10月26日。


京都の老舗フェス「ボロフェスタ」に今年も呼んでもらった。ボギーは最多出場とまではいかないまでも、かなりの回数呼んでもらえてることに感謝すると共に毎回プレッシャーをかけてもらってる。前回を越えてこい!と言われているようだ。


トータル4つあるステージのうち、ボギーが出るのはどすこいステージ。今年はそこの大トリである。同じ時間帯、夕焼けステージはBiSH、麒麟ステージはTempalay、街の底ステージはワンダフルボーイズ。熱いぜまったく。

FullSizeRender


ボロフェスタの会場KBSホールに到着。出番までまだ7時間もある。この夏に初めて知り合って、何度目の乾杯だろう?(余裕で10回は超えてるな)広島からヤボ天さんが京都ボロフェスタまで来てくれたよ!エモいわ〜。

FullSizeRender


ゆーきゃんいた!ボロフェスタといえばゆーきゃんだ!久しぶり会えてうれしくてテンション上がる!写真はそんな風に見えないかもしれないけど。

FullSizeRender


主催のひとりもぐらくんもそんなひとり。

FullSizeRender


フォークイナフがきた。ボロフェスタで一緒になるの初めてかも。なんか照れる(笑)。

FullSizeRender

しかしさすがやな、清々しいほどにスベってるやん。おれも気をつけよう。

IMG_4416


Hump Back、初めてみたけどすごい良かったなー。とにかく歌もMCも声がでかい!で、ギター弾きながらの唐突なダイブもグッとくる。

IMG_4807

ボーカルギターの林萌々子さんとは夏休みボギー家族ツアーで知り合ったんだけど、そのときは気付かなかったパンキッシュさを感じた。

FullSizeRender


福岡出身でノンチェリーの友達な徳利くん、ラッパーだけど、まじでおもろかったなー。大好きなタイプのふざけかた。

IMG_4809


名古屋のツチヤチカらって人もヤバかった。全曲すがすがしいほど金玉のことしか歌ってなかった。しかもどぎつい名古屋弁でお客さんに絡みまくっておりどんどんお客さん減っていったけど、俺は大好きだった。あとから6eyesの人だと知った。

IMG_4808


クリトリック・リスは遂にどすこいステージからホールに昇格かと思いきや、ホールの真ん中にあるどすこいステージやないか!しかしこれぞ戦う男の背中だぜ。

FullSizeRender


続いてメインステージのザゼンボーイズを頭のほうだけ見て、

IMG_4810

どすこいステージのゆーきゃんへ移動。相変わらず世界一声が小さい。ホール内で演奏中のザゼンボーイズの漏れ聴こえる音のほうが遥かにデカイし、なんなら俺の後ろで寝てる男のイビキのほうがデカイ。でもゆーきゃんはゆーきゃん。

FullSizeRender


ボロフェスタ、ボギーどすこいステージのトリ、考えてたセトリを大幅に変更して一曲目から贈る言葉。

IMG_4475

結局ギターは一曲しか弾いてない。

IMG_4446

でも胴上げは2回!

IMG_4478


途中でクリトリック・リスが「酒相撲しようぜ〜!」とビール持って乱入してくれたのも心の中でめちゃくちゃ嬉しかったんだ実は。やっぱどすこいステージ楽しいよね(笑)。

IMG_4813


<ボギーのボロフェスタセトリ>

贈る言葉

ロックンロールのうた

家庭教師

手負いの獣

ERIMO岬

バカになりましょう

カーニバル

贈る言葉


とにかく全力出しきった。宴会芸の全てを出しきったと言ってもいい(笑)。

IMG_4477


ボギーがロビーでやってるとき、ホール内のメインステージではBiSHが大トリ。終わって観に行ったけどさすがの人気!アイナ・ジ・エンドさんの声めちゃくちゃかっこいい。

IMG_4811

最後ステンドグラスがパァーッと開いた瞬間が見れた。何度見ても見事だなー。

FullSizeRender


来年はここでボギ八先生やらせておくれよ(笑)。


ボロフェスタのあとはボロボロに疲れる。たくさんのステージを一度に観るからってのもあるし、飯田くんやもぐらくんやゆーきゃんなど昔からの仲間が見てくれてるからさ、やっぱなんだかんだ気合い入っちゃうんだ。


おじさんたちがんばったよね!


FullSizeRender


イベント終了後、ほんとはサウナに泊まるつもりだったけど、近さと安さに心揺らいで駅前のネカフェに泊まった。が、狭すぎて寝れねー!フラットシートなのに足伸ばせなさすぎて辛い。

IMG_4440


明日は朝イチで新幹線に乗り、大分の日田のお祭りでRCサクセション完コピバンドだぜイエー。