1月29日。

今年に入ってすぐのある日、突然「あ、どんとの歌やりたい」って思って、すぐにビンゴラブに連絡して日程を押さえ、次に漢方先生に連絡してどんとの歌を2人で歌いまくるイベントを企画した。思い立って数時間後には「どんとを歌う」というイベントやりますとツイッターで告知をした。するとheartlandのななこちゃんから「見に行く!」と連絡来たもんで、じゃあ出なよとすぐさま3人のどんとナイトになったわけだ。
IMG_9388

今年に入ってから自分のアンテナの感度がギンギン高まっているのを感じるので、そういう直感はすぐに行動に移すが吉だと思う。

決まった日からずっとどんとのボ・ガンボスやローザルクセンブルクのアルバムを聴き、どの曲をやるか考えてた。その作業がまた楽しいのだ。だんだん横道にそれてじゃがたらも聴き始めると益々アンテナの感度は高まっていった。

そうして迎えた当日、ビンゴラブにはどんとの音楽が大好きな人だけじゃなく、よく知らないという人ももちろんいたけど、関係なしに終始ハッピーな空気で包まれており。ああ、やっぱりどんとを感じる夜は温かいなぁと思った。

「あの世」を近くに感じることは「この世」を強く生きることに繋がると思っている。

生命力がもりもりと湧き上がるような一夜だった。

やおやーまんが桜の花を持ってきてた。今年最初の早い花見だ。
IMG_9386

heartlandは「ひなたぼっこ」「橋の下」「波」の3曲を大自然のゆらぎのようなアレンジでカバー。「波」いい曲だなー。
IMG_9372

漢方先生は「壁」「おしり」「シビーシビー」「最後にひとつ」「ひなたぼっこ」「橋の下」「泥んこ道をふたりで」をカバー。「おしり」はまるで漢方先生の持ち曲みたいだった。
IMG_9376

最後はボギー、憑依気質なもので何度もどんとが身体の中に降りて来た気がしながら歌い続けた。
FullSizeRender
<ボギーセトリ>
Buuuuun!
橋の下
魚ごっこ
カーニバル
もうがまんできない(じゃがたら)
笑う花(モアリズム)
トンネル抜けて
アルコールメモリーズ

〜アンコール〜
夢の中
橋の下


どんとだけじゃなく、結局じゃがたらやモアリズムも歌った。天に捧げるような気持ちで。先日亡くなったアントニオ佐々木さんのこともあり、いろいろ頭の中がぐるぐるしてたけど、歌うことで心が軽くなった気がする。こんな夜こそ音楽が大事なのだ。

気持ち良く歌いまくったボギー、漢方先生、heartland。アンコールは3人で。
IMG_9396

野菜をたくさん持ってきたやおやーまん。終演後にいっぱい歌ってくれたギャーさん。いっぱい泣いてたパトラ。ビンゴラブのテルと愛ちゃん。明るい夜をありがとう!どんとありがとう!!!
FullSizeRender

あなたの歌を肴にいっぱい呑んだよ。