昨夜の超絶盛り上がりをみせたラウンジサウンズ。最初は小林ボードウォークの弾き語りとフロアでひとり軽快にステップを踏み続けるミチさんという光景から始まったのだ。

IMG_7605


間髪入れずサブステージで広島から来たミカカさんの弾き語り。今夜は10分のステージを計4回だ。酔ってないと超シャイなミカカさん、まだこの時点では居場所がなさそうにぎこちなく歌い始めた。

IMG_7641


ドペクターズはずっと弾き語りでラウンジサウンズに出てた岡田将平くんが組んだバンドだ。おれも岡田くんの歌をバンドサウンドでずっと聴いてみたかったし、なによりも音を出す喜びと衝動に溢れてて良かった!

FullSizeRender


紫川カナシミ合唱団(仮)がバシッと会心のパフォーマンスをキメた!ふざけながらも超マジメな3人の音楽愛が爆発してて、歌詞聴いてるとちょっと泣きそうになった。

FullSizeRender


ミカカさんのサブステージ、徐々に酔いだしたのか空間に慣れてきたのか出演者たちの好演に刺激されたのか、いや、その全部だと思うが、ミカカさん本領発揮!ミカカさんの歌は刺さるような激しさの中に他者へのやさしい眼差しがある。

IMG_7660


そして林まゆ!昨年のチンロックで復活後のライブはかなりいろいろと凄いことになっている。それは言葉じゃ説明できない。林まゆの凄さってきっとそこだ!

IMG_7652


トリはザ・ボットンズ!先週のヘドロ脱退ワンマンライブには100人以上お客さん来たのに今夜のラウンジサウンズにボットンズ見にきたの10人ちょいて、アホかよお前ら!こういう夜に最高のライブやるのがボットンズって知っとろうもん!

IMG_7668

今夜のボットンズは3人でステージに立っての決意表明のライブだ。ワンマンの時より遥かに攻撃的で、ラウンジサウンズに出始めた頃のギリギリな感じのボットンズだった。客席にはそれを見つめるヘドロの姿が。

FullSizeRender


ライブの最後にふーが「俺らは死ぬまでロックンロールやめねえ!」と叫んだ!!

高らかに新章突入のファンファーレが鳴り響いたぜ!!

FullSizeRender


ラウンジサウンズ終わってボットンズ労いに楽屋行へ、3人ともいい顔してた。

FullSizeRender


打ち上げではミカカさんがいい顔してた。充実の一夜。

FullSizeRender