10月25日。

ブードゥーラウンジのカウンターでエンケンさんの訃報を知る。覚悟はしてたけど、やっぱり悲しくて悲しくてたまらない。

でも、エンケンさんが死んじゃった日のラウンジサウンズで一番目がたまたまボギーなのは何か意味があるのかな。

おやすみ、カレーライス、外は暑いのに、早く帰ろう、ミルクティー、夢よ叫べ、不滅の男。

エンケンさんの歌だけを歌った。ありがとうエンケンさん。
 

エンケンさんには人生を大きく変えられた。18歳の頃にエンケンさんと出会い、25年間ずっとその背中を追い続けてきた。
jpg-small
 
くじけそうなときは喝を入れられ、道しるべはいつだってエンケンさんが照らしてくれた。それはきっとこれからも変わらないだろう、エンケンさんの魂は永遠に不滅だ。
22730312_1367860896672790_1311927807441928355_n

 
エンケンさんを福岡に招いたのは3回、共演バンドのリハも本場もちゃんとしっかり見てくれる方だった。初共演のときはリハのあと「良いバンドだね、お互い精一杯勝負をしよう!」と言って手をぎゅっと握ってもらえたし、
img_3

最後に共演したときはステージ終了後に「届いたよ、頑張ったね」とやさしく声をかけてくれた。
07171e1a
 
3年前、「青い春」をエンケンさんとセッションしたのが最後の共演。全身の血液が沸騰するような夜だった。アイコンタクトした瞬間、エンケンさんの瞳の中に大宇宙が見えた。大袈裟じゃなく、本当にそう見えたのだ。一生忘れない。
DNB4NRcU8AAxD7U

ステージの下ではいつも子供たちを抱っこしてくれたり、本当に穏やかで優しい方だった。
DNB0ag5VwAE1Vq_
DNB0ag5VQAIcTWn

たくさんの思い出が溢れ出してくる。
DNB0ag7UQAA9-xc


最後に会ったのは昨年の9月、渋谷クアトロでエンケンさんの復活ライブを見に行ったとき。エンケンさんは癌のことを話したあと「みんなエンケンに頑張れって言ってくれ!」と言い、みんなで泣きながら「エンケン頑張れ!」と叫び続けたあの夜。

打ち上げまで誘っていただいたんだけど、周りがパンタさんや鈴木慶一さんや遠藤ミチロウさんなどなど凄い方ばかりで恐縮してたらエンケンさんがおれの肩をがしっと掴んで「こいつすごくいい歌を歌うんだよ」って周りに紹介してくれたのは泣きそうなくらい嬉しかった。思えばそれが最後にかけてもらった言葉になってしまった。

22688762_1367860943339452_9187140628297608258_n


別れ際、いつもエンケンさんは姿が見えなくなるまでずっとずっと大きく手を振ってくれていた。

その姿が今日はずっと頭に浮かんでる。



エンケンさん、ありがとうございました。
これからもチャントやり続けていきます。