「ラウンジサウンズ」が始まったのは2005年の5月29日、つまり10年前だ。 
 
10年前になぜ「ラウンジサウンズ」を始めることになったのか、そのことについて、ちょっと話したいと思う。 


10年前のボギーは、結婚し、モンドも生まれ、ちょうど人生の転機だった。でも相変わらずバイトしながらバンドやって暮らす毎日。20代も終わろうかという年に、このままじゃさすがにまずいよなあ....と少しは思っていたし、奥さんは俺なんかよりもっとリアルに将来を心配していた。 


「本気出せばいつでも仕事くらい見つかるぜ!」って豪語して求人情報誌を買ってみたが、やりたい仕事なんてひとつもないし、やりたくない仕事をやろうなんて気分にはどーしてもなれない自分がいた...。 

30歳を目前にしてやっと自分がダメな大人であることに気がついたのだ。 


脱力ファッション



ある日、VooDooLoungeに遊びに行ったとき、当時店長をやっていたカツさん(現・スローダンサー店長)に相談してみた。 


ボギー「なんかVooDooお仕事ないっすか?皿洗いでも何でもいいんで。」 

カツさん「ボギーに皿洗いさせるの勿体ないけん、平日のブッキングやってくれん?」 

ボギー「やりたいこと自由にやっちゃっていいですか?」 

カツさん「もちろん(笑)。」 



というわけで、週に一回のペースでVooDooのブッキングをやることになった。


 
記念すべき第一回目の「ラウンジサウンズ」のチラシがこれ!! 
 

CFIhxYpUkAIBDcv



わはは、分かる人には分かるだろうけどこんな豪華メンツで当時はチケット1000円でやってたのだ。 もはやnontroppo以外はぜんぶ解散しちゃってるのが時の流れを感じるね。 

この日はオープニングイベントってこともあり、お客さん120人も入ったんだけど、でもこの頃のライブハウスは今よりも遥かにお客さん多くて、平日でも50〜100人くらい入るのはザラだったんだよ。 


スタートしたての月間スケジュールがこれ。 

CDM06sBVEAAknNG




VooDooLoungeは元々インターナショナル・バーだったので、MONEY SHOTやDAVE TAYLORなど箱バンだった外人バンドも当初はよく出演してくれたり、カフェや呑み屋を活動拠点にしてるアコースティック系ミュージシャンが増え出した頃でもあったので、とにかくいろんなジャンルを混ぜてブッキングしはじめた。 


それまでどっぷりとアンダーグラウンドな音楽シーンの中にいた自分にとって「ラウンジサウンズ」を始めたことで、視野は格段に広がった。 



毎週開催するのは大変だったけど、それ以上に新鮮だった! あらゆるシーンを、あらゆる音楽を、毎週毎週繋げていくのがとにかく面白かった! 


1259393052_84



めちゃくちゃ盛り上がる日もあれば。

201156_199798319_1large




閑古鳥が泣きじゃくる日もあった。

7ed10b34-s 



どーすればもっと楽しめるか?どーすればもっとお客さんが来てくれるか?頭を悩ませた結果として名物企画や珍企画もたくさん生まれた。 
 

11227527_701099710015582_2960915265349182871_n


「新春即興祭」「40人弾き語り忘年会」「完全コピーバンド大会」「ローカルシンポジウム!!!」「ベース弾き語り祭り」「ドラム叩き語り祭り」「バンドマン腕相撲王決定戦」「ビンタナイト!」「AHO AHO NIGHT!」「博多アイドルナイト」「特殊弾き語りナイト」「ラウンジサウンズ紅白歌合戦」「ラウンジサウンズ歌謡祭」「かっこいいTシャツナイト」「忌野清志郎を歌う夜」「フィッシュマンズナイト」「大牟田ナイト」「暴動ラウンジ!!」「コスプレナイト!」「フロアサウンドシステム」「対マン!!!」「ミルフィーユ企画」「課題曲シリーズ」などなど...。 



127822507_124

201156_634234114_103large

img_6

img_21

201156_1283295312_240large

201156_1235087713_8large

201156_563282308_176large





たくさんのバンドと出会い、酒を酌み交わしてきた。 

201156_1193471677_79large

201156_1041433260_222large

201156_1686991253_116large

meshiya

33173865_1427843421

201156_2005490327_224large
 


解散したバンド、上京したバンド、プロデビューしたバンド、VooDoo出禁になったバンド、疎遠になった人、死んじゃった人、いまでもやり続けてる人、いまやりはじめた人、いろんなバンドマン達の人生の一部に関わり続けている。 
 

03

サービス

うんこナベ

jpg-large



「ラウンジサウンズ」に出会ったせいで人生変わっちゃった人もいるかと思う(笑)。 
なんせ、俺自身「ラウンジサウンズ」始めたせいで人生変わっちゃったんだから。 


ギタレレ



ボギーの30代をすべて捧げて打ち込んだといってもいい「ラウンジサウンズ」、そのちょうど10年目にあたる2015年5月29日に『ラウンジサウンズ10周年祭』をやります!



出演はすべてなんだかんだあっても“やり続けてる人”をテーマにオファしました。 
やり続けてる人ってやっぱ面白い! 



当日はぜひ、
過去ラウンジサウンズに出演してくれたバンドマン!
今ラウンジサウンズに出てくれてるバンドマン!
ラウンジサウンズに遊びに来てくれてるお客さん!
昔よく行ってたけど久々に行ってみっかってお客さん!
 


「ボギーお前よー続けたな!」とお祝いに来てやってください(笑)。 



LS10周年



いろんな顔みながら呑めたら最高〜!!!



  
5/29(金)「ラウンジサウンズ10周年祭!」 
@VooDooLounge 
open19:00 start19:30 
¥1500+1drink order 
出演) 
1)チャーリービーンズ 
2)イフマサカ 
3)hey!ANNES 
4)カシミールナポレオンK 
5)漢方先生 
6)宇宙サービス 
7)THE VOTTONES 
8)ボギー 

似顔絵屋さん)モンドくん(おひとり¥1500 ※4名限定) 
FOOD)げんさんの玉ネギ30個カレー 
司会とDJ)ボギー 
  

出演はL.Sになじみ深い面々が集結!ほぼ毎月L.Sに出続け、フロアをロックンロールで燃え上がらせるTHE VOTTONES。あらゆる珍企画のオファにも溢れるサービス精神で応えてくれるL.Sの女王、漢方先生。幾度もの困難を乗り越えて強くなり続けるチャーリービーンズ。L.S第1回目から出てたあのコやL.Sお馴染みのあのコらが中心となって結成された謎のスーパー女性コーラスグループhey!ANNES。もはやヨコチンレーベルを象徴するような存在(笑)カシミールナポレオンK。10年前からずっと出続けてもらっているイフマサカ宇宙サービスなどなどTHIS IS LOUNGE SOUNDS!なメンツが盛りだくさん!さらにモンドくんの似顔絵屋さんや、げんさんの玉ネギ30個カレーも出店!トリはボギーが爆発します(笑)。
  

204bb7b0-s



さあ!お祭りだ〜!!!!