歌う事情は人それぞれなのだ。誰もがメジャーになりたいとか音楽で食いたいとかじゃない。そんな目的の音楽ばかりだったらとっくにこの現場から手を引いている。

ラウンジサウンズは人間交差点。この場所を必要としてくれる人がいて、今夜も必要な人にだけ届く歌が鳴らされている。

それにしてもラウンジサウンズお客さん2人は少なすぎだ。だからこそ生まれる連帯感はハンパないものがあるが、こんないい夜なのに、もっともっと来て欲しいよ。

ふだんライブ前は一杯しか飲まないミチコさんが今日は二杯飲んでいた。だからか分からないけど、いつもよりMCかなりぶっちゃけ気味だったし、歌も艶やかで良かった。お酒は決して悪者じゃない。
IMG_5260

nisaiくんが子供生まれる4時間前に作った歌ですといって失恋ソングを歌い出した。すごく良い歌だけど子供生まれる4時間前に作る歌じゃなさすぎてみんな笑いを堪えてる。
IMG_5262

むちゃくちゃ語るアンリ。ひたすら彼女のノロケ話。その話は面白かったんだけど持ち時間大幅にオーバーして50分も語りやがって。終わったら説教やな(笑)。
IMG_5264

ここでお客さんがひとり帰り、もうひとりのお客さんのためのステージになった。

トニーガーデナーが巧みな構成で出演者をひとりひとりステージに上げた。ステージ上は大盛り上がり!
IMG_5274
しかしこの光景を見ているお客さんはたったひとりだ。そのお客さんに「大丈夫?プレッシャーかかってない?」と聞いたら「いいえ、贅沢な時間です!」と言ってくれた。愛と笑いしかない夜だな!

トリはYAJILOW-VEY。ラウンジサウンズが始まった当初から出てる数少ないバンドのひとつ。マイペースすぎて笑える。曲も、歌も、ひたすら笑える。最後まで笑いに包まれていた。
IMG_5280

長いラウンジサウンズ史上、お客さん2人は最低動員記録だ。こんな夜もあるよね!あははは!と笑い飛ばしてはいけない。

もっともっとがんばんなきゃね。