2月16日


27858349_1481716275287251_486156542176072790_n


ぐわわわわ〜ん!!
宅嶋さん「輪島の瞳」をまさかやるとは!20分越えの一大ロック絵巻に熱く血がたぎる。こうして「夢よ叫べ〜エンケンさんに捧ぐ」@ビンゴラブは、はじまった。
28166462_1481716058620606_4076115341001141212_n
 
会場のはじまりから終わりまでずっとレコードを回してくれた森ユウシさんの選曲も、エンケンさんのレアなライブ音源から、ドノバン、ボブディラン、頭脳警察、ジャックス、岡林信康などなど関連する音楽を網羅。ヴァージンVS時代の関端さんの歌声も聴けて嬉しかった。さすがっす。
27972639_1481716175287261_7812867193814237429_n

続いてボギー。「青い春」以外全てエンケンさんの曲をできるかぎり忠実に再現してみるという試み。

<セットリスト>
今日はとてもいい日みたい
ミルクティー
満足できるかな
カレーライス
待ちすぎたぼくはとても疲れてしまった
外は暑いのに
寝図見よこれが太平洋だ
雪見酒
青い春
夢よ叫べ

エンケンさんは歌詞を見ながらライブを決してやらないので、おれも全部覚えて歌った。そもそも身体に染みついてるからほぼ間違えずに歌えてたのに、最後のいちばんミスしたくない「夢よ叫べ」で頭がまっ白になりぽーんと歌詞が2度飛んだ。それがとても悔しかった。
27973923_1481716051953940_7130212624715737872_n
 

エンケンさんは練習に練習を重ね、それでもまだ練習をし続ける人だった。何千回も歌ってるはずの「カレーライス」でもまだ練習を重ねていた。おれは練習がぜんぜん足りないのだ。ちゃんとやれ!ボギー!と言われたような気がした。

平井正也の歌う「不滅の男」「ラーメンライスで乾杯」「東京ワッショイ」も良かった。エンケンさんに聴かせたいと歌った新曲も良かった。
まっすぐ正直な歌だった。
 DWMm08rVQAUHw58

最後にボギー、平井くん、宅嶋さんの3人で「不滅の男」を熱唱!ひとりずつ順番に歌う、という事前に決めたルールを全員が無視して思いっきり歌いまくっちゃって最高にバカだった。しかもほぼ生音なのになぜかハウリングが起きまくって、あれはきっとエンケンさんも入ってきてくれたんだろなと思った。
27972840_1481716095287269_4688376336350054865_n
 
「夢よ叫べ〜エンケンさんに捧ぐ」は、誰の為でもなく、自分の為のライブだった。それぞれがそれぞれのやり方でエンケンさんに想いを捧げる夜だったのだ。

終わったあと、もう言葉もいらないほど清々しい気持ちでお互いの手を取り、笑いあった。

あぁ、このタイミングでこの4人で追悼イベントがやれて良かった。これからもエンケン魂を胸にちゃんとまっすぐやり続けよう!

DWNkWazVoAAfA8r
 

2月17日。

その翌日、おれは東京にいた。

たまたまタイミングよくテアトル新宿にエンケンさんの映画オールナイト上映を観に行けた。
jpg-small

会場に入ると関端さん(エンケンさんのマネージャーさんであり奥さん)がいらして、おれを見つけるなり驚いた顔で「あら!なにしてるんですか!?」って、映画を観に来た以外にないのだけど、相変わらずちょっぴり天然でチャーミングな方だなぁ。今度、お線香を上げに伺う約束をする。

上映開始。DVDは持ってるけど、映画館でやっと観れた「不滅の男、エンケンvs日本武道館」。大画面で!大爆音で!これは改めてとてつもない映画だと思った。エンケンさんもはや怪獣と化してる。エンドロールでエンケンさんが高らかに「最後まで見てくれてありがとう!またねー!」って叫ぶ声に胸がいっぱいだ。
fumetsu001_420
 

会場にはエンケンさんのいちばん愛用のギターが展示されていた。岡林信康から買ったというマーチンD35!天板が薄く薄く削れるほど弾き倒したこのギターは、もう誰も弾かないんだろうか。

27867668_1482537048538507_6491889365292408500_n 

続いて2本目、SFナンセンス映画「ヘリウッド」は衝撃的な怪作。世界制服を企む悪漢ダンスに扮するエンケンさん。美少年の肛門にでっかい注射器を差し込むエンケンさん、美少年にうんこを食べさせるエンケンさん…。なんでこの役を引き受けたんだろう(笑)。あらゆるシーンがイカレ過ぎてて爆笑だ。しかしなぜかラストシーンだけ寝てしまった…(泣)。

27973085_1482537038538508_7461751040939449284_n

3本目、「吉祥寺発、赤い電車」。70年代のドキュメンタリーで二十代そこそこの頃の高田渡や井上陽水、友部正人に三上寛、とにかく若い若い。そしてぴちぴちのかわいいエンケンさん。若いのだけど、みんな音楽が完全に仕上がっている。べらぼうに上手い。貴重な映像だった。

朝5時、上映の終わりにエンケンさんが美味しそうにカレーライス食べてるおまけ映像が流れた。それで無性に食べたくなって、映画館の近くの富士そばでカレーライス。エンケンさん、ごちそうさまでした。

27971723_1482537095205169_3357371390188914338_n