‪ボギー家族「バカになりましょう」がボーダーラインレコードのインディーズ売り上げランキングで4位になったらしい。一体何枚売れたんですか?と訊いたら「5枚です」とのこと。5枚でチャート4位!
21728095_1332632506862296_8395251295815545920_n
‪ボーダーには他にもボギーソロアルバムも全部揃ってるんでぜひお買い求めくださいね。‬

他にも、福岡だとcafe and bar gigi(清川)、東京は円盤(高円寺)、京都はホホホ座、仙台はvolume1(ver.)でも販売してもらっています!(販売してくれるお店、募集〜。)

ちなみに、ボギー家族「バカになりましょう」は流通を通してないので町のレコード屋にいっても置いてませんし、店員さんに聞いても「は?」って言われると思います。直接ライブ会場で買うか、ヨコチン通販で買うか、気心の知れた販売店のみで販売してもらってますので、どうぞどこかしらでお求めください。

アルバムを聴いていただいた方々のツイッターでの感想があまりにも嬉しいものばかりなので、勝手に拝借してご紹介いたします。 

20953274_1307181932740687_2296577025092248222_n
20841122_1307184456073768_6345356171565672939_n
20882604_1307181972740683_444834050422061112_n
20841198_1307182036074010_6700872414085866220_n
20842180_1307184486073765_5633883365189444881_n
20881982_1307182006074013_2775432181553310602_n
21272404_1323234117802135_4424393563400947987_n
21369264_1323234141135466_6557709355849827850_n



ジャケ
曲目

ーーーー

ゆっくり噛みしめたくなる
二度と戻らない「一瞬」の記録。

どんなにそれを望んでも、どんなにお金を積んでも、取り戻せない「家族の瞬間」が、このアルバムには活き活きと記録されています。他愛もないように見えることが、どれだけ尊いことなのか。それを知ることができる三十分です。ぜひ一曲目から順番に「ボギー家族」の演奏を聴いてみてください。温かい団欒のような音楽にゆるみっぱなしだったはずの頬が、聴き終えたときにはきっと震えていることでしょう。大切にしたいことや、かけがえのないことの正体は、このアルバムの中にあっけらかんとひそんでいます。その誠の星をひろい集めるのは、けっして難しいことではないと僕は信じています。なにかがごまかされ始めた時代だからこそ、ゆっくり噛みしめたくなる一枚です。

(鹿子裕文・ボギー家族の近所に住んでいる編集者)


鹿子裕文(かのこひろふみ):
近著は『へろへろ 〈雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々〉』(ナナロク社)。現在、単行本次回作『ブードゥーラウンジ』を執筆中。【連載】東京新聞朝刊「はみだしルンルン」(毎月第2火曜掲載)/文學界(文藝春秋発行)「脳内セレブ 諭吉くん」。いずれも装画や挿絵などはモンドが担当している。


ーーーー



CD推薦文

ボギー家族「バカになりましょう」
2017.7.16発売 
YC-062 ¥2,000
 
収録曲:
1、バカになりましょう
2、息子
3、おさんぽ
4、ストリーキング
5、ぼくとはと
6、はっぱのうた
7、ロックンロールのうた
8、クリスマス
9、戦争ワルツ
10、星のOHAKA
11、家族のうた
12、たこ踊り

歌と演奏:ボギー / ベイビー / モンド / 天晴 / 今
フィドル:ボニー(ザ・ガーデナーズ)
録音:e.g.rec(anG / inoue)


※ボギー家族「バカになりましょう」はライブ会場およびヨコチンレーベル通販でお求めできますので、ぜひよろしくお願いします。もちろん夏休みボギー家族ツアーでも買えますよ!

通販のご希望はボギーまでメッセージください。
yokotin_b@hotmail.com(ボギー)