ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://yokotin.love 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

2019年08月

平日の楽園「ラウンジサウンズ」では、いつでも刺激的な夜、未知なる音楽との出会いを用意してお待ちしてます!9月のラウンジサウンズも、おもろいラインナップがずらり!!!あなたのアンテナにピクンとひっかかった日にぜひ遊びに来てくださいね~!!!! 



9月のラウンジサウンズ


ifmasaka

9/4(水)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)higasi/イフマサカ/ともちん/イイホシミチコ/トニーガーデナー

司会とDJ)ボギー

● ユーモア溢れる切り口のMCが味わい豊かな空間を創り出す小笹のストーリーテラーイフマサカ。美しく幻想的な風景に引き込ませるSSW、higasi。胸に迫るチェリーソングスが泣けてくるほど良い、ともちん。瑞々しいポップスを鍵盤でしっとり歌うイイホシミチコ。毎回趣向を凝らした新曲を披露し続けるトニーガーデナー。


ライディーンカラオケ

9/10(火)「ラウンジサウンズ~ライディーンカラオケ2」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)アンリ/モヤシイズム/エンゲル係数/モンシェリー湯川/サンシャイン(自閉ズ)/gn8mykitten/コーチK

司会とDJ)ボギー

● 昨年いちばん面白かった企画、YMOの「ライディーン」に自作の歌詞を勝手に乗せて歌う「ライディーンカラオケ」が帰ってきた!参加者は、第一回大会の覇者クレイジーボーイことアンリ。もやしを愛するあまりもやしについてだけ歌うモヤシイズム。彗星の如く現れた変な人、エンゲル係数。インディーズムード歌謡の新星モンシェリー湯川。キン肉マンナイトでのガチすぎるコスプレがSNSでもバズってしまったサンシャイン(自閉ズ)。言葉のみで空間に試合を挑む無伴奏ラッパー、gn8mykitten。ベースと歌で淡々と紡ぐ不思議な詩世界はどこか文学的ですらあるコーチK。


D_ra3arUIAAmfZx

9/17(火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)Futhan Richman&THE BANANA/沖縄電子少女彩(東京)/ドペクターズ/the goob/宇宙サービス

司会とDJ)ボギー

● ボットンズのふー、デビルボディのハジメ氏によるロックンロールブルースバンド、Futhan Richman&THE BANANA。アヴァンギャルドアイドル&ノイズミュージシャンの沖縄電子少女彩。武骨なくらいストレートなサウンドとグッドメロディ、ペーソス溢れる歌を聴かせる3Pバンド、ドペクターズ。一筋縄ではいかないクセを感じるオルタナティブ・バンドthe goob。テクノ界のキン骨マン、宇宙サービス。


fualina

9/19(木)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)フアリナ/カガセヲ/ボギー/鈴木拓也/ふじたけいすけ(東京)

司会とDJ)ボギー

● きらめきと浮遊感と永遠の青年男子感が眩しくはじけるフアリナ。オリジナル曲が2000曲ある男、ボギー。唯一無二の言語感覚と作曲センスを持つ奇人SSW鈴木拓也。オリジナル曲が2000曲ある男、ボギー。熊本から東京在住になってもやっぱり全国をドサ廻りし続けるエネルギーの塊、ふじたけいすけ。意気揚々とL.S初登場、カガセヲ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


平日の楽園「ラウンジサウンズ」への出演希望バンド、ソロ大募集です!VooDooもしくはボギーまでデモ音源持参、もしくはメールください。

(福岡市中央区舞鶴1-8-38第19ラインビル4F(親不孝通り沿い))


※出演希望バンド、随時募集中!ボギーまで連絡ください。

 yokotin_b@hotmail.com(ボギー)


9/16(祝月)に福岡でウィーアーリトルゾンビーズの上映イベントが決定しました!


主催はアンベラシュウの日高さん。この映画をたくさんの人に観てほしい、という気持ちで企画されたイベントです。アンベラシュウの大きく真っ白な壁に野外上映用プロジェクターでドーーン!と上映します!

IMG_9710

IMG_9711

主演のひとり、タケムラ役の奥村門土と父ボギーによるトークショー。さらにボギー家族ライブもセットで2000円です。スパイス探検家川口さんのモンカレーと、ポーポー軒のたこ焼きも出店し、お祭りみたいな空間の中で楽しむ映画「ウィーアーリトルゾンビーズ」!!!!!


昼と夜の2回上映ですので、ぜひみんなで観ましょう!!!


IMG_2927


◼️映画「WE ARE LITTLE ZOMBIES」上映と、トークと、LIVE !!! 


◻︎ 9/16 (祝、月曜日)

◻︎場所 FACTORY UNVELASHU

(福岡市 中央区 3-4-25)

IMG_4149

◻︎入場料 ¥2,000 (+1D ¥500) 

*映画 2回鑑賞の方は +¥1,000 になります。


◼️OPEN 15:00


◼️時間割


15:00 DJ ボギー

16:00 映画上映 (1回目)

18:10 トークショー

18:40 ボギー家族ライブ

19:30 映画上映 (2回目)


*多少前後する場合がございます



◼️上映映画

IMG_2877

WE ARE LITTLE ZOMBIES」監督・長久允

https://littlezombies.jp/


音楽を通して成長していく子どもたちの物語を、ギミック満載の映像表現や独特のセリフ回しで描く。火葬場で出会ったヒカリ、シ、タケムラ、イクコは、両親を亡くしても泣けなかった。ゾンビのように感情を失った彼らは自分たちの心を取り戻すため、もう誰もいなくなってしまったそれぞれの家を巡りはじめる。やがて彼らは冒険の途中でたどり着いたゴミ捨て場で「LITTLE ZOMBIES」というバンドを結成。そこで撮影した映像が話題を呼び社会現象まで巻き起こす大ヒットとなるが、4人は思いがけない運命に翻弄されていく。「そして父になる」の二宮慶多、「クソ野郎と美しき世界」中島セナらが主人公の子どもたちを演じ、佐々木蔵之介、永瀬正敏、菊地凛子、池松壮亮、村上淳ら豪華キャストが脇を固める。


IMG_9457

◼️トーク:奥村門土(タケムラ役)×ボギー

映画に纏わるエピソードトークやモンド君の感想、お客さんへの質問コーナー他、トークゲスト 奥村門土くん、司会進行 ボギーさんの、親子トークショー。


IMG_9688

◼️LIVE:ボギー家族

福岡の365日お祭り男ボギー(父)、画家や俳優として活躍するモンド(長男15才)、自由奔放な天晴(次男11才)、アイドル気質の今ちゃん(長女6才)、一家を支える屋台骨ベイビー(母)の5人による自然発生的ロックンロール家族バンド。


◼️DJ:ボギー

映画のサントラを中心にゾンビーズゆかりのバンドを流します。


◼️FOOD

FullSizeRender

◻︎モンカレー

IMG_3414

◻︎ポーポー軒 (たこ焼き)


#埋もれさせるなゾンビーズという熱狂的な声に応え福岡で再上映決定!ぜひ、大きな画面と大きな音でこの作品を浴びてください。




 





● ヨコチンレーベルが1年で最も熱くクレイジーに燃え上がる日!!俺たちが欲しいもの。もっと人間の根源に訴える祭りを!!もっともっと生命をほとばしらせる歓喜の祭りを!!理屈はいらない。アホなくらい面白い音楽がある祭り、ヨコチンロックカーニバル!!!!


チンロック2019

「ヨコチンロックカーニバル2019」

10/6(日) at 福岡ブードゥーラウンジ

14:00開場 14:30開演 24:00終演

予約2500 当日3000+1ドリンクオーダー


出演)

otori(東京)

⚡︎鉄(横浜)

原田茶飯事(東京)

七瀬カオリ(広島)

地球屋バンド(佐世保)

サイキシミン(佐伯)

カシミールナポレオン(魔界)

nontroppo

ボギー家族

THE VOTTONES

オクムラユウスケ+内村耐寒

ゴールデンブラザーズ

九州ROCKERS

DISCHAAAGEEE

ザ・ガーデナーズ

オオクボ-T

漢方先生

the camps

Pankye Rukc

鈴木拓也

gn8mykitten


DJ)ボギー

FOOD)ヤッホーカレー(アトリエてらた)


チケット予約:ヨコチンレーベル(ボギー)

yokotin_b@hotmail.com


チンロックプロフィール


otori(東京)
NO WAVE~ポストパンク、反復する異様にストイックなビートと硬質でトリッキーなギター、クールな女性Voコバラのヒリついたシャウト!!!脳内で爆発しそうなダンスミュージック!!! 

IMG_9677


⚡︎鉄(横浜)
ACDC完全マッシュアップトリビュートユニット!!DJロベルト吉野の荒れ狂ったターンテーブルプレイと高橋“JUDI”渓太のハードブギーするギターの激しいぶつかり合いは激熱!!! 

IMG_9210


原田茶飯事(東京)
ソフトロックやブラジル音楽などをベースに、甘い歌声と涼しいマスク、さらに巧みな話術まで兼ね備えてるなんて普通ならすげえイヤミだけど、茶飯事は違う。やつは魂の戦士だ!!! 

IMG_9203


七瀬カオリ(広島)
広島の最終兵器とも噂される宴会芸アイドル!!昭和歌謡からバーレスク、歌って踊って体を張ってありとあらゆる出し物を早着替えで魅せる抱腹絶倒バラエティショー!!! 

IMG_9201


地球屋バンド(佐世保)
天女の如きおきつななこの歌声、その声を天に届けるため鳴らされる太鼓とギター。それはとても原始的な、音楽と人の暮らしがもっと密接だった時代の、豊作を祝う祭りのような音楽。 

IMG_9539


サイキシミン(佐伯)
ライブハウスどころかアンプで大きな音を出せる場所すらない町で、溜まり溜まった怒りと悦びを叫ぶ大バカ野郎4人によるピュアスピリッツ・ロックンロールバンド!! 

IMG_3725


カシミールナポレオン(魔界)
世界でいちばん激安なヴィジュアルで魔界からやって来たと言う設定で変わらない味を守り続けて20年!!愛されている、そして俺が知るかぎりこの世で最も笑わせてくれる悪魔。 

IMG_4031


nontroppo
昨年のチンロック以降メンバー脱退により無期限活動休止状態に陥るも、この一年間はボギーチャン名義で秘かに刃を磨き、結成20年目にしてシンプルに音楽へ立ち返る。 

FullSizeRender


ボギー家族
ボギー、モンド、天晴、今、ベイビーの5人による自然発生的ロックンロール家族バンド!!車一台で全国を演奏ツアーしながら現場で育てられたそのグルーヴはとにかく自由!! 

FullSizeRender


THE VOTTONES
最もうるさくて最も暴れさせてくれて最もバカで愛があるロックバンドがボットンズだと思ってる。言葉はなんにもいらない、俺達が大好きなロックンロールがここにある!! 

IMG_9209


オクムラユウスケ+内村耐寒
表現の限界を軽く越える化け物2人が身体能力すべてを使いきり全身全霊で生命をほとばしらせ、チンチンが勃つ感動を叫ぶ。一線を越えたハードコアパンクの先には五感が喜ぶ世界が待つ!! 

IMG_9202


ゴールデンブラザーズ
大事故により死の淵を彷徨ったGtシマケンが奇跡の復活!!もう動かないと思った腕でギターをかき鳴らす日が来た!!七転八倒しながらも突き進む奇跡の天然物パンクバンド!!! 

IMG_9680


九州ROCKERS
シゲちゃんは世界でいちばん美しい金玉を持つ男で、チンロックにむけて金玉をぴかぴかに磨いていた。しかしもう金玉は出せない、出せない理由がある。音楽はダブとかレゲーです。 

IMG_3727


DISCHAAAGEEE
若手の中でも飛び抜けて変態性と天才ぶりが光るニューウェイヴ・ソロユニット。狂ったエアロビクスのようなパッション溢れるオリジナリティ・ダンスは衝撃的!!! 

IMG_9204


ザ・ガーデナーズ
フィドル+ギター+ジェンベによるミクスチャー・アイリッシュミュージックを奏でる3人。とにかく酒が美味くなる!!とにかく踊りだしたくなる!!お祭りを楽しく彩る音楽を!! 

IMG_9678


オオクボ-T

ヘビメタと説教とアングラ芝居と変顔を司る神と悪魔が同時にひとりのおじさんに憑依して、フライングVから七色のシャワーを巻き散らす福岡メタル界の大秘宝!!! 


IMG_9286


漢方先生
ダイナマイト過ぎる歌声と豊満なボデー、そしてド迫力なプログレッシヴハードロック歌謡サウンドでフロアを酔いどらせる酒の女神、漢方先生!!肉の神様チカラ氏も広島から降臨!! 

IMG_9281


the camps
情けなくて、格好わるくて、だけどめちゃくちゃ美しいやつら。涙もよだれもぐちょまみれでのたうつ恍惚のロックンロールに感動が押し寄せる!!今年のチンロックは彼らが大トリだ!!! 

IMG_9206


Pankye Rukc
まだ一回しかライブ見たことないんだけど、ジャングルビートとか言いながら「ウホウホッ!ホッ!」って叫ぶバカな歌聴いて、チンロックのオープニングを飾るのはこのバンドしかないと確信!!! 

IMG_9664


鈴木拓也
十数年ずっとヨコチンレーベルから絶縁されてた男・スズタクが唯一無二の言語感覚と作曲センスはさらに磨かれ、酒もやめ、ひと回りでっかい男になって帰ってきた!! 

IMG_9679

gn8mykitten

マイク一本、言葉のみで勝負を挑む無伴奏ラッパー。畳み掛ける言霊の嵐に心えぐられること間違い無し。昨年飛び入りで深い印象を残した彼が今年チンロック正々堂々出場決定!!!!

gn8mykitten

 

FOOD)ヤッホーカレー(アトリエてらた)

ヤッホーカレー(アトリエてらた)

カレーの名店多い福岡でも人気の高い六本松のアトリエてらたから名物のヤッホーカレーが出店!ドバッと汗かくスパイシーさと後ひく絶妙な旨味がブードゥーで食える! 

IMG_9992


DJ)ボギー
確かな信頼と実績を誇り続けて23年、ヨコチンレーベル代表。この日は司会にDJに自身のライブ、さらに打ち上げまで朝までギンギン盛り上がる気マンマンの45歳。 

IMG_1059


公演チケットのご予約
ご予約は公演名、お名前、電話番号、枚数を明記の上こちらのEmailまでお願いします。
yokotin_b@hotmail.com     

※予約メールには必ず返信していますので、もし返信がない場合は届いてない、もしくはそちら側の迷惑メールフォルダーにはじかれてしまっている可能性があります。お手数ですが、もう一度送ってみてください。 


チンロックインスタ用

ボギーのライブ、ビシバシ決まっております!夏なんてぜんぜん終わる気がしない!!


IMG_9668


IMG_9669

8/29(木)「阪九フェリーinボギーライブ」

@阪九フェリー(新門司港発、神戸六甲アイランド港着)

※船に乗ればタダで見れます。スベるボギーが。



IMG_9670

8/30(金)@梅田 HARD RAIN

『クレイジイ☆フライデイ』

ST19:30

1800円(2300円)1ドリンクオーダー

出演)

ボギー(福岡)

サヨナラバイバイズ

ニコラス

カニコーセン

バカンス

大阪いくよ!飲むばい!



IMG_9461

8/31(土)「ボギトーーク京都」

場所 : □□□ん家

投げ銭制

トーーク開始  20:00

終了  22:30

【ボギトーークとは?】

福岡ヨコチンレーベル社長であり音楽家のボギーが、今まで経験してきた奇跡のような面白体験談をただひたすらしゃべりまくる120分!



IMG_9462

9/1(日)「UMEJAM3

@知多市佐布里緑と花のふれあい公園ふれあい広場

入場無料!

-act-

T字路s

永原真夏+SUPER GOOD BAND

CRZKNY

原田茶飯事と黒の他人

ボギー

THE CAMP

GIANT STEPSperformance

愛知の最高野外フェスー!!メンツもたまらん!



IMG_9672

FullSizeRender

9/7(土)「Sunset Live 2019

@糸島芥屋海水浴場・夕凪ステージ

OPEN11:00/START11:30

夕凪ステージ出演者)

オクムラユウスケ&THE WORLD

キン肉マンとサンシャイン

ちゃげあすかっ⁉︎

九州ROCKERS

heartland

太鼓地獄

あかおかずのり

ボギー

モンドくんの似顔絵屋さん


9/8(日)「Sunset Live 2019

@糸島芥屋海水浴場・夕凪ステージ

OPEN11:00/START11:30

夕凪ステージ出演者)

Love Samba DEES

チキンナゲッツ

カシミールナポレオン

ボギー家族

サイキシミン

THE VOTTONES

gn8mykitten

あかおかずのり

ボギー

モンドくんの似顔絵屋さん

※今年も無法地帯と化す夕凪ステージがサンセットのビーチを焼き尽くす!



IMG_9453

9/14(土)「ボギー家族角打ちライブ&モンドくんの似顔絵屋さんin榮屋」

@お酒と器の店 榮屋

(北九州市福岡県北九州市若松区二島5-4-17

モンドくんの似顔絵屋さん

14:0018:00

(似顔絵料おひとり2000円※要予約)

ボギー家族ライブ

開場18:00 開演19:00

3,000円(1ドリンク&1プレート付き)

小中学生は半額、幼児無料

お問い合わせ

093-791-0680 榮屋

※若松の角打ちでボギー家族ライブ!ぜったい楽しい。



IMG_9710

IMG_9711

9/16(祝・月)『映画「WE ARE LITTLE ZOMBIES」上映と、トークと、LIVE !!! 』

場所 FACTORY UNVELASHU

(福岡市 中央区 3-4-25)

入場料 ¥2,000 (+1D ¥500) 

*映画 2回鑑賞の方は +¥1,000 になります。

◼️OPEN 15:00

◼️時間割

15:00 DJ ボギー

16:00 映画上映 (1回目)

18:10 トークショー

18:40 ボギー家族ライブ

19:30 映画上映 (2回目)

*多少前後する場合がございます


◼️上映映画WE ARE LITTLE ZOMBIES」監督・長久允

音楽を通して成長していく子どもたちの物語を、ギミック満載の映像表現や独特のセリフ回しで描く。火葬場で出会ったヒカリ、シ、タケムラ、イクコは、両親を亡くしても泣けなかった。ゾンビのように感情を失った彼らは自分たちの心を取り戻すため、もう誰もいなくなってしまったそれぞれの家を巡りはじめる。やがて彼らは冒険の途中でたどり着いたゴミ捨て場で「LITTLE ZOMBIES」というバンドを結成。そこで撮影した映像が話題を呼び社会現象まで巻き起こす大ヒットとなるが、4人は思いがけない運命に翻弄されていく。「そして父になる」の二宮慶多、「クソ野郎と美しき世界」中島セナらが主人公の子どもたちを演じ、佐々木蔵之介、永瀬正敏、菊地凛子、池松壮亮、村上淳ら豪華キャストが脇を固める。


◼️トーク:奥村門土(タケムラ役)×ボギー

◼️LIVE:ボギー家族

◼️DJ:ボギー

◼️FOOD:モンカレー / ポーポー軒 (たこ焼き)

9/16(祝月)に福岡でウィーアーリトルゾンビーズの上映イベントが決定しました!主催はアンベラシュウの日高さん。この映画をたくさんの人に観てほしい、という気持ちで企画されたイベントです。アンベラシュウの大きく真っ白な壁に野外上映用プロジェクターでドーーン!と上映します!



IMG_9673

~ヨコチンレーベル・プレゼンツ~

9/25(水)「東京30人弾き語り2019」@青山・月見ル君想フ 

open18:30 start19:00

ご予約 2,500円 当日3,000円(+1ドリンクオーダー)※ソールドアウト!

<出場歌手(50音順)>

annasekai

石川浩司(パスカルズ / ex.たま)

イノトモ

氏原ワタル(DOES

EBBYJAGATARA2020 / Electric-Noise-Novel

大槻ヒロノリ(真黒毛ぼっくす)

小川美潮

折坂悠太

キムアス(アイアムアイ)

佑龍

国府達矢

後藤まりこ

酒井(元)少年

里中透子

しゃんぺ~(INN JAPAN

スパ(パインズマインズ)

曽我部恵一(サニーデイサービス)

DATCHY(プラズマ11

滝本晃司(ex.たま)

知久寿焼(パスカルズ / ex.たま)

長久允(映画監督)

夏生(赤いくらげ)

はせがわかおり

原田茶飯事

FUCKERless than TV

ふじたけいすけ

ボギー(nontroppo / ボギー家族)

三木清寛☆ドッペルゲンガー

三輪二郎

横沢ローラ

※一本のギターを30人のミュージシャンが弾き語りで回す名物企画。チケットは完売です。(当日券、たぶん若干でます)



IMG_4623

〜月見ル君想フ15周年記念プレイベント〜

9/27 (金) @青山・月見ル君想フ

開場18:30 開演19:00 

予約¥3,000

当日¥3,500 +1ドリンクオーダー

出演)

東京ノントロッポ

アラゲホンジ

DJ 大石始

東京ノントロッポ復活!!4年ぶりのライブ決定しました!!



ボギー阿佐ヶ谷気分

9.29(日)「ボギー阿佐ヶ谷気分」

@阿佐ヶ谷・マスウェル

19時開場 20時開演

投げ銭+1オーダー

出演)ボギー

ボギー、二部構成で歌い踊りしゃべり倒し!阿佐ヶ谷を搔き乱す夜!



チンロック2019

『ヨコチンロックカーニバル2019

10/6(日)at 福岡VooDooLounge

14:00開場 14:30開演 24:00終演

料金2500円(3000円)+1ドリンクオーダー

出演)

otori(東京)

⚡︎鉄(横浜)

原田茶飯事(東京)

七瀬カオリ(広島)

地球屋バンド(佐世保)

サイキシミン(佐伯)

カシミールナポレオン(魔界)

nontroppo

ボギー家族

THE VOTTONES

オクムラユウスケ+内村耐寒

ゴールデンブラザーズ

九州ROCKERS

DISCHAAAGEEE

ザ・ガーデナーズ

オオクボ-T

漢方先生

the camps

Pankye Rukc

鈴木拓也

ほか

FOOD)ヤッホーカレー(アトリエてらた)

DJ)ボギー

チケット予約:ヨコチンレーベル(ボギー)

yokotin_b@hotmail.com



IMG_9667

10/13(日) Saga Vocalist Festival

会場: RAG-G / ROCKRIDE / 417 / キングキッチン / Loretta / カフェ・ブラッサンス / 夢楽人 / 龍の巣 / HackBerry / YURAYURA / Riff 

OPEN 13:00 / START 13:30 

前売¥2,500 / 当日¥3,000

未就学児入場無料

ワンドリンクチケット付 

出演)

西村麻聡(FENCE OF DEFENSE) / カノエラナ / 千綿偉功 / 大森洋平 / ママレイド ラグ 田中拡邦 / 佑龍 / 矢野絢子 / Shinoe x 清水康弘 / ドン・マツオ (ズボンズ) / 平井正也 & 森孝允 / 片山尚志(片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ) / GUNkondo & ハリケーン湯川 / 上奥まいこ & pepe伊藤 / ボギー / 江頭つとむ / 畑山ヒゲLOOK / ほか多数

※佐賀でイカレタお祭りが!!!



IMG_9665

10/26(土)「ボロフェスタ2019

@京都KBSホール

11:00 開場 / 11:55 開演

eastern youth / NABOWA / メシアと人人 / ゆーきゃん / Hump Back / ハルカミライ / toconoma / ワンダフルボーイズ / 突然少年 / 徳利 / 柴田聡子 / クリトリック・リス / ボギー / folk enough / ほか

今年もボロフェスタでボギーを胴上げしてください。縁起物なので。

8月13日。

ボギー家族ツアー全15公演を終え、すっかり絞りカスみたいな5人であった。
FullSizeRender

しかし、真夏にエアコンの壊れた車で福岡に帰るという最後のミッションが残っている。
IMG_9049

無事に帰宅するにはいくつかの条件をクリアしなきゃならない。まずお盆シーズンの渋滞回避!炎天下での長時間渋滞は釜茹で地獄だ。もちろん雨が降ると窓を閉めなきゃいけないので、天気も心配である。さらに運悪いことに台風も接近していた、天気が荒れる前に福岡に着かねばだ。子供たちの熱中症も心配だし、そもそもこの車で福岡まで安全に走れるという保証もない。

あらゆる悪条件を考慮して下した結論は、運転手のベイビーがたっぷり睡眠を取り、日が暮れてから高速をいっきに走り抜け、夜のうちにできるかぎり福岡に近づいておくという強行作戦しかなかった。


疲れた身体を癒す場所は、厚木の健康センター。
IMG_9052

とにかく眠かった。阿佐ヶ谷ライブを終えたその足で、どろどろに疲れて健康センターにたどり着いた俺たちは風呂も入らずそのまま仮眠室で気絶…。


翌朝は宴会場でおじいさん達のゆるいカラオケを聴きながら昼ごはん食べた(リクエストすれば誰でも100円で宴会場のステージに立てるシステム)。
FullSizeRender

じいさんばあさんガンガン歌う!リアルのど自慢!特に一番ヘタクソなじいさんが最強で、リズム感が脱臼した「きよしのズンドコ節」には腹筋が引きつりそうなほど笑い堪えなきゃいけない地獄だった。

そのカラオケじいさん怒涛の3曲連投で「水戸黄門」を歌い出したあたりはなんだか感動すらしていた。あぁ、音楽はこれでいいのだと。

♪人生楽ありゃ苦もあるさ 涙のあとには虹も出る

本当に今年の家族ツアーはそんな旅だったなぁ。なんてしみじみ。

カラオケ大会の後はビンゴ大会が始まった。司会のおじさんの進行ぶりも最高!なんだここ、めちゃくちゃ楽しいな。
IMG_9074
餅が当たったし!縁起がいい!!
FullSizeRender

ここは最高だ。湯治のためのあらゆるお風呂があり、仮眠室もたくさんあり、24時間滞在でき、食事もけっこう美味い。
IMG_9060
漫画もWi-Fiもあり、卓球台やファミコンもある。受付のおばちゃんたちはみんな親切だし、しかもかなり安い。
IMG_9069

このままあと2〜3日泊まっていたいくらい居心地いい健康センターを後にし、夕方に出発。

いよいよ福岡へ帰るのだ。

窓を開けて走る、夜風が涼しい。

真正面に丸い月。
明るい夜だった。
FullSizeRender

心配してた渋滞もないし、雨もまだ降ってない。エアコン壊れてても大丈夫だ。あっという間に京都あたりまで快調に走らせる。

眠気覚ましにカーステで岡村ちゃんガンガン流しながら神戸まで爆走!子供たちは爆睡!
IMG_9112

岡山に入り、太陽が昇りはじめたころ、ベイビーの目が半開きになっていた。ヤバイ!!!
FullSizeRender

こんなとき眠気が覚めるような面白い話をするべきなのだが、付き合って25年を越える2人だ、なにもかも語り尽くしている。

ツアー中どこで食べたアレがうまかったとか、もし移住するならどこがいい?とか、他愛のない話が途切れると、あとはウィーアーリトルゾンビーズのサントラをガンガン流しながら大声で歌って眠気を飛ばすのだった。

夜中のうちに10時間運転し、早朝なんとか広島あたりまで来れた。ここらでちょっと休もーぜ。
FullSizeRender

しかし、ベイビーはほんの少しだけ仮眠を取ったあと「暑い!」と叫んで再び車を走らせた。

空が明るくなり、太陽が昇りはじめると車内の温度は瞬く間に上昇した。
FullSizeRender

暑くて爆睡していた子供たちもさすがに起きたので朝食。サービスエリアのメシ、もう飽きたわ〜。
FullSizeRender

福岡に向け走り出すと再び車中は大騒ぎ状態に。

FullSizeRender

うるせー
車の中がずっとうるせー
FullSizeRender

でも、たのしー
このたのしすぎる旅もあと少しでおわるー

FullSizeRender

さみしー

そんなこんなで関門海峡!
遂に九州に帰ってきたぞー!!!!!
FullSizeRender

家まであと少しがんばれベイビー!がんばれベイビー!なんだかサライが流れてきそう…いよいよ感動のフィナーレ!


と、いうわけで旅の出発から26日目、無事わが家へたどり着けた…。

大きな安堵感とちょっぴりの寂しさ、そして、各地でお世話になったみなさん、応援してくれたみなさんへの感謝の気持ちでいっぱいだ。心からありがとう!!!

FullSizeRender

特に今年はトラブルもあり、たくさんの助けもありで余計に忘れられない思い出が山盛りの旅になった。

このツアーをはじめた5年前からずっと言ってることだけど、ボギー家族ツアーとは最高の「思い出づくり」なのだ。

人生は「思い出づくり」とさえ思ってる。


しかし、その「思い出づくり」にはたくさんの人の手助けの上に成り立っていることを忘れてはいけない。



この世界にはいろんな面白い場所があって、いろんな面白い人がいて、いろんな面白い生きかた暮らしかたがある。

人生は面白い!

それを実体験として知ることは子供たちの生きる大きな力となるだろう。

また来年も家族ツアーができるかどうかは分からないけど、5年間もこんな旅を続けてこれただけでもう充分に奇跡だし、子供たちがいつか自分の家族を持ったときにこの旅を振り返り、わが子に語るような日がきたら、それって最高だなと、ひとりの父親として思っている。

IMG_9658

IMG_9657
IMG_9660
IMG_9656
IMG_9659

全24章に渡る超絶長いレポを最後まで読んでいただいてありがとうございました。

誰かに頼まれたわけでもないのに、我ながらバカなのかと思います。でも、この全記録を体験したのはこの世界に5人だけだから、書き残しておかなきゃ勿体無いことがたくさんあるのです。

この夏、ボギー家族と一緒に旅をしているような感覚になっていただけたなら幸いです。

では、また!現場でお会いしましょう。

8月12日。

さあ、つくばでツアー千秋楽を終え、追加公演として急遽決まった阿佐ヶ谷マスウェルへ出発。事故った車のマイナス感情をプラスに変えることが出来るとすれば、それはやっぱりライブしかない!というわけで、いよいよこのエアコン壊れた車で移動だ。熱中症対策として、ありとあらゆる冷んやりグッズを買ったが、暑いのがとにかく苦手なベイビーのモチベーションが心配だ…。

日中の運転はやはり暑い。ボーっとしてくる。池袋の駅前でタクシー用のレーンに間違えて入ってしまい、慌てて出ようとしたら出口のとこで警察が張っており「はーい違反でーす、こちらまでどーぞー」とすぐさま隣りの交番へ連行。罰金7000円。
FullSizeRender

お盆だから田舎から出てきた車をこうやって捕まえては罰金ボーナスを稼いでいるのだろうか?だとしたらクソだな。

入り口のところに立ってれば間違わないのに、わざわざ出口で待ち構えてるのが腹立たしかった。
IMG_8895

警察ってほんとに市民の安全を守るためにいるのだろうか?炎天下の中、小さな子供も乗ってる車をとめて、長々と交番で書類かかせて、7000円もぎとって、最後に「すいませーん、お気をつけてー」だってよ!ファッキン!

そもそも車が事故ったことでずいぶんヘコんでいたベイビーに、トドメを喰らわすようなこの池袋警察からの罰金の仕打ちは精神的ダメージが大きかったようだ。

「もう東京ヤダ…帰りたい…」とタフなベイビーの口からため息が漏れる。明らかに、旅の疲れがドッと出ていた。

「でもさ、今夜の阿佐ヶ谷にも来てくれる人がいるからさ」となだめるしかない。

この日、東京に行く目的はライブだけじゃなかった。毎年ボギー家族ツアーのとき阿佐ヶ谷で宴会をひらいてくれるセガールさんたちとの打ち上げがあるのだ。
FullSizeRender
お盆の忙しい時期なのに宴会にはたくさん集まってくれて嬉しい!イェーイ!エネルギーチャージ!焼肉食いまくりだぜ!!!
FullSizeRender
FullSizeRender

宴会のあとボギー家族ツアー追加公演の会場、阿佐ヶ谷マスウェルへ戻ると、この旅の先々で出会ったお客さんがまさかの大集合で、2日前に決まったライブなのにお客さん超満員!!!
IMG_9087

さっきまでヘコんでたベイビーも大感激して「最後に東京きてやっぱり良かったね!」と涙ぐんでいた。
IMG_9051

ボギー家族ツアー追加公演の阿佐ヶ谷マスウェルはぎゅうぎゅうパンパン!まさかこんなにたくさん来てくれるなんて!!!そもそも車が事故らなかったら無かった夜。だからこそ、愛しかないわ!
FullSizeRender

今年のお客さんMVPはこの方やな。リトルゾンビーズでボギー家族のことを知り、ツアー初日の広島で初めて出会い、そのあと防府、西明石と現れ、ついには阿佐ヶ谷までやってきたすごい男!初日と最終日を目撃した唯一の人物だ。今週末の別府にも来るらしい(笑)。最高だね。
IMG_8941

透子ちゃんも藤野、青山、北浦和、阿佐ヶ谷と4ヶ所来てくれた。もうほぼ家族だね!
IMG_9031

ほかにもいろんなツアー会場で出会った人たちが阿佐ヶ谷に続々と集結しててマジでエモかった。泣きそうなほど嬉しかった。旅の打ち上げ感がハンパない!
IMG_8938
IMG_9047
IMG_8945
IMG_8939

音楽仲間もたくさん集まってくれた。げるしー、酒井少年、西尾、おどる、神さま、ダッチャン、飯田くん、アイアムアイ、まさかの秋風リリーまで!
IMG_8946
IMG_9006

終わって知ったんだけど、米米クラブのボンさんとジェームス小野田さんまで来てくれていたらしい!なんてこったい!!

会場全体を包む熱気に後押しされ、ボギー家族の集大成のようなライブとなった。
IMG_9044

今ちゃんはディーバのように感情こめて歌い。

テンちゃんは最高のグルーヴでカホンを叩く。


モンドもこの夏はベースを弾きまくりだ。



ベイビーは運転もライブもフル回転だったし。俺はアドレナリンがドバドバ溢れていた。


残りカスのような5人からびっくりするようなエネルギーが湧き上がり、自分の音楽人生においても5本指に入るようなパフォーマンスがここにきてやれたこと、改めて家族を誇りに思う。
IMG_9028

<阿佐ヶ谷ボギー家族セトリ>
ロックンロール
酒がねぇ
山谷ブルース
ぼくとはと
カントリーロード
戦争ワルツ
タコの知能は3歳児
BON-ODORI
ウィーアーリトルゾンビーズ
星のOHAKA
バカになりましょう
家族のうた
贈る言葉


最後は渾身のボギ八先生「贈る言葉」!!多幸感しかなかった、喜びが渦巻いてた。
FullSizeRender
そして心の底から「あなた達はみんなボギー家族です!!!」って叫んだ。
FullSizeRender

家族に残ってる全ての力を叩きつけたライブのあと、投げ銭を数えると7万円もの大金が!!!

お昼に払った7000円の罰金のなんと10倍!!!人生大逆転だ!!!

みんなの愛、しかと受け取りましたよ、本当にありがとう!!!!!

FullSizeRender

自動車事故も罰金も嫌なトラブルをすべて良い思い出に変えることができたし、この勢いで一気に福岡まで帰るぞー!!!

おりゃー!!!!!

ツアーレポ、ついに最終章へ続く。

8月11日。

ボギー家族ツアー14ヶ所目、つくばキッチンソイヤで今年は千秋楽を迎える。お世話になるのはもう4年目だ。子供たちとも「おっす!」って感じで再会しすぐに遊びだす。
FullSizeRender

ソイヤのごはん、相変わらず美味しいなあ。
FullSizeRender

似顔絵は満員御礼!4年連続で来てるのに今年はとくに予約埋まるのが早かったそう、ありがとうございました。IMG_8395
IMG_8404

モンドの似顔絵屋さんにも4年連続で来てくれてるご家族がいる。4年ぶんの似顔絵を持ってきてくれた。
FullSizeRender
思い出と共に似顔絵で残す成長記録。いいなぁ。
IMG_8377

ライブ直前までハイテンションで遊び続けるテンちゃん。
FullSizeRender
疾風のように走り、裸になっていた。野生児!
FullSizeRender

さあ、いよいよボギー家族ツアーの千秋楽ライブだ!やりきるぞ!!!
FullSizeRender

子供からお年寄りまでたくさんのお客さんで埋まったキッチンソイヤ。一年に一度集まる仲の良い親戚のような空気感。それはこの店のオーナー夫婦アニキ&アネキが慕われているからこそ生まれるアットホームさだ。
IMG_8435

群馬編の主催をしてくれた高橋さん、なにかと助けてくれた鹿島家族も来てくれた。
FullSizeRender
2日連続で鹿島家は来てくれたので今日もかえちゃんと遊べて嬉しい今ちゃん。ふたりは幼なじみ。もはや親戚に近いかもしれない。
FullSizeRender

藤野の廃材エコビレッジゆるゆるで出会った保育士さんは翌日リトルゾンビーズの千秋楽を観に友達と渋谷まできたのに満席で入れず、途方にくれてる所をゾンビーズのプロデューサー横山さんとカメラマン武田さんから運良くチケット譲ってもらい感涙しながら観たというバタ子さん。つくばまで来てくれた!
FullSizeRender

夜の部開演。
ボギー家族のライブに大した楽器は何もない。
FullSizeRender
クッキーの缶やオモチャの鈴、タンバリン、リコーダーにピアニカ、お尻の絵を描いた安いカホン、鹿子さんにもらったエレキベース、そして酔っぱらった友達から8000円で奪ったアコギ。モンドがタケムラに変身する800円の帽子。
FullSizeRender

練習もしないし、曲順の打ち合わせもしない。ただ家族が会話をするように今しか鳴らせない音楽を奏でるだけのバンドだ。
IMG_8864

後半になるにつれグルーヴが増しフリーダムなロックンロールショーと化していく!!!
IMG_8853

<つくばボギー家族セトリ>
前半)
NO FUN MY WAY
ストリーキング
酒がねぇ
ぼくとはと
楽天ふるさと納税
カントリーロード
戦争ワルツ
後半)
ロックンロールのうた
タコの知能は3歳児
BON-ODORI
ウィーアーリトルゾンビーズ
おさんぽ
星のOHAKA
バカになりましょう
家族のうた
カーニバル
贈る言葉

「バカになりましょう」のとき椅子の上に立って誰がいちばん高いかというバカ比べをやった。俺がいちばんだと思ったが、まさかの店主アニキが天井に手が届くほどの大バカぶり!最高だな。
IMG_8856

で、散々バカやったあとにこの「家族のうた」。今ちゃんの歌う表情が本当に本当にすごい。ボギー家族のライブには何ひとつ打ち合わせはない。すべてその場のノリだ。だからこそ今ちゃんはこの歌をあんな表情で歌うことができる表現者になれたのだろう。
IMG_8438

千秋楽、最後はもちろんボギ八先生「贈る言葉」!なにも言わずともお客さんが椅子テーブルを片付けてスペースを作ってくれ、なにも言わずとも輪になり、肩を組んで、ヘッドバンキングしてくれた。
FullSizeRender
もうなにも言うことない。絆を感じる!
FullSizeRender
胴上げの回数、多かったなー(笑)。
FullSizeRender

ボギー家族ツアー2019千秋楽!!つくばキッチンソイヤにて見事ゴーーーール!!!
IMG_8875

やりきったあとは清々しい。さあ、打ち上げも全力で楽しむぞ!!
FullSizeRender

ライブのあと子供たちと花火をした。花火の美しさを楽しむ、ではなく、なぜか地面を焼くことに夢中な子供たち。でもその感覚わかるわー。懐かしいわー。
FullSizeRender
と、思って写真撮ったらセーブゾーンみたいだった。もちろんできないけどね、セーブ。

最後にいちばん大きなドラゴン花火をやった。「気をつけてね、ヤケドしないようにね!」って言ったそばから店主アニキ(52歳)が燃えさかる火柱の中にぴょーん!と飛び込んでアチチチ!って悶え転げててもう笑い死ぬかと思った。
FullSizeRender
この夏、3本指に入る大バカ者。大好き!

打ち上げは遅くまで飲んで語らい俺はべろべろになった。モンド恒例のラクガキタイムもあった。
FullSizeRender
FullSizeRender
最後は店内にテントを張ってみんなで雑魚寝だ。これが毎年楽しい。
IMG_8807
IMG_8830

朝、みんなでスイカを食べた。黄色いスイカって嬉しいよね。なんでだろう?味は同じだけどね。この夏の家族ツアーは各地各地でほんとにスイカをよく食べたなー。
IMG_8870

ボギー家族とソイヤ家族、4年連続でこの集合写真を撮っている。別れぎわに「また来年ー!!」と言って手を振るのだ。

FullSizeRender

また来年も家族でここに来れるかは来年にならなきゃ分からないけど、「また来年!」って言える人が街が全国にあるって素晴らしい。


さあ、ほんとはこれで全公演終わって福岡に帰る予定だったのだが、車が事故ったことで急遽もう一本、阿佐ヶ谷で追加公演をやることが決まったのだ。というわけで、ツアーレポは怒涛のクライマックスへと続く!!!


8月10日。

ボギー家族ツアー13ヶ所目は群馬の桐生にあるPENSEE GALLERYにてモンドくんの似顔絵屋さん。
FullSizeRender

そして同時開催の原画展。
FullSizeRender

ギャラリーの真っ白な空間に絵を飾ると、子供たちの絵がより鮮烈にみえる。
FullSizeRender
モンド、テンちゃん、今ちゃん、ボギーの絵を展示した。
FullSizeRender
FullSizeRender
しかし、子供たちにとってはギャラリーもただの遊び場だな。
FullSizeRender
FullSizeRender

モンドくんの似顔絵屋さんは本日も満員御礼!昨年の家族ツアーにも来てくれたかわいい姉妹。
FullSizeRender
ロックな母娘。
FullSizeRender
リトルゾンビーズで仲良しになった女優の田所ちささん。
FullSizeRender

今ちゃんの似顔絵屋さんもかわいかったなー。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

パンセギャラリーのオーナー藤井さん。ふだんは電気屋さんらしい。
FullSizeRender
一日展示お世話になりました!

お昼ごはんに食べた鳥めし弁当、うまかったなぁ。鶏肉やわらかくて、味が染みてて。

FullSizeRender

夜の部は歩いて数分の有鄰館レンガ蔵へ移動。
FullSizeRender

その昔、味噌や醤油、お酒などの蔵だったらしく、今はイベントなどに使われている桐生市の文化財。
IMG_8289

そんな場所でボギー家族のライブなのだ。このツアー最大のキャパ!
IMG_8277

書店ふやふや堂の店主さんがドリンクを出してたんだけど、100円て、安〜(笑)!
IMG_8292
ちなみにふやふや堂は「ヨレヨレ」を販売しており、それで知った高橋さんがボギー家族を群馬に呼んでくれる流れになったのだ。縁だね〜。この日まさかのヨレヨレバックナンバー!瞬く間に売り切れてた。
FullSizeRender

開演まで受付を手伝う今ちゃん。
FullSizeRender
遊ぶことしか考えてないテンちゃん。
FullSizeRender
本場はじまるギリギリまで漫画読むモンド。
IMG_8833
疲れが顔に出始めたベイビー。
FullSizeRender

ツアーも終盤、あと少しだがんばれ。

ボギー家族ライブ開始。初めて来た街なのにお客さんたくさん!うれしい!!
FullSizeRender
序盤はゆっくりゆっくり、お客さんの緊張感をときほぐすように進行する。テンちゃん今ちゃんがとにかく自由気まま。おれも高橋さんにいただいたワインを飲みながらのライブ。レンガ蔵でワインだよ、気分がいい。
IMG_8340

ライブ後半は場所移動!
IMG_8352
レンガ蔵の後方はアートの展示があり、すごいカッコイイ絵だったのでその前でライブやりたかったのだ。
IMG_8841
今年のボギー家族ツアーの中で最も縦横無尽に遊んだライブがこの日かも。
IMG_8836

<群馬ボギー家族セトリ>
NO FUN MY WAY
ぼくとはと
酒がねぇ
ロックンロール
山谷ブルース
楽天ふるさと納税
おさんぽ
カントリーロード
戦争ワルツ

ロックンロールのうた
タコの知能は3歳児
BON-ODORI
ウィーアーリトルゾンビーズ
星のOHAKA
バカになりましょう
家族のうた
カーニバル
贈る言葉

生声で歌った「家族のうた」。

旅の間にすっかり歌詞を覚えたテンちゃんと今ちゃんが一緒に歌ってくれた。
IMG_8324

周りにはぐるっとお客さんが囲んでいるのだけど、まるでそれは意識してない。これはわが家のリビングそのものだ。

群馬でのボギー家族ライブ、最後はボギ八先生ワッショイワッショイで大団円!初めてのことでみなさん戸惑いがあったのか、この日何度もやり直し、トータル3回も胴上げした(笑)。
IMG_8310

たくさんの優しいお客さん、呼んでくれた高橋さん、どうもありがとう!また行きたい街ができたなあ。
FullSizeRender

群馬の夜、また高橋さんのご実家に。
FullSizeRender
まるで旅館のような居心地の良さで、おいしいご飯もたくさんご馳走になり旅の疲れもすっかり癒える。本当にお世話になりました。
IMG_8336

ボギー家族ツアーも残るはつくば!
あとひといき!!

8月9日。

東中野から茨城に引っ越した鹿島家のお宅に2日間泊めてもらった。
FullSizeRender
おいしいごはんも食べさせてもらい、
FullSizeRender
もちろんマサラワーラーのカレーも!
FullSizeRender

それどころか、自動車整備工場も紹介してもらったり、ツアー残りの群馬とつくばは車も貸してもらうことに。ホント何から何までわが家はクリとシンちゃんに世話になりっぱなしだ。感謝!感謝!感謝!

そんなわけで朝イチに整備工場で見てもらった所、エアコンは壊れてるけど水は漏れてないので一応走れるとのこと。ただ、お盆期間に入る為、修理はすぐできない為、このままエアコン無しで運転して福岡まで帰らなきゃいけない…(キツー!笑)。
IMG_8062
とりあえず整備士さんが曲がったフロントをなんとか走れる状態にしてくれた。
FullSizeRender
なんて頼もしいんだろう、背中に滲んだ汗の模様がミッキーマウスだった!
FullSizeRender

作業中に家族ツアーの話をすると「俺の友達もバンドやってんだよ」と言って話が弾み、応急処置の請求金額を訊くと「お代は、いつか俺の友達のバンドとセッションしてくれるってことでOK!」と笑顔。超カッコイイ!!

ちなみに、そのお友達のバンドというのがフルート四重奏の宵待小町という方々らしい。そんな縁でボギー家族とセッションがもし実現したらめちゃくちゃ面白そうやん。

ボギー家族ツアーは今年もまさにロードムービーやな。今ちゃん熱で倒れたり、ボギーがヒルに吸われたり、ライブ中に地震きたり、車ぶつけたり…。でも、人に助けられてここまで廻ってこれてる。

今日は借りた車で群馬まで、突然の雷と雨のあと虹が2本出てた!
FullSizeRender

「なんかめちゃくちゃハッピーな気持ちになるね、あとは良いことしかないね」とベイビーが言った。

あらゆる困難も最後まで楽しんで駆け抜けるぜ!!!!!

そうして着いた群馬では、主催の高橋さんが豪華な前打ち上げを開いてくれて、これまたおいしいもの食べまくりだったのだ。
FullSizeRender

古いお店をリノベしたカフェレストラン、どの料理も本当に最高で、ワインをいただき、すっかりほろ酔い。
FullSizeRender
FullSizeRender

そんなおしゃれなレストランでもひたすらバカやりまくるこいつら。
FullSizeRender
貸し切りじゃなかったら店を追い出されてるよ。テンちゃんなんか最後のほうチンコ出してたし…。やめれ!
FullSizeRender

今ちゃんは厨房でニョッキを作るお手伝い。食べるより作るほうが楽しい年頃。
FullSizeRender
すごく良い氷とすごく良いカキ機で作ったカキ氷はとんでもなくおいしかった!
FullSizeRender
あんずの蜜も手作りで、旅の疲れもスーッと消えるような甘酸っぱさを堪能。しあわせ〜。
FullSizeRender

その日は昨年もお世話になった高橋さんの実家に泊めてもらう。趣のある旅館のような実家。
FullSizeRender

明日の群馬公演に備えて眠りをむさぼる。

8月8日。

ボギー家族ツアー12ヶ所目、北浦和の居酒屋ちどり。今年の会場の中でいちばん狭い空間だ。だからこそ、どこよりも「わが家のリビング感」がある。
FullSizeRender
透子ちゃんは今年のボギー家族ツアーすでに3回目。
FullSizeRender
昨日の東京公演が楽しすぎてまた来ちゃったという大阪からのお客さんも。
IMG_7966
今年は本当に2〜3ヶ所来てくれるお客さんがとても多くて嬉しい。まったり過ごすお昼の部でたくさんお話しもできるし、
FullSizeRender
ちどりはごはんも美味しいのだ。
IMG_8040

東京公演にも来てくれたなかのさんがボギー家族みたいな団子を差し入れに持ってきてくれた!元ボクサーの輪島、いま団子屋さんなのか。
FullSizeRender

テンちゃんにサソリの、今ちゃんにはカリンバの手作りネックレスをプレゼントしてくれた面白いお客さんもいた。
FullSizeRender
何者だろう?と思ったが、ふだんはマッサージ師なのだとか。雰囲気も面白い方だった。
IMG_7981

こちら一級建築士の方、今日もなんだか面白そうな人がこのぎゅうぎゅうの空間に集まっている?
FullSizeRender

テンちゃん今ちゃんの似顔絵屋さんも面白かったなー。
FullSizeRender
日々進化。
IMG_7975
FullSizeRender
あと、距離が近い(笑)!
FullSizeRender

わいわいしながら夜の部へと続く…。
FullSizeRender

夜の部、居酒屋ちどりは笑っちゃうくらいさらに満員御礼だ。この状況でボギー家族ライブをやるのだから盛り上がらないはずがない。
FullSizeRender
しかし、正直に言うと、月見ルで完全に出し切った翌日ということもあり軽いヌケガラだった俺は前半戦はよく頭が回っていなかった。酸欠状態だったのかもしれないが。
IMG_8844
そんな俺をカバーしてくれたのがテンちゃんと今ちゃんのテンション!今年はこいつらに何度も救われてる。
IMG_8148
今ちゃん完全にロッククイーン!!
IMG_9183
それに比べてモンドのテキトーさよ(笑)。
IMG_9187

このバランスが絶妙なのだけど。

後半戦からぐんぐんエンジンかかってきた。イシくんが今夜も来てくれたので「ウィーアーリトルゾンビーズ」のリズム隊だけ本物バージョン!
IMG_8078
イシくんはかわいいなぁ。
FullSizeRender

ボギーひとりで歌ってた「家族のうた」だったけど、歌詞を覚えたテンちゃん今ちゃんも一緒に歌ってくれるようになった。ツアー後半からこの曲がハイライトになる場面が多くなってくる。


どんなに狭くても最後は胴上げワッショイワッショイ!もうむちゃくちゃやな(笑)!
IMG_8845

<北浦和ボギー家族セトリ>
前半)
NO FUN MY WAY
酒がねぇ
山谷ブルース
楽天ふるさと納税
おさんぽ
カントリーロード
戦争ワルツ
後半)
ロックンロール
タコの知能は3歳児
BON-ODORI
ウィーアーリトルゾンビーズ
星のOHAKA
バカになりましょう
家族のうた
カーニバル
贈る言葉

IMG_9189

ぎゅうぎゅうパンパンの居酒屋ちどりライブ終了!気力振り絞ってやったライブ、めちゃくちゃ楽しかった。
FullSizeRender

店主のちどりくんは来年子供が生まれるそうだ。おめでとう!バッチリ厄払いしておいたからきっと安産まちがいなしだね。

なんて言いながらみんなに見送られ、車に乗って帰る途中、あの事故に遭うわけだ。

北浦和から茨城の鹿島家まで、あともう少しで高速の出口だと思ったそのとき、カーブを曲がった所でハザードもつけずに停車して眠ってる超大型の自動車輸送トラック。「きゃあ!」と叫びベイビーが急ブレーキかけたけど間に合わずにゴツン…。フロントがくの字にヘコむ。

なんでこんなとこで寝てんだよ!非常識だろ!!
FullSizeRender

あと10分で帰り着く予定が、警察よんだりなんだりで2時間かかる…。ぶつけたトラックの運転手は「じゃあとは保険屋に任せますんで〜」と連絡先だけ交換するとさっさと帰ってしまった。腑に落ちない。

眠いし、暑いし、気絶しそうだった。
IMG_8053

でも、誰も怪我しなかったから良かったよ。
FullSizeRender

レッカー車にひっぱられ鹿島家まで移動。
IMG_8058

このとき心の中で思っていたのは、このアクシデントを旅の悪い思い出にするか、良い思い出に変えるかは自分次第だぜッ!!!って。

それは岡村ちゃんの「ほんとのDANCE、CHANCE、ROMANCEは自分次第だぜッ!」から学んだ精神だ。

IMG_9634

ありがとう岡村ちゃん!がんばる!!

このページのトップヘ