11月13日。

ラウンジサウンズ、前打ち上げは「○○いっぱい」。出演者全員で乾杯!cuvboysの福岡へお帰り祝いだ。
FullSizeRender

盛り上がってブードゥーへ戻る。今夜の一番目は鈴木拓也。人生で初めてデパートに行ったらしく興奮していた。デパートに行って「このデパートで一番安い服をください」と言ったらしい(笑)。2000円で買ったというその(おじいさんが着そうな)服を自慢し、嬉しそうにデパートの素晴らしさについて語るスズタク。めちゃくちゃ面白かった。
FullSizeRender

riverside yoshinoの絞り出すような絶叫は突き刺さる。放つ言葉も面白いのだが、最後の曲では歌詞すら放棄して「アーー!アアーーー!!」しか言わない歌。さだまさしの北の国からのテーマでさえ「ア」と「ウ」なのに。yoshinoは「ア」だけで勝負した。
IMG_5550

イイホシミチコさん、二週間前に会社が潰れて突然無職になったらしく、憤りと解放感とが入り混じる様が静かにステージに反映されており、いままでで一番生き生きして見えた。ギターでの新曲はミチコさんの新境地。
IMG_5551

上京して5年間ひたすら引きこもっていたというcuvboysが福岡に戻ってきたこと個人的にはとても嬉しいんだけど、音楽もめちゃくちゃカッコ良く進化してて驚いた!ただ引きこもってたワケじゃなかったんだな。おかえりcuvboys!
IMG_5555

トリはgn8mykitten。マイク一本、25分間途切れることなく放たれる言霊。あまりに早すぎるフロウにヒアリングが追いつかない場面も多々ある、聴き逃すまいと耳に全神経を集中させ彼の言葉に食らいつくので終わったあとドッと疲労。そのあと押し寄せる感動。格闘技のようだ。
IMG_5687

こんな夜に「平日の楽園ラウンジサウンズ」はたんなる謳い文句ではないんだと強く思う。あの場所、あの空気、を必要としている人がいるかぎり、ラウンジサウンズは平日の楽園であり続けたい。

この日はたまたまだけど東京からナナロク社の川口さんや、甲府から祝酒のロジェックくんも来ており、見てほしかった人に平日のラウンジサウンズを体験してもらえて嬉しかった。

打ち上げ、「サイゴン」でキリンビール頼んだら可愛いキリンのグラスが出てきたのも完璧だったな(笑)。
FullSizeRender

打ち上げのあともう少し飲み足りず、六本松へ移動しロジェックくんと「めんちゃんこ亭」でサシ飲み。途中から鹿子さんも合流して、閉店時間までかなりわいわいやって楽しい夜だった。

深夜3時、夜風が冷たい季節にやっとなってきたなぁ。