今年から「ヨコチンロックフェスティバル」という名前を「ヨコチンロックカーニバル」に変えた。その意味は、今の社会において「フェス」という言葉はあまりにも消費され尽くしてる感があるということ、「カーニバル」という言葉のほうが「祭り」という本来の意味に近いと思うからだ。

チンロックは2004年にスタートした。そこでフェスティバル時代のチンロックをざっと振り返ってみよう。

 

【ヨコチンロックフェスティバルの歴史】


1

● 2004年に第一回目を開催、出演は、たまの知久寿焼さんや二階堂和美など今考えるとすごい豪華なラインナップ!このとき出た地元バンドの半数以上が今は解散している。ここからチンロックは始まった。フライヤーのイラストはボギー。


CPcAj_5UYAAjiq_
 

● 2005年に第二回目のヨコチンロックフェスティバルを開催、あふりらんぽやオシリペンペンズなど、この頃から大阪のバンドとの交流が深まる。インジャパンが飛び入りデビューしたのがこの年。



CPcCL0UUkAEEx7h

● 2006年のヨコチンロックフェスティバル。片山省吾、危危と裸裸、ドラびでお、ネハンベース、石橋英子、など、地元勢も含めかなり攻めのラインナップ。保波意キヨシ氏は出演の数日前に急逝され、当日は追悼式をした。
 


CPcEHIpU8AA6yVv
 

● 2007年のヨコチンロックフェスティバル。のうしんとう、ペンペンズ、エレクトリックイールショック、クリームチーズオブサン、アストロラブ、などあらゆるジャンルの音楽祭と化してくる。のうしんとう最高だったなあ。



CPcFonvUYAAAJol
 

● 2008年のヨコチンロックフェスティバル。N.YからGANG GANG DANCE来たんだよなあ、さらにザ・たこさん、ガルペプシ、neco眠るなど、わくわくするラインナップ。中国忍者のオリジナルゲームも凄かった!



201156_199818288_1large
 

● 2009年のヨコチンロックフェスティバル。アウトドアホームレス、クリトリックリス、似非浪漫、など大阪勢が大爆発で盛り上がった!ウーネリーズも、そして一銭めしやや2907831など大牟田勢も大爆発!祭と化す!ただしこのフライヤーは貼ってくれないお店が多かった(笑)。



201156_488715305_99large

● 2010年のヨコチンロックフェスティバル。TUCKERで大興奮かつ大炎上!N’夙川ボーイズはデビュー前のギンギン戦闘モードで感動的な名演を見せた!そして命を振り絞って藤井よしえ最後のガロリンズをやり遂げる。第一期チンロックはここにピークを迎える。



img_0-2
 

● 2011年のヨコチンロックフェスティバル。イルリメ、DODDODO、佐伯誠之助、ミルク&ウォーター、など。この年は、藤井よしえの喪失感から立ち直れてないまま東日本大震災、すごく苦しい時期だった。もう辞めようかとも思った。ここから第二期チンロックがはじまる。



201156_1713674077_158large
 

● 2012年のヨコチンロックフェスティバル。出演はパニックスマイル、おとぎ話、ザ・なつやすみバンド、など。自分の中で何かがハジケて「今こそ祭りが必要だ!」と奮い立つ!鮫肌尻子が描いたイラストが全て物語ってる!ゲストバンドありきのチンロックではなく、地元バンドが中心に盛り上がるフェスになっていく!



img_0
 

● 2013年のヨコチンロックフェスティバル。真黒毛ぼっくす、ザ・なつやすみバンド、爆弾ジョニー、クリトリック・リス、さらに劇団ガラパや、サンバダンサー紗彩など、あらゆる面白いものが大爆発した歓喜の祭りだった!第一回目から9回連続大トリを務めていたモノラルセンスが活動休止となり、この年から大トリは毎年変わる制度になる。この年はポカムスが大トリ!



3ea48357-s
 

● 2014年のヨコチンロックフェスティバル。MOROHA、ザ・なつやすみバンド、ゴトウイズミなど。映画「地下音楽現場物語」も上映。この年は獣の匂いのするようなびりびりくるガチ勝負がテーマ。イラストはモンド。大トリはBLUESVILLEで最高にハッピーなダンスパーティーと化す!


チンロック2015

● 2015年のヨコチンロックフェスティバル。県外ゲストバンドはズクナシのみ!とにかくズクナシを見せたかったという想いもあると同時に、地元バンドの充実ぶりと熱気が凄かった!バラエティに富んだラインナップながら「一本スジの通った流れ」がテーマ。イラストは鮫肌尻子。大トリはオクムラユウスケが人間力を大爆発させたものすごいクライマックスで歓喜のるつぼと化した!

 

というわけで、12年分のチンロックの流れをざっと紹介、その年その年でちゃんとやるべきテーマがあり、流れがあり、繋がっているんだなと改めて思う。チンロックは自分にとって、いちばん大事なイベントなのだと毎年再確認している。


 

今年から「ヨコチンロックカーニバル」に名前が変わる!それはつまり、第三期チンロックに突入していく狼煙なのだ!!現VooDooLoungeで開催するチンロックはこれで最後、今年は果たしてどんなテーマが隠れているのか?それは現場に見に来てください!!




チンロック2016フライヤー




『ヨコチンロックカーニバル2016』

10/1(土)at 福岡VooDooLounge

14:00開場 14:30開演 24:00終演

料金2500円(3000円)+1ドリンクオーダー
 

<出演順>

14:30~ オープニングラジオ体操

14:35~ THE VOTTONES

14:55~ 弁天図

15:15~ 電子たくあん

15:50~ 紫川カナシミ合唱団(仮)

16:10~ トーマス

16:30~ the camps

16:50~ 石田ラベンダー

17:05~ 2907831

17:25~ 林まゆ

17:45~ 道産子アナルX

18:10~ カシミールナポレオン

18:30~ ○菌

18:50~ イエーイ青木

19:15~ 九州ROCKERS

19:35~ ノンチェリー

19:55~ NATURE DANGER GANG

20:25~ Saaya Suga

20:40~ nontroppo

21:05~ オクムラユウスケ

21:25~ THE TUESDAY

22:00~ 漢方先生


似顔絵屋さん)モンドくん(14:00~19:00)

DJ)ボギー

問合せ、チケット予約)

ヨコチンレーベルからのご予約は公演名、お名前、電話番号、枚数を明記の上こちらのEmailまでお願いします。

yokotin_b@hotmail.com 
※予約メールには必ず返信していますので、もし返信がない場合は届いてない、もしくはそちら側の迷惑メールフォルダーにはじかれてしまっている可能性があります。お手数ですが、もう一度送ってみてください。