ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

2014年11月

怒濤の2014年、今年ほどいろいろ目まぐるしかった一年はなかったと思う。 
12月もおもしろい祭りがわんさかあるので、最後まで遊び倒そうぜ! 
どれかひとつでもいいんで会いに来てねー!!! 

BoGGGeYうどんのライブよてい



((((( ボギー12月のライブスケジュール ))))) 



大ヨレヨレ展

12/7(日)「大ヨレヨレ展」@ブックスキューブリック箱崎店 
19:00スタート(18:30開場) 
トーク)鹿子裕文(「ヨレヨレ」編集部) 
ライブ)ボギー(音楽家・ヨコチンレーベル代表) 
入場料:2000円(ワンドリンク付・要予約) 
http://www.bookskubrick.jp/about-bk/topics/20141026-2764.html 



ダイヤシンジケート

12/13(土)「DIA SYNDICATE企画:粗悪なディナーVol,5」@熊本NAVARO 
OPEN 20:00 START 20:30 
前売/当日 一律¥1500(D別) 
出演)ボギー/モンテリマ /DIA SYNDICATE / THE VOTTONES/ドイサイエンス 



スナックボギー広島店

12/20(土)「スナックボギー広島店」@ふらんす座 
open/start 19:00 
ご予約1500円 当日2000円 +1drink order 
演奏:ボギー 
選曲:ボギー 
 
映像:ボギー 
遊技:ボギー 
お話:ボギー 
 
http://bogggey.blog.jp/archives/16830667.html 



防府

12/21(日)「静と動の狭間-15anniversary fin -」@防府・印度洋 
start/open 18:00/18:30 
2000(+1drinkorder) 
出演)ボギー(福岡)/足袋猫(高知)/ミワサチコ(北九州)/SPACEGRINDER(松山)/山本初子(周南)/乾家(防府)/伊藤へびxOPERA(印度洋) /原田茶飯事(東京) 
DJ)komofest 



DSC05834 のコピー

12/25(木)森のおんがく会vol.6「ボギーと正也のたのしいクリスマス」@熊本Arbaro 
LIVE:ボギー、平井正也 
時間:17:00オープン / 18:00スタート 
料金:前売2,000円 / 当日2,300円 



LSF2014

12/27(土)「ラウンジサウンズフェスティバル2014」 @福岡voodoolounge 
14:00〜start 
¥2000+1ドリンクオーダー 
出演)ボギー/nontroppo/THE VOTTONES/漢方先生/チャーリービーンズ/宇宙サービス/白痴/鮫肌尻子とダイナマイト/brownbems/ぱちゅ〜む/フアリナ/Martens/世界のザキ/林まゆ/木藤和也/Bellbottom from 80's/InとOut逆菩薩/ななこが/井上周一(folk enough)/DX集団下校/ニブルスくん 
DANCE)ハナアロハ/oriental☆cabaret 
似顔絵屋)モンドくん 
http://bogggey.blog.jp/archives/17272692.html 




40人2013

12/30(火)「40人弾き語り忘年会2014」 @福岡voodoolounge 
19:00〜 
¥1500+1ドリンクオーダー 
出演)ボギー(nontroppo)/井上周一(folkenough)/野海はるね/漢方先生/if MASACA/ふー(THE VOTTONES)/オクムラユウスケ/コヤナギシンジ/K-ing/K(カシミールナポレオン)/TALLBOY(MOTH)/林まゆ/オサダアツトシ/石見竜太郎(LEPO)/高松彩(freedom set)/イガクラカズコ(monju)/木藤和也/吉浦優希(スクランブル)/スギハラコウスケ(ex.六畳人間) from東京/ユカリロハ from東京/西村直(scofitz) from熊本/ミッキー from長崎/まんなみゆい(鮫肌尻子とダイナマイト)/風原(宇宙サービス)/YOUKO(チャーリービーンズ)/PELO(JERRY&FISH&FRIENDS)/テル(Bingo Love)/pavlov/たいすけ(いぶし銀)/中山万梨/牧畜業者/ハラグチ(白痴)/戸渡陽太/鎌田寛達(InとOut逆菩薩)/林田明(フアリナ)/たくろう(Es Experiment)/木場祥太郎(空白器官)/陽原あかね/森田トモアキ/178(micemohee) 
司会)ボギー 
似顔絵屋)モンドくん 
http://bogggey.blog.jp/archives/17647045.html 




それではみなさん、祭り会場でお会いしましょう! 

チケットのご予約はこちら。 
yokotin_b@hotmail.com

佐賀のラグジーで開催された某イベントに出演したときの話。 

東京からHIP HOPユニットがメインゲストで、共演にボギー、オープニングアクトに地元の若いオルタナバンド、そしてDJ。という不思議な組み合わせ。ライブシーンとクラブシーンをクロスオーバーさせる主旨だそうで、盛り上がるセットリストで挑んだ。 

会場についてまずPAさんに挨拶し、かるくサウンドチェックをしたあと、すぐにイベントスタート。
開場と同時にオープニングアクトのバンドが演奏するというタイムテーブルも不思議...。
当然、お客さんまだガラガラ。 

DSC06007



若いオルタナバンドは、自分たちが呼んだ10人ほどのお客さんしかいないフロアに向かって疑問をぶつけながらも真っすぐな演奏をしていた。 

その後、DJが45分間。 
フロアにはお客さん2人くらい。 
(バーのフロアにいるお客さんのほうが多い、みんな呑んでわいわいしてるのだ) 


次はボギーの出番。 
有り得ない話だけど。実はこの時点でまだこのイベントの主催者が誰で、どの人がこの現場を仕切っているのか全く分かっていなかった。 


なぜ今日ボギーが呼ばれたか謎な感じだったけど、一歩でも退いたら自分に負けだと思うのでいつも以上に全力だしきった(ERIMO岬!)。声を枯らし、歌い踊る。10人くらいしかいないフロア、総立ち(笑)。俺は俺に勝った。 


そしてまたDJタイムが1時間半、フロアは再び閑散とし、みんなバーでわいわい盛り上がってる。どっちがライブ会場だかわからない。 


ツイッターで「かれこれ四時間くらい会場にいるけど、いまだ主催のひとが誰かわからない。」とつぶやいたあと、1時間ほどソファで眠った。 


目を覚ますと、ちょうどゲストのHIP HOPユニットが始まった。お客さん50人くらいに増えてた。さっきまでバーでわいわいやってた人たち、やっと中に入ったんだね。 


ゲストのライブはめちゃくちゃかっこよかったし、盛り上がってた!さすがプロ! 
でもこれなら俺呼ぶ必要なくない??って思うと虚しかった。 

心が萎えて夜風にあたろうと外に出たら、ラグジーのゆみこさんから着信。 
ゆみこさんはいまラグジーを含み3つのハコを経営している、かなりエネルギッシュな佐賀の女ボスだ。 

自分のツイートをみたゆみこさんが血相変えて「ごめーん!」って走って来た。 
そのまま拉致されてふたりで呑み屋に。 


こんなことになってしまった経緯を聞きつつ、話はしっぽりといろんな方向へ。 
素敵な話しもきけて、あ、そうか、今日はきっとゆみこさんと呑むためにきたんだな。 
この為に佐賀に呼ばれたんだなって納得できた。 


戻るとイベントは終わっていて、すでに清掃されていた。 
結局だれがあの現場を仕切っていたのか、最後まで分からずじまいで、ライブシーンとクラブシーンをクロスオーバーさせる主旨だったはずのイベントは、最後までクロスオーバーすることなく終わってしまった...(苦笑)。 



でもオープニングの若いバンドマン達とは仲良くなった。 

jpg-large




そしてそのまま、PAフォースくんの部屋に泊めてもらうことに。 
「よし!今夜は呑むぜ!」とは言ったものの、フォースくんの話を聞きながら、そのまま寝つぶれてしまった。もっとフォースくんは話したそうだったけど...睡魔に負けてスイマセン(笑)。 



佐賀のシーンにいる若者たちはいつも悶々ともがいてる印象がある。 
それは佐賀に限らず、全国の地方都市はみんなもがいてるんじゃないかと思う。 


おれはそーいう都市の空気もぜんぶ吸い込みたい。 
吸い込んで、エネルギーに変えたい。 


東京を目指すばっかりがツアーじゃないのだ。 
いつでも呼んでくださいね、佐賀CITY! 




翌日、高速バスで福岡に戻った。 
バスの窓から大きな虹が架かっているのがみえた!!! 

Tqxpg






福岡に戻り、そのまま夜は主催企画「ラウンジサウンズ〜フロアサウンドシステム」。これはすべての機材をステージから下ろして、フロアでライブをやるという企画。ただそれだけのことなのに、出るバンドはいつも以上に気迫を漲らせていた。 


普段と違うことをやる、それだけで空気は新鮮になる。 


全バンドやばいライブやってたなあ!ビリビリきた!! 
若手のInとOut逆菩薩、きつねのよめいりはきっと来年おもしろい存在になってくるだろうし、村里杏ちゃんソロはこの日の最年少でありながらズバ抜けて高次元に進化しており、大人を震え上がらせた。いや、杏ちゃんもすっかり大人か。 

ゴールデンブラザーズ、素晴らしかった。魂を鷲掴みされた! 

ゴールデンブラザーズ




最後はポカムス、最年長が一番やんちゃ(笑)! 
お祭りみたいな状態で渦巻くグルーヴ、ビールケースから落ちる藤田さん、出演者大勢でドラムセット叩きまくった挙げ句、暴走が止まらないトミーさん(笑)大笑いしてフィニッシュ!! 

DSC06047





やっぱりライブの現場は面白い!でっかいホールコンサートじゃ得られない生の興奮があるし、逆にクソつまんない夜だってある、保証された夜はひとつもないのだ。考えてみれば、16歳で初めてライブハウスに遊びにいってから24年間ずーーーーっとライブハウスで遊んでるんだなあ。 



そろそろ虹を架けたいなあ。 

11月24日。 


別府「円界」の翌日は、早朝から移動。今日は二日市八幡宮で開催される「公孫樹まつり」というイベントに呼ばれてモンドくんの似顔絵屋さん出店。大きなイチョウのご神木が紅葉で染まるこの時期に毎年開催されているらしく、すごく素敵な雰囲気。 

DSC05901 のコピー



ひと風吹くごとに落ち葉がざざーっと舞い落ちてきて、一面にひろがる黄色い落ち葉の絨毯。きれいだな〜。 

DSC05938 のコピー




大きなイチョウの木の下に「モンドくんの似顔絵屋さん」コーナーを作っていただいており、さっそく似顔絵スタート!天気も良いし気持ちが良い。 

10396296_603755013083386_7278368092927899130_n




モンドの絵が表紙を飾った本がずらっと並べてあり、その上に落ち葉がはらはらと積もっていく。 

DSC05903




ひとり目はおしゃれなカフェの店長さん。 

DSC05908 のコピー




マルシェでカレーを販売していたレストランのシェフ。 

DSC05918 のコピー




神主さんも描いた。 

DSC05954




今日もいろんな人の顔を描いていく。モンドの目の前に座っている人がどんなお仕事をしているかは、モンドにとってはまるで興味がないらしく。ただただその人の顔をじっと見る。 

DSC05959 のコピー



そして描いた絵にはなんの先入観もない、見たままの顔が描かれる。 

DSC05961 のコピー




街でよく見かけるプロの似顔絵屋さんは、面白く描こうとしたり、きれいに描こうとしたりするけど、モンドの絵には一切のデフォルメがないので、描かれた人の反応は「わあ!私だ!」って喜ぶか「あ........。」としかめっ面になるかのどっちかなのだ(笑)。 

DSC05933 のコピー

DSC05977 のコピー

DSC05966 のコピー





3〜4人描いたら休憩、境内にはステージがあり、琴や三味線の演奏をやってたり、マルシェのテントでは美味しいものいろいろ売ってたり、子どもが遊べるコーナーもあったりして、一日のんびり遊べるようなお祭りだった。テンちゃんはずーっと手に負えないほどやんちゃ...。 

DSC05973 のコピー




今日は15人描く予定だけど、予約の15枠はアッという間に埋まってしまったらしい。モンドが絶好調でひとり10分もかからず描いていくので時間が巻いてしまい、空き時間を使って追加で受け付けることにした。 


DSC05990 のコピー

DSC05987 のコピー

DSC05994 のコピー




DSC05981 のコピー


お父さん、顔隠れとるやん(笑)。 

DSC05982 のコピー




最後は外国の方おふたり。 

DSC06005 のコピー





最終的にモンドが描いた人数は、5時間で23人!! 
しかも合間の休憩時間は思いっきり走り回って遊んでたからね、疲れ知らずやね。 
モンドもテンちゃんも今ちゃんも落ち葉でいっぱい遊んで、すごく楽しい一日過ごせたみたい。

DSC05936 のコピー

 

モンドの隣りのテントで出店してあった写真屋さんに家族写真を撮っていただいた。そういえば、写真屋さんに家族写真撮ってもらうの初めてだから、これはとても良い記念になったなあ。 

家族写真 2





今回のお祭りに誘ってくれた八幡宮の梅野さんには、いろいろ気を配っていただいて感謝です。 

DSC06006 のコピー




夜はイチョウがライトアップされて、さらにきれいだそうで、しかもマイケルジャクソンの完コピダンサー、トシ・ジャクソンなんて人も出るらしい(笑)見たかったけど、夜はボギーが佐賀でライブなので、夕方で片付けて移動。 


佐賀に到着しライブハウス・ラグジーの前でボギーだけ車から降り、家族は福岡へ帰宅。 
さあ、夜はライブがんばるぞー! 

と、意気込む。 

DSC06007




お客さん少ねーーーー!!!!!!!! 

11月23日。 

清島アパートの似顔絵屋さんを終え、別府の中心地にある温泉宿ホテルニューツルタに移動。すごく立派なホテル!ロビーも素敵。 

DSC05887



家族で泊まれるようお部屋も用意していただきました、ありがたや〜。 

DSC05883




こちらの大広間で開催されるイベント「円界」。
ニュースタイルライブとは!?いろいろとわくわくだ。 

DSC05825




ライブ会場っていうか、完全にただの大宴会場!!
こういう場所でライブやるの、ほんと大好き(笑)。 

1509754_603268696465351_1489171247170381448_n




地元のドーナツ屋さんが今夜のためにオリジナル商品を開発してくれてた。ボギーにちなんで「うんこドーナツ」と「ヨコチンすこう」の2品(笑)。果たしてこんなの売れるかはさておき、愛のある悪ふざけは大好き(笑)!(めちゃ美味かったです) 

DSC05818




大広間でモンドは似顔絵屋さんのつづき。 

T1A1560_R

 
そういえば、モンドがはじめて似顔絵屋さんをやったのは3年くらい前の別府温泉だった。タイムマーケットやフォークイナフらと毎年行ってた温泉旅行、そこでお小遣い稼ぎにモンドが勝手にやりはじめたのが「モンドくんの似顔絵屋さん」だったのだ。 

これはそのときに100円で描いてもらった絵。 

別府の初似顔絵屋2012





見比べると3年弱ですごい成長だなあ。 

DSC05813 のコピー




できた似顔絵を見せた瞬間の「わあっ!」って笑顔が、モンドの楽しみなのである。 

T1A1568_R


DSC05838 のコピー






ホテルニューツルタの支配人ツルタ夫婦の似顔絵も描いた。 

DSC05815 のコピー



普通にお客さまもいるホテルの宴会場でこんな挑戦的な企画をノリノリでやらせてくれるツルタさんは、なんてパンキッシュな支配人さんなんだろう。普通の支配人さんだったら写真撮るときなかなかこの顔はしないもの(笑)。 




大広間にお客さんがどんどん集まってきて、いよいよ「円界」スタート! 

T1A1618_R

 
オープニングに登場したのは、盲目の落語家さん。別府在中で趣味で落語を勉強しているらしく、人前でやるのは今日が初めてらしい。“盲目あるある”という笑っちゃいけないテーマをうまく笑いに変えてて、上手だった。 

DSC05829




続いては、清島アパートに住んでいる別府の芸術家さんたちとモンドによるトークセッション。ほんとにモンドがちゃんとトークできるか心配で心配で、いつでもフォローできるように前でスタンバってたけど、その必要がないくらいちゃんと面白くトークセッションできてて驚いた。 

T1A1700_R



スライドで自分の作品や芸術家さんたちの作品を見ながらああだこうだとちゃんと“自分の言葉”で大人と会話ができてる。きっとたくさんのテレビ取材や雑誌インタビュー、台湾でのトークライブなどこの1年いろんな経験を踏んで来たからこそ、モンドは明らかに成長できてるんだろうなあ。 

T1A1656_R



頼もしかった。 

そしてトーク後半にはテンちゃんも乱入し、大人をハッとさせる面白い“ワードセンス”を連発してて、テンちゃんのポテンシャルも末恐ろしいものがあった。 

T1A1707_R


ふたりとも物心つく前からボギーのライブ見てるからね。 
マイク握ってしゃべることに何の抵抗もないんだろうね(笑)。 



「円界」続いてはボギーのライブ!やっとお父ちゃんが仕事をする番だ。 

今夜は前半40分、後半40分とたっぷりと時間を貰っているので、まずはしっとりと歌いはじめ、徐々に徐々にボギーの世界に変えていく作戦だ。 

DSC05840




でも30分後にはもうこのありさま(笑)!「カーニバル」で狂喜乱舞の宴会場!! 

DSC05848





前半終わってハーフタイム。俺は芋ロックを片手にお客さんたちと談笑、みんなすっかりほぐれた表情になってる。親子で来てるお客さんも多く、子供たちはみんなすっかり友達になってて、走り回ってる。「円界」はまさに宴会だ。 

今ちゃん、マイク握って「あ〜!あ〜!」って何か歌ってる。 
やはりこの子も、俺の遺伝子しっかり受け継いでるなあ(笑)。 

T1A1579_R




後半戦、何をやってもOKな状態までほぐれたこの空間で、ライブをやるのは楽しい。 
主催のすまこちゃんの提案で、お客さんが「BON-ODORI」のコーラスをやることに。さらに、ふたりで秘かに振り付けの練習をしていたモンドとテンちゃんがダンサーで加わり宴会場で「BON-ODORI」大会がはじまった(笑)! 

気がつけば会場のみんながゾンビになって踊りまくるという異様な光景に(笑)!! 

T1A1931_R



これはめちゃくちゃ面白かった!!!!! 


そしてもうひとつ、すまこちゃんから「アルコールメモリーズ」でコントラバスを弾きたいという嬉しいリクエスト。すまこちゃんは以前は福岡に住んでおり、micemoheeのメンバーだったのだ。リハでかるく一回合わせただけだったけど、すごく良い雰囲気でやれたなあ。 

T1A1951_R



ありがとうすまこちゃん! 


最後は照明もぜんぶ明るくして「贈る言葉」、みんなの良い笑顔がよーく見えるぜ。 

T1A1981_R




「さんねーんBぐみ〜!」「ボ〜ギ八せ〜んせ〜!!」 
「ワ〜〜〜〜〜ッ!!!」 

で、胴上げ。 

T1A1992_R




ラストはボギー家族全員で感謝の挨拶。 

T1A2003_R




さらに記念撮影。 

T1A2012_R





ほんとに楽しかった。 
こういうの大好き!!!


別府は面白い!って以前から聞いてたけど、音楽とアートと観光がうまくコラボし合って、街を盛り上げるイベントが頻繁に開催されてて、しかも企画自体が斬新なアイデアだったりして、活気がすごくあると思う。 


「なにもない」「面白くない」と地元の愚痴ばかり言う街はつまらない。 

「なにもない」から何かやる。 
「面白くない」から面白いことする。 



企画してくれたすまこちゃんや、清島アパートの芸術家さんたち、ツルタ支配人ご夫婦、お客さんたち、みんな別府の街が好きなんだなあって空気を感じた。 


素晴らしいことだと思う。 





打ち上げは別府の穴場という韓国料理屋に連れてってもらった。 
カンパーーーイ!!!!!! 

DSC05888



蒸し豚、サムギョプサル、マッコリ、サイコーーー!!! 

T1A2018_R




子供たちは遊び疲れて眠ってしまった。 

DSC05895 のコピー




俺も丸一日いっぱい遊んだので、酔いつぶれてしまった。 
別府、また行きたいな。

11月23日。 


今日は別府で昼はモンドの似顔絵、夜はボギーのライブという2本立て。 
最近は親子でイベントに呼ばれることも増え、我が家ではそれを「二毛作」と言っている(笑)。さらに九州近場だと車で行けるので家族旅行も兼ねて「三毛作」になったりもする。
今回呼んでもらったのは別府の温泉宿、まさに三毛作のパターンだ。ありがたや、ありがたや。 


というわけで、意気揚々とボギー家族は高速道路を走ってた。予定通りにいけば11時半には目的地に着く予定だった。しかし、大分道の日田付近で事故があったらしくとんでもない大渋滞に巻き込まれ、やっと別府に辿り着いたのは2時間遅れの13時半だった....。 


モンドの似顔絵屋さん会場である「清島アパート」に到着すると、主催の上田すまこちゃんはじめスタッフのみなさん、そして待ってくれてたお客さんたちが「わあっ!」って歓迎の拍手で出迎えてくれて、とても嬉しかった。 

DSC05792 のコピー




「清島アパート」はホントに古い古いアパートで、別府の若い芸術家さんたちが住んでいる。
1階がアトリエで、2階が住居なのだという。 

DSC05796



まるでトキワ荘みたいな素敵なアパートだ。 
若かったら住みたい!って思っただろうなあ。 

DSC05797




マスクなど日用品や彫刻など何でも天ぷらにして揚げるというアートも展示してあった(笑)。 

DSC05795



いろんな面白いこと考える人いるんだなあ。 
アートとジョークの境目ってどこなんだろう?たまに考える。 


アパートの隙間すらアートに見えるほど、昔の建築物ってかわいい。 
カメラ向けたら、しっかりポーズきめる今ちゃん。 

IMG_2807



絵になる女だ(笑)。 

DSC05747 のコピー



別の場所でカメラマンさんがサッとカメラ向けても、スッと壁に寄り添い表情作ってポーズきめていた。プロだ...。 

20141123_mondo_ono40





アパートの一室が「モンドくんの似顔絵屋さん」スペースになっていた。 
さっそく似顔絵開始! 

IMG_2804




ひとり目は照れ屋さんでかわいい男の子。 

DSC05751 のコピー




ふたり目は金髪のきれいなマダム。 

DSC05756 のコピー




三人目はきれいなマダムのめちゃカワなお嬢さん。 

DSC05761 のコピー




2時間遅れを取り戻すかのような集中力でハイペースに描いていくモンド! 
まわりでテンちゃんや今ちゃんが走り回ってても、黙々と描く!描く! 

20141123_mondo_ono30

DSC05769 のコピー




アパートの前が空き地で、車通りが少なくて、遊んでくれる大人がいる。こんなときのテンちゃんは、ほんとやんちゃである(苦笑)。 

20141123_mondo_ono41



ずーっと走り回ってた。 

20141123_mondo_ono43




しかもモンドのジャマする...(苦笑)。 

20141123_mondo_ono32




あまりにもやかましいテンちゃんを大人しくさせるコツは絵を描かせること。 
テンちゃんも絵を描き出すと顔つきが変わるのだ。 

DSC05781 のコピー




子どもと大人の笑い声、良い雰囲気に包まれた清島アパートでの似顔絵屋さん、ここで描けたのは10人。 

DSC05777 のコピー

DSC05789




残りは宴会場のホテルニューツルタへ移動して描くことに、夕方からはここでボギーが出演するイベント「円界」がはじまるのだ。 


レポ、つづく。 

「紅白歌合戦」の出場歌手が発表されましたが、福岡の年末は「ラウンジサウンズ40人弾き語り忘年会」です!!! 


今年の出場歌手40人が決定しました! 
(※全員分の出場回数を宇宙サービスのジマオさん&ヨメさんが集計してくれました!感謝!) 


40人2013



ラウンジサウンズの年末恒例「40人弾き語り忘年会」。1本のギターを40人のミュージシャンが1曲ずつ回し弾きし、今年の歌い納めで飾ります。異様に盛り上がるこの企画!! 同じギターでもアーティストによって全く違う音色を奏でます、 40人40色の表現をお楽しみください。 



12/30(火)「ラウンジサウンズ40人弾き語り忘年会2014」 
@福岡VooDooLounge 
開場19:00 開演19:30 
1500円+1ドリンクオーダー 

【 出場歌手 】※出演順 

1. 吉浦優希(スクランブル) <初出場> 
2. 田中健太郎(klagenicole) <初出場> 
3. テル(Bingo Love) <2年ぶり3回目> 
4. 戸渡陽太 <2年連続4回目> 
5. pavlov <初出場> 
6. 牧畜業者 <5年ぶり3回目> 
7. 鎌田寛達(InとOut逆菩薩) <2年連続2回目> 
8. 中山万梨 <初出場> 
9. 木場祥太郎(空白器官) <初出場> 
10. たいすけ(いぶし銀) <初出場> 
11. 高松彩(freedom set) <5年連続5回目> 
12. ハラグチ(白痴) <3年ぶり2回目> 
13. 陽原あかね <初出場> 
14. たくろう(Es Experiment) <初出場> 
15. 森田トモアキ <初出場> 
16. 178(micemohee) <初出場> 
17. スギハラコウスケ(ex.六畳人間 from東京) <2年ぶり2回目> 
18. ユカリロハ(from東京) <初出場> 
19. 西村直(scofitz from熊本) <初出場> 
20. ミッキー(from長崎) <初出場> 
21. まんなみゆい(鮫肌尻子とダイナマイト) <初出場> 
22. 風原(宇宙サービス) <初出場> 
23. YOUKO(チャーリービーンズ) <初出場> 
24. 林まゆ <初出場> 
25. おさだあつとし <2年連続3回目> 
26. 石見竜太郎(LEPO) <初出場> 
27. 林田明(フアリナ) <2年連続3回目> 
28. イガクラカズコ(monju) <3年ぶり2回目> 
29. 木藤和也 <2年連続2回目> 
30. K-ing <3年ぶり2回目> 
31. イフマサカ <10年連続10回目> 
32. コヤナギシンジ <8年連続8回目> 
33. K(カシミールナポレオン) <2年連続4回目> 
34. 漢方先生 <10年連続10回目> 
35. ふー(THE VOTTONES) <5年連続5回目> 
36. オクムラユウスケ <5年連続7回目> 
37. TALL BOY(MOTH) <5年連続8回目> 
38. 野海はるね <4年連続5回目> 
39. 井上周一(folkenough) <10年連続10回目> 
40. ボギー(nontroppo) <10年連続10回目> 
 

司会)ボギー 
似顔絵屋)モンド画伯 

ーーーーー 


終演23:00(予定) 


終わったら「ぶあいそ舞鶴店」に大移動し盛大に打ち上げやります!! 
出演者もお客さんも大歓迎!飲み明かしましょう!!!

11月22日。

「初冬の夜の夢」というイベントでボギーのライブだった、会場はアーリービリーバーズで、フロアはまばら。共演にはカルメラ、THE GOGGLES、Novembreという不思議な組み合わせ。
カルメラは盛り上げるのが上手い、みんなフロアで踊りまくってた。おれも。

中盤でカルメラ+ボギーで一緒に「デイドリームビリーバー」を演って、ブラスバンドで歌うことの気持ち良さを味わえた。ほんと、気持ち良かった。

B3D466UCcAE8TlM

 
楽しい夜だったなあ。

B3D4650CcAAPMdC

 
主催者は20歳の女の子、勢いで初めて企画して、いっぱい赤字だして痛い目にあっても、打ち上げで「幸せでしたー!」って良い笑顔して酔いつぶれてた彼女は、素敵だなと思った。

若いときの勢いと失敗は、大人になってからの財産になるよ。
だから懲りずにまた企画やるなら、そのときはまた誘ってね。
 

今年も一年、ラウンジサウンズを盛り上げてくれたバンドと共に、ドカーンとお祭りやります『ラウンジサウンズフェスティバル2014』!!!!すべての出演バンドが決定しましたーーーー!!! 

ラウンジサウンズには欠かせないレギュラーバンドから、若手有力バンド、今年盛り上げてくれたあのバンドあのシンガー、ずらり並ぶと圧巻!!! 


今年のチラシはこれです!モンドが描いたキャベツ。 

LSF2014




そして裏は、ボギー手描きのメッセージと絵。 

LSF2014裏





今年ラウンジサウンズに出てくれたバンド、来てくれたお客さん、みんな集まって欲しいな。
遊びましょう!!!! 
 


12/27(土)【ラウンジサウンズフェスティバル2014 】 
会場)福岡VooDooLounge 
open13:30 start14:00 close23:30 
入場料:2000円+1ドリンクオーダー 

出演) 
■ nontroppo 
■ THE VOTTONES 
■ 漢方先生 
■ チャーリービーンズ 
■ 宇宙サービス 
■ 白痴 
■ 鮫肌尻子とダイナマイト 
■ brownbems 
■ ぱちゅ〜む 
■ フアリナ 
■ Martens 
■ 世界のザキ 
■ Bellbottom from 80's 
■ 林まゆ 
■ 木藤和也 
■ InとOut逆菩薩 
■ ななこが 
■ DX集団下校 
■ ニブルスくん 
■ 井上周一(folk enough) 
■ ボギー 

追加ゲスト)
■ ゆーきゃん(富山,ex京都)


DANCE) 
■ ハナアロハ(フラダンス)
■ oriental☆cabaret(ベリーダンス)

似顔絵屋) 
■ モンドくん(限定15名)

司会とDJ)ボギー 


24時から朝まで「ぶあいそ舞鶴店」で打ち上げ! 
こちらもみんな来てください。お客さんも歓迎。 
 
夜明けのウエストうどんをすすりましょう。

11月16日。 

朝9時、福岡市長選挙の投票所にいく。 
20代の頃は選挙にまったく感心がなかった、なにも知らないまま生きていた。 
そのことを今はすごく恥ずかしいと思っているので、どんなに忙しくても今は投票所に行っている。 


朝10時、家族みんなで三隅健くんの一日だけの個展「ムルチ」に行く。健くんのお母さんや兄弟であるゴールデンブラザーズが笑顔で迎えてくれた。会場にはたくさんのお花が届いてて、愛に溢れていた。 
DSC05615




健くんが亡くなる直前の作品しか知らなかったけど、小学校時代やデザイン学校時代の作品など生き生きとした絵も見れて良かったなあ。 


DSC05619



もっと時間があればゆっくり見ていきたかったけど、今日はこれから諫早に向かわなければならないのだ。諫早の名物酔っぱらい男、ミッキーが主催する『ミッキーフェス』にボギーとモンドで出演する。出番の15時に間に合うよう、出発した。 

 


諫早の町を車で走る、日曜だけど歩いてる人があまりいない。 

やっと遠くのほうで歩いてる人を見つけた、ロン毛でギターを持った若者。ああ、やっぱりバンドマンもいるんだなあって思いながら若者の横を通り過ぎた。 

若者かと思ったら、フォークイナフだった(笑)。 


会場のスタジオ裸蛇は雑居ビルの5Fにあるライブハウスである。 

DSC05620



中に入ると、岡崎さん、北村兄さん、ボットンズ、ささち、浅上くん、などなど。福岡の人ばっかりだった。そう、『ミッキーフェス』は出演するほとんどが福岡のバンドという狂った祭りなのだ(笑)。 


なぜ諫早でこのメンツなのか?親不孝通りのキースフラックでやったほうが話が早いんじゃないかとも思うが、それじゃあ意味がないのだ。今日はあくまでもミッキーのためのお祭りなのだ。 ミッキーが住んでる町に、俺らが行くのである。


2週間ほど前に長崎でミッキーに会ったとき、「たぶんお客さんめちゃくちゃ来ますよ〜。会場狭いから入りきらんかもしれんっす、心配っす〜」って言っていたので、さすがミッキーって思った。 


で、到着してすぐボギーのライブだったんだけど。 

DSC05623 のコピー




スッカスカやん(苦笑)!!!! 

違う意味でさすがミッキーって思った。 



俺もこういう時ほど良いライブをするんだよな〜(笑)。 
ボギーの弾き語りをサポートしてくれたモンド、テンちゃん、今ちゃんもグッジョブ! 
まさにチームプレイ戦だったね。 


昼間に出番を終えると、あとはかなりラクチンだ。呑んで楽しむだけだから。 


今日はモンドも似顔絵屋さんで出店していた。 
今日のお客さんはハードコアの人ばっかり(笑)。 


DSC05637 のコピー
DSC05635 のコピー
DSC05641 のコピー
DSC05648



みんなすっごい似てたなあ。 


ささち、バリ似(笑)。 

DSC05645 のコピー




テンちゃんも似顔絵描いてた。これまた味わい深し。 

DSC05633 のコピー





夕方にモンドも店じまいし、ライブハウスから歩いて3分のところにあるホテルにチェックイン。近いホテルを予約したつもりではなく、たまたま諫早で一番安いホテルを検索したらそこがたまたま会場から歩いて3分の場所だったのだ。 

しかも和室で清潔な部屋だった。最高。 

DSC05661 のコピー




腹減った家族たちを引き連れて、なんとなくピンと来た近くの焼き鳥屋に突入〜! 
焼き物も魚もいちいち美味かった!ここアタリだ。 

アタリの店を見つける嗅覚には自信がある。 

数分後、別のお客さんが入って来た。 
あ、加納さんだ(笑)。 

DSC05662



加納さんも呑み屋に関してすごい嗅覚の持ち主。 
やはり全国を旅して歌い呑みしてる人は、こうやって嗅覚を鍛えているのである。 


ホロ酔いで会場に戻りライブ観戦。 
○菌(MARUKIN)がとにかく最高だった! 
乱痴気騒ぎとはこの事だ。 

DSC05675



モンドもテンちゃんも、こーいう光景が大人の姿だと思って育ってる(笑)。 


眠たくなった家族たちはホテルへ帰ったけど、モンドだけまだギンギンに元気で、ライブ終了後もドラムセット勝手に叩きまくってた。 


DSC05682 のコピー



お客さんは思ったほどは来てなかったけど、それはさておき、ミッキーは愛されている。
何度も「最高っす〜!素晴らしいっす〜!」って言ってたミッキー。
今日はほんとうに楽しい一日だった。
呼んでくれてありがとうミッキー!!! 

DSC05685



最高だよミッキー!!!! 

DSC05690 のコピー            



....って、あれれ??ミッキーがふたりいる!!!! 
俺、酔っぱらいすぎたかな?? 


ちがう!こいつはミッキーのお面かぶったモンドだ!! 

DSC05691





さすがに「いい加減に寝なさいっ!」って叱ってホテルへ連行。 
家族みんなが寝たあと、俺は打ち上げへ。 


打ち上げもたくさん参加するだろうと思って20人分の料理をお店に用意してもらっていたミッキーだったが、結局最後まで残ってた出演者は、フォークイナフとボギーと加納さんだけ(笑)。 


20人分の料理が次々とテーブルに並べられた...。 


わっはっは。さすがミッキー。 


俺もさすがにふらふらだったので、一杯だけ呑んで帰ろうかと思ったが、なぜかここからエンジンがかかってしまった。隣りには同じくエンジンかかってる井上さん(笑)。 


オモロ話が止まらない。 
今年一番の盛り上がりがまさかここで来るとは...。 


jpg-large



声枯れたわ(笑)!

img_0


ラウンジサウンズの目玉企画「課題曲シリーズ」第11回目の課題曲はジミ・ヘンドリックス「パープルへイズ」です! 
https://www.youtube.com/watch?v=Uw9c4Bg8rDo 
 
ではこれから参考までに世界中でカバーされてる「パープルへイズ」の面白いのをいろいろ聴いてみよう! 
 
 
まずは定番でこれ! 
HIS(細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美)による「パープルヘイズ音頭」 
https://www.youtube.com/watch?v=0hsNi3kfUDk 
 
 
フランクザッパも「パープルヘイズ」をカバーしてたのか!これは知らんかった。さすがの変態アレンジ!いきなり志村けんみたいな声が入ってくるのが衝撃的(笑)。
https://www.youtube.com/watch?v=O6Ox3n8QlzI 
 
 
Michael Winslowって人によるジミヘンのモノマネ。声そっくりだけど、まさかギターの音までモノマネするとは!すごいです...。 
https://www.youtube.com/watch?v=rVUw62pxDGw 
 
 
2CELLOSっていうチェロ2人+ドラムって編成だけど、熱量がもの凄くてかっこいい「パープルヘイズ」。 
https://www.youtube.com/watch?v=Ae23y2D8VSI 
 
 
で、おれが一番「これヤベーーーー!!」ってシビレたのはYoung @ Heartっていう老人たちによる「パープルヘイズ」!!これめちゃくちゃカッコイイ!! 
https://www.youtube.com/watch?v=fOXDX8d8i4M 
 
 
というわけで、ラウンジサウンズ課題曲ナイトはただカバーすりゃ良いってモンじゃないのだ。この企画を甘く見てる出演者はだいたいスベる。 
そのスベり具合も良い酒の肴なんだけど(笑)、でもやっぱり「おお!すげえ!」って驚かせて欲しいよね〜。 
 
なんて、プレッシャーを与えてみる(笑)。 
 
 
 
プレッシャーを与えられた出演バンドたちはこちらです!! 
 
 
〜課題曲シリーズ第11夜〜 
11/17(月)「ラウンジサウンズ〜パープルへイズナイト」 
@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
Bellbottom from 80's 
BLUESVILLE 
鮫肌尻子とダイナマイト 
フアリナ 
宇宙サービス 
吉浦優希(スクランブル) 
オープニング)ボギー 
 

● 全出演バンド課題曲をかならずアレンジして演奏しなければならないという企画。毎回、めちゃくちゃ面白い。今回パープルヘイズに挑戦するのは、生まれてくる時代を間違えた若きジミヘン・フリーク、Bellbottom from 80’s。ロッキン・アンド・ローリン・ブルーズバンド・フロム・スウィートホーム・チクゴ地方、BLUESVILLE。ギャグ漫画からそのまま飛び出してきたようなアホで胸キュンのロックンロール、鮫肌尻子とダイナマイト。超真面目で超イイ奴!でも革ジャンパンク!!スクランブルの吉浦優希。きらめきと浮遊感と男のロマンシシズムが眩しくはじけるフアリナ。福岡発秋葉系サブカル盆踊りテクノ歌謡、宇宙サービス。 
 
 
 
みなさん音楽の時間ですよ。 
遊びに来てね!

このページのトップヘ