19才から28才まで毎週出演していたライブハウスが照和だった。 

photo_04



照和に出演するためには結構きびしいオーディションがあり、おれは2度目のオーディションで照和のレギュラーメンバーになれた。レギュラーになると、毎週同じ曜日の同じ時間に1時間の演奏時間を与えられる。一日に出演するミュージシャンは5組。つまり、毎日5時間の演奏が繰り広げられていた。 

19才で歌いはじめた当時、ボギーは口べたでMCが苦手だった(今では想像も出来ないと思うが(笑))。しかし、1時間と言う持ち時間をMC無しで曲ばっかりやってもお客さんは飽きて帰ってしまうので、なんとかしゃべらないといけない。お客さんといっても数人しか居ない。おれはレギュラーになったばかりで一番早い5時の時間帯、お客さんが0人という日もザラだった。 

その頃、一番人気があったのはTHE LOVEで、金曜日の9時というゴールデンタイム。彼らのときは毎週客席がパンパンで立ち見もでるほど。演奏もむちゃくちゃ上手かったし、MCも面白かった。 

<当時のTHE LOVE> 
1006233_487543417996304_2063019008_n




音楽始めたばかりのおれとは実力は雲泥の差だ。はやく上達したかったおれは、ブッキングマネージャーの原しゅうじさんに相談して、レギュラーの持ち時間、空いた日に全部入れてもらった。誰かの穴埋めも率先して入った。火曜、木曜、金曜、土曜と週に4日歌わせてもらうようになり、とにかくアホみたいにライブしまくって、毎日仲間と呑みに行ってた。あの日々の経験が確実に今のボギーの土台となっている。 


<当時のボギー> 
1043908_487547384662574_122592805_n





あれから20年経って、おれは相変わらずアホみたいにライブしまくっている(笑)。 



あの頃、照和で一番の人気者だったTHE LOVEのベーシスト中村勝男さんや、ブッキングマネージャーだった原しゅうじさんは、いまも東京でボギーのライブをよく見に来てくれる。 



ボギーの「青い春」という歌の中にある「焼き鳥の串を一、二本地面に突き刺した、屋台に集まる野良犬たち〜」の野良犬たちである。 


<当時の原しゅうじ> 
993609_487549321329047_1857556826_n






そんな勝男さんがボギーのために面白い企画を企んでくれた!原さんもでる!なぜか溝の口で照和の再会。たまたま巻き込まれたゴーグルズのセシルさんも出てくれる。 

なんだかわくわくすっぜ! 

溝ノ口


以下、勝男さんから送られて来た長い長いイベント紹介文(笑)。 



3/3(月)@溝の口12bunch 
「ボギーのご当地復興イベント!12bunchを盛り上げに来たよ!」 
〜男だらけのひな祭り大会 ポロリもあるのかな!〜 
open 18:00 start 19:00 
2000円(2ドリンク付き) 
出演) 
ボギー(nontroppo / 東京ノントロッポ) 
CECIL GOGGLE(THE GOGGLES) 
POOJIKA(THE JAPONICANS) 
原しゅうじ(元・照和ブッキングマネージャー) 
主催)中村勝男(THE LOVE) 



ナカムラ☆カツヲ(FROM:THE LOVE)がたまたま企画する、ご当地を盛り上げようライブ第一弾!「ボギーのご当地復興イベント!12bunchを盛り上げに来たよ! 〜男だらけのひな祭り大会 ポロリもあるのかな!〜」  
※・・・すいません、なんかいい案があったら言ってください。 

九州音楽シーンの奇才ニ傑が何故か溝の口に集結! 
フィッシュマンズのトリビュート・アルバム参加を始め、様々なフェスや有名ミュージシャンとの共演の中でその圧倒的存在感を示してきたトロピカルバンド、「nontroppo」を率いるVO.Gのボギーがソロでたまたま神奈川県は溝の口の付近を通りかかった所をGET! 
From:FUKUOKA。 
音楽という型にとらわれないその表現方法は多岐に渡り、観る者達の心を揺さぶる事は必至!
川崎KIDS達は是非この機会にその百戦錬磨の豪傑の息遣いに触れるべし! 
「nontrpppo」のマイ・スペース 
https://myspace.com/nontroppl 
ボギー主催のレーベル「ヨコチン・レーベル」 
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/8256/contents.html 
ボギーの岡村靖幸のコピー(出来が良すぎて事務所社長が噂を聞きつけて来観、その後本人と接見、サイン入手。マジか!) 
https://www.youtube.com/watch?v=-hjfUFjPeM4 
ボギーのRCサクセションのコピー 
https://www.youtube.com/watch?v=LoUPzmq8wYE 
今回はボギーソロのトーク・アンド・ライブ! 


そのゲストには、和製ラトルズの呼び声も高い「THE・GOGGLES」のG.CHO、セシル・ゴーグル氏がたまたまストーンズのライブ帰りに溝の口近辺をうろついていたので捕獲! 
ROCK・アートに造詣が深いセシル氏をトーク・ゲストに迎えてマニアックなおもしろロック動画の試聴、解説を行います! 
From:FUKUOKA! 
・・・別にこのイベントは福岡県人会では無いぞッ! 
集え、川崎のROCK好きシニア達よ!3月3日は「I don't like Mondays!!」だ!彼ら二人のその圧倒的音楽知識に酔いしれ、そして明日の仕事の活力にすべし!線路に飛び込む前に会社なんて爆破シロォ!ヽ(`Д´)ノ 
セシル氏が加入するバンド「THE・GOGGLES」のホームページ 
http://ampgallery.wix.com/the-goggles 
セシル氏経営のいい感じのカフェ「アトリエてらた」(福岡だけど) 
ヤッホーカレーが美味! 
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40029150/ 
「THE・GOGGLES」のJ-WAVEでのスタジオ・ライブ(ベース:トラで私が弾いております(汗)) 
https://www.youtube.com/watch?v=1XazSWwoE2A 


そして、福岡からやってきた川崎と縁もゆかりもないそんな二人を快く盛り上げてくれるのは、埼玉からやってきた紅一点、ロハスなユニット「POOJIKA」 
ホント川崎と縁もゆかりもねえな! 
ギターのタダフジカ氏はオーセンティック・スカバンド「JAPONICANS」やこわれものの祭典への定期出演など、独自の視点から音楽活動を続けている好青年! 
こわれものの祭典・月乃光司氏による朗読パフォーマンス。ギター演奏タダフジカ。 
https://www.youtube.com/watch?v=iEwvcRt_3U0&list=PLPvpII16kVz4tVEX0U51_8y_d0vU6wfSq 
「The Japonicans - Monkey Peach 」 
https://www.youtube.com/watch?v=ZWQd8b-pMc8 
「Poojika"おかあさん" 」 
https://www.youtube.com/watch?v=2L2QhfdXheg 


・・・ふぅ。 
これでとりあえず終わりかな・・・、と思ったら、緊急参戦でオープニング・アクトを努めてくれる事になりました、ボギーとは20年来の盟友である原しゅうじ(The Spring Rolls)! 
ボギーと私が福岡の老舗ライブ喫茶「照和」にたむろしてウダウダやってた時に一緒にウダウダやってたシンガー兼ブッキングマネージャー!早稲田卒!プロレス大好き! 
現在は高校/塾教師という側面も持つ、仲間内では珍しく社会的地位のある職を持つインテリシンガー。 
From:昔FUKUOKA! 
私事ですが、先日、ポール・マッカートニーの東京ドーム公演を観に行った際、熱唱するポールのバックに設置された大画面ビジョンに、なんか見たような顔が何度も写ってるなー、と思ったら原さんだった! 
アリーナ最前列ド真ん中の席をどうやって手に入れたんだ!? 
という経歴を持つ以上4組の精鋭でお送りする緊急召喚ライブ! 


ボギーとセシルのトーク&ライブは関東では滅多に見れない代物なので、アンテナ鋭い音楽ファンなら是非一見の価値アリ。 
値段は2ドリンク付きで2000円ポッキリ。oioi!ここは養老乃瀧ですか、ほろ酔いセットですかー。 
どこまで進む、音楽業界のデフレ・スパイラル!若人よ、貧乏に慣れんじゃねえぞ、シット!ヽ(`Д´)ノ 
日本経済復興の夜明けは未だこないようだ。何を言っているんだろうか、オレは。 
とりあえず3月3日は溝の口へカモーン! 



お問い合わせは「ライブハウス・バー・12bunch」 
HP:http://www.12bunch.com/ 
川崎市高津区溝口1-12-18  志村ビル 4F  
(東急溝の口駅からポレポレ通りを直進→マルエツを左折→白木屋の入っているビルの4Fです。) 

Tel:044-814-5250 

info@12bunch.com