ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

2015年04月

VooDooLoungeで毎週開催してます「LOUNGE SOUNDS」では、 
毎度毎度刺激的な夜、未知なる音楽との出会いを用意してお待ちしてます! 
5月のラウンジサウンズも、おもろいラインナップがずらり!!! 
あなたのアンテナにピクンとひっかかった日にぜひ遊びに来てくださいね〜!!!! 


((((( 5月のラウンジサウンズ ))))) 


0TWSWHRF


5/11(月)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
THE UTERO(佐賀) 
ザ・ガーデナーズ 
ノラビトの旅 
BOYS METER 
simi☆sugar 
司会とDJ)ボギー 
● 佐賀オルタナティヴをこれからひっぱる元気いい若手、THE UTERO。ガツッと来るロックンロール声を持つVo、ノラビトの旅。ライブシーンに飛び出して来たラッパー、ニブルスくんとDJもっちによるゆるふわユニット、simi☆sugar。そして意気揚々とL.S初登場、ザ・ガーデナーズ、BOYS METER。 


あぁちゅ


5/12(火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
のーの 
林まゆ 
あぁちゅ 
ラ・イルミナシオン 
小林ボードウォーク 
YAJILOW-VEY 
司会とDJ)ボギー 
● 秘かに話題の地下アイドル3人がついに共演!沈黙を破り復活をとげたL.Sの元祖裏アイドル、のーの。壮絶な光と闇で目眩のするような世界を醸し出す林まゆ。佐世保出身小倉在住の笑顔が眩しすぎるインディーズアイドル、あぁちゅ。ディスコヒットも歌謡曲も満載の笑って踊れるラ・イルミナシオン。意味不明のキャラと、独自の世界を持った小林ボードウォーク。大石&大村の世界はクセになる、笑い堪えるのが大変なYAJILOW-VEY。 


オサダアツトシ


5/19(火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
しばキョントリオ 
第二次霧鵺計画 
LuSaMeNa 
紙村勇丞 
オサダアツトシ 
佐伯市民(佐伯) 
司会とDJ)ボギー 
● 博多のロック不良先輩しばキョンさんがちゅうぶらんこのDrだんな氏らと共に始動!しばキョントリオ。ベース+打ち込みのソロでここまで破壊的(破滅的)なライブは見たことない第二次霧鵺計画。ゆるふわキチガイ バンドLuSaMeNa。天然アシッドシンガーソングライター、オサダアツトシ。ex.カルキンズでVoをやっていたセバスチャンがソロで活動開始、紙村勇丞。佐伯からモーレツ熱い二人組、佐伯市民。 


レットイットビー のコピー

5/20(水)「ラウンジサウンズ〜ビートルズをぶっとばせ!」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
カシミールナポレオン(魔界) 
カルキンズ 
ポルカドットスティングレイ 
フアリナ 
赤い靴がやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ! 
InとOut逆菩薩 
村里杏 
ハラグチ(白痴) 
ボギー 
司会とDJ)ボギー 
● ポールが再び来日しました、でも喜んでるのはおじさんばかりで、若い人あまり聴いてないビートルズ。だって、おじさんが得意げにカバーするビートルズって面白くないんだもの。もっと自由な解釈で若い人にビートルズをぶっ壊してもらいたくて、こんなカバーナイトやります!実はめちゃビートルズマニアなhakuがやる気出してカシミールナポレオン2人揃って降臨(笑)。このコも若いのにビートルズマニア、赤い靴がやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!狂犬みたいな3人組ロックンロールバンド、カルキンズ。何か持ってる男、鎌田寛達率いるオルタナロックバンド、Inとout逆菩薩。雫女王様率いるポルカドットスティングレイ。きらめきと浮遊感と男のロマンシシズムが眩しくはじけるフアリナ。期待せずにはいられない大牟田最終兵器少女、村里杏。言葉のセンスにARTとPUNKを匂わす白痴のハラグチ。オープニングは、いつかきっと怒られるボギー(笑)。ぜったい面白い夜になるはず! 


samehada


5/26(火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
鮫肌尻子とダイナマイト 
きつねのよめいり 
THE SUICIDES 
おちんぽ戦車 
Bellbottom from 80's 
司会とDJ)ボギー 
● ギャグ漫画からそのまま飛び出してきたようなアホで胸キュンのロックンロール、鮫肌尻子とダイナマイト。今年の期待株!ハードロッキンガレージサウンド!きつねのよめいり。生まれてくる時代を間違えた若きジミヘン・フリーク、Bellbottom from 80’s。ひさしぶりに帰ってきた福岡アニソン界のハミダシ者、おちんぽ戦車。そして意気揚々とL.S初登場、THE SUICIDES。 


S-LOGO


5/29(金)「ラウンジサウンズ10周年祭!」@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
ボギー 
THE VOTTONES 
漢方先生 
hey!ANNES 
チャーリービーンズ 
カシミールナポレオンK 
ほか 
司会とDJ)ボギー 
● 10年前の5月29日にラウンジサウンズはスタートしました。当初はまさかこんなに続けるとは思いもしませんでしたが、年月とともに数々の伝説や思い出が何層にも積み重なり気付けば10周年となりました。ボギーお前よー続けたな!とお祝いに来てやってください。出演はL.Sになじみ深い面々が集結!ほぼ毎月L.Sに出続け、フロアをロックンロールで燃え上がらせるTHE VOTTONES。あらゆる珍企画のオファにも溢れるサービス精神で応えてくれるL.Sの女王、漢方先生。幾度もの困難を乗り越えて強くなり続けるチャーリービーンズ。L.S第1回目から出てたあのコやL.Sお馴染みのあのコらが中心となって結成された謎のスーパー女性コーラスグループhey!ANNES。もはやヨコチンレーベルを象徴するような存在(笑)カシミールナポレオンK。などなど盛りだくさん!ボギーはトリ!! 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

<LOUNGE SOUNDS> 

<ヨコチンレーベル> 

※出演希望バンド、随時募集中!ボギーまで連絡ください。 

3日間で5ステージという超ハードな山口ツアー、最終地は萩の玉ネギ畑。 
ここはかつて佐々木さんがオニオン座というカレー屋さんをやってた場所で、今は味噌醤油蔵の岡田さんが経営するライブハウスになっている。 

11149436_686525871472966_4052578946712361535_n



店の前には海が広がっており、最高のロケーションだ。 

10250218_686525928139627_6497875305728212013_n



ここは岡田さんが愉しみとしてやってるライブハウスなので、やりたいイベントしかやらないという。だから月に1〜2回しか店を開けないライブハウス(笑)。 

すでにバーベキューして和気あいあいとみんな楽しんでた。 
 

18809_686525891472964_1665292499380629445_n





のんびりとしてるうちにお客さんも集まってきて、イベントスタート。 
共演の金也くんはド緊張しながらも精一杯歌っていた。 
林一穂ちゃんは透明感のある素敵な声と曲、とても良かった。 

10406817_1559809624293790_3852931547268632765_n




おれはさすがにぐったりしていた...。 
 
2夜連続で朝方まで呑んで睡眠不足だったし、今日は昼間すでに2ステージやっていたから。そんなぐったり具合を察して岡田さんも「ま、ゆっくり自由にやってくれたらいいよ」と言ってくれた。 


でもやっぱり、ステージはじまるとスイッチが入っちゃうんだよなあ(笑)。 
結局ライブは1時間以上やり抜き、最後の一滴まで体力気力ぜんぶ使い切った。 


11150559_686525994806287_6618856925959879775_n



岡田さんは「青い春」がとにかく大好きだそうで、最後に岡田さんが「青い春」のギター弾いてくれた、フィーリングで。 

1382853_1559809494293803_6584537283776115977_n



すごく、気持ちの通ったいいセッションだった。 
 


終演後は玉ネギ畑の外でまたバーベキュー打ち上げ。 

17796_686526338139586_4345557319295636055_n



最高だ!

11136615_686526178139602_207315868356730775_n




萩のみんな、シャイだけど良い人ばっかり。 


17995_686526071472946_2177273621196963669_n




打ち上げの後半で、燃え尽きた...。 



朝、目を覚ますと玉ねぎ畑の楽屋の布団。 
岡田さんからの置き手紙があった。 
 

CDAIVNnVEAAON2Z





小倉から来てくれたハマナさんが帰りは車で送ってくれることになり、ほんとうにラッキー。結局、周南から湯田まではTAKEVEZのケンジくんが運んでくれ、湯田から防府、防府から萩まで白石くんが運んでくれ、萩から福岡までハマナさんが運んでくれた。 


駅伝リレーのたすきのように運んでくれたみんなに心から感謝!!!! 



山口ツアー3日間、楽しかったなあ。 
各地で呼んでくれたTAKEVEZも白石くんもイシカワくんも岡田さんも、ほんとうにありがとう。また呼ばれればいつでも飛んでいくぜー! 


想いを込めて呼んでくれる人がいるから、音楽はやり続け甲斐があるのだ。 

4月19日。 

興奮の女将温泉ロックンロールその翌日。湯田から防府に移動し、ボギーは昼からライブ、魚市場で年に1回のお祭り「防府さかな祭り」特設ステージにて2ステージやるという“お仕事”ライブなのだ。 

jpg-large




これがさかな祭りの会場。いろんな美味しいものいっぱい売ってる。 

11150749_687997294659157_6213200985507999514_n




よく分からないゆるキャラもいる。 

11136632_687997311325822_7940799630857873658_n




これが今日のスケジュール。 

11053170_686198651505688_5231291262895544520_n




共演は、フラダンスと和太鼓とよさこい踊りだ(笑)。 

11156237_686109751514578_6596024154123143520_n




フラダンスのあとボギーのステージ! 
 
この会場の広さはさすがに持て余す〜(笑)。 

jpg-large




子供からお年寄りまで、あらゆる層にウケる歌って何だろう?こういうときに誰もが知ってるヒット曲が1曲でもあると楽だよなあ〜って思う。 

「バカになりましょう」が盛り上がった。 

11165907_10206641735979658_1040032972_n




おばあちゃんたちがだんだん笑顔になってきて、手拍子してくれた。
最後に「カーニバル」歌ったら大笑いしてくれた。 


よっしゃ!イケル!! 




昨日の女将温泉ロックンロールからの流れで、漢方、パトラ、美咲ちゃん、タナちゃん、タツヤくんも同行してくれて、盛り上げてくれたのもずいぶん助かった。 



200円で遊覧船に乗れるというので、2ステージ目の前にみんなで乗ることに。 

11173443_10206641735499646_209966634_n




遊覧船っていうか...漁船やん(笑)! 

11160419_10206641735659650_422985515_n




北島三郎「北の漁場」を熱唱!!!

11149124_10206641735419644_375467556_n



めちゃ荒波やし!揺れるし! 
うおおお!テンション上がる〜!!! 


かなり沖のほうまで出たところで急に漁船が猛スピードでUターンし港に戻り出した! 

あと10分でボギーの2ステージ目が始まる時間なことに気付いてくれたタナちゃんが焦って船長さんに「ステージあるから急いでください!」とお願いしてくれたらしい(笑)ありがとう! 


「お〜すげえ早くなった〜!」とか言いながらのんきにタイタニックごっこ(笑)。 

11118082_10206641735379643_1299617969_n





港に着くなりそのままステージに直行!

漁船下りてそのままステージってこれまさにサブちゃんのエンディングやん!

「北の漁場」から「まつり」の流れやん!! 
 

というわけで2ステージ目は異様な興奮状態から再び「カーニバル」! 
 

11169977_686198571505696_2989033741400986541_n




漢方&パトラも召還し奥村靖幸で「だいすき」熱唱! 

11116102_10206641735179638_918879338_n




弾き語りなのにギターまったく弾かないというステージを展開(笑)。 

11041035_686198474839039_5272478739782267356_n




見よ!これが男の仕事場じゃい!!! 
 

11100808_686198524839034_3477962465933293440_n





最後は一般のお客さんも巻き込んで「贈る言葉」で大団円! 

11178296_687997184659168_4358324235244093230_n




いつのまにか凄い数のお客さんに膨れ上がってて「おお!すごい人気だ〜!」って思ったけど、このあともちまき大会あるからたくさん集まってたのね...(笑)。 

11168076_687997267992493_8685113331554401112_n




全身全霊のステージも、もちに負けた...。 




いや〜、面白かったなあ。 
なかなか出来ない経験させてもらった。 
魚市場のみなさんにも喜んでもらえたのでまた来年も誘ってくれたら嬉しいなあ。 



昼間から2ステージをやり抜いたあと、いよいよ山口ツアー最後の地、萩へと向かう。 
そう、今日は1日で3ステージという超ハードスケジュールなのだ!!! 


というわけで、つづく。

『女将温泉ロックンロール』で昼からテンションMAXのまま呑み騒ぎ、いちばん最高潮になったころ酔いどれどもといよいよ出陣だ。 

酩酊状態で女将劇場に突入〜! 

11130219_687997747992445_5389523508068297594_n



最前列を陣取るヨコチン軍団!!!やたら興奮状態!!!! 

11165252_686518641473689_3286379157875975946_n




どうやら今日はわけあって、いつもの大円会場ではなくロビーで女将劇場やるレア・パターンらしい。実はこっちのほうが女将が近いので盛り上がる! 


女将登場でテンションは天井を突き破る勢い!!
うお〜!待ってました女将〜〜!!! 

11160582_686518504807036_7943533570687890339_n




最初はLEDライトぎらぎらのハンドベル演奏から、紙細工の蝶を扇子でひらひら舞い飛ばすお座敷芸。そして芸の粗いマジックショーへとなだれ込む! 

11169836_686518344807052_3455277377495563077_n




いちばん盛り上がるのはやっぱし琴の乱れ弾き!!
暴れすぎてアッという間に琴の弦がぜんぶ吹っ飛ぶ!!! 

11049539_687997661325787_5857543370114710047_n




琴とは思えないほど凶悪にひび割れたノイジーなサウンドは、このサウンドシステムから出てる音だ!!!ひえ〜ラジカセ〜〜(笑)!!!!!! 

jpg-large




女将ロックフェスティバル会場に大歓声が巻き起こる!!!

11017048_687997127992507_2914969424388907203_n





女将に指名されたタナちゃんがステージに上がるや踊れと言われたわけじゃないのに勝手に踊りだす(笑)、負けじと女将も踊りまくり、謎のダンスバトルに!!! 

10957750_686518428140377_4010666335577160492_n



このシーン....去年も見たわ〜(笑)。 

ほら。↓これ去年の(笑)。 

201156_2047055946_239large






続いてボギーも指名されステージでなぞの腰ふりダンスバトル!!! 

10995279_686518091473744_4972994189039052932_n




これで4年連続の女将とダンス共演...。 完全に好かれてる(笑)!



女将の勢いは止まらない!!! 
次々と変な人形担いでは踊りながら出てくる!!! 

11188157_687997587992461_2594521978343305264_n




芸が細かい!!!! 

11149310_687997557992464_7287160114791339083_n




アナ雪のお面かぶせてちょっとだけ流行のものも取り入れる女将!(すでに古いけど) 

10314543_687997627992457_3806929584063340216_n





出ました!女将のレオタード姿!!!今年で70歳!!!

11148545_686518171473736_1756046129844749923_n




マツコデラックスと踊るレオタードの70歳! 

11156156_687997457992474_6590505579220132589_n





おねがいっ!笑いすぎて肺がやぶれるっ(笑)!!! 

11162205_687997694659117_1869178459712107450_n






舞台裏もどえらいことに(笑)! 

1495532_686518744807012_7349343963260612857_n







電気が消え、ストロボライトとブラックライトが点滅する中、勇ましい和太鼓の演舞! 

11174857_687997541325799_4906086566445563531_n




ギャ〜〜〜〜!!!オバケ〜〜〜!!!! 

jpg-large




BGMでマイケルジャクソン「スリラー」流れると、日本最高齢という仲居さんが白装束で現れる!

11016095_662946870506576_2084488166349957015_n



その仲居さん幽霊と、スパイダーマンになった女将が戦うという謎のバトル勃発!!! 

11041159_687997517992468_9182958767392899921_n




スパイダーマンのあとはダースベーダーになってバトル!!!なぜに!? 

11128845_686518024807084_2609295196105298602_n




さらにLED電飾ぎらぎらの獅子舞とバトル!世界観がまったく見えない!!!

10422481_687997497992470_2090386577437429460_n



意味が分からなすぎてカオス!!!!! 
 
女将劇場すごい、何度見ても死ぬほど笑える! 

11147065_686517941473759_3953997077434457884_n



ツッ込みたいけどツッ込む隙もないほどモリモリに詰め込んだ芸の数々を、ジェットコースターのようなスピード感で2時間も笑わせまくる女将!!本気でヤバイ!!! 
 

11138557_687997414659145_2756563354252071391_n




女将は最後に「これからも死ぬまで頑張りまーす!」とカッコ良く啖呵を切ると、にっこり笑ってぺこりと三つ指をついた。 


11115603_687997397992480_1835227583913669441_n


巻き起こる歓声と拍手喝采!!! 

床でお辞儀をしているのは、レオタード姿の小さな小さな70歳のばあちゃんである。だけど、あまりにもパワフルで唯一無二のでっかい存在!!二時間ノンストップでバカなことやりまくる女将の、その汗だくな姿に心うたれる。 
 

 




毎度のことやけど、漢方とパトラは感動して号泣。 

11014618_686517581473795_7532696689534132061_n




女将劇場初体験のユウスケも泣きながら女将に抱きついていた。女将もらい泣き! 

1383469_686517894807097_511590050312784762_n




おれも毎年感動して泣いちゃう。 


11038997_686517504807136_413164286651243281_n




なぜ泣けてしまうのか?

それはやっぱり女将の真っすぐな芸の魂に心が揺さぶられるからだろう。女将はこんなことを毎日毎日休まずに50年間もやり続けている、しかも宿泊客だけではなく、他の旅館の客でも、通りすがりの人でも、誰にでも無料でこの「女将劇場」を観れるようにしているのがすごい。 



それはただ純粋に、“人を楽しませるのが好きだから。”だ。 




そんな女将の生き方は、どこかサブちゃんやエンケンさんとも通じる気がしている。 
心震わされる圧倒的人間力!やっぱり目指すところはそれなのだ!! 


今年は県外からの初参加者が増えた、みんなことごとく笑い過ぎと感動で放心状態になっていた。もっともっと、まだ知らない人にこそ体験して欲しい。

日本最後の秘宝館、女将劇場を!!! 



興奮冷めやらぬまま女将とヨコチン軍団の記念撮影!! 

11156399_686517358140484_2917586942924439994_n



みんな最高にキラキラしたいい笑顔してるやん!女将ありがと〜〜〜!! 




女将劇場終演後、女将から「ちょっとコーヒーでも」と奥の休憩所にいざなわれる今までにないパターンに!衣装のままの女将が全員分のコーヒーを入れてくれた。 

11188165_687997374659149_5854433294774367211_n




それぞれが女将に感動と感謝を伝える、女将は嬉しそうにニコニコと聞いていた。 


女将との話は盛り上がり、なんと来年は旅館の80周年記念なのでヨコチンとのコラボで女将劇場をやりましょう!と女将からまさかの提案!ホントにホント!? 


jpg-large




実現したら本当に凄いことだよっ!!! 





こりゃあえらいこっちゃあ〜〜〜〜!!!! 



と、大盛り上がりのヨコチン軍団はテンション益々上がってさらに打ち上げへ!! 



.....ここからあとの記憶がほとんどない....(笑)。 


おれの携帯カメラには打ち上げ写真はこれしか無かった(笑)。 


21787_687997347992485_1352176071068065593_n






この打ち上げが何時まで続いたか覚えていないけど、夜中にめちゃくちゃ喉がカラカラに乾いて目が覚めた。 


どうやら誰がいちばん塩をエロく舐めれるか選手権を開催したそうだ....。 



一度体験するとしばらく女将劇場の興奮と余韻が抜けない、まるで竜宮城から戻って来たかのような気分になる。 



ああ、早くも来年の『女将温泉ロックンロール』が待ち遠しいよ。 




どう?来年はあなたも参加したくなったでしょ(笑)?

「湯田温泉の女将劇場がものすごいんでボギーさんぜったい見たほうが良いです!」


okami_003



って言われ、気になったのでツイッターで「女将劇場を観に行きたいから湯田でイベントやって〜」とつぶやいた10分後に即決定したのが『女将温泉ロックンロール』だった。かれこれ4年前の話だ。 


あの日からずっと女将劇場の虜になってしまった。気付けば『女将温泉ロックンロール』は毎年恒例行事となり、今年ではや4回目の開催となる。 


女将劇場がどうすごいのか?そして『女将温泉ロックンロール』というイベントがいかに狂っているかはこれから書くレポを読んでもらえれば分かると思う(笑)。 






4月18日。 


周南からTAKEVEZのメンバーらと共に車で湯田に向かう。午前11時にライブ会場に集合し、12時には『女将温泉ロックンロール』が始まる。 

簡単に説明すると、これは丸一日かけて女将劇場を存分に楽しむためのイベントなのだ。 
したがってタイムテーブルはこうなる。 


12:00 ライブイベント『女将温泉ロックンロール』 (スープ)
↓ 
18:00 打ち上げ (前菜)
↓ 
20:45 『女将劇場』観劇(メインディッシュ) 
↓ 
23:00 打ち上げ (デザート)



今夜もミラクルが起こりそうな予感をびんびん感じながら湯田に到着、すると道端で「よおボギ〜!」と声をかけられる。振り返ると知久寿焼(ex.たま)さんだった。
うおおお!早くもミラクル発生!!! 


『女将温泉ロックンロール』会場のジョニーズバーのすぐ近所にあるオルガンズメロディというライブハウスでこの日偶然にも知久さんが演奏することを数日前に知ったばかりだったので、もしかしたらバッタリ会えるかもな〜なんて思ってたらまっ先に会えたのだ(笑)。 


「おれ今日ココでライブッす〜」「あとで見に行くよ〜」なんて会話をのんきに交わす。 


ジョニーズバーに入るとすでに仲間がわんさか来ていた。福岡から漢方先生、パトラ、オクムラユウスケ、美咲ちゃん、宅嶋淳さん、アジさん、わはは、ここ福岡じゃなくて湯田温泉だよ(笑)。さらに東京からスギハラくんもわざわざこのために来た(笑)。

みんな昼から酒かっくらってトロ〜ンとしとる! 

jpg-large




女将温泉ロックンロール始まり〜!最初は漢方先生。お昼から漢方先生(笑)。 

jpg-large




宅嶋さんとアジさん。この二人を真っ昼間の湯田温泉で見ているのは夢か幻か酩酊な光景(笑)。 

jpg-large
 

せっかく美咲ちゃんも遊びに来るならばと前日の深夜2時くらいに連絡して、飛び入りしてもらうことになった地下アイドルのーの!と、それを激写する人と、激写する人を激写する人、さらに激写する人を激写する人を激写する人.....なんじゃそりゃ(笑)。 

jpg-large



どうかしてる昼下がり。 
 


次はTAKEVEZのメンバーらによるノイズバンド、どんなKISSしてほしいのぼくに。もうこの頃にはみんな酔いどれてヘラヘラしてるかウットリしてる感じ。 


ここでビッグな飛び入りゲスト!まさかの長渕剛! 

10563113_662946280506635_4421832050032173049_n
 

....からのオクムラユウスケ(笑)。 
いつものとんでもない盛り上がり!笑いすぎて腹痛い! 

CC2pRrQUUAAW2U4



全力出しすぎて数曲でのどが潰れるユウスケ、ボロボロになりながら倒れこんだ窓のブラインドが偶然にもサーーーーッと開き、窓から大量に差し込む眩しい光!!!神々しかった!

この奇跡の瞬間が最初のクライマックスだ。でも奇跡のクライマックスはこのあと何度も何度も我々の前にあらわれることになる。 



飛び入りで、昨夜共演したインディーズアイドルあぁちゅ。ただれきった酔いどれ天使たちにはあぁちゅの笑顔は眩しすぎる....。よたよたとおじいちゃんみたいなダンスで乱入してきたシンイチくんも俺の中ではアイドルだ(笑)。 

11174971_687997221325831_1584271228201847624_n




防府のエキセントリック・アイドル山本初子。キリキリキリ〜ッて締め付けるような歌を聴きながら、このあと出番なので準備を(準備と言うか、すこし水を飲んで酔い冷ましをしてたw)。

すると、知久さんがジョニーズバーにひょこっと現れた!わあっ! 
 

201156_2150470346_242large




この日、会場にいたメンバーは実はかなりの高確率で知久さんファンだったのだ。特に漢方先生なんかは結婚したい男性No1に知久さんを挙げるほどである。だから知久さんが会場に現れた瞬間はみんな嬉しくて息が止まるような空気になった。 


すご〜く珍しい虫を見つけて、迂闊に騒いでそれを逃がしてしまわないようにじ〜っとじ〜っと息を殺して気付かないふりをしつつ、でも神経は知久さんのほうに完全に向いているって感じ(笑)。 


おれも知久さんがほんとに聴きにきてくれてすっごく嬉しかった。 



で、ボギーのステージ。 

1曲目から「うんこ」飛ばす。 
2曲目「アルコールメモリーズ」、実はこの曲、知久さんのライブを見たあとにインスパイアされて作った曲なので知久さんの前で歌えてちょっと感激。 

ギャンギャンに飛ばす! 
漢方&パトラも召還し奥村靖幸まで発動!! 

11150751_741432062643927_577380345033642501_n




アジさんにジャンベ叩いてもらい「BON-ODORI」ではみんなで盆踊り大会に!!! 

11119010_662946443839952_123609408614437687_n




ノセてノセてギャンギャンに盛り上げまくる裏には狙いがあったのだ。 


ボギー「ねえ!おれ頑張ってる〜!?」 

みんな「イエ〜〜イ!」 

ボギー「じゃあおれのワガママきいてくれる?」 

みんな「イエ〜〜〜イ!」 

ボギー「ほんとにワガママきいてくれる???」 

みんな「イエ〜〜〜イ!!」 

ボギー「知久さんの歌声も、聴きたいなあ〜」 

みんな「ウオ〜〜〜〜〜〜ッ!!!!!」 



それはあの場にいたみんなが願ってたこと、でも誰も言えないでいたひとこと(笑)。 



知久さんは「ボギーにやられちゃったな〜」って笑いながらステージに上がってくれた、いつもライブで使ってるのあの小っこいギターを持って。そうなの、知久さんこっそりちゃんとギター持ってきてくれてるのを、見逃してなかったんよ(笑)。 


知久さんが『女将温泉ロックンロール』に飛び入り!なんて贅沢な!!! 


み〜んなが息を呑む中、知久さんは「でんちう」を歌ってくれた。その優しい歌声いっぱつでぞぞぞ〜っと一斉に鳥肌の立つ音が聞こえた。ほんとに聞こえた。 


10929946_662946507173279_464778557747875013_n




おれら今、特別な瞬間に立ち会ってるよな、という神聖な空間。 
真横で漢方先生とパトラが号泣していた。 

10985893_686219771503576_6640798832234379497_n
 

この日、2度目となる奇跡のクライマックス。 
知久さん、ありがとうございます! 



その流れから再びボギーのライブ、「青い春」から「贈る言葉」で大団円!もはや言葉にならない高揚感。知久さんまでも肩組んで歌ってくれたの感動〜。

3度目のクライマックス! 
 

11143334_662946560506607_3951290544474196230_n




今日はあと何回クライマックスが観れるの(笑)? 




夕方18時から打ち上げ、もちろんいつもの「かど」だ。 

11170354_686232908168929_6897718269613175442_n



ここは刺身が美味すぎる! 

11011550_686232958168924_5722285702677605731_n




主催のPOZO白石くんの乾杯の音戸で打ち上げ開始〜!!! 


11128845_686232991502254_3047483715193547298_n



乾杯の音戸から数分でソッコー泥酔、このありさま(笑)。 

11138545_686233031502250_4917780873577343419_n


4度目のクライマックス(笑)!



そりゃあそうだろう、昼の12時から呑みはじめてこの時点ですでに6時間もバカ騒ぎしてるんだから。普通のイベントならば、もう充分に大満足だ!あとは酔いつぶれてお開きとなる。だけど、今日はここまでがまだ前菜なのだ!!このあといよいよ真のクライマックス!メインディッシュの『女将劇場』が始まるのダアアアア!!!!!! 




4月17日。 


今日から3日間で周南〜湯田〜防府〜萩を廻る山口ツアーだ。山口には毎年何度も行ってるけどこんな集中的に山口攻めるのは初めて(笑)。しかも各地がそれぞれ濃いイベントをブチ立ててくれたので、ツーフーが爆発しないかちょっぴりドキドキしながらの旅だった(笑)。 


まず初日の周南まで高速バスで移動、駅では主催のTAKEVEZマンコスくんと数井くんが出迎えてくれて、そのまま男3人で楽しくおしゃべりしながらパスタランチ(笑)。 


周南riseでサウンドチェックをしたあとは、TAKEVEZのタケベくんと周南の町をぶらぶら歩く、旅に出た時は商店街を歩くのがいちばんだ。その街の空気がわかる。

ボギーの名店アンテナがピピピと反応したのは路地裏の「まつき食堂」。 

11156355_684990914959795_5549794056337655139_n



創業60年、昼間からおっさんがすでに呑んでる、ふむふむ。間違いなさそうだ。とりあえずホルモンとビールを注文。ホルモン美味い!やはり間違いなし! さらにタケベくんの顔は酒が美味くなる顔だし(笑)。ゴキゲンだ。 

11165307_684990998293120_4715691820239058725_n



ネットの食べログやグルメ情報誌などに頼らず、自分の直感を常に働かせ、飛び込んだ店はだいたい当たる。あとで、「よく知ってましたね、そこ名店です!」って言われることも多い(笑)。 



旅をしながら、感を磨いてきた。 
それはそのまま自分のステージに直結しているのだ。 



なので、まつき食堂でホルモン食べたままのスタイル! 
今日はいつ油がはねるかわからないからね。 

11173414_685679721557581_2379747838399326195_n



紙エプロン付けたまま会場に戻る(笑)。 

 


イベント開始、今夜は「サブカルと科学」というタイトルのイベントだった。 

オープニングのあぁちゅ、インディーアイドル。屈託のない笑顔がかわいかった。でもステージ上よりも、この日のラストTAKEVEZのときダイブしてた姿のほうにむしろグッときたりして。 

あぁちゅ
 

続いてヒートへイズという若くて元気な男女混合メタルバンド、こういうバンド見ると。いいなあ、入りたいなあって思う(笑)。 


戸川碧子もやっぱりすてきだった。あの子は空間のつかみ方を知ってる。って何年か前に初めて見たときから思ってた。そのときは弾き語りじゃなくてノイズだったけど。 


広島の深居くんの演劇とエクスペリメンタルなギターが混ざった弾き語りスタイルは斬新で、次が出番だったからピリッとプレッシャーかけられた。いつか福岡呼びたい。 


jpg-large



ボギーはまつき食堂でホルモン焼き食べたときにつけた紙エプロンのわくわく感をそのままステージに持っていきたくて、紙エプロンつけたままライブした。でもシャリシャリうるさいからすぐ引きちぎったけど(笑)。 

11150773_685679748224245_1847877038494948247_n


対バンがすごく良かったおかげで良いプレッシャーをかけられ、自分も集中力がすごく高まってた。ツアー初日から全力出しきる(あたり前だけどね)。アンコールもありがとう。「青い春」歌った。 

CCzAwwcUEAAhMg3



主催のTAKEVEZは最高のエンディング、カオスな高揚感!誰がメンバーで誰がお客さんかも分からないくらいグチャグチャなアホ祭り(笑)。 

11169933_685679318224288_6067961686361313372_n



気付けば俺、ドラム叩かされてたし! 

10247236_685679258224294_731100422191003643_n




しかしこのマンコスくんと戸川ちゃんの写真はエロヤバいな(笑)。 

14711_685679238224296_7324850597593791692_n




TAKEVEZ主催サブカルと科学、めちゃ楽しかった!化学反応おきたね! 
お客さんも若いコから若くないコまでたくさんで盛り上がってたし! 


バンド人口も少ない地方都市でこんなカオスなサブカルイベントやり続けることってすごく難しいと思う。だからこそTAKEVEZのようなバンドの存在は嬉しいし頼もしいし、これからも面白いこと一緒にやれたらなって思う。 




打ち上げは、そのままライブハウスでハコ打ち。 
店長が瓦ソバ作ってくれたりしてなんか貧乏なパーティーって感じで面白かったな。 


マンコスくんは打ち上げで昆虫採取キットの防腐剤みたいな緑色したカクテルばかりを呑んでいた。たぶん翌朝は緑のしょんべん出たはず(笑)。 

11148589_685680001557553_2961675761336688861_n



昆虫採取セット、なつかしい。 
子供に注射器って今はコレ売るの無理だろうなぁ。 

11149439_685680021557551_689655847323798966_n





打ち上げ後は、TAKEVEZ数井くんの家に泊めてもらった。 
おれとケンジくんと数井くんとタケベくんの男4人で呑みなおし、深夜のエロトーク。 


そのまま撃沈して初日終了....。 



さあ、明日は湯田で女将劇場だ!!! 


つづく。

長らく廃盤だったボギーの2004年宅録作品『mondo music for my son』をついに再発します!当時はCDRで売ってたけど、ちゃんとCDプレスしました。 

jpg-large
 
  
この作品は2004年にモンドが生まれたとき、その感動と衝動で一気に作り上げた25曲入りのボギーの宅録作品。1曲目は「夜のいとなみ」というタイトルから始まり、最後25曲目の「mondo music for my son」は生まれたてのモンドの泣き声で終わる作品。ライブでの定番「ERIMO岬」も収録してます。サンプリングやコラージュで遊びまくったサウンドは「博多のBECK」と呼ばれてた時代(笑)のケッサク。ボギーの原点、ここにあり。 
  
ライブ会場で販売開始!通販もします。 
  
  
YC-046

 
ボギー『mondo music for my son』(CD 1500円) 
  
1.夜のいとなみ 
2.ゆりかごから墓場まで 
3.ハローワーカー陽あたり良好 
4.NO NEW YORKごっこ 
5.田園調布に家を建てる 
6.バナナなんです 
7.Fever Teacher Forever 
8.DUB ME DO 
9.ERIMO岬 
10.鉄の心をもつ男 
11.BOGEYはモテモテ 
12.野良猫ガッツでがんばろう 
13.夢遊病 
14.青春のけむり 
15.ネタミ&ソネミ 
16.戦争はダメ!絶対 
17.エスプレッソエスプリズモ 
18.ゲーマ− 
19.チャペルココナッツは燃えているか? 
20.YU-YA3 
21.カツラ仕掛けのオヤジ 
22.カルピス 
23.酔いどれた人殺し 
24.おいおい俺俺 
25.mondo music for my son 
  
  
  
<購入方法> 
  
名前、住所、商品名を記したメールを下記アドレスに送ってください。 
↓ 
折り返し振込先口座と送金額をメールでお知らせします。 
↓ 
代金を口座に振り込んで下さい。 
↓ 
入金を確認いたしましたら、品物を発送いたします。 
  
●通販は商品×数量+送料(¥200)をいただきます。 
  
オーダーはyokotin_b@hotmail.com  まで

正直、最近のアニソンって全然よくわかりません。
アニメ見てないし。

アニソンナイト!って言われても、今のはついていけません...。

でも、子供の頃は普通に誰でもアニメ好きだったですよね?

大人になった今でも完璧に歌えるくらい染み込んでたり、
切ないエンディングテーマにほろりときたり、

そんなテンションでやる大人のためのアニソンナイトです(笑)。 

DrSlumpeArale2
img_11
img_1
img_1-1
06ae8c186dad77721ba3266757bdacc4_24414
img_0-1
img_0
img_1-2
129276523175516303888



『ラウンジサウンズ〜アニソンナイト!!』 

4/28(火)@VooDooLounge 
19:00 / 19:30 
¥1500+1ドリンクオーダー 

出演)牧畜業者/ぱちゅ〜む/いぶし銀/がんちゃん/森田トモアキ/高松彩(freedomset)/K-ing/ニシジマオ(宇宙サービス)/宅嶋淳 
オープニング・アニソン)ボギー 
※エンディング・シークレットゲスト有り! 

● 出演は、なんでも器用に歌いこなし、いつもファンタジーな格好してる牧畜業者。完全あてぶりのエアPerfumeで盛り上げてくれるダンスチーム、ぱちゅ〜む。ストレートにズバンと来るパンクサウンドが爽快、いぶし銀。ベース+打ち込みのソロで笑わせる男、がんちゃん。水のようにスッと染み込む歌声、freedomsetの高松彩。黄金期の日本のニューミュージックを彷彿させる、K-ing。サブカル盆踊りテクノ歌謡、宇宙サービスのニシジマオ。つかみ所が無いけど、どこかアーバンなインスト、森田トモアキ。郷愁が滲み出る歌声、bigmamaの宅嶋淳。などなど、このようなメンツでアニソンナイト、ちょっと良いと思いませんか? 

4月12日。 


実を言うと今回の柳原さんとのツアーは不思議な夢から始まったのだ。 
 

数ヶ月前のある朝、夢を見て目が覚めた。それは柳原さんとバンドを組んでスタジオに入ってる夢だった。そのメンバーには石川さんもいたので、おれはとっても嬉しいんだけど妙に気を使う(笑)という夢だった。 

なんでそんな夢を見たのかと不思議に思いながらパソコンのEメール受信箱を開いたら、まさかの柳原さんからメールが!うっそー!って思うよね。でもホントの話。 

「今年デビュー25周年で生まれ故郷の博多でライブがしたいので、ボギーなんか企画して〜」という内容だった。もうあまりのタイミングにびっくり!しかもその数日後には石川さんからも「ボギーなんか福岡でやろうよ」というメールが...(5/1は石川さんと福岡でやりますよ!)。 


こういうの予知夢というのか?それとも神のお告げか?? 


というわけで、いま、柳原さんと3日間のツアーを回ってるのだ。一緒にセッションバンドをやりながら。 


そんな神のお告げツアー最終日は福岡で「ハイコレ134」だ。広島〜別府があまりにもハシャギすぎたので、正直言うと身体はすでにくたくただったんだけど、気持ちはめちゃくちゃ充実しており、そして柳原さんとこんなにずっと一緒にいることも今までなかったので、もうすっかりリラックスした心理状態でもあったのだ。 

つまりはいちばん力の抜けたベストコンディションということ(笑)。 


会場の箱崎水族館喫茶室は、元々ほんとうに水族館があったらしい。 
とても落ち着いたレトロな店内、優しいご夫婦が経営している喫茶店だ。 


リハで柳原さんはここのピアノをポンと弾くなり「わあ、これは良いピアノだなあ」って唸ってくれた。わあい。 



今日は最後に柳原陽一郎さんとボギー、チャンさん、アサミちゃんの四人でセッションをするのだが、アサミちゃんは子供の頃からずーーーーっとたまのファンだったらしく、このセッションが決まって以来、今日の日をずっとずっと待ち望んでいた反面、緊張しすぎて吐きそうな顔してた(笑)。 

そんな状態でリハ、柳原さんはとても優しいので、アサミちゃんもやっと少し緊張がほぐれた様子。 



開場すると外に並んで待っていたお客さんたちがどんどん入ってきた。3日間ぜんぶ観に来てる熱心なファンの方々とはもうすっかり顔なじみになっていた(笑)。いっぱいの店内。蒸し暑く湿度の高い夜だったので、会場はムンムンしている。 



最初はボギーのステージ。 
今回は3日間ともぜんぜん違うステージをやろうと思っていたので、今日はチャンさんにドラムを叩いてもらって激しくしたり、逆にお祭りな曲は外して「アルコールメモリーズ」など静かな曲をじっくり歌ったりもした。 

お祭りのボギーではなく、ミュージシャンのボギー(笑)。 



そして、柳原さん。 
ほんとにすごいテンションだった。いろんな面白いエピソードトークも満載だったし、過去の曲から新しい曲までまんべんなく並べたセットリスト。 

外は小雨の降る中で聴く「オリオンビールの歌」も最高だった。 


後半でセッションタイム! 
「再生ジンタ」「夜のどん帳」「さよなら人類(バカになりましょう)」の3曲をやった。柳原さんの曲はバンドでやるとグルーヴがすごい気持ちイイし、たまの曲のアレンジには強烈なノスタルジックさとアバンギャルドさが入り交じっているのが演奏するとよくわかる!! 

子供の頃に憧れてた音楽家と一緒に演奏できること、こんな幸せなことない。 
音楽を続けて良かった!これはそのご褒美なんだといつも思う。 


jpg-large



昔からたまファンな、ボギー、チャンさん、アサミちゃんにとってこれがどれだけスペシャルだったことか。サル〜!ってコーラスしながら鳥肌立ってた。また柳原さんが福岡に来るときはこの四人で演奏したいなあ。 


セッションタイムのあと、アンコールがさらに強烈なセットリスト! 
「ふしぎな夜のうた」「オゾンのダンス」「お経」「徘徊ロック」「牛小屋」の流れをノンストップでやりきったあとフラフラになりながら「ハレルヤ」。 

広島、別府と熱演だった柳原さんだけど、福岡は熱演を超えた熱演!!
アンコール3回、全22曲!

生まれた町、博多では嘘はつけない。と全身全霊のロック魂が大炸裂してた。 


炸裂しすぎて最後にもう一度セッションをやる約束を完全に忘れてる柳原さん(笑)。3度目のアンコールの時「ああっ!そうだったあああ〜!」と思い出して再びステージに呼んでくれた(笑)。 



最後は「満月小唄」。 


昔からずっと、柳原さんの曲の中でいちばん好きな曲なのだ。 


最後はお客さんもみんな「ま〜ま〜ま〜」の大合唱!そして拍手喝采で終了した。 


jpg-large



4人とも完全にやりきった表情してる(笑)。 





ライブ後にヨレヨレになった柳原さんに「ヨレヨレ」3冊をプレゼント。 

CCcmPB8VIAE1JOr



するとヨレヨレだった柳原さんがたちまち元気に! 
「こりゃあ面白か!」と柳原さんも博多弁で大絶賛(笑)。 

CCcmPB-UgAAqX6F



名古屋のモノコトでライブしたときに会場でパラパラとめくって凄く気になってたんだそう。





さあ!打ち上げ、さすがに3日連続の大熱演でお疲れの柳原さん。おれも同じくクタクタ(笑)。
でも幸せな疲労感と充実感。うまい酒だった。 


jpg-large



広島、別府、福岡と三日間を柳原さんと旅して、いい思い出がいっぱい。 


思うに、柳原さんは生粋の音楽人であり、実は骨太いロックンローラーなのだ。そしてそれ以前にとても純粋に「人」なのだと思った。人が音楽を奏でると言うシンプルなことを、ただただシンプルに追究している「人」なのだ。 


今回はいろんなことを側で学ばせてもらいました。ほんとうにありがとうございました。 





で、柳原さんを見送ったあと、やっと緊張から解放されたアサミちゃんが二次会で急に泥酔して沈没。 

jpg-large




このあとの惨劇は口にはだせません…(笑)。 

 

4月11日。 


かなり早起きして、広島バスセンターで柳原さんと待ち合わせ。今日はバスで別府まで移動して温泉旅館の宴会場でライブなのだ。高速バスは柳原さんと最前列、運転手さんの後ろにふたり並んで、まるで修学旅行みたい(笑)。 

13268_681742341951319_6521501721182762113_n



バスで別府まで6時間とかなりかかるが、柳原さんといろいろおしゃべりをしながらの旅は俺にとっては最高に楽しく、その移動時間ですら幸せな思い出なのだ。 

徳山からバスごとフェリー船に乗り、海を移動。めちゃ気持ちいい天気だなあ。 

jpg-large




大分に着いてからさらにバスで数時間...さすがにふたりともぐったり疲れる(笑)。 


別府に到着し温泉旅館ホテルニューツルタへ、こちらがライブ会場となる扇の間。

こんな場所だよ(笑)。最高! 

11128840_681919738600246_1135467686123818313_n




1時間半後にはイベントが始まるという超バタバタなスケジュールのため、そのままリハーサル開始!そしてイベント「円界」はスタートした。 

jpg-large




この温泉旅館の宴会場で開かれる「円界」というイベントは、別府に住むミュージシャンの上田すまこちゃんがシリーズ企画してるイベントで、昨年ボギーは出してもらった。あまりにも楽しかったので、今回柳原さんを紹介したのだ。 


すまこちゃんの「みんなに楽しんで欲しい!」って気持ちはイベントの随所に溢れている。たとえば、出演者の曲名を使ったオリジナルフードを用意したり(この日は「さよなら人類カレー」と「うんこドーナツ」(笑))。 

_T1A6746




前座に、腹話術師が出てきたり(笑)。 

しかし前座で腹話術のおじいちゃんってのもすごいけど、メインゲストの柳原さんに「人生いろいろ」の伴奏をさせちゃうってのも型破りすぎて大爆笑した!柳原さんも長い芸歴ながらこんなことは初めてだと思わず爆笑。 
 

_T1A6834 のコピー



別府で、奇跡的なことが起こってます(笑)。 



続いてボギーのステージ。 
開演前にささっと温泉に入り、浴衣に着替えてのライブ。もちろん芋ロックを呑みながら。

これはヤバい!かなりゴキゲン!! 

_T1A6905 のコピー




「うんこ」を歌ってるとき、ステージ袖でそっとハモりのコーラスを入れてくれる柳原さん(笑)、そして手拍子を巻き起こしてくれたお客さんたち。今夜の「うんこ」はひときわ美しいな。 

そして宴会場ならば宴会芸「ERIMO岬」は外せない!浴衣の裾をはだけさせ、パンチラさせながら踊りまくった(笑)。 

_T1A7037 のコピー




やっぱ別府は盛り上がるわ〜(笑)。 


円界はまさに宴会そのものとなり、柳原さんも実にリラックスしたステージ!昨日の広島での緊張感とは良い意味で真逆の展開に!この笑顔みれば分かるよねえ(笑)。 

_T1A7290 のコピー



「オゾンのダンス」から「ジャバラの夜」では大合唱になり盛り上がったなあ。 

そしてボギーとすまこちゃんを加えてセッション! 

「再生ジンタ」「夜のどん帳」「さよなら人類(バカになりましょう)」をやって、めちゃくちゃ楽しかった! 

_T1A7235 のコピー





最後はお客さんもいっしょに記念撮影〜! 

_T1A7321a のコピー



円界はやっぱり最高!そして別府ホテルニューツルタも最高!

こんな場所が福岡にも欲しいってマジで思うよ。 






終演後、すまこちゃんおすすめの中華料理屋で打ち上げ。これまた最高すぎた。 
酔っ払い海老がたまんなく美味! 

CCWhe4aUgAAlKTi



あまりの美味さに焼酎すすみまくり!!超ゴキゲン!!! 
(写真中央はニューツルタの若旦那w。) 


21328_682279371897616_1558032856907080295_n




さらにすまこちゃんに導かれ千鳥足で行った打ち上げ二軒目の「バー峰」もヤバ過ぎ! 

11138571_682279405230946_3688106994777041645_n




レトロとかじゃなくて、昭和で時が止まってる店!! 

10622970_682279475230939_2624336947290182520_n





マスターもカクテルも、まるで古い映画みたい。メニュー表がウケる...ぷぷぷ。 

10446723_682279431897610_8257893710738643468_n




さくらんぼとカットレモン入った青いカクテルなんか昔のマンガとかでしか見たことないや(笑)。 


10003997_682279451897608_8810275957311447346_n



このあとカラオケ大会になった、おれは布施明の「君は薔薇より美しい」を熱唱したあとから記憶が無くなった....。 



目が覚めたらホテルのベッド。 


おれの携帯カメラには誰が撮ったか知らないが、カラオケ熱唱する柳原さんと、カウンターで酔い潰れてるおれの姿が...(笑)。 

11141729_682279525230934_4145439104680371242_n




そして、かばんにはマスターが帰りにお土産としてくれるバー峰のオリジナルマグカップが入っていた。 

CCdHJBOUAAAU7_l



粋だね〜。 
このマグカップ欲しさにバー峰に行っても良し! 



ああ、魅惑の別府....楽しくてはしゃぎすぎた。 
 
二日酔いを引きずりながら今日は柳原さんとのツアー最終日、福岡だ。 



つづく。

このページのトップヘ