5月5日。

佐伯のボギー家族ツアー、今年も会えて嬉しいぜ佐伯の愛すべきバカ野郎たち!


モンドくんの似顔絵屋さん会場であるcoffee5は周りがほんとにのどかな風景広がる気持ちいい場所。


なんだかもう夏休みがきた気分。


子供の日だからかモンドくんの似顔絵屋さんには子供がいっぱいだ。


ものすげーひょうきんな男の子もきた。


このくらいの歳の男の子ってホント最高だよな。


鹿児島からニシくんも来た!


ニシくんはずっと大病と闘いながらも、頑張ってボギーのライブを見に来てくれる。だからニシくんが会いに来てくれた日のライブは、どうしてもニシくんの為に歌いたい気持ちになるのだ。

そんなニシくんのお母さんも先日から大きな病気で入院されてる。モンドの似顔絵ですこしでも元気になりますように。


モンドが似顔絵を描いてるあいだは今ちゃんとお店の近所をおさんぽしたり、


美味しいコーヒーを飲みながらゆったりのんびりした時間をすごした。


このあと場所を移動して夜の部はボギー家族ライブだ!会場は宇山公民館。お客さんの年齢層も幅広く、ご近所の子供たちやお年寄りも来てくれててマジで最高だと思う。


主催の大谷くんたちによる手作り感溢れる、ていうか文化祭感溢れる会場。


ぜんぶ段ボールなんやね(笑)。


日本酒飲み放題でタコスは振る舞い。今夜は公民館が宴会場だ。


しかも特設ステージがめちゃくちゃかわいい。


ライブ前に神社でお願いごとをしていたテンちゃんと今ちゃん。なんてお願いしたの?と聞いたら「ライブが盛り上がりますようにってお願いした!」だって。プロ意識高いなキミたち。


そんな二人の願いごとが通じたのか、ボギー家族ライブは子供たちがすこぶる調子良かった!とくに縦横無尽に面白ワードをブッ込んでくるテンちゃんと今ちゃん(笑)。マジですごかったな。


子供たちがノッてるときはホントにすごいグルーヴ生まれる。


公民館はぐんぐん尻上がりに盛り上がり、「タコ踊り」から「バカになりましょう」。


最後は「贈る言葉」。


「子供たちよく見ておけ!これが大人だー!」と叫んで胴上げ(笑)。


今日は子供の日だ。いつだって子供たちには本気でバカやる大人の姿を見せてあげたい。

ライブハウスのない街、佐伯。ここではライブやれる場所を試行錯誤して作り出すことから始まるのだ。そこら中に音楽が溢れている街じゃないからこそ、音楽は活き活きと鳴り響くのかもしれない。



しかし、ミラーボールをテレビモニターで映すという発想には驚いた。ミラーボールの役目はまったく果たして無いけど…。


最後にボギー家族を佐伯に呼んでくれた主催チーム、大谷くん、後藤くん、江藤くん、赤フン。鹿児島から来てくれたニシくん、佐賀から来てくれたりゅうこちゃんと記念撮影。


自由しかないな(笑)。

打ち上げは主催の大谷くん新居の庭でバーベキュー!


楽しかったなー。夜遅くまでバカ話で盛り上がった。ほんとに100%バカ話しかしない。


そして、バーベキュー中にサイキシミンのヨコチンロックカーニバル出演決定を伝えた。ガッツポーズで雄叫びを上げながら狂喜乱舞するサイキシミンの4人。その喜ぶ姿はまるでM-1グランプリの決勝進出が決まった芸人のようだった。


芸人といえば、庭で全裸になったテンちゃんが透明のペットボトルでちんちんを隠すという荒業を披露。アキラ100%のパクりのようだが、ちんちんを隠す気がさらさらない。ペットボトルに押し付けられてぺったんこに潰れたちんちんを見せつける、という芸だ(笑)。

「テンちゃん!ちんちん見えとるよ!」というと「大丈夫!タマキンの種ないけん」と、よく分からないことを言い爆笑をかっさらったあと急に「お母ちゃん、ぼくもう寝る」と真顔に戻って家に入っていくテンちゃん…。いちばん理解できんやつだ(笑)天才かもしれん。


夜遅くまでみんなとバーベキューしながら、夜はすこし肌寒くなってきて思わず「夏も終わるね…」とつぶやいてしまったが、まだ夏来てないからね。わはは。


眠くなってきて大谷くん家でそのままみんな雑魚寝して、翌朝見送られながらお別れ。大谷くん、江藤くん、後藤くん、シュートくん、赤フン、今年もありがとう!来年も佐伯でぜったい面白いことしような!