ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://www3.to/yokotin/ 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

2016年10月

9月20日。


今年で4年目となる「東京30人弾き語り」。福岡では「40人弾き語り忘年会」というタイトルで年末にかれこれ10年以上ずっとやってる企画なのだが、福岡だとほとんど宴会状態のバカ騒ぎになっちゃうのに対し、東京だとやたら豪華なメンツが集まるので、みんなちゃんと聴く姿勢になる(笑)出るほうも観るほうも緊張感がすごいのだ。

今年もチケットはソールドアウトし、当日券キャンセル待ちのお客さんが並んでくれてた。台風が東京に直撃しようとしており、激しい雨が降っている。早くお客さんを中に入れてあげたいと準備を急ぐ。 

ボギーの役目は毎年「30人を選ぶこと」そして「その30人の名前をずらりと書いた垂れ幕を作ること」である。

14369907_976297089162508_7675483213114376150_n

書いた名前の垂れ幕はステージの中央にドーンと貼られる、これがそのままタイムテーブルであり、書かれてる順番にステージ上がり、30人が1曲ずつ歌い繋いでいく。ボギーのギターを使い回すので、出演者はみんな手ぶらで会場に続々と集まってくる。年齢もキャリアもジャンルもバラバラな音楽家たち30人。それだけですでに会場は異様に面白い雰囲気。
 

14485004_980658968726320_9195201990054175983_n

始まる前から打ち上げみたいな賑やかさだ。
14440874_980577145401169_6699339203166582284_n

でも、ギター初心者枠の小川美潮さんとアチコは楽屋で必死にギターの練習してたりと、緊張感が伝わってくる。
14484603_980658898726327_5157151225284580660_n
 

顔は笑ってても、みんなどこか緊張した表情なのは、まるでここが異種格闘技戦の地下闘技場みたいな空気になってるからだろう。そのムードはお客さんたちにもびんびん伝わる。

14494707_980577602067790_3461643800593871506_n


やっとお客さんがすべて会場に入りきり、いよいよ開演。

ここからはノンストップで30人30曲の数珠つなぎだ!
 

14440626_980658935392990_6990135163010263629_n

1)横沢ローラ
この企画の一番目はとても重要なポジションだ。今年福岡で共演し、呑んで、仲良くなったローラに任せた。彼女のポジティヴに巻き込むキャラと音楽的面白さとクオリティは一番目にピッタリの良い空気を作り出してくれた。たしかアートブレイキーの曲に歌詞を付けたんだっけ?面白かったなあ。
 
14463009_980658928726324_5343614885011278913_n 

2)工藤祐次郎
 彼とは今年の頭にボギーを阿佐ヶ谷に呼んでイベントを組んでくれたことで知り合った。味わいある視点からくる歌詞を、ちゃんとしたフィンガー奏法で聴かせる正統派のフォークシンガー。
 
14457353_980658885392995_257878011224999404_n 

3)犬風
ずいぶん前にGEZAN(下山)と一緒にきた福岡ツアーで知り合った。出会った頃は灰野敬二を彷彿とさせる黒尽くめの服と長い髪だったが、いつの間にか派手な服と金髪になっており、客席から「ヤンキーだ...」と声が漏れ聞こえ笑ってしまったが、ひとたび歌えば犬風さんの声の破壊力やっぱすごい!
 
14448779_980658858726331_6512296883986951311_n

4)中川理沙(ザ・なつやすみバンド)
ただでさえ元気じゃなさそうな理沙ちゃんだが、この日は緊張のあまりかさらに青白く華奢に見えた(笑)。タイトル覚えてないけど、俺がなつやすみバンドの中ですごい好きな曲を歌ってくれて嬉しかったなあ。
 
14433051_980576895401194_3643649540402182150_n 

5)笹口騒音ハーモニカ
2年前に女装したキャラで出演してクソすべってた笹口くんがリベンジ。相変わらずMCでめちゃくちゃなことばかり言ってんだけど、今年は最高に面白かった!
 
14469672_980577838734433_5785738242286245398_n 

6)ユカリロハ
女性の弾き語りには珍しくフィンガーピッキングでラテンのグルーヴを出すロハ、いつもライブで盛り上がる曲を選んで会場をコール&レスポンスで盛り上げようと果敢に責めてくれたけど、まだ会場の温まり方が足りてなかったかもなー。
 
14495315_980577845401099_2813736701214568207_n 

7)原田茶飯事
茶飯事もやはりフィンガーピッキングでボッサのグルーヴを出す手練。そしてこの企画には4年連続で出てもらっているほど信頼している。「おばかさん」のエアトロンボーンで湧かす。打ち上げで知久さんから「きみがいちばんよかったよ〜」と褒められててすごい喜んでた。
 
14370424_980577742067776_1049996300078259032_n
8)土岐佳裕(HAPPLE)

バンドの時のかなりハッチャけたイメージを想像してたら緊張でガッチガチ!顔色もヤバかった。なんだかそれが面白すぎて曲の記憶が無い...すまん(笑)!
 
14495415_980577745401109_2050638290680104772_n

9)アチコ(Ropes)
ギター弾いたことないのに強引に誘って出てもらった。一生懸命練習したたどたどしいギターの一音一音がグッとくる。この企画でギター練習したのがきっかけで次はザゼンボーイズ向井さんとLOSTAGE五味さんのツーマンのオープニングが決まったらしい。わはは、サイコー。
 
14449951_980577738734443_6063712101000718464_n

10)柴田聡子
出てきただけで雰囲気が変わる存在感、歌いだすと、その世界に吸い込まれる。同じフレーズをくり返しくり返す。くり返しの中に新しい意味を発見するようなそんな不思議な歌。いいなあ。
 
14457280_980577722067778_1906747026351633500_n 

11)ジョニー大蔵大臣(水中、それは苦しい)

タイムリーな「おっとオトタケ」で会場めちゃ笑いの渦に!あれだけの言葉数をよく覚えて連射できるなあと感心する。感心するんだけど、個人的にこの曲はツボではないのをジョニーさんには見抜かれた。「だってボギーさんぜんぜん笑ってないんだも〜ん!ステージから見えてて怖かった〜!」とジョニーさん(笑)。

14322212_980577605401123_4575049659964577671_n
12)松本敏将(tobaccojuice)
出てきた瞬間、魂どっかに置き忘れてきたような可笑しな声でしゃべりだしたのがほんと面白すぎた。森のことについてしゃべって歌ってたけど、松本くんが森の妖精みたいだなと思った。
 
14484788_980577612067789_2791242086857411373_n 

13)白石ひかり
去年は福島から歌いにきてくれたけど、今年は神奈川在住。ひかりちゃんの目付き、表情、指先、脚、ウィスパーボイス、ぜんぶエロくて素敵だ。俺がゲンズブールだったらぜったいプロデュースしたい(笑)。でも実際のひかりちゃんは、人見知りでおとなしい子。
 
 14448793_980577585401125_2732105259112282496_n

14)双葉双一
もう単純におれはこの人のファン。ほとんどしゃべったことないけど、去年に引き続き今年も喜んで出てくれた。うれしいなあ。「レベル5」って曲を歌ってた。天才やな。
 
14449042_980577528734464_1118051818658024363_n 

15)杉林恭雄(くじら)
今年はなんの歌が聴けるのかなーと思ったらまさかのカバー。北原ミレイ「懺悔の値打ちもない」。あらためて、昔の歌謡曲の歌詞のすごさを感じた。
 
14463034_980577522067798_7603878566515056050_n 

16)前田由紀(ホワイトベリー)
2年連続でヒット曲の「夏祭り」を歌って会場を盛り上げてくれたけど、今年はオリジナル曲の弾き語り。由紀ちゃんのオリジナル、とても良い。結婚について歌ってた。「28歳になりました」ってMCで会場どよめく。デビューしたの小学生の頃だもんなあ。

14469625_980577515401132_7559458355526750019_n
ここで、飛び入り枠。「誰か歌いたい人!」って言ってまっ先に手を挙げたのは島崎大。長渕剛のガチなTシャツを着ていた。熱い熱唱でちゃんと盛り上げてくれてありがとう。

 14457413_980577502067800_1353630425999518300_n

17)西尾大介(ALOHA)
ここからしばらく福岡出身枠が続く。福岡時代からよく歌ってた「サウンドパーク」、久しぶりに聴けたの嬉しかったなあ。あと西尾いじりも久々にやれて楽しかった。
 
14322194_980577368734480_5344058141530025151_n

18)見汐麻衣(埋火)

NOKKOの「人魚」を大人っぽく歌いきった見汐さん。歌ってる最中に百々さんの「そんなに抱いて抱いていうなら抱いてやってもいいけど」って声が舞台袖から聞こえてきて爆笑。
 

 14448769_980577372067813_437085605811999409_n

19)氏原ワタル(DOES)
二日前のワンマンで活動を休止したDOES、背負っていた大きなものを一旦下ろして自由になったような弾き語り。ここからまた新しい一歩という感じのステージだった。ワタルくんもこの企画には毎年欠かさず出てくれてる。
 
14479578_980577345401149_8384568470378141202_n 

20)有馬和樹(おとぎ話)
「なんで福岡くくりの中に俺いんの?俺福岡じゃないけど〜」って期待した通りのMCで始めてくれた有馬(笑)さすが常連組。「COSMOS」をしっとり大事に歌ってくれた。 
 
14492582_980577342067816_2898551706558564908_n 

21)百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)
この企画に一度出て欲しくて毎年誘ってたんだけど、スケジュールが合ってやっと出てもらえた百々さん。福岡時代は何度か対バンしたこともあるけど、話したことはなかった、何年も経って東京でこーやって繋がってる、ロックンロールハート。
 
14370059_976303195828564_7587163768741130679_n 

22)知久寿焼(パスカルズ,ex.たま)
去年に続いて出てくれた知久さん、今年は「きみしかいない」。歌いだした瞬間に空気が丸くなる、色が暖色系に変わる。そんな声の魔法。中学時代からずっと憧れていたミュージシャンがボギーの遊びに付き合ってくれてる、なんて幸せなことだろう。 
14333194_976303162495234_1148066661284888147_n 

23)石川浩司(パスカルズ,ex.たま)
知久さんから石川さんの流れで、たまを半分みれて幸せ。来年、もう半分も見てみたいな~(笑)。「マトリョーシカ」という新曲、すごく面白かった。途中の語りで「ボギーの中から小さなボギーが出てきて...」とアドリブで湧かせる達人芸!
 
14390788_976303212495229_6008922466655722683_n 

24)小川美潮
小川美潮さんは去年よりすこしだけ上達したギター(笑)で「はじめて」を歌ってくれた!美潮さんにいちばん弾き語りして欲しかった曲だったからうれしすぎ。泣きそう。終わって美潮さんが指先を触らせてくれた。ギタリスト特有の固い指先になっており、本当にがんばってくれたんだと感激した。
 
14462967_980577252067825_3745889866984492425_n 

25)戸渡陽太
2年前にボギーが小川美潮さんを福岡に呼んだとき、会場に見に来てくれた戸渡くん。そのとき衝撃を受けたという「窓」をカバー。とても難しい曲、戸渡くんなりにすごいがんばって歌ってたけど、終わって美潮さん本人から「もっと勉強しな」ってダメ出し喰らってて笑えた(笑)。
 
14494757_980577242067826_4805607607000130092_n 

26)pocopen(sakana)
後半の流れは完全に自分がお酒を美味しく飲むために考えた最高に幸せな流れ(笑)。芋のお湯割りにふわっと気持ち良くなってきたとき、ポコペンさんが「♪ボギーに逢えて良かったんだ~ありがと~」って歌ってくれて涙目になった。天使の声だ。 
14457479_980577235401160_4622065985673732863_n 

27)大槻ヒロノリ(真黒毛ぼっくす)
相変わらず酔いどれてて最高の大槻さん。自分の出番が近付いてきたので楽屋に一瞬だけハーモニカを取りに行って戻ってくると、大槻さんが俺のギターを床にバーーーンって派手に落としてた...。まあ、このギターも酔っぱらったフジモトジンから6,000円で買ったギターだけど(笑)。
 
14390881_976303242495226_2101485290329010725_n

28)曽我部恵一(サニーデイサービス)
出てくれるだろうかとダメモトでお誘いした曽我部恵一さんがステージ上で「実はずっと東京30人弾き語り出たかったんです、誘ってくれて嬉しかった」って言ってくれたのめちゃくちゃ感激した。最近作った出来たての「五厘の恋」って曲、オリンピックのことを歌っていた。やっぱすごい。
 
 14316790_976304089161808_7195245943184220021_n

29)FUCKER

29番目の枠はいつもボギーが舞台袖から歌ってる背中を見たいなって人を指名している。今年は4年連続でド緊張しながらも最高のパンクをいつも見せてくれるFUCKERさんの背中が見たかった。大きな背中を見つめながら、気合いを入れさせてもらった。

 

自分にとって「気合いを入れる」とは、逆に「気合いをぬく」こと。気合いは入れれば入れるほど、身体が固くなる。脱力から本当の力が出てくるように思う。
 
 14455749_1242201589201805_641354183_o

30)ボギー(nontroppo / 東京ノントロッポ)

30番目、最後に歌う曲は決めている。毎年「青い春」を歌っている。しかし同じ「青い春」でも、その年その年の出来事や感じていることが歌にでる。今年は渾身の歌が歌えた気がする。


「青い春」からの流れで最後はやっぱり「贈る言葉」(笑)。
14453975_1242202042535093_1362778992_o

そして胴上げ〜!
14462937_980576905401193_7755909085434642037_n


ステージに今夜の30人が上がって記念撮影。

14359115_976297099162507_1305539194226817002_n

有名も無名も新人もベテランも区別なく、正々堂々と同じステージに立ち、同じ一本のギターを回し弾きした仲間たち。あぁ、なんて清々しいんだろう。音楽は素晴らしい!
14488829_1242202035868427_2143298071_o

 

夢のような夜だった、東京30人弾き語りはボギーの贅沢な"遊び"である。音楽で旅をしながらひとりひとりと繋がっていって"遊び"を分かってくれる仲間がいつの間にかこんなにたくさん増えたんだ。

歌で繋いだ人生ドラマ。30人に盛大な拍手を!!!!!

14489620_1242202022535095_452352248_o

東京30人弾き語り、2017年にまた会いましょう〜!



と、東京のイベントだったらここで解散〜ってなるのが多いけど、ここからは福岡スタイル打ち上げに突入!まずは月見ルで乾杯!

14492617_980577248734492_1585690267578101231_n

楽しい〜!
14440629_980577162067834_2826701901162687791_n

幸せ〜!
14494635_980577138734503_5903201159766237680_n
 

東京30人弾き語りと言いつつ福岡出身率高し!百々さん、見汐さん、ワタルくん、西尾、戸渡、ボギー。この日、月見ルの芋焼酎ボトルをすべて呑んだ(笑)。 


14440784_976304885828395_8694728312061581579_n

めちゃくちゃ楽しい!!!
14370026_976304892495061_7694635623063156516_n

酔いつぶれる西尾。
14390904_976304915828392_7387806901203698621_n
 
二次会はどっかの居酒屋に移動してさらに朝まで飲み続ける。

14462922_980577025401181_1345932044214346438_n

もはやべろんべろん。
14502871_980576992067851_7302604286444073626_n

戸渡りはおれにキスしすぎや(笑)!
14457441_980576985401185_421810007429323944_n


で、もうすっかり朝。「シメにソバ食いに行こう!」って言ったら、ついてきてくれたの戸渡だけだった....わはははは、さすがにね。戸渡ありがと(笑)!

14390800_980576915401192_7843362519418976400_n
 
だって楽しい夜は終わらすのが勿体ないんだもん〜。 


また来年の30人を考えるのが楽しみだなあ。 

9月19日。
 

北浦和の居酒屋ちどりでのボギーワンマンライブ、ここは半年までクークーバードというお店だった。ボギーにとても良くしてくれた店で、何度もここでワンマンライブをしたり、常連のお客さんとも仲良くなれたり、思い出がいっぱいの場所だった。そんなクークーバードの閉店を救ったのは若いバンドマンの男の子で「この場所を無くしたくない!」とあとを引き継ぎ「居酒屋ちどり」としてお店を存続させてくれた。

会えて嬉しい顔ばかり!そこにはいつもと変わらない笑顔がいっぱい、ボギーを待ってくれていた。

14322584_975093025949581_6449535577741912737_n

たっぷり2時間のステージ、ライブは第一部、静かに歌う。第二部、いつもどおり歌う。という二部構成にしたんだけど、とてもしっくりくるライブがやれたなと我ながら満足。
14317475_975425199249697_4669778022881945202_n
14354883_975425202583030_7903299161599931095_n

最後は「贈る言葉」で胴上げ!あの狭い店内で見事によく上げてくれるよな。もはや胴上げのプロ集団や(笑)。ありがとう北浦和!いつでも来れる場所がここにあるというのはとても安心する。また行くね!
 

新しい店長は「ボギーさん呑んでください、家に泊まってってくださいよ」と言ってくれたんだけど、実はここ数日、胃の調子が悪かった。たぶん飲みすぎと疲れすぎによる軽い胃炎だろう。前にもなったことがあるから。本当は調子に乗ってこのままみんなと朝まで飲みたい気持ちをググッと堪えて終電で東中野に帰った


明日は「東京30人弾き語り」だから、朝まで飲むんだ。

9月18日。

グッドマン20周年イベント2デイズの2日目に出演した。ほんと20代の頃からの東京で出来た友達がいっぱい集まっててなんだか感激だった。同窓会みたいっていうのとはちょっと違う、みんな現役で今もバンド活動ビシバシやってるからね。同士が集まったって感じ。

右からcontiコバ、music from the mars藤井くん、ボギー、サラダバーやしろくん、ボストンクルージングマニア鹿島さん。
14390865_974672129325004_5624319364407591296_n
 
右からエレクトリックイールショック前川さん、プチミットコバックス、泉谷ちゃん、ボギー。
14292310_974672212658329_661913494841337621_n
 
右からボギー、ナスカカー中屋さん、漁港森田船長、ヤシロくん。
14316973_974672159325001_4339186169444694601_n
 
右からボギー、道産子アナルSAM1さん、NATSUMENアイン。
14333682_974672172658333_6069312715952704126_n
 
もうあっちこっちで「おおー!ひさしぶりー!」ハグ、ハグ、ハグ状態である(笑)。

イベント開始、最初からテクマの歌を泣きながら熱唱するヤシロくん。サウンドチェックでテクマの歌をサラッとやるミュージックフロムザマーズ。やっぱり今日はテクマ!追悼な雰囲気がある。このイベントに出演する予定だったテクマ!は数週間前に亡くなってしまったのだ。

おれがグッドマンの鹿島さんに誘われたときひとつだけ出した条件は「テクマ!と違う日にして欲しい」だった。それくらいあいつとは仲違いしたままの10年。いろいろあったのだ。いろいろあって素直に悲しめないやつはきっと他にもいっぱいいるだろう。実にクセの強い男だった。いまでもテクマ!のツイッターアカウントは俺のことブロックしたままだ(苦笑)そのブロックが解除されることは一生無いだろう。
 

出番前に便所の出口にこんなの見つけてしまい「やかましーわ」と思った。

14316704_974672115991672_5450568828649847653_n

が、俺なりの追悼ライブをすることにした。
 

ボギーはフロアでビールケースの上に立ち「青い春」「We Will Rock You」「ボンオドリ」「バカになりましょう」「ERIMO岬」「贈る言葉」の6曲を歌って完全燃焼!

14358790_974672095991674_5416151126251166274_n

「俺たちはバカチンだけど、生きてるバカチンです!愛すべきバカチンどもです!」と叫ぶ。ダッちゃんやヤシロくんが号泣してるのが目に入った。


イベントはホントに面白かった。フロアで暴れるプンクボイさんのライブや、
14355681_974672439324973_695585987853335973_n

「おまえらテクマと一緒に死ね!イヤか?じゃあ魚喰え!!」とマグロを捌いた漁港。そういえば漁港と初めて対バンしたのはテクマの結婚披露宴ライブだったなあ。
14359079_974672432658307_1775198338902396146_n

この日、ハズレッシヴは初めてみたけど衝撃うけた。久しぶりにバンドみてなんじゃこりゃあと思った。大笑い。最高。
734817_974672252658325_2275939287908488982_n

トリのTHEマニラ帰りも初めて見た。めちゃくちゃかっこ良い!ボーカルのかたの佇まいの危なさ加減にしびれた~。
14370225_974672452658305_7314389753020065756_n
 

いくつになってもライブで刺激もらうのってやはりぞくぞくする体験だ。
 

最後はテクマ!のライブ映像をみんなで笑いながら見たあと、道産子アナルのSAM1さんがステージからの見事なジャンプを合図にテクマ!に献杯してイベント終了~。
14292266_974672459324971_5513939331636777743_n
14292479_974672499324967_5219739174599379437_n
 

グッドマン20周年イベント、このタイミングで誘ってもらって本当に良かったなあ。これからも良きアンダーグラウンドを守り育てる場でいてください!

14368740_974672089325008_6215381734583253541_n
 

みんな長生きしてしぶとくやり続けよーぜ!

モンドに続いてボギーにまで「ダニエル・ウェリントン」というスウェーデン発の時計ブランドから時計がプレゼントされました。ついに俺も人気ブロガーに与えられるモニター依頼がきたということか...。

14494819_988476757944541_6596510349219175888_n


黒の文字盤にシルバーの針、ブラウンの革ベルトの時計を選びました。さっそく着けてみる。

14469541_988476771277873_7037134231806768464_n


うむ、やはりモンドよりも俺のような色気が漂う大人の男が着けるべき時計だな。

14572805_988476787944538_2328274028596237793_n


似合う。似合いすぎる。

14595580_988476867944530_6379333526133639427_n


シンプルで飽きのこないおしゃれなデザイン、シンプルで飽きのこないおしゃれな俺。

14470377_988476837944533_3724979688567297312_n


こんなの着けてたら女にモテてモテて困っちゃうな。

14572172_988476801277870_504440631552401007_n

っていうか...。

14479796_988476827944534_362282588000699147_n


ダニエル・ウェリントンさん!ほんとに俺で良かったんですか(笑)?!



このブログ見てくれる読者さんがご利用頂けるクーポンコードも発行されてますので、もし購入する際はオフィシャルサイトから下記のクーポンコードを入力したら15%割引になるそうですよ。

15%割引クーポンコード:mondo

(こちらのコードの有効期限は2016年11月30日までですのでご注意ください。)

ダニエル・ウェリントンHP
www.danielwellington.com/jp

VooDooLoungeで毎週開催してます「LOUNGE SOUNDS」では、 毎度毎度刺激的な夜、未知なる音楽との出会いを用意してお待ちしてます! 10月のラウンジサウンズも、おもろいラインナップがずらり!!! あなたのアンテナにピクンとひっかかった日にぜひ遊びに来てくださいね~!!!! 


10月のラウンジサウンズ


ボードウォーク

10/11(火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open 19:00 start19:30

1,500円+1drink order

出演)岡田将平/ザ・ガーデナーズ/小林ボードウォーク/アンリ/赤い靴

司会とDJ)ボギー

● 意味不明のキャラと、独自の世界を持った小林ボードウォーク。いつもライブ観に来ては楽しそーにしてるけど、歌いだすとグッとくる歌を歌う岡田将平。ギターとフィドルによるアイリッシュユニットザ・ガーデナーズから楢崎くんのソロ。二十代そこそこで趣味がシブすぎる弾き語りアンリ。あどけなさとエキセントリックさのアンバランス女性シンガー、赤い靴。



cabbed3b

10/12(水)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open 19:00 start19:30

1,500円+1drink order

出演)火の馬/宇宙サービス/薄力小麦子/橙苺

司会とDJ)ボギー

● 悲しみの果てから帰ってきたズンドコ歌謡盆踊りテクノの宇宙サービス。プログレッシブな歌と演奏と踊りから風通しのよい世界が開けた火の馬。普段はメンタルお悩み相談&タロット占いをしている謎多すぎる女装シンガー橙苺。そして、意気揚々とL.S初登場、国際結婚カップルによるユニット、薄力小麦子。あともうひと組!



BLUESVILLE

10/17(月)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open 19:00 start19:30

1,500円+1drink order

出演)BLUESVILLE/矢野貴一/ポカムス/イフマサカ/ほか

司会とDJ)ボギー

● ロッキン・アンド・ローリン・ブルーズバンド・フロム・スウィートホーム・チクゴ地方、BLUESVILLE。佐賀から久しぶりにMAKE THE PANCAKE、BE HERE NOW!の矢野貴一がソロで登場。全曲新曲で復活を遂げた福岡の秘宝的ロックンロールバンド、ポカムス。ユーモア溢れる切り口のMCが味わい豊かな空間を創り出す小笹のストーリーテラー、イフマサカ。あともうひと組!



20110914-1315962419

10/18(火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open 19:00 start19:30

1,500円+1drink order

出演)soy flour/ウエムラ×ケンジ/simi☆sugar/K-ing/あかおかずのり

司会とDJ)ボギー

● 女性管楽器隊メインの艶やかなブラスバンドSoy Flour。訥々と味わいのある弾き語りを聴かせるウエムラ×ケンジ。ライブシーンに飛び出して来たラッパー、ニブルスくんとDJもっちによるゆるふわユニットsimi☆sugar。チャゲアスの完コピバンドでワンマンを満杯にするほどのK-ingはオリジナルも絶品。サンセットライブの夕凪ステージを作った男、熱く温かい糸島のシンガーあかおかずのり。



VOTTONES

10/25(火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open 19:00 start19:30

1,500円+1drink order

出演)THE VOTTONES/ヒゲLOOK/THE NUTS MELLOWS/斉藤正法は架空の人物です。

司会とDJ)ボギー

● 田川産ジャパニーズラモーンズスタイルロックンロールバンド、THE VOTTONES。懐かしくも新しいメロディセンスでトロピカルというより泥ピカル・ロックな大牟田産ヒゲLOOK。そして、意気揚々とL.S初登場、THE NUTS MELLOES。メジャーに成るべくポップで私的な女の子の歌を歌っている架空の人物、斉藤正法は架空の人物です。 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


お知らせ:

※ご存知の方も多いかと思いますが、現・VooDooLoungeは年内をもって閉店、場所を移転しての再開となります。長年に渡り慣れ親しんだ、そして類い稀なる独特の雰囲気を持った最高の場所を失うことはとても残念でなりませんが、「ラウンジサウンズ」は引き続き新店舗でも継続していく予定ですので、出演希望バンドも大募集です!VooDooLoungeもしくはボギーまでデモ音源持参、もしくはメールください。今後ともどうぞ宜しくお願いします。(ヨコチンレーベル・ボギー)



<LOUNGE SOUNDS> 

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/8256/LS.html 


<ヨコチンレーベル> 

http://www3.to/yokotin 

ライブのあと飲みに行くことを「打ち上げ」っていうけど、ライブであれだけブチ上がったんだから、そのあとは「打ち下ろし」が正しい。

ここからはチンロックの打ち下ろしの話(笑)。
 

祭り開始から10時間ノンストップで山の頂上まで登りつめたヨコチンロックカーニバル、ここからが第2部!打ち上げという名の打ち下ろし、つまり下山!出演者もお客さんも入り混じりまだまだ50人以上はいる、朝まで残るのは果たして何人(笑)?

14516443_986762814782602_6673890554974987251_n

初めて九州上陸したネイチャーデンジャーギャングが打ち上げで「福岡ヤバイ!九州シーン凄い!」って興奮してくれてたけど、ヨコチンが九州シーンという訳じゃない(笑)。ヨコチンはいつもハミ出しものの集まり。ネイチャーもきっと東京からハミ出した奴らだったから繋がったんだろう。

14570472_986762994782584_6127424267131206288_n

全員と乾杯して廻るだけでたいへんな人数(笑)。
14470496_986762821449268_8065570102174817028_n

オクムラ兄弟とトーマス。
14495396_986762991449251_437076164296869914_n

ネイチャーのチャッカさん、ノンチェリー、オサダさん(笑)。
14563508_986763101449240_4794380583005402693_n

ネイチャーのセキくんと外山恒一さん。
14516581_986762958115921_7844026864466803165_n

不思議な組み合わせで話が盛り上がったりしてるとき打ち下ろしの醍醐味を感じるのだ。

そして徐々に覚醒したアドレナリンが切れてくる時間帯に...。

14441070_986762951449255_6492016376787241994_n

ヨコチンのイベントでは寝てしまうと新しい生き物に生まれ変わるといわれている。
14522925_986762844782599_2499127383341578321_n
 

14492477_986762851449265_1631477123943446513_n

かわいいなあ(笑)。

14494729_986763111449239_7378004702996814756_n

朝5時、居酒屋が閉店の時間まで呑む。でもまだこれだけ残ってるチンロックの打ち下ろし!
14581586_986763138115903_1724568326924071075_n

「楽しい祭りが終わるのヤダ!まだ帰らん!」とそのままウエストまでヨコチン民族大移動(笑)。道中、少しずつ脱落していく仲間たち。それでもまだ20人以上がウエストまで付いてきた!ほんとみんなバカになってるんだと思う。
14495528_986763158115901_1663774367612424756_n

朝の7時、俺はうどん屋で亀甲縛りされていた(笑)。

14463082_986763228115894_4172114029051781435_n


外はもうすっかり明るい。まだまだみんな名残惜しそうだったけど17時間飲み続けてるんだよ俺たち!なのになんて晴れやかな顔してるんだ!!!ハグし合って解散。

14485139_986763238115893_5836340089628218421_n
 

これにてヨコチンロックカーニバル、無事下山終了~~!!




ああ、終わっちゃった...。祭りのあとはいつも淋しい、淋しいからまた祭りをやるのだろう。

ネバーエンディング祭り人生!!!!!!

ヨコチンロックカーニバル後半戦に突入!安定の1時間押しで(笑)遂にネイチャーデンジャーギャング登場!SNSやYouTubeで過激な画像や動画みて気になっていた噂のあのバンドを生で見てみたい!というお客さんは始まる前からすでに興奮していた。それは彼らが目の前に現れたときにウオーッ!と沸き上がった歓声が物語っていた。

14523156_986695811455969_3151763891180431797_n
無秩序な行動!暴走!
14563311_986695884789295_8691310722124357045_n

開放的なエロス!
14484727_986695868122630_1335184062693638924_n

ライブハウスという空間が元々もっていた何がおこるかわからない怖さと高揚感をこのバンドは持っている。
14502819_986769201448630_8494022030187639030_n

ユキちゃんはステージ上での光りかたがすごい眩しい。先に紫川カナシミ合唱団のりんごちゃんが裸になったから対抗意識燃やしておっぱい丸出しになってたけど、チクビより笑顔見ちゃう。(でもモロすぎてアップできる写真が無いから今ちゃんが撮った尻。)
14570429_986695814789302_6708619207118822189_n

暴れまくってるひとりひとりのキャラクターがまず最高だし「生きてるって~なんだろ?生きてるってなあに?」が始まったときの多幸感すごかった!誰もが満面の笑顔で狂ってた。

14572335_986695928122624_6943083559555395246_n


あと、ぼく脳くんが風船割ろうとしてブードゥーの壁に大きな穴開けちゃった。 
14519843_986769031448647_2863392988173198815_n

ライブ後、風船を膨らましたベイビーのとこに真っ先に来て「せっかく膨らましてくれた風船を割ってすみません」って謝りにきたぼく脳くん。そっちかよ(笑)!

 

ネイチャーでお祭り騒ぎしたあと、ほんとのリオのカーニバルでサンバを踊るダンサーSaaya Sugaが登場!会場は情熱のサンバ大会になる!!あぁちゅとタナちゃんのダンスバトル!!!

14492576_986695971455953_7376882062411193992_n

ステージに上げられ硬直する今ちゃん(笑)。

IMG_2319

サンバでさらに熱くヒートアップしたチンロック!続くノントロッポはSaayaのダンスも加わってとにかく祝祭感とセックスアピールが爆発!
14463010_986700491455501_241194718066898701_n

みんな好き勝手に踊りまくってくれてありがとう!!良い顔してたよ。
14563458_986700511455499_5595126407799497633_n

俺はこの一日で何度担がれただろう(笑)?
14484699_986695628122654_5869550108108443869_n

ステージ上にSaayaやチューズデー、なぜかトーリとさっしーまで乱入し女性が踊り狂ってて楽園だった!
 14469689_987683651357185_8967811051293966892_n

そんな兄のステージを鬼の形相で見つめてたというオクムラユウスケ。
14448842_986700538122163_7208655754542619782_n

性格は真反対な兄弟だけど、どちらもギラギラと命を燃やして生きていることは確かだ。無くなるブードゥーを惜しみつつ「面白い場所は自分たちで作っていくんだ!俺は音楽をやめません!」って叫びが突き刺さった。
14479805_986700584788825_6577743106672939573_n
一週間前に癌で奥さんを亡くした宇宙サービスのジマオさんの頭を蹴り倒し「ジマオ!死ぬな!」と叫んだユウスケ。めちゃくちゃだけど、あれはユウスケだから言えた言葉。ジマオさんは「生きる!」と叫び返した。

チンロックは命の祭りだ!

14591611_986700588122158_7498117243519041643_n
 

全出演者たちがキレキレのライブでバトンを繋げ、イベント終盤でもダレることなくどこまでも盛り上がり続けるチンロックならではのガチな緊張感。大トリのプレッシャーに押し潰されそうな表情した漢方先生(笑)。
14517595_986700631455487_7453615841245655190_n
 

チンロックの頂上はもうすぐ!ザ・チューズデーがアイドル声とデス声を交互に最高のサイコビリーで盛り上げる。パーティーな気分!
14462826_986700641455486_2979561021596194481_n
 

いよいよ大トリの漢方先生!すでに1時間押しで終電なんかとっくに無いけど、チンロックは途中で帰るお客さんがほんと少ない。疲れて座り込んでるお客さんも少ない。最後の光景を見るためにギラギラなのだ!みんなが覚醒してる!
14492448_986700684788815_3547724884689480271_n
 

ヨコチンロックカーニバルでなぜ漢方先生がトリだったのか?それは紅白歌合戦の赤組の大トリをイメージしてた。最後の曲は「愛の讃歌」大熱唱で美しくシメてくれて本当に感動的なラスト!
14522956_986700694788814_4695386240737344171_n 

鳴り止まぬアンコールの嵐のなか一旦幕が閉まる。誰も予想していなかっただろう、チンロック最後のシークレットゲストが北島三郎だということを(笑)!!!!
14492392_986700771455473_4251354340167442922_n

「まつり」大熱唱!!!
14590504_986700738122143_8594013901156421485_n

演奏は漢方先生でアレンジが途中でキングクリムゾンに変わる!ステージ上はサンバも悪魔も酔っぱらいもみんな踊りまくってる!
14502849_986700848122132_1202968345832545194_n

紅組も白組もない!俺たちはヨコチン組だーーーっ!!!
14590521_986700794788804_2509235420884316895_n

山の神!海の神!命を本当にありがとう!!!!

14495521_986700838122133_4194397772014465619_n
 

これぞ大団円!!これが山頂の景色だ〜〜〜〜〜〜!!!

14600999_987690134689870_5850581099690393023_n 


ヨコチンロックカーニバル、とてつもない一日だった!全出演者の死にものぐるいともいえる凄まじいライブ。身体全体で受け止めてくれるお客さんたち。その両者のエネルギーが渦巻いてあの空間を創り出したんだと思う。

終演後、どの出演者もどのお客さんも「今年はすごかった!」と興奮してた。チンロックは毎年「今年はすごい!」を更新し続けている祭りだ。祭りとは身体と身体、魂と魂のぶつかり合い!!

そしてもうひとつ大事なこと、祭りは地元のものだ!県外から有名なバンド集めて大トリにして、地元バンドはその前座みたいに縮こまっているようなのは祭りじゃない!それはただの村おこしだ。チンロックでは絶対に大トリは地元バンドが取るようにしている。だからワクワクするし、燃える!祭りは地元が燃えてナンボ!!その熱気に人は巻き込まれる。


ブードゥーラウンジは年内で閉店(移転)してしまうので、この場所で開祭するチンロックはもう最後だなんて、正直めちゃくちゃ淋しい!こんな最高の遊び場を失うのは辛い!だけど、祭りはやめない!益々熱くなって来年も帰ってくるから!新しい遊び場を作るから!!みんなよろしく!!!!

14440645_986738211451729_3926923588807146913_n
 

年内は平日のラウンジサウンズ、12/18のラウンジサウンズカーニバル、そして12/28の40人弾き語り忘年会で現ブードゥーラウンジでやるイベントは最後。まだ実感がついて来ないけど、ほんと遊びにきて、この場所の空気、景色、匂いを焼き付けてね!


とてつもなく盛り上がったヨコチンロックカーニバルが終わった。終わったあとも余韻が凄すぎていつまでもあの興奮が覚めやってくれない。SNSでは「チンロック」と検索すればいまだにお客さんたちの感想ツイートが更新されている。完全なるチンロス状態の中、主催者としてあの日のレポを書き上げます!これ書かなきゃ俺のチンロックはまだ終われない。


10月1日。

この日、青森では「夏の魔物」、東京では「いとうせいこうフェス」、福岡では「ヨコチンロックカーニバル」と奇祭が各地で開催されていた。

14484962_986769648115252_187247687122329811_n

福岡の魔境ブードゥーラウンジにはネイチャーデンジャーギャングや道産子アナル、イエーイ青木、トーマスなど全国の妖怪がチンロックを目指し集まっていた。そのただならぬ妖気を感じ取ったいわゆる“アンテナを張った”お客さんたちがまだ昼の2時だと言うのに続々と集まってくる。


ヨコチンロックカーニバルはラジオ体操から始まる。長く険しい登山のような祭りだから準備運動が大事なのだ。昼からまじめにラジオ体操をする若者たち、ロックは不良の音楽だといまでも思っているお年寄りにこの光景を見せてあげたい(笑)。
 14590398_986695004789383_7845971705083701757_n


トップバッターはザ・ボットンズ!いきなり全力!いきなり大騒ぎ!そしていきなりギターもベースも壊れてボーカル三人バンドみたいになった(笑)!バカだ!このままボットンズはダブルブッキングのため夜の大阪ワンマンライブへと向かった。バカすぎる!最高のオープニングをありがとう!やっぱりロックは不良の音楽だ!!!
14502883_986695044789379_3610133036770414263_n
 

爆音から三味線の音色に変わる、真っ昼間から弁天図のちんこまんこと春歌で盛り上がるヨコチンロックカーニバル。今年のチンロックは静と動、もしくは性と動で流れを作っている。
14484580_986695048122712_3298851536113354633_n
 

濁流のようなノイズで一気に駆け抜けすぎて誰もが終わったことにすら気付かなかった電子たくあん!素晴らしい。スピード感!!
14495465_986695081456042_8617022854959911573_n

紫川カナシミ合唱団(仮)、りんごちゃんがチンロックに出れなかったバンドを実名で名指し「奪い取ってみろ!」と叫んだ最高に挑発的な作文アジテーションから始まり、ダンスとヒップホップで攻めまくる、盛り上がりの渦の中、あぁちゅが脱いで水着ダイブ!
14572857_986695128122704_7922820197212410244_n

この子、普段はアイドルとして活動しているんだけど(笑)。
14495430_986695124789371_3799845141492995043_n

続いてりんごちゃん脱ぐ!水着と思ったら裸にボディペインティングしててそのままダイブ!やりおった(笑)!!
14502885_986695084789375_5026026056072498934_n
 
チンロックは、出てるバンドの気迫がすごい!なんかやってやるという気持ちがビンビン伝わってくる。その特別感はお客さんにもどんどん伝染していく。
 

チンロックのチラシを描いてくれたトーマスが、仮面や紙芝居やアニメで変な世界に迷い込ます。全てがめちゃくちゃウケてた!トーマスにとってチンロックは“憧れのエベレスト”らしい。トーマス自身の嬉しさがお客さんのハッピーに繋がっていく。
14484976_986695194789364_8688300160907689832_n

フロアの奥ではモンドくんの似顔絵屋さんも同時進行。
14572843_986695471456003_1093262646715044269_n

ザ・キャンプズの安増が激白したキャバ嬢に本気で恋をして20万注ぎ込んだ話が最高で最低だった、安増の彼女も客席にいたので「ほんとの話?」って聞いたら「私も初めて知りました」と。それステージで言う(笑)?ライブは激エモくて泣いた。安増はライブ終わって彼女に土下座してた(笑)。
14457561_986695261456024_6302495358059766424_n
 

あまりにも感情むき出しなキャンプズで感動した流れからの石田ラベンダー。すべてを洗い流すような清涼感と、切なさ。美しい時間の流れ。百鬼夜行のような濃い対バンのなかで、動じず、このスッとした立ち姿は凛々しかった。
14479552_986695271456023_552302957959726968_n
 

2907831はしのぶちゃんが「光」を歌い出した瞬間の歓声が嬉しかったなー。まだ早い時間なのにお客さんいっぱい。それは頭からケツまで見るのがチンロックというのが定着してきた証し!
14522807_986695294789354_1775835369758746677_n

林まゆがどんどんお客さんを鷲掴みにしていき、座って聴いてたお客さんも総立ちで大笑い!最後は自然に会場をダンスフロアに変えた!この現象は林まゆ自身も戸惑いながら嬉しそうだったし、これもまたチンロックの魔法かもしれない。ネイチャーデンギャーギャングのセキくんはしきりに「やばい!やばすぎる!」とカルチャーショックを受けていた(笑)。
14462730_986695311456019_7345887491994207095_n
 

道産子アナルX、怪しい風体のコバが繰り出す低音ブリブリのノイズとビートの中、一瞬たりともジッとしないで常にぴょんぴょん飛び回る珍しい動物みたいなSAM1さんの動きにみんな目がテン(笑)。なんだかわからない!なんか危ない!なんかコワイ!これぞアンダーグラウンドを体現するようなパフォーマンスで、こーいうの見せたかったんだ。意味なんか無い!
14446110_986695374789346_7603883600152069713_n
 

そのブリブリの低音をスピーカーにぴたり張り付いて身体全体で感じてる東京から見に来たタニグチくん(笑)。彼のダサすぎるダンスは終始オリジナリティーありすぎて逆にカッコ良かった。
14457473_986695394789344_3489854077950328282_n

このタニグチくんだけじゃなく、チンロック目指して面白いお客さんたちが全国から集まっていた。東京から「へろへろ」出したロックな出版社ナナロク社の川口さんと村井さん、やついいちろう夏の魔物にDJで出てるのにチンロックのほうに来ちゃってるやついさんのマネージャー上田さん、広島から踊って縛れるキチガイOLタナトリーヌ、防府の発狂ビーナス山本初子、佐伯の酔っぱらい大谷くんと赤フン野郎、鹿児島の力持ちニシくん、政見放送で中指立てた外山恒一氏...などなど、ステージ下も濃い!濃すぎる(笑)!!!
14470554_986700721455478_6604609296367704864_n

カシミールナポレオンもああ見えて実は気合い入ってた。だってめちゃ早い時間からメイクしてたし、チンロックの最後までメイクしたままだったから。9時間くらいあの顔のままあ、素顔か(笑)。ライブさすがの大ウケ!
14479704_986695508122666_8793339845427156956_n
 

◯菌、ネイチャーデンジャーギャングより先にチンコだす岩谷さんは50歳現役パンクス!!
14572322_986695564789327_5127387342472326486_n

ビートと一体になってめちゃくちゃに踊った!頭の中が真っ白になって踊りふけった!
14492626_970701469731113_3941110514851869886_n

今年のチンロックで鮮烈なインパクトを与えた現役僧侶ロッカーのイエーイ青木!MCで「今日は私が一番普通ですね」って言ってたけど、みんな口々に「狂ってる」って言ってた(笑)。徳島で初めて見て、このヤバさは福岡のみんなと共有したい!って思ったが予想通り大盛り上がり!
14520417_986695721455978_484909264541164443_n
 
しかし空海の教えが「感情の起伏なく日常的にトランスできること」ってのは相当ヤバすぎ!!!
 

九州ロッカーズ、タモさんコスプレでシゲちゃん登場、終始ずっと金玉が出てるんだけど、シゲちゃんの金玉はつるつるぴかぴかキレイだから、あれは枇杷ってことで良いと思う(笑)。フロアは盆踊り状態!これぞ夏まつり!最高!
14502853_986695761455974_9113974933638943532_n
 

九州ロッカーズからノンチェリーソロへの流れは鉄板!ノンチェリーとシゲちゃんが作り出すクソゆるくて最高な空気感がこのあとの後半戦で効いてくるのだ、みんながバカになるサウンドシステム。シゲちゃんここでも金玉出っぱなし(笑)。

14502783_986695768122640_3384606261164377358_n

性と動、バカとバカ、愛と平和、祭りはどんどんヒートアップしてる、もう止まらない!!

 

チンロック後半戦へ続くっ!!!


このページのトップヘ