「会いたい」と念じるだけでは会えないかもしれないけど、 
「会いたい」と言葉にだして言い続ければ願いが叶うことだってある。 



北島一座の俳優、神保さんから来たメール「明日どうですか?」。 
2年前から友達付き合いが始まった神保さんが、友情の証しにとサブちゃんと会える機会を特別にセッティングしてくれたのだ。 


うあああああ、ついにこの日が来た!!!!!!!! 




1月27日。 


サブちゃんに渡す手みやげは何が良いか?
考えに考えて、九州の美味しい焼酎と、モンドが描いたサブちゃんの似顔絵と画集、そして図々しくもボギーのCD、さらに、「さぶちゃんまんじゅう」を持っていくことに。 


まさかのご本人に「さぶちゃんまんじゅう」!!! 

 DSC07634


サブちゃんに「さぶちゃんまんじゅう」を持って行くやつは居ないと思うので、 


ボギー「これはおいしいまんじゅうでございます」 

サブちゃん「さぶちゃんまんじゅうかよ!」 


こういうやり取りをイメージしてひとりふふふ...って笑ってたら、奥さんから「やめときって!怒られるって!」と止められたけど、すっかり浮かれた俺はお土産袋にそれを忍ばせ、いざ、博多座へ!!!! 


自転車こぎながら、頭の中では会話のイメトレをずっと展開していた。 
サブちゃんとどんな言葉を交わそうか、サブちゃんとどっちの手で握手しようか。 


考えれば考えるほど、あ、やばい、緊張してきたかも....。 


途中で自転車のチェーンが3回はずれたりしながら、時間通り博多座に到着。 
神保さんに電話するとすぐ裏口の関係者入り口にヤクザ者のメイクをしたまま迎えに来てくれた。
たったいま第一部のお芝居が終わったタイミングなのだ。 

DSC07647



神保さんは関係者通路のエレベーターの横に、「ラウンジサウンズまつりナイト」のチラシを貼ってくれていた。役者さんや舞台裏のスタッフさんたちにいつも「ボギーってやつがさあ」って宣伝してくれている、本当にやさしくて面倒見の良いアニキなのだ。 



神保さんの後ろに着いていき、どんどん博多座の裏に潜入して行く。 
メイクしたままの役者さんたちや、きれいな踊り子さんたち、バック演奏家のみなさんなどがそこらじゅう歩いていた。 

うおおおお! 
いよいよサブちゃんと会える瞬間が近付いてくるッ!!!!! 
 
いかん、まじでドキドキしてきた。 


しかし、博多座のアチコチにあるサブちゃん等身大パネルや銅像で握手のシュミレーションは重ねて来た。完璧だ。 


DSC07649




サブちゃんと会える時間は決まっているらしく、第一部のお芝居と第二部の歌謡ショーの合間で、国定忠次の衣装から歌謡ショーの衣装に着替え、歌謡ショーがはじまる直前の一瞬!
おおお、そんな緊張感あるタイミングで会えるなんて!

ますます緊張してくる...。 



このドキドキ感を少しでも伝えるべく、ここから文体も丁寧語になります(笑)。 



ステージに向かう北島座長の見送りに、役者さんたちがずらりと通路に並び始めました。いよいよ北島座長がここに現れるのであります。自分も神保さんと小島さんと一緒に通路に並んで座長の登場を待っていました。 

DSC07642




ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ。 




そして!そして!!そして!!! 
うっわああああ〜〜〜〜!!!!!!! 
 
ついに目の前に、サブちゃんが〜〜〜!!!!!!! 
演歌界の超大御所が〜〜〜〜〜!!!!!! 


まさに今からステージに立つという顔で! 
1500人のファンが待つ満員のステージに向かうというオーラをまとって!! 


その迫力に、俺は、きんたまが縮み上がってしまったのです....。 





ついにサブちゃんに、会えました。 

並んで写真も撮っていただきました。 



緊張しすぎて、言いたいことひとつも言えず、 
ただ、震える声で「ありがとうございました」としか伝えることができませんでした。 
  

でもその言葉だけ伝えられて、満足です。 



自分の人生に於いて、サブちゃんから得たものはあまりにも大きすぎるので「ありがとうございました」意外の言葉は何も要らないんじゃないかとさえ思えたのです。

握手を求めることすらもミーハーな気がして、手が出せませんでした。



サブちゃんはそのままゆっくりとステージへ向かい、そして「風雪流れ旅」を歌い始めました。 



持って行った手みやげはスタッフのかたが終演後に渡してくれるそうです。 
その手みやげの袋の中にはこっそり手紙も入れていました。熱い想いをしたためた手紙、読んでいただけると嬉しいけれど。 




神保さんは「ボギーなんで固まってんのよ〜!もっとしゃべればよかったのに!」って言ってくれましたが、あの緊張感、あのタイミングでしゃべれる人って....(笑)。 
でも嬉しかったです!本当に嬉しくてたまらなかったです! 


神保さんに出会えなかったらサブちゃんには会えなかったでしょう。 
でも逆に言うとサブちゃんと出会ったからこそ神保さんに知り合えたのです。 



「会いたい」と念じるだけでは会えないかもしれないけど、 
「会いたい」と言葉にだして言い続ければ願いが叶うことだってある。 



縁が縁をたぐり寄せて、その夢に届くこともある。 






だから、手垢のついた言葉かもしれないけど、あえて言います。 




夢をあきらめないで! 
 


サブちゃんとボギー




モンドに描いてもらったサブちゃんとボギーとツーショット写真の絵。 

※本物の写真はネットでは公開できないので、見たい方はボギーに会いに来てください。
見せびらかします(笑)!




この流れから、なんと夜はイベント「ラウンジサウンズ北島三郎まつりナイト」! 
 
奇跡のような一日の記録は、後半レポへと続く。