「いだてん」最終回にはとにかく泣かされた。

東京オリンピック開会式で一斉に上がる国旗と青空に描かれた五輪!
IMG_7208
そのタイミングでバーンと流れるテーマ曲!
IMG_7210
IMG_7213

そして閉会式のあらゆる人種がぐちゃぐちゃに入り乱れたお祭り状態の入場シーン!
FullSizeRender
FullSizeRender
さらに金栗四三55年越しゴールシーンの実写映像!もう涙涙涙!
IMG_7214

細かいとこだけど、チラッと映った劇場(?)ののぼり文字がエノケンではなくエンケンになってた!
FullSizeRender
このドラマの中には随所にエンケン魂が散りばめられており、そんな所にもクドカンの愛をひしひしと感じるし、もしエンケンさんが生きていたらきっといだてんの登場人物として登場していたに違いない。

とにかく自分にとって「いだてん」は日本ドラマ史上最高傑作だったと思う。視聴率で作品の善し悪しは図れんぜバカチンが。ちゃーんと最初から最後まで見た人なら「いだてん」がものすごく華麗にウルトラC決めて着地した金メダル級の作品だってことは知っているはず。

話は変わるけど、長年イベントやってていちばん幸せに心震えるのって、ステージとフロアの垣根がなくなって、出演者もお客さんもぐちゃぐちゃになる瞬間なんよね。
IMG_7217
興奮が爆発するあの瞬間!「いだてん」最終回のあの閉会式みたいな光景が小さなライブハウスではたまに巻き起こっている。
IMG_7216
IMG_7215

オリンピックもライブハウスもステージこそ違えど、やっぱり歴史という群像劇の中でもがいて生きているひとりひとりの人間ドラマなんだなぁと感じさせてくれた。

ありがとう「いだてん」!!!!!

IMG_7218