ボギーの悪趣味音楽作法

「ヨコチンレーベル」代表。ボギー弾き語りのほか、バンド「ボギー家族」「nontroppo」「東京ノントロッポ」「奥村靖幸」。イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。などなど、日々を祭りのように生きるボギーの日常をレポするブログ。 ヨコチンレーベル http://yokotin.xyz ボギーのTwitter @BoGGGeY ボギーのインスタグラム @yclabel_bogggey 息子のブログ「モンド今日の絵」http://mondo-art.blog.jp/ 娘のブログ「今ちゃんぽ」http://imachanpo.blog.jp/

2019年11月

‪骨挫傷で約ひと月、ギプスと松葉杖の生活だったテンちゃんの足がやっと完治!
‪オメデトー!!‬

FullSizeRender

というわけで、足も治ったところでテンちゃんドラム叩けそうだなと思い遊びでスタジオに入ってみた。

FullSizeRender

打ち合わせもアドバイスも無く、いきなりのガチ即興したら高い感度で反応してきて驚いた。‬センス良いのでこのままちょっと伸ばしてあげたい。

FullSizeRender

テンちゃんとバンド組もうかな(笑)。
これはこれで親子のキャッチボールみたいなもんやね。

FullSizeRender

初練習の打ち上げで弐ノ弐のハッピーアワーへ!ギョーザとお酒が半額なのだ。キャホー!!

FullSizeRender
FullSizeRender

なんだかんだですぐ打ち上げする家族(笑)。

FullSizeRender

11月23日。

春日市ふれあい文化センターでのモンドくんの似顔絵ワークショップ!下は幼稚園児から上は中学生まで30人が参加してくれて、たくさんの子供たちと一緒にモナリザを描きました。
FullSizeRender

みんなで同じモチーフで描くのは面白い。
IMG_6141

ちなみにこの日モンドが描いたモナリザはこれ。

FullSizeRender

モナリザもびっくり!いろんなモナリザが面白すぎる!

IMG_6111
IMG_6110
IMG_6109
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

中にはモナリザの足まで見えている子も(笑)。
FullSizeRender
FullSizeRender

子供たちすごく楽しそうに活き活きとした顔で描いてくれてました。

FullSizeRender
FullSizeRender

誰もが知ってる世界の名画が、子供たちの自由なタッチによって新たなポップアートとして生まれ変わったのが最高に痛快で楽しかったです。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_6087
FullSizeRender

モンドが描いたモナリザの絵と一緒にみんなの作品もしばらく春日市ふれあい文化センターのロビーに展示してありますよ。

IMG_6142

こういうワークショップ、もっといろんな場所でやってみたいな。

参加いただいた皆さまありがとうございました!

平日の楽園「ラウンジサウンズ」では、いつでも刺激的な夜、未知なる音楽との出会いを用意してお待ちしてます!12月のラウンジサウンズも、おもろいラインナップがずらり!!!あなたのアンテナにピクンとひっかかった日にぜひ遊びに来てくださいね~!!!! 


12月のラウンジサウンズ

IMG_6037

12/5(木)「ラウンジサウンズ~ボギレノンミルフィーユ」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)ボギレノン/瀬戸口恵/ウエムラ×ケンジ/cuvboys/トニーガーデナー/エルミアウトサイダー

司会とDJ)ボギー

● ジョンレノンの生まれ変わり、ボギレノンがサブステージに各バンドの合間ごとに出てくるミルフィーユ企画!!そしてこの日は全員ジョンレノンの曲を一曲ずつカバーします。力強さとしなやかさを秘めた女性シンガー瀬戸口恵。訥々と静かにロックが燃える弾き語りを聴かせるウエムラ×ケンジ。東京からやっと帰ってきたよ、才能の引きこもりcuvboys。毎回趣向を凝らした新曲を披露し続けるトニーガーデナー(ザ・ガーデナーズ)。意気揚々とL.S初登場、エルミアウトサイダー。


IMG_3763

12/10(火)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)THE VOTTONES/ポカムス/あのやっこトリオ/爆轟猿人/04-17(レシイナ)

司会とDJ)ボギー

● 益々ギラギラしまくる最下層の野良犬ロックンロールバンドTHE VOTTONES。最下層の魂を揺さぶる秘宝のようなロックンロールバンド、ポカムス。矢野顕子の完コピトリオあの やっこ トリオ。その場のお題でギラギラした即興の言葉と即興の音楽を紡ぎだす爆轟猿人。森田トモアキとnisaiくんらが組んだユニット04-17(レシイナ)が久しぶりのライブ。


44060311_2385204888374112_5089717489084923904_n

12/18(水)「ラウンジサウンズ」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出演)soy flour/あかたろ/フアリナ/Pink Flemings/アンリバンド/じん

司会とDJ)ボギー

● ずらり並んだホーンセクションが艶やかなジャズバンドSoy Flour。鍵盤弾き語りでどえらい世界観を叩き付けるあかたろ。きらめきと浮遊感と永遠の青年男子感が眩しくはじけるフアリナ。柔らかい音響で包み込むエレクトロとギターによる男女ユニット、Pink Flemings。遂に大人の階段をのぼったクレイジーボーイ率いる、アンリバンド。heartlandの超絶ベーシストじんさんがソロで登場。


40人弾き語り2019

12/30(月)「ラウンジサウンズ40人弾き語り忘年会2019」@VooDooLounge

open19:00 start19:30

¥1500+1ドリンクオーダー

出場歌手)ボギー/井上周一(folkenough)/野海はるね(ガロリンズ)/漢方先生/ふー(THE VOTTONES)/イフマサカ/TALLBOY(MOTH)/オクムラユウスケ/コヤナギシンジ/おきつななこ(heartland)/アンリ/江上るい/林田明(フアリナ)/トニー(ザ・ガーデナーズ)/ともちん/K(カシミールナポレオン)/テル(Bingo Love)/高松彩(freedomset)/鹿子裕文(編集者)/オクヤマカナコ(sea'sline)/DISCHAAAGEEE/higasi/たなたろう(Pankye Rukc)/オーノハジメ(デビルボディ)/テンちゃん(ボギー家族)/赤フン(サイキシミン)/gn8mykitten/しゃんぺ~(INN JAPAN)/イイホシミチコ/藤田進也(ポカムス)/ヤマノウチタカヒロ(自閉ズ)/田代裕之/キドリーヌ(心臓貫通)/降矢十円(イラストレーター)/西野永真/riverside yoshino/外山恒一(革命家)/里中透子(詩人)/鈴木拓也/ニシくん

司会とDJ)ボギー

● 1本のギターを40人のミュージシャンが1曲ずつ次々と歌い今年の最後を飾る年末恒例忘年会!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


平日の楽園「ラウンジサウンズ」への出演希望バンド、ソロ大募集です!VooDooもしくはボギーまでデモ音源持参、もしくはメールください。

(福岡市中央区舞鶴1-8-38第19ラインビル4F(親不孝通り沿い))


※出演希望バンド、随時募集中!ボギーまで連絡ください。

 yokotin_b@hotmail.com(ボギー)


11月22日。


昨夜はユーテロでノントロッポ。結成20年目にして2人編成になったけど、シンプルにしたぶん楽曲の骨組みが見えやすくなって、実はプログレバンドだったことがバレた(笑)。煽らなくても勝手に踊り出すお客さん。ラッパーgn8mykittenとセッション。唐突にこまどり君もサックスで乱入。自由最高だ。

IMG_6083


この日の1番目はガロリンズ。ガールズバンドで結成25年ってだけでも珍しいことだが、亡き母の跡を継いだ娘がボーカルギターとして親子ほど年の離れた2人とバンドを継続してるって事実はもの凄いことだ。しかしそんな感傷は抜きにして今のガロリンズはめちゃくちゃカッコイイ!!!

IMG_6060


2番目はイワキ式アンサンブル。ボーカルギターの諸富さんとは20代のころよく対バンしていた。スタンドキャストバッグ、ラムタグなど泣きのメロディラインが印象的なギターバンドだったけど今はラスティックバンドに。イイなぁ〜。

IMG_6063


賑やかに盛り上がってきた流れを切り裂くように始まった無伴奏ラッパーgn8mykitten。最初は息を呑んで言葉に聞き入るお客さんたちの体温がどんどん熱くなってくるのを肌で感じた。最後は拍手喝采!アウェーを物ともせず、さすが。

IMG_6064


トリはレコ発で福岡にやってきたLimited Express(has gone?)。バンド形態は変貌しつつもお互い20代のころからやり続けてる、こうやって共演できた夜はいろんなことを確かめ合えて嬉しくなるのだ。そう、とにかく嬉しかった。

IMG_6069


こんな良い夜、もちろん打ち上げも気持ち良く酔いどれだ。


ボギーお祭り情報贈る言葉


IMG_4444
IMG_4445

11.30(土)「ボギー家族ツアーin佐伯」

昼の部「モンドくんの似顔絵屋さん」

@ coffee5(佐伯市大字池田1184-1)

時間:13:00-17:00

料金:お一人様2000円(複数人割引あり)

15名限定・要予約

夜の部「ボギー家族ライブ」

@ 投げ銭ゲストハウスさんかくワサビ(佐伯市内町3-507 やま福2F)

時間:open18:00 start18:30

料金:1500+1drink

中学生以下無料

予約・問合せ

電話:080-3966-1948(当日のみ)

メール:ningen.theme@gmail.com

今年も大好きな佐伯の町にボギー家族が行きますよ!最高にバカで愛すべき一日になるでしょう。



FullSizeRender

12.5(木)「ラウンジサウンズ〜ボギレノンミルフィーユ」@福岡ブードゥーラウンジ

開場19:00 開演19:30

1500+1ドリンクオーダー

出演)ボギレノン/cuvboys/瀬戸口恵/ウエムラ×ケンジ/トニーガーデナー/エルミアウトサイダー

ジョンレノンの歌をみんなカバーします。ボギーは転換中にボギレノンとして全曲ジョン!


ボギー家族榮屋

12.15(日)「角打ちライブinSAKAEYA

@若松・角打ち榮屋

昼の部)モンドくんの似顔絵屋さん

15:3017:30

(要予約・似顔絵料おひとり2000円)

夜の部)ボギー家族ライブ

開場17:30 開演18:30

3000円(1ドリンク+1プレート付き)

小学生半額、幼児無料

出演)ボギー家族

前回出たときあまりに最高な角打ちだったもので、また歌いに行きます!お酒びっくりするほど安いし、手作り料理プレートがめちゃくちゃ美味い!



IMG_6050

12.22(日)「森のクリスマス会」

@荒尾カフェアルバーロ

(熊本県荒尾市平山1668-1

open 17:00 start 18:00

前売予約

12500/ペア4000+ドリンク代

当日

13000/ペア5000+ドリンク代

(中学生以下無料)

出演)

ボギー家族

The Old & Moderns(平井正也、森孝允)

昼マルシェ)

モンドくんの似顔絵屋さん(12:0016:00

荒尾のカフェアルバーロでボギー家族とThe Old&Modernsのクリスマスライブやりますよー!めちゃ楽しそう!
 


40人弾き語り2019

12.30(月)「ラウンジサウンズ40人弾き語り」@福岡ブードゥーラウンジ

開場19:00 開演19:30

1500+1ドリンクオーダー

出場歌手)ボギー/井上周一(folkenough)/野海はるね(ガロリンズ)/漢方先生/ふー(THE VOTTONES)/イフマサカ/TALLBOY(MOTH)/オクムラユウスケ/コヤナギシンジ/おきつななこ(heartland)/アンリ/江上るい/林田明(フアリナ)/トニー(ザ・ガーデナーズ)/ともちん/K(カシミールナポレオン)/テル(Bingo Love)/高松彩(freedomset)/鹿子裕文(編集者)/オクヤマカナコ(sea'sline)/DISCHAAAGEEEhigasi/たなたろう(Pankye Rukc)/オーノハジメ(デビルボディ)/テンちゃん(ボギー家族)/赤フン(サイキシミン)/gn8mykitten/しゃんぺ~(INN JAPAN)/イイホシミチコ/藤田進也(ポカムス)/ヤマノウチタカヒロ(自閉ズ)/田代裕之/キドリーヌ(心臓貫通)/降矢十円(イラストレーター)/西野永真/riverside yoshino/外山恒一(革命家)/里中透子(詩人)/鈴木拓也/ニシくん 

一本のギターを40人の歌手が弾き回す年末恒例の大忘年会!福岡の紅白はこれだ!!



LSCチラシ
LSC裏チラシ

1.4(土)「ラウンジサウンズニューイヤーカーニバル2020

@福岡ブードゥーラウンジ

open14:00 start14:30

2000+1ドリンクオーダー

出演)nontroppo/オクムラユウスケ/漢方先生/THE VOTTONES/九州ROCKERS/ポカムス/イフマサカ/カシミールナポレオン/ザ・ガーデナーズ/安増裕章(the camps)/フアリナ/SCREAMING CAR SHOW/アンリ/あのやっこトリオ/鈴木拓也/ドペクターズ/サイキシミン/ボギーwithサイケデリックハワイアンズ
モンドくんの似顔絵屋さん 

トークショー)鹿子裕文(編集者)×川口恵子(ナナロク社)×ボギー(ヨコチンレーベル)
FOOD)モンカレー 

司会とDJ)ボギー

ラウンジサウンズ初詣はドカーンとお祭り!そしてこの日はナナロク社から発売される鹿子裕文氏の本「ブードゥーラウンジ」完成記念!本の中に出てくるバンドたちもたくさんステージで演奏します!熱い正月だぜ!



IMG_6035

1.8(水)「小屋敷51歳バースデー新春スペシャル」

@下北沢GARDEN

open 18:45 start 19:15

¥3000/¥3500+1ドリンクオーダー

出演)

クリトリック・リス

忘れてモーテルズ

東京ノントロッポ

間慎太郎

FuthanRichman&THE BANANA

AFRO B@NK

元ブードゥーラウンジ店長小屋敷さんの誕生パーティーを下北沢で開催。東京ノントロッポで出演します!



IMG_5769

1.9(木)「歌のよる」

@下北沢 サーカス

open19:00 start19:30

2,000+1ドリンクオーダー

出演)

ボギー

柳本小百合

児玉哲子Duo (with Itsuto Osawa)

児玉ちゃんが下北でこんな楽しそうな企画を立ててくれました!
 


新春東京ボギトーーク
ボギトークメニュー

1.10(金)「新春東京ボギトーーク」

@阿佐ヶ谷・酒井少年カフェ跡地

(阿佐ヶ谷北5-47-11ルセーヌ阿佐ヶ谷102)

open19:00 start20:00

1500+飲み代

トーク)ボギー

年明け早々に東京でボギトーーク決定しました!奇跡のような面白トークオンリー120分!大笑いしにきてね!
 


ボギ詣で

1.11(土)「ボギ詣で」

@北浦和・居酒屋ちどり

19時開場 20時開演

2000+1オーダー

出演)ボギー

北浦和の居酒屋ちどりで恒例の新春ボギー祭り決定ー!



ボギトーーク2020
ボギトーーク2020メニュー

1.18(土)「新春初笑いボギトーーク」

@六本松アトリエてらた

(福岡市中央区六本松3-5-28

start 20:00 

投げ銭+1ドリンクオーダー

出演)ボギー

なんだかんだで毎度毎度の大好評!新年もやりますボギトーーク福岡編!会場はおなじみ六本松の名店アトリエてらたです。



IMG_5404

5.2(土)「奥村靖幸アフターDATE2020

@福岡ブードゥーラウンジ

開場22:00 開演22:30

¥2000+1オーダー

出演)奥村靖幸&SuperGirls

ご本家岡村ちゃん福岡公演のあとは恒例のあれ!ベイベのみなさんお待ちしてまーす。


各公演のご予約はボギーまでメールください。
yokotin_b@hotmail.com 
※もし返信がない場合は届いてない可能性が高いのでボギーのツイッター、フェイスブック、インスタなどからDMでご連絡ください(その方が確実です) 

1本のギターを40人のミュージシャンが1曲入魂で歌い納めする年末恒例の歌合戦!!!!!

今年一年お世話になったたくさんの仲間たち、40人に絞るのは実に悩みましたが、2019年の40人はこの顔ぶれに決めました!!!年の瀬ギリギリの開催ですので大いに歌って飲んでみんなで年を越しましょう!!!!!

40人弾き語り2019


12/30(月)「ラウンジサウンズ40人弾き語り忘年会2019

@ブードゥーラウンジ

開場19:00 開演19:30

1500+1ドリンクオーダー


出演順)

1、田代裕之

2、テル(Bingo Love)

3、ともちん

4higasi

5、江上るい

6riverside yoshino

7DISCHAAAGEEE

8、イイホシミチコ

9、ヤマノウチタカヒロ(自閉ズ)

10K(カシミールナポレオン)

11、テンちゃん(ボギー家族)

12、赤フン(サイキシミン)

13、たなたろう(Pankye Rukc)

14、しゃんぺ~(INN JAPAN)

15、西野永真

16、トニー(ザ・ガーデナーズ)

17、オクヤマカナコ(sea'sline)

18、キドリーヌ(心臓貫通)

19、アンリ

20、高松彩(freedomset)

21、ニシくん(お客さん)

22、鹿子裕文(編集者)

23、里中透子(詩人)

24、外山恒一(革命家)

25、降矢十円(イラストレーター)

26、しまけん(ゴールデンブラザーズ)

27、コヤナギシンジ

28、おきつななこ(heartland)

29、藤田進也(ポカムス)

30、ふー(THE VOTTONES)

31、オーノハジメ(デビルボディ)

32、林田明(フアリナ)

33、漢方先生

34、鈴木拓也

35、オクムラユウスケ

36、イフマサカ

37TALLBOY(MOTH)

38、野海はるね(ガロリンズ)

39、井上周一(folkenough)

40、ボギー


11月14日。

今夜のラウンジサウンズ、男くさいメンツだった。もちろん楽屋も男くさい。
FullSizeRender

一番目はトニーガーデナー。毎回いろんな仕掛けを用意してるが今夜はシンプルにギターのみのセット、老人の恋を歌ったブルースはいつ聴いても良いテーマだなぁと思う。「♪アンタがいれば〜」が後半では「♪アンタの入れ歯〜」に変わるとこもいい。
IMG_5595

田代裕之はステージ上で戦っていた。ライブハウスは音楽を聴く場所ではあるが、聴く聴かないはお客さんの自由だ。背を向けたお客さんたちをどう振り向かせるか?田代くんは全身全霊の豪速球を真っ直ぐに投げ続けた。あっぱれ!
IMG_5599

西野永真、19歳。遠目から見ると若き日の永ちゃんがブードゥーラウンジに現れたような錯覚すら覚える見事なステージング。たくさんのお客さんが彼の応援に来ていた。実直な彼はきっと今夜ひとつの勉強をしたと思う。
IMG_5603

イフマサカ、まだ歌詞がついてない新曲をインストで披露。とろけそうなほどめちゃ気持ちいい曲だった。タイトルは「夏の女はエロくなる」らしい。早く歌詞付きで聴きたい。
IMG_5694

トリはオサダアツトシ改めアシッドショウ会。ごっそりお客さんが帰り、代わりに悪魔がふたり来た(笑)。
FullSizeRender

アシッドさんは「お客がぜんぜんいないじゃないか、こんなのやってられないよ、やっぱり永ちゃんはすごいな、弾き語り連中もがんばらないと」と心の声みたいなものが全部口から出ていた。
IMG_5612

「スマイルハートジョーク」。独特な歌詞、読めない展開、掴めないメロディ、意外なサビ。スズタクとオサダさんのソングライティングはいろいろ共通項が多い。思わず笑ってしまうけど、こんな曲だれにも作れない。
FullSizeRender

アシッドショウ会、25分の持ち時間を大幅にオーバーして50分もやってるのに誰一人として文句を言わないピースフルさ。50分をまったく長いと感じなかったのもすごいこと。
FullSizeRender

でもオサダさん、次回また50分やったら多分どつきます(笑)。

11月13日。

ラウンジサウンズ、前打ち上げは「○○いっぱい」。出演者全員で乾杯!cuvboysの福岡へお帰り祝いだ。
FullSizeRender

盛り上がってブードゥーへ戻る。今夜の一番目は鈴木拓也。人生で初めてデパートに行ったらしく興奮していた。デパートに行って「このデパートで一番安い服をください」と言ったらしい(笑)。2000円で買ったというその(おじいさんが着そうな)服を自慢し、嬉しそうにデパートの素晴らしさについて語るスズタク。めちゃくちゃ面白かった。
FullSizeRender

riverside yoshinoの絞り出すような絶叫は突き刺さる。放つ言葉も面白いのだが、最後の曲では歌詞すら放棄して「アーー!アアーーー!!」しか言わない歌。さだまさしの北の国からのテーマでさえ「ア」と「ウ」なのに。yoshinoは「ア」だけで勝負した。
IMG_5550

イイホシミチコさん、二週間前に会社が潰れて突然無職になったらしく、憤りと解放感とが入り混じる様が静かにステージに反映されており、いままでで一番生き生きして見えた。ギターでの新曲はミチコさんの新境地。
IMG_5551

上京して5年間ひたすら引きこもっていたというcuvboysが福岡に戻ってきたこと個人的にはとても嬉しいんだけど、音楽もめちゃくちゃカッコ良く進化してて驚いた!ただ引きこもってたワケじゃなかったんだな。おかえりcuvboys!
IMG_5555

トリはgn8mykitten。マイク一本、25分間途切れることなく放たれる言霊。あまりに早すぎるフロウにヒアリングが追いつかない場面も多々ある、聴き逃すまいと耳に全神経を集中させ彼の言葉に食らいつくので終わったあとドッと疲労。そのあと押し寄せる感動。格闘技のようだ。
IMG_5687

こんな夜に「平日の楽園ラウンジサウンズ」はたんなる謳い文句ではないんだと強く思う。あの場所、あの空気、を必要としている人がいるかぎり、ラウンジサウンズは平日の楽園であり続けたい。

この日はたまたまだけど東京からナナロク社の川口さんや、甲府から祝酒のロジェックくんも来ており、見てほしかった人に平日のラウンジサウンズを体験してもらえて嬉しかった。

打ち上げ、「サイゴン」でキリンビール頼んだら可愛いキリンのグラスが出てきたのも完璧だったな(笑)。
FullSizeRender

打ち上げのあともう少し飲み足りず、六本松へ移動しロジェックくんと「めんちゃんこ亭」でサシ飲み。途中から鹿子さんも合流して、閉店時間までかなりわいわいやって楽しい夜だった。

深夜3時、夜風が冷たい季節にやっとなってきたなぁ。

11月7日。

鳥取最後のお昼、竹村夫婦とタナカさんとジョン(犬)さん姉妹と共に噂の「おはよう堂」でランチ。とにかく魚がヤバイらしいのでどうヤバイのか確かめに行った。
IMG_5392

入り口には店主が書いたと思われる注意書き。まるで定規で書いたような律儀すぎる手書き文字だけでもちょっと普通じゃないオーラが漂っている。
IMG_5380
IMG_5378
IMG_5379

店内のメニューボードも同じ書体だ。(珍)と書かれた魚はなかなか食べられない珍しい魚らしい。メニューの横に添えられた「おとぼけフェイス」とか「かわゆス」など一言コメントが妙にチャーミング。しかし、店主らしきおじさんはめっちゃ仏頂面でそのギャップも可笑しい。
FullSizeRender

1749円という微妙な値段設定の炙り鮭刺身定食を頼んだ。高いけど、ヤバそうだから。
黄色い張り紙で「手頃な値段で鮭が食べられる時代は終了しました」と書いてあるのがたまらない。
FullSizeRender

出てきた炙り鮭刺身のデカさに驚愕!
IMG_5382
まわりを軽く炙っただけで中は脂の乗った刺身。とてもじゃないがひとりで食いきれる量ではない。
FullSizeRender

鯖の塩焼き定食はデカい半身の塩焼きが2枚!
IMG_5385
カニとカニ味噌丼も山盛り!
IMG_5386
縞牛の舌という魚の刺身はビジュアルすごいけど身は甘くてめっちゃ美味しかった。
FullSizeRender

ヤバイなおはよう堂。腹いっぱいになり過ぎて、だんだんみんな口数が少なくなってきた。ゲフッ。
IMG_5419

軽い胸焼けと共に鳥取をあとにした。帰りは夜行バスの方が安いけど、さすがにしんどいので贅沢して新幹線だ。

IMG_5394

田川、下関、米子、廃墟、鳥取と今回のツアーも5日間ずっと楽しかったなぁ。

11月6日。

ボギーの鳥取ツアー最終日、竹村家にお世話になる。竹村家は子供が3人の5人家族。うちと同じだ。長男のハルくんは小学3年生、土間に飾られたすばらしい鳥の絵はハルくんが描いたもの。才能を感じる。
FullSizeRender
古い木造家屋、とてもかわいい住まいだ。
FullSizeRender

竹村くんは家の中でニワトリを飼っており、天気の良い昼間には家の前で放し飼いにしているらしい。長閑だな〜。
FullSizeRender


竹村夫婦とお昼は「鳥人(ちょうじん)」というラーメン屋へ。
FullSizeRender
とてもやさしい味わいで美味しかった。鳥人という店名なので鶏ガラスープと思い込んで食べたが、あごだしスープだとか。なんで鳥人?と思ったけど、鳥取の鳥らしい(笑)。
IMG_5333

さあ、夜はボギーワンマンライブ!

ライブ会場は、Y pub&hostel。
FullSizeRender
感じのいい女性スタッフさんたちだけでやってるおしゃれなゲストハウス、そのパブスペースでボギーワンマンライブだ。鳥取出身の折坂悠太くんとかもここで歌ったりしてるらしい。
FullSizeRender

リハを終えて近くの銭湯で汗を流し、さらに竹村くんと前打ち上げ。
FullSizeRender
「砂丘屋」という小さな呑み屋。ここが大当たり!イカ肝のソルベ(200円)、さんまの炙り刺し(450円)、もさえびの唐揚げ(580円)、すべて激ウマでしかも安い!良い呑み屋に出会えてすっかりごきげんだ。
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5343

開演時間ぴったりに会場に戻るとお客さんがびっしり!これにはびっくり!
IMG_5371

初めての鳥取ライブで、しかも平日で、こんなにお客さんが来てくれるなんて。ひとえに竹村夫婦が頑張って宣伝してくれたおかげだ。みんなの期待の遥か上をいくライブをしなければと気が引き締まる。

ほとんどのお客さんがボギーのことを知らない状況が実は一番やりやすい。第一部はボギーのことをよーく知ってもらうべくトークメインで会場の空気をゆっくり揉みほぐす。後半戦に向けて時間をかけた準備運動みたいなものだ。この時点では最後にみんな肩組んでヘドバンやるとは誰も思わないだろう笑。
IMG_5395
竹村家の子供たちはボギーのCDをすべて聴いており、特に「うんこ」と「バカになりましょう」が大好きだという。今日が誕生日のさえちゃんのために捧げるうんことバカになりましょう。めっちゃ喜んで歌ってくれてる〜。
FullSizeRender

最後はボギ八先生の胴上げでフィニッシュ!
FullSizeRender

<ボギー鳥取セトリ>

暇人
酒がねえ
ハローワーカー陽当たり良好
息子
おさんぽ
ミュージシャンのうた

なべ
プラカラーオーバードーズ
鉄の心をもつ男
風に吹かれて
家族のうた
うんこ
バカになりましょう
青い春

〜アンコール〜
カーニバル
贈る言葉

ライブ後にハルくんがボギーの似顔絵を描いてくれた!似てるし、うまい!
IMG_5362
モンドが似顔絵を描きはじめたのもちょうど3年生のころだったな。ハルくん、将来は漫画家かバンドマンになるのが夢だって。どっちも目指せばいいじゃん!
FullSizeRender

たまたま鳥取旅行中だというジョン(犬)さん姉妹がライブ来てくれててびっくり!さらにトリレーベルのタナカさん、ボルゾイレコードのマエガキさんとも再会で嬉しい鳥取の夜。
FullSizeRender
トリレーベルのタナカさんが15年くらい前にリリースしてくれたボギーの宅録時代のベストアルバム「ファンが選ぶ思い出の名曲100選」。限定300枚プレスでまだ少し残ってるらしく、会うたびに数枚ずつ「はい、お土産!」とくれる(笑)というわけで5枚入荷しました。
FullSizeRender

夜はまた竹村家にて打ち上げ。飲んだ飲んだ。いっぱい語らった。
FullSizeRender

お酒と音楽が大好きなふたり、来年はボギー家族を呼びたいって言ってくれた。また楽しみが増えたなぁ。ホントお世話になりました!

このページのトップヘ