10.13のレポ。 

今年出会ってすっかり気に入ってしまった佐世保の南国食堂地球屋。地球屋はライブハウスじゃなくて、ごはん屋さん。なので店内ライブはあまりないらしいけど、今年はボギー3回もライブさせて貰った。年間最多らしい(笑)ありがたいこってす!ここのごはん、何食ってもめちゃ美味いので佐世保に来たら行くべし! 


今回はななこちゃんが企画してくれて、イベントタイトルも「ボギーがまたまたやってくる!〜みぞぐちに行くまでが佐世保です〜」 だって(笑)。はははは。「みぞぐち」というのは佐世保のアウトローたちが集まる24時間営業の居酒屋。まさに知る人ぞ知るディープスポットだ。今回はそこで朝まで打ち上げるのも目的の一つ。 


地球屋に到着、店主の健太郎さんと再会(と言っても1ヶ月ぶりくらい)の握手。今夜限定のスペシャルカクテルも用意してくれてた。「アルコールメモリーズ」に「ボギートロピカル」。こーいう歓迎ってホントにうれしーなぁ。 

78Pwk


フレッシュなマンゴーと桃とパインをぜーたくに搾ったカクテル、ボギートロピカルを呑む。めちゃ美味ー!今夜はトロピカリア!! 
ここでは「ボギーは飲み放題」という素晴らしい待遇でもてなしてくれるので、ボギーは遠慮なく呑む(笑)。そして健太郎さんがいろいろ美味いツマミを出してくれる。これは刺身の薫製、焼酎に合う〜!! 

DSC02713



ライブが始まる予定の時間になってもなかなか始まらない。沖縄TIME(笑)?結局1時間くらい押してスタートした。おれはすでに気持ち良く酔っていた。今夜の共演、ハナルナは主催のななこちゃん率いる女子3人組。「野生の馬」で謎のダンスバトルおもろかった。DONK!の小音バージョンどんく。は、可愛いしカッコ良かった。楽曲がいいよな〜、DONK!は。 

DONK!の三人と。 

DSC02712 のコピー



最後はボギー、90分近く歌ったか?ここは時の流れるスピードがゆったりなのか、時間の感覚がわからなくなる。酔っぱらいたちから愛のある野次が飛ぶ。楽しいな。 
最後はアンコールでななこちゃんと「ナイトクルージング」歌った。細胞ひとつひとつが溶け合うような、深い深い深呼吸のような、そんな演奏ができたように思う(酔ってはいたけど)。 


ライブ後は地球屋で乾杯!歩道に出て赤フン姿になる健太郎さん。 

DSC02731


お客さんのおじさんに襲われるななこちゃん(笑)。 

DSC02730



佐世保の夜はまだまだこれから!ディープスポット「みぞぐち」へ移動。ここの名物は何と言ってもお店のばあちゃん!80過ぎたばあちゃんが2人交代制で24時間営業やってるという有り得ない居酒屋で、夜9時から朝9時までのミッドナイトタイムはこのばあちゃんが担当!!!待ってました! 

DSC02743


小さい顔の上に乗っかったでっかいヅラ!衝撃的なヴィジュアル!!! 

DSC02744

横のオッチャンも佐世保では有名な変人らしく、自分で「佐世保No1シンガー」と名乗ってて、隙あらばすぐ歌いだす(笑)。 

DSC02736


歌うけど、他のお客さんから「うるせー!」と言われ、スナックのママから「あんたもう帰れ!」って怒られ、ヅラのばあちゃんから「もうちょっと歌が上手ならね〜」と慰められる(笑)。 

DSC02747


それでも歌うの止めない、ある意味「佐世保No1シンガー」かもしれない(笑)。 


限りなく男前な娘さんと、その娘さんの彼女(!)と連れて来たスナックママさんから「あんたの歌が聴きたいのよ」とギターがおれに手渡される。おれは渾身の岡村靖幸「イケナイコトカイ」を歌った! 

1375168_456564344459231_237985503_n


「誰それ?」「知らんからやめて」と冷たく言われ、初めて岡村ちゃん歌ってスベるという体験をした(笑)。スベッたおれからギターをスッと奪いふたたび「佐世保No1シンガー」が歌いだす。全員から「やめろーー!!」とブーイングの嵐(笑)。 

その後も何度もギター回って来てはボギー歌う歌う。ななこちゃんも健太郎さんも歌う歌う。歌わされるんだけど、誰も聴いてないのだ(苦笑)。でも夜が更けるにつけどんどん酔いがまわり、わけ分からん盛り上がりになっていく!!! 
いかにもロクデナシな常連客が次々と集まってくる! 

ミッドナイト「みぞぐち」ヤバすぎ!!! 

DSC02745

1381261_542113359199693_971648525_n


おれもわけ分からん状態になっちゃったぜー!!!! 

1382261_456564364459229_635722289_n



気がつけばもう朝、ビール瓶がまるで新宿の街並くらい密集して並んでる。飲み倒した。朝方のアーケード街を赤フン姿で元気に走りまわる地球屋健太郎さんの姿は神々しかった。「佐世保No1シンガー」はまだ歌ってた。 


おれはこの場所に出会えて良かったな〜と思いながら、地球屋のソファベッドにぶっ倒れるように眠った。