1月27日。 

今日は9日連続ツアー3日目、岩国〜尾道ツアーを終えて高速バスで福岡に戻る。今夜はVooDooでラウンジサウンズの新企画〜課題曲シリーズ〜「サティスファクションナイト!」だ。

学生時代に合唱コンクールで課題曲ってあったやろ?そんな感じで出演バンドに課題曲をライブ中どこかで必ず演奏してもらうという主旨。今年はこの企画を毎月1回、計12回開催するつもり。 

その第1回目の課題曲がロックの定番中の定番ローリングストーンズ「サティスファクション」だ。デッデーデデレーデデレデレの印象的なギターリフ、あのリフをどうアレンジするかが今夜の肝だ。 
ちなみに、今夜の参加バンド5組はいずれも熱烈なストーンズファンではない。「まあ、ふつーに好きっす」とか「聴いたことはあります」くらいの感じ。あえて、ガチのストーンズファンじゃない方が新しい切り口の「サティスファクション」が聴けるかも、という期待も込めて。 


オープニングはボギー弾き語りで日本語意訳によるブルース調の「サティスファクション」、岩国ツアー中に楽屋で作った新曲。 


1バンド目、カルキンズ。 
1曲目からいきなりサティスファクション!随所にジミヘンの「パープルへイズ」のリフを散りばめたフェイク感いっぱいの面白いアレンジ。さしずめパープルファクション(笑)?でもなぜ課題曲を早々と1曲目にやっちゃったのか。そのあと失速気味。 


2バンド目、Es Experiment。 
こちらも1曲目からいきなりサティスファクション!ドラムのタクロウがルーズ&ワイルドに叩きながら歌ってた。もっともっと崩壊寸前ギリギリくらいまでルーズにやれてたらもっとかっこ良くなるんだけど、1曲目にもってきたからやや力が入ってルーズになりきれてなかったかなあ。 


3バンド目、BLUESVILLE。 
またもや1曲目からいきなりサティスファクション!え〜!!なんで〜!??アッパーでスウィンギンなサティスファクション、アレンジ最高にカッコイイ。ライブも盛り上がった。でも、もしも最後にサティスファクションを持って来てたら盛り上がり方はさらに倍増しただろう。 


なぜみんな1曲目に課題曲を持って来てしまうのか?ショートケーキの苺を一番最初に食べちゃうタイプなのか?SEXするときいきなりブッ込んで勝手にイッちゃうタイプなのか?この3バンド連チャン1曲目という不思議な現象に、企画者としてフラストレーションを抱え込む。


4バンド目、ザ・ボットンズ。 
いつものボットンズのライブがスタート。1曲目では無い(ホッ)。 
数曲ノンストップでブチかました後、フーがMCで「みなさん1曲目にやるんですね。あの曲は“やってもやってもまだ満足できねえ”って歌なんで、ボクらは一番最後にやります!」と言ってくれた。そう!そこなんだよ! 

最後にやると宣言した「サティスファクション」、フーはここでもうひとつの仕掛けを用意していた、まさかのヘドロがミックジャガー(笑)!!! 

DSC04751




さすがボットンズ、正しい選択だ(笑)。 


実は、イベントはここでクライマックスを迎えていたのだが、ラウンジサウンズはこのままでは終わらせない。 


大トリ、YAJILOW-VEY(笑)。 
会場全体が「なんでやねん!」という空気に包まれた。 
ボットンズのときみんな踊りまくってた熱狂のフロアがこんな状態に...(笑)。いや、これ別にスベッてるとかいうわけではぜんぜんなくて、むちゃくちゃ面白いんよ。面白すぎてみんな遠巻きに見てる感じ(笑)。 

DSC04760





最高のエンディングだった。さすがYAJILOW-VEY! 





お腹いっぱい満足(サティスファクション)できました(笑)。





実に面白かったし、勉強になるし、発見があるこの課題曲シリーズ。 

次回開催は、 

2/25キングクリムゾン「21世紀の精神異常者」ナイト。 
出演)火の馬/カルキンズ/if MASACA/Es Experiment/アダチ宣伝社/cuvboys 

3/18ニルバーナ「スメルズライクティーンスピリット」ナイト。 
出演)DONK!/カルキンズ/InとOut逆菩薩/白痴/ほか 



想像しただけでわくわくするね。 
この企画はみんな見に来るべきだよ。めちゃくちゃ面白い。