5月6日。 


その日、朝の5時に目が覚めてしまった。 
まだ薄暗い、しんと静かな朝。 

気持ちが高ぶってるんだろうなあ。 


今日はハイコレ135で、小川美潮4to3 bandが福岡にやってくる日。 
どうしてこういう流れになったのか、どうしてこんなふうに繋がっていったのか、気持ちをまとめつつ、想いを「ハイコレ通信」に書いた。 


表紙の似顔絵はモンドに描いてもらった。 

11162213_695030860622467_5069021521997066207_n





美潮さんが来る予定時間の30分前にVooDooLoungeに行った。すでにユウスケもささちも来ていた。ふたりもやっぱり朝早く起きてしまったらしい(笑)。 


11011211_874663252622309_1771571241912038851_n



ついに美潮さん御一行が到着〜!! 


大きな車2台に機材がいっぱい詰まっているので、搬入を手伝う。ステージに機材がセッティングされ、リハーサルが始まった。いつものVooDooLoungeで。 


最初の一音で、もうぞくぞくしていた。 


リハ眺めてるユウスケの背中みてるだけで、もうすでに今日という日がほんとに来たことを感謝してしまう。 

201156_2155335967_97large




今ちゃんもじいっとリハを見ている。 

11150558_694766047315615_2789930271310880970_n



それはムコちゃんが繋いでくれたボギー家族とユウスケとささちだけのぜーたくな時間だった。 


11255216_874665355955432_2832850830423339532_n

11067705_843865215688790_4087132634239249955_n

603800_874663155955652_2184440142063564994_n

11013469_874663112622323_7760471401106774089_n




開場前からお客さんがずらっと並んでくれてて、入場してくるひとりひとりの表情だけで、今日がいかに特別な日で、美潮さんのライブをどれだけ心待ちにしていたかが伝わってくる。 


ボギーとユウスケの兄弟も出て欲しいと美潮さんがリクエストしてくれたおかげで、ノントロッポとオクムラユウスケでオープニングをやらせてもらった。 


ノントロッポが1曲目にやった曲は「family life cycle」という曲で、nontroppoの「New Resort」というアルバムの最後に収録している曲だ。このアルバムにはムコちゃんが鍵盤で参加している。 

ムコちゃんが亡くなったあとに、実は歌詞を追加して新しい「family life cycle」に仕上げた。家族の始まりと終わりとまた始まり、ぐるぐるまわってまたいつかぼくらは家族になる。そんな歌だ。 


ユウスケもめちゃくちゃ気持ちこもった良いライブをブチかましていた。 


そう、この日はノントロッポもオクムラユウスケもかつてないほど張ったテンションで一点の曇りもないベストなライブをやれたのだ。 



しかし、間髪入れずに始まった小川美潮4to3 bandはふんわり軽やかに、一瞬にして遥か上空までステージを浮かび上がらせてしまった。あぁぁ、すっげぇ〜や。 

201156_2155335940_32large



ふわりふわりと泳ぐように歌う美潮さんは天女みたいだし、変幻自在の声はまるで宇宙人みたいでもあった。 

バンドの今堀さん、近藤さん、マットさん、メッケンさん、ホアチョさん、グリコさん。まじでとんでもないサウンド!ぐいぐい自己主張なんかしない、ただただ美潮さんの歌声を最大限に活かす音を紡ぎ出す、うねりながら!これが日本の一流プレイヤーたちの音かと、しびれた。 


チャクラの曲も数曲、とくに「いとほに」は生で聴くと信じられないくらいブッ飛んでる!バンドのグルーヴは後半になるにつれうねりまくり、美潮さんの声はどこまでも神秘的に伸びていく。圧巻!! 

11233493_695030240622529_469174638241348903_n




たっぷり2時間!
でもまだまだずっと聴いていたいくらい。

名曲「窓」はやっぱり泣いてしまった。 
命を歌った曲で、ここまで美しい言葉とメロディにはなかなか出会えないかも。 


アンコールは「はじめて」で終わってほしいなあと思ってたら、ほんとに「はじめて」で終わってまた泣いた。こんなにもハッピーで泣けるライブ観たことない。 

「♪喜びに泣いたり 悲しみに笑ったり 迷路をほら通り抜けて はじめに進む はじめて進む 予感」って歌詞に、気持ちがすーっと溶け込んだ。 


終演後、目がまっ赤なお客さんだらけでみ〜んな泣いたんだなぁと。ユウスケは泣き崩れてたみたいだけどね。うん、それはそうだろうね。ユウスケはきっとこの数年間、美潮さんの歌に生きるヒントと力をいっぱい貰ってきただろう。やっと生で聴けたんだもの、涙があふれるのはとうぜんやね。 



ほんとうに奇跡のようなスペシャルな時間だった。 



小川美潮4to3 bandのライブは宇宙。スペーシーとかそーいう擬似的な宇宙感じゃなくて、宇宙そのもの。美潮さんは宇宙人!これほどの音楽体験はまたとない。出逢えて良かった!ありがとう!宇宙に感謝!!!! 


あ、そうだ。「宇宙に感謝」といえば、美潮さんから「福岡に行きたいんだけどー」って最初にメッセージもらったとき、「宇宙に感謝!ボギー、キテるね、元気に素直に生きてるから、宇宙からの応援びしびしな感じする」って言葉をもらったんだった。 


そうか、うん、そうかもしれない。 
今年は特にそんな気がする。 



いろんな悲しいことも嬉しいことも、いつかどこかでぜんぶ繋がっていて、それが今日のような出逢いに繋がっていったんだと思う。ほんと自然にそー思う。 


11203089_694930667299153_939810969967658470_n




生きてる人も、死んじゃってる人も、みんな活き活きと繋がって生きている。 





11年前にムコちゃんが「これボギーぜったい好きと思うよー」って焼いてくれたチャクラのCDRに、サインをしてもらった。美潮さんに繋げてくれてありがとうムコちゃん。 

 

jpg-large






幸せの余韻がすさまじすぎて、数日間ずっと身体が宙に浮いてるようだった...。 

こりゃあいかん!ぜったいまた福岡に来てもらわねば(笑)。