テンちゃんの小学校卒業式。朝からハイテンションでだいぶ早くから家を飛び出していった。友達に会えるのがよっぽど嬉しいんだろうな。

コロナ対策に配慮して卒業式の体育館には保護者しかいない(子供たちは教室)。換気のため窓あいてる。寒すぎて風邪ひきそうだ。はよ帰りたい。校長の話をプロジェクターで見せられる拷問(しかも録画)。コロナに配慮過剰すぎて子供や保護者たちへの配慮があまりに無さすぎる。
FullSizeRender
卒業証書授与と群読と合唱だけ子供たちが体育館に来て行われた。保護者たちの拍手に見送られてまた教室に戻っていった。担任の先生は泣いてたが、子供たちはほとんど泣いていない。たぶん気持ちがまだ卒業の実感に追いついてないんだろうな。

式が終わり体育館で各担任の挨拶があった。テンちゃんの担任の若い先生は初めて受け持った6年生で、初めて送り出す卒業生なのに、突然の休校で子供たちと会えなくなってしまった日々が本当に悲しくてずっと泣いていたと最後に保護者へ語りながらまた泣いていた。思わずもらい泣きしてしまった。

最後に校庭に飛び出してきた子供たち。青空の下でみんな別れを惜しみ写真撮ったりふざけあったり、みんな笑顔だがなかなか帰ろうとはしない。子供たちの心情を考えればとても切ない卒業式だったけど、これはこれで忘れられない思い出だろう。最初からグランドでやれば良かったのにね(笑)。
FullSizeRender

テンちゃん卒業おめでとう!