはマツコデラックスとダンス! 

DSC04998




踊り終わったらポイッと無惨に放置されるマツコデラックス。 

DSC04999




もう何がなんだか怖すぎる舞妓さん人形。 

1610028_10203313624618954_394272277_n




あまりにも次から次に意味の分からないものが出てくるので、「死ぬ!死ぬ!笑い死ぬ〜!」と涙流して笑い転げる漢方先生とパトラ! 

DSC04981




気がつけばあれよあれよと着物とヅラを被せられ(常連はすすんでヅラかぶる)マツケンサンバをみんなで踊って大団円!!!!この瞬間のバカバカしさと楽しさったら他にない!!!!ここは竜宮城なのだ!!!! 

1890991_10203313626899011_1095668798_n




女将劇場の常連客らしき浴衣姿のおばちゃんたちから「今まで何度もここに来たけど、アンタたちのおかげで今夜が一番楽しかったわよ!ありがと!」とお礼を言われた(笑)。 



最後に女将のあいさつ、「20歳から始めて50年、毎日。やめたいと思ったことは一度もない。やり続けます!70歳からが勝負!!」と言って2時間弱のショーは幕。 

走り回って汗だくの女将、その笑顔がキラッキラに輝いて見えて、本気でみんな感動した。 

DSC05046



あんなに腹筋割れるほど笑かしといて、最後に大感動の嵐を巻き起こす女将。 
感動しすぎた漢方先生とパトラが号泣。つられて女将までもらい泣き。 
なんかもう卒業式みたいになってる。 

DSC05050 のコピー



その光景見ておれもついもらい泣きしちゃった。 



女将はみんなと握手しながらいろいろ話をしてくれた。琴は子供の頃から習ってて、昔は琴のプロになりたかったということ。ほんとはどんな曲でも琴で弾けるけど、楽しんでもらうためにあんなめちゃくちゃな暴れ弾きをしてるということ。 


こんなことを毎日50年間休まずにやってきたのである。休むどころかどんどんエスカレートし続けている。それは、きっと、ただ単純に“人を楽しませるのが好きだから”なんだろう。女将も、北島三郎も、エンケンさんも、岡本太郎も、おれが心を震わされるものには圧倒的な人間力がそこにある。 


女将は本当に宝物みたいな人だ。 


DSC05052 のコピー







都築響一さんが2年前に女将劇場を取材したときの女将ロングインタビューを、ボギーのツイートを見てわざわざ送ってきてくれた。(都築さんありがとうございます!)そこには女将の波瀾万丈の人生が語られていて、素晴らしく真摯な言葉がたくさん綴られていた。 


「恥ずかしいと思うことが、恥ずかしいんですよ。芸に対しては、恥ずかしいと思っちゃいけない、自分が自信をもってやらないといけない。それと、おもしろいことは、ふざけてやっちゃいけないんです。ばかばかしいことはまじめにやらないと、ひとつもおもしろくないんです」(by女将) 


なぜ自分がこんなにも女将劇場に心を奪われ感動してしまうのか、やはりそういうことなのだ。おれもばかばかしいことをまじめに一生やり続けようと心に誓った。 


これでいいのだ! 


DSC05054 のコピー




女将劇場で感無量になったおれたちは、まだまだハイテンション!ここからさらに打ち上げ!!!トコトンやるぜ! 

DSC05059



み〜んな良い顔だ。15時間くらい呑み続けてる。 


DSC05061




ほんとーに楽しかったよ。もっともっとたくさんの人とこのスバラシー夜を共有したかったよ。来年はみんな一緒に行こうな。マジで。 


深夜3時、居酒屋をでると湯田の街は深い霧に包まれていた。それは夢のような幻想的な光景だった。 

DSC05064





温泉付き素泊まり3000円のホテルに宿泊し、撃沈。 


翌日、福岡へ帰るバスの中。昨夜のこと思い出しながら女将まんじゅうを食べた。 
まるで竜宮城から帰る浦島太郎の気持ちで。 
rfvaX







長い長いツアーだった。 
岩国→尾道→福岡→福岡→佐賀→諫早→福岡→広島→湯田という怒涛の9日間ツアーがやっと終わった。各地で世話になった皆さんどうもありがとう! 


今回はその全日程をレポ書いた。まとめてブログ読むといかにとんでもなく濃い9日間だったか、一緒に旅した気分になれるかもしんないね(笑)。 

ボギーBLOG 



明日からは東京ツアーはじまる。一緒に行く? 

ボギーの行くとこ、祭りあり!

2月2日。 

広島のハローくん家で目を覚ます。お世話になりました。 

DSC04827



ハローくんが別れ際に「今日も楽しんでください。」ってパーフェクトエネルギーくれた(笑)。やさしいなぁ。よっしゃ、後半で差をつけるぜ! 

9o0ys



なんせ今日はめちゃくちゃ楽しみな日!女将劇場を最高のコンディションで観るためのイベントなのである。広島から参加組のタナちゃん(ノリの良さハンパなし)、クミちゃん(カメラむけたら100%変顔する)、かめちゃん(広島の酒飲みマブダチ)と合流。移動中も女子軍団はやたらハイテンション!福岡からは漢方先生やパトラも向かってるかと思うと、今夜の湯田は日本のパワースポットになりそう(笑)。 

1622051_10203313148967063_823045334_n




「女将温泉ロックンロール」とは、3年前にボギーが「女将劇場ってヤバいらしいね、見たい〜」ってツイッターでつぶやいたら、マクマナマンのじった、山中くん、POZO白石くん、クラムラッツのイシカワくんらの見事な連係プレーでその数時間後にはイベントがホントに企画されたという(笑)あのときに初めて見た女将劇場の衝撃は生涯忘れないだろう。 

こんな最高なエンターテイメントを知らないで生きてる人がいっぱいいるなんて勿体ない!これはみんなにも広げなければ!という勝手な使命感に燃え、昨年第2回目を開催。漢方先生やパトラはまんまと女将劇場の虜にされた。 


そして第3回が今夜だ!! 


全国テレビでも何度も紹介されてる女将劇場のことは、山口の人なら誰でも知っている。女将は市長よりも有名人らしい。しかし、実際に観に行ったと言う人は案外少ない。「ああ、あの女将ね」と若干のイロモノあつかいを受けてるような温度差を感じる。 

DSC04897




観てもいないのにイロモノ扱い....。思えばヨコチンレーベルも同じような境遇のなか18年続けて来たように思う。 


そんなことを思いながら今夜の会場、湯田のJohnny's Barに到着。胸の高まりを抑えきれず、リハはさくーっと済ませ早々に白石くんを前打ち上げに誘い酒場へ繰り出す。昼12時、早くも宴会の始まりだ!! 

DSC04832




魚がめちゃくちゃ美味え!!!! 


そして13時半からイベントはスタート。明るい太陽の光がさんさんと差し込むステージで漢方先生のライブを焼酎呑みながら堪能する背徳感に酔いしれる。 

まだスタートしたばかりだというにDJのシンイチくんはすでにべろんべろん、おじいちゃんみたいな歩き方でそこらじゅうにビールこぼしながら徘徊しだす...。あ〜去年と同じ光景だコレ(笑)。 

DSC04839


イシカワユウイチから高瀬裕充へと良い雰囲気の弾き語りが続く、パトラも目が座り早々と酔いどれに変貌していた。 


戸川碧子ちゃんの弾き語り。戸川ちゃん、やっぱいいな。イイ面構えして歌う。まだ18才、これからどこまで伸びるんかな?身長はもう伸びないかもしれんけど(笑)、歌はこれからぐんぐん伸びるよ。この子、すごい色んなもん吸収したがってるのがわかる。 

碧子ちゃんはタバコと比較すると、大体おなじサイズ(笑)。 

7gYn6




続いて、ボギー。ツアー9日目だけどなんかめっちゃ元気!何曲歌ったか覚えてないくらい歌ったなあ。白石くんが「ボギーさんは90分やってください」って言われて、「そんなやるかい!」とか言いながらホントに90分歌ってた。全力で。 

ぐでんぐでんのシンイチくんはヨロヨロと椅子で巣作りを始め、おれの歌ってる目の前ですやすやと眠ってた。この光景も去年と同じやん。 

DSC04863 のコピー
DSC04868 のコピー




「うんこ」を絶叫しすぎて、スピーカーが飛んだらしい。うんこすげえ。 

最後は「ERIMO岬」からの「贈る言葉」の鉄板。女将劇場の前にボギー劇場でみんなを昇天させるのだ!!!!酔っぱらいたちに胴上げされて大団円。 

DSC04885





18時にイベント終わって、そのまま出演者もお客さんもジョニーズバーの店長もみんなして打ち上げ突入ーーー!!!!いつもの「かど」だ。この時点ですでに最高のテンションである、なんてハッピーなんだろう。 


DSC04890



ここは料理がどんどん勝手に出てくる。美味い。そして安い!とくに刺身がめちゃくちゃ美味い!! 

DSC04888




男たちの巨乳自慢(「おれの方が乳でかい!」「いやおれの方がでかいぜ!」と揉み合い)が始まったあたりから、みんな頭のネジがバカになってきた。焼酎1升瓶はアッという間にからっぽだ。 


普通のイベントだったらここで終了よね。でも今夜は、ここからが本番なのである(笑)!!


20時45分からいよいよ女将劇場が始まる〜〜〜!!!! 


おれたちは「かど」を出た。いよいよ女将劇場に突入じゃ〜い!!!!!! 




つづく。

2月1日。 

今夜から広島の横川シネマで「地下音楽現場物語」の上映が始まるので、ボギーは舞台挨拶&フロアライブということで、高速バスに乗り広島へと向かった。 

ヲルガン座到着〜。このツアー日記の2日目のとき、つまり先週もおれはここにいた(笑)。今日はキツネの嫁入りと島崎智子さんのライブやってる。満員だー。島崎さんのことは噂には聞いてて、一度ライブを観たいなあと思ってたのでこのタイミングは嬉しかった。そんで、島崎さんの歌もだけど、ステージそのものが素晴らしかった。人がいっぱいで姿は見えんかったけど、彼女の人間味が溢れかえっとる!いつかどこかでご一緒できたら良いなあ。 


キツネの嫁入りが終わった後に流れ出した店内BGMがボギーの「ゴダールバカ」で、椅子からすべり落ちるほど驚いた。なぜそんなにも驚いたかと言うと、行きのバスの中で今夜歌う曲を考えてて、せっかく映画館でライブやるから映画に因んだ曲やろうと「ゴダールバカ」をひさしぶりに歌おうかな、と決めてたのだ。 

それを分かっていたかのようにヲルガン座の店内BGM(i-podのシャッフルモード)はこういう奇跡的な選曲を度々おこすから凄いな。(以前もイズミちゃんと高田渡の話してたら高田渡の曲が、知久さんの話してたらたまの曲が流れたり、そんなことがいつもだ。) 



ヲルガン座のイベント終了とともに、みんなで横川シネマに移動して映画のミッドナイトショーが始まるのだが、時計を見るとあと8分後にはボギーのライブがはじまる予定だ(笑)。間に合うのか!?バタバタと横川シネマに大移動! 


ほんとにバタバタである。映画館に着くと同時にライブ開始〜!!しかもまさかのロビーでの演奏!映画館のスクリーンの前でやるかと思ってたのに...(笑)。 

深夜にも関わらずお客さんいっぱいで嬉しい。 
映画上映開始が24時ジャストからのため、23:55までにライブを終わらないといけないので、携帯でアラーム設定してライブスタート!残り時間15分!! 

DSC04807 のコピー



「ヘルペス」「ゴダールバカ」「ミュージシャンのうた」「バカになりましょう」「イケナイコトカイ」の5曲を嵐のように歌い、お客さんもやんやと盛り上がってくれた。 

「イケナイコトカイ」のサビ途中のいちばん盛り上がるところでおれの携帯に笑いの神が降臨し、アラームが鳴った(笑)。大爆笑の渦。そのままみんな映画館の中に大移動! 

これこそまさに現場物語。 

DSC04810 のコピー




ブーーーーーー。 


映画館のブザーに、心がときめいた。 


横川シネマは古くてこじんまりとしてて、温かい歴史を感じる映画館だ。こんな素敵な場所で「地下音楽現場物語」を観れて感激した。大きなスクリーンに映った家族や友達を観るのは、なんだか胸に込み上げるものがある。 

ふだん周りにいる仲間たちが、今夜はみんな銀幕のスターみたいだぜ。 
 


DSC04778



おれ、このシーンが好きなんだよなあ。家族でメシ食ってるだけの何気ない風景。でもここに家族の幸せが凝縮されてて、何度観ても泣けてきちゃう。 



映画撮ってたときは4人家族だったけど、奥さんの大きなお腹の中には今ちゃんもいて、この映画は我が家にとってもだいじな記録だ。子供たちが大きくなったときに、あらためて見せてあげたい。いま、このタイミングで映画を作ってくれたイズミちゃんには言葉にできないほど感謝してる。 


DSC04812 のコピー




映画は字幕の部分など少しだけ内容が訂正されてる部分もあり、さらに良くなってた。内容も進化していく現場物語スタイル(笑)。 
一度観た方もぜひ二度目観て欲しい。 

終了後、たくさんのお客さんが感想をくれたり、ボギーのCDを買ってくれたり、サインしたり、握手したり、ありがたかった。 


こんな大きなポスターもほかの上映作品と並んで掲示してあり、嬉しくなる。このポスター欲しいなあ。 


DSC04821





映画のあとみんなでお好み焼き屋で打ち上げして、楽しかった。行くたびに仲間が増える。広島はほんとに優しい人が多いと言う印象だ。 

DSC04825 のコピー


DSC04824





その夜、ハローくんが家に泊めてくれた。ハローくんは広島で最初に仲良くなった人かもしんない。シルクスクリーン印刷で生活してる。かわいいキノコの加湿器、こたつ、石油ストーブ、ネコ。ハローくんの家にはかわいいものがいっぱいだ。 

zMJAd


玄関の棚にモンドのポストカードを飾ってくれてた。 


DSC04826




さあ、明日は湯田で女将劇場だ!!!9日連続ツアーいよいよ千秋楽!!! 


おやすみ〜。 

jpg-large


ボギー「ミュージシャンのうた」 



今週末は東京行きます。浦和〜青山〜西荻窪ツアー! 
まずはここ!前回めちゃ楽しかった浦和クークーバード。酒も肴も美味い。最高。ボギーはワンマンでツーステージやります。接近戦でたっぷり! 


2.9(日)「ボギーのアルコールメモリーズNIGHT」 
@浦和クークーバード 
18時OP/19時ST 
¥1500+1ドリンクオーダー 
出演)ボギー 
 
※ご予約はクークーバードへ。 
yagitoneko-336@softbank.ne.jp 



そして、おなじみ月見ル!対バンも凄く楽しみ。 
シーナアキコと薔薇の木とか面白いなあ。 
ボギーはトリです。 

2.10(月)「TOKYO月面飛行」@青山月見ル君想フ 
前売り¥2500 当日¥3000(共にドリンク別) 
開場18:30 開演19:00 
出演) 
ボギー 
シーナアキコと薔薇の木 
熊寶貝樂團(台湾) 
橙草orangegrass(台湾) 
bananafish 
 
※月見ルが満を持してお送りする音の旅人達の共演。今必ず体感すべき「ボギー/シーナアキコと薔薇の木」のライブに台湾から、熊寶貝樂團(bearbabes)と橙草(orange grass)の人気バンドが登場!さらにはスペシャルゲストに 今ノリにノっているロックバンド・bananafish!極上の無重力音楽をお楽しみ下さい。 



さらに、この日は高田リオンさんという方とツーマンでたっぷりしますよ!ボギーは後攻です。こーいうアウェー線で観るボギーが実は一番おもしろい(笑)。 


2.11(火)@西荻窪ARTRION 
18:30 OPEN 19:30 START 
¥2500- 1drink order 
出演) 
高田リオン 
ボギー 
※オープニング有り 



各公演、ご予約受付中〜! 
yokotin_b@hotmail.com 

ぜひぜひー!呑みましょー。

1月31日。 

お寺の広間で目が覚めた。泊めてくれたノーノーズのテルくんの家はお寺なのだ。ノーノーズは過去に2回ほど見たことある、めちゃくちゃに暴れ狂ってて怖いバンドだった。テルくんとはしゃべったこと無かったけど、話してみると武骨で良い人だなーと思った。 

おれは人の家に泊まるのが好きだ。ツアーに出るとなるべく誰かの家にお世話になりたがる(笑)お世話になることで、次はおれもお世話したい!と思えるし、もっと仲良くなれそーな気がするからだ。 

DSC04784



お寺の敷地内に幼稚園もあって、子供たちの声がわーわー聞こえる。お寺の目の前は港で海が広がっていた。なんか素敵な環境だなあ。こんな町で暮らしてたらのんびりした性格になるのもわかる。(ノーノーズは恐ろしいほど暴れるバンドだけど) 


テルくんに車で山下くんの家まで送ってもらい、今度は山下くんの車でイズミちゃんの泊まってるホテルまで行った。せっかくだから一緒にご飯食べよーよと誘い。山下くんオススメの“長崎で一番美味いちゃんぽん”を食べに行った。 

DSC04788



「山崎屋」という民家で、おばーさん3人がやってるお店。テレビの取材は一切断っていると言う。その理由が「せっかく来てもらってもそのときに死んでるかもしれないから申し訳ない」という奥ゆかしすぎる理由で、なんだか感動してしまう(笑)。 

店内はテーブル席か座敷席。座敷っていうか仏間。仏壇の横でちゃんぽんを食べさせてくれる店はなかなか無いだろう(笑)。ちゃんぽん、美味かった。 


山下くんは何も言わずちゃんぽんを奢ってくれた上に「これ、おみやげ」とチロリアンのお菓子をくれた。今までぶっきらぼうで付き合いにくいと思ってたけど、良い人間だなあ。すっかり好きになっちゃったよ。 




さて、今日は福岡まで、イズミちゃんとまたふたりでドライブだ。おれはあんまし人の過去のことについては聞かないし興味もあんまり無いんだけど、福岡いたイズミちゃんがなんで沖縄に行き、最終的に広島に行き着いたのかはずっと気になってたので、聞いてみた。今更だけど。 

幼少時代のころ、福岡時代のこと、沖縄時代のこと、旦那さんのこと、いろいろ話してくれた。めっちゃ面白かったし、やっぱ変だわイズミちゃん。変わってる(笑)。でもいろんな謎が解けたような気もした。 


それぞれ違う場所で生まれて、違う人生おくってきて、今こーやって友達になってるってこと。イズミちゃんに限らず、友達みんなに言えることだけど、出会いって本当に不思議だ。 


福岡に到着し、イズミちゃんはベイビーと今ちゃんに会いに来た。映画を撮影してたころはまだベイビーのお腹の中にいた今ちゃん。あれからまだ1年も経っていないのにね。 

DSC04789





夜はgigiで映画「地下音楽現場物語」の上映。前回観れなかったって人たちがたくさん来てくれた。中には見たことないお客さんも結構いたし、バイト仲間や高校の同級生も来てくれた、両親も来てくれてた。 

DSC04797



一番観て欲しかったバンドマンたちが思ったほど来てくれてなかったことは少し淋しかったけど、この映画をgigiで上映できたのはとても嬉しかった。 



ライブはツーマンなので、ボギーもイズミちゃんもたっぷりしゃべってたっぷり歌えた。 

DSC04791




イベント終了後に、お客さんたちがすぐには帰らず、ひとりひとりおれやイズミちゃんに映画の感想を伝えるために並んで待っててくれて、直接感想を伝えたいってその気持ちがものすごくものすごく嬉しかったし、「次は友達も連れて来て見せてあげたい」とか「DVD化しないの?見せたい人がいる」って感想も有難かった。 


また福岡で上映するかどうかは未定だけど、そんな感想をもらったからにはもう一度かならず上映する機会は作りたいなと思った。 



終演後のgigiでしばらくうだうだとおしゃべり。最後に、イズミちゃんと店長ジュンジくんと藤井よしえと4人で写真を撮った。 


DSC04798 のコピー





出会いの旅はまだまだ続く。人生が終わるまでずっと出会いの旅なのだ。

このページのトップヘ