3月16日。


今年もこの日をむかえる。3月16日はノントロッポの初代ベーシスト有田一登史の命日だ。毎年お花をおくってる彼の実家には今日もきっと静かに「タナトピア」が流れてるだろう。

  

彼はノントロッポの最初のCD「タナトピア」をレコーディングし終えた翌日に事故でこの世を去ってしまった。あれから17年が経つ。当時いっしょにバンドをやっていたメンバーは結局みんな辞めていったけど、ノントロッポはまだやり続けてる。


昨夜は阿佐ヶ谷でのボギー弾き語りライブにヤナセくんが出張のついでにふらりと見にきてくれた。ヤナセくんはノントロッポの今のベーシストだ。


バンドは生き物のように成長したり老化したりまた若返ったりしながら死ぬまで生き続ける。


  

「タナトピア」を持っている方は、ぜひ聞いてあげてください。 このCDの中で、彼が生きています。 



http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/8256/YC-037.html